02
2
3
5
6
7
9
11
12
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
   

いちご狩り

いちご狩りに行ってきました!

IMG_20180211_114949.jpg
まだまだ青いものもいっぱいだったけど、
赤くてよく熟れたものを選んで IMG_20180211_114934.jpg
食べる!45分間の制限時間たっぷり使って
ひたすら食べる!トイレに行きたいのも我慢して
とにかく食べる!甘いものばかりではなく
酸っぱいものもあるので、練乳をかけて、
無我夢中で食べたら、80個以上は食べたかな。
 IMG_20180211_114242.jpg
ハウスの中やから暖かいやろう!と思っていたけど
意外とそんなに暖かくなくて(笑)
終わった後は、全員でトイレに直行!!!

いちご狩りの後は、公園でお弁当を食べて
ひと遊びしよう!と思って、ダムの見える公園に行ったら
IMG_20180211_123456.jpg
吹雪いてきたー!
この写真じゃわかりにくいけど、
ほんまに、ほんまに、ビューって風とともに
雪がーーーーーーーーーーーーーー!!!
  IMG_20180211_123551.jpg
子供達は喜んで、雪の中遊び始めて。
でもとにかく寒くて、こんなところで
お弁当食べられるかー!!!!ってことで
帰宅することに。

帰宅途中でも、またトイレに行きたくなって
ガソリンスタンドでガソリン入れてトイレに行って。。。
いやあ、いちごってすごいね。
どんだけ水分あるねん!ってくらい水分だらけなんやね。
その日も、帰ってから、何度トイレに行ったことか。
ほんまに、トイレな1日でした。

いちご狩りは、制限時間があるから
味わって食べられないけれど、
好きな量だけ食べられるから楽しい!

とスミレも言っていたし、
また来年も行けるといいな。

まったりまったりな土曜日

今日も昼からは、まったりおうち遊び。

まずはコウメとオセロ。
「勝つまでやる〜!」と言っていたのですが
あっけなく2回戦目でコウメが勝ったので、
オセロは終了。

それが。意外と寂しかったようで。
もっと対戦したかったようで。
勝ったのにスッキリしていなくて。

その後は、多面体おりがみの製作を。

数日前からユリ&スミレがハマっている多面体おりがみ。

同じパーツを30個も作る地道な遊びです。

が、出来上がると面白い!

普通サイズの折り紙で作り始めたのですが
小さい折り紙の方が可愛いことに気づき
同じデザインのものをいくつも作って
楽しんでいます。

ちなみにこれは、木曜日の午後の一コマ。
IMG_20180208_155936.jpg
コウメは帰ってくると、すぐにソファにダイブ。
横では、長女三女が多面体折り紙製作に没頭。
なんか、将来の姿も見えてきたような。。。
コウメは、仕事から帰ってすぐにベッドにダイブして
そのまま化粧も落とさず朝を迎えるタイプかも。。。

ちなみに、私は、そういうタイプではありません。
しっかりお風呂に入って、パジャマに着替えないと
お布団に入れないタイプです。
洗濯物が山積みでも
流しに洗っていないお皿が山積みでも平気ですが
寝る時だけは、ちゃんとしています。

ま、そんなつまらない話はさておき。
IMG_20180208_155941.jpg
折り紙で遊んだり、細かい作業が好きなのは
この二人。きっちり折って、きっちり仕上げていきます。
おかげさまで、この数日間で四つ完成しました。

それを見ていたコウメ。
細かい作業は嫌いだけど、
ちょっと作ってみたくて、
スミレやユリの折り紙を触って組み立てようとするたびに
「コウメ触らんとって!
 作りたいんやったら、自分で一から作ったらええやん!」
と怒られて、ふてくされて、
でも最終的には、新しいデザインの多面体を作り始めました。
手先は決して器用じゃないけれど
泣きながら怒りながら(怒らんでもええと思うが)
プライドと戦いながら(ユリの方が器用だから)
作っています。まだ完成していませんが。。。

こういう作業系の遊びをするときは
子供達の個性がよく表れます。

ユリは、必要な折り紙の枚数がわかると
まずその枚数を揃えます。
色は全部変えようか、同じ色にするなら
5色で6枚ずつにして、、
考えて考えて考えて準備が整ってから
折り始めます。

スミレも同じです。
枚数を揃えるために、
在庫の折り紙をさっと見て
揃えられそうか考え
できなければ、どう組み合わせたらいいのか
考えながら準備をします。

コウメは、作りながら考えています。
1枚折っては、次の1枚を探して、、、
非効率なやり方をするので
とても手際が悪いです。
いっぱい壁にぶち当たります。
準備が完璧絵はないので、
いっぱい失敗します。

でも、意外とコウメの強みは
そこだったりするのです。
失敗の経験が多いというのが
3姉妹の中で突出しているのです。

だから、、、かどうかはわからないけれど
失敗から多くのことを学んでいます。
それが今、活きているのが
カルタやオセロ、将棋などの対戦ゲームです。

オセロでも、とうとう私を負かしたのですから
毎回、毎回、負けては、どう戦うべきだったか
考え、次に活かしているのは、目にも明らかです。

私は、スミレやユリの準備力や段取り力も
すごいなと思うし、二人はあまり感じていないけれど
いい強みを持っているなと思います。

コウメも、段取りが悪くて
非効率なことばかりしているけれど
失敗から学ぶ力は、いい強みだなと思います。

子供達が、それぞれ
自分の強みとか、
自分はどんなことに優れているのかとか
客観的に見ることはまだできないけれど
ちゃんとちゃんと育ってきている。
親として、それがわかってきたのも
ちょっと嬉しいことでした。

そんなわけでー。
今月来月はしげおの仕事も忙しくて
休みなしーな日々だけど、
私は、子供たちと好きなことができて
楽しいです。ぐひひ。

でもスキーはみんなで行くぞー!


長く続けるということ*ボランティアじゃなくて

今朝、手放すことを決めたぬいぐるみたちが
収集車で運ばれていきました。

最後に「ありがとう」の手紙を
子供たちと一緒に書いて、
淡路島の高級なお塩をかけて、
お別れしました。

さようなら。今までありがとう。

***

さてさて今週は、
作家友達の企画展に行ったり、
手作り絵本サークルの仲間の方の個展に行ったり
春以降のイベントの出店を決めたり
手作り絵本サークルで魚を作ったり
試作品ができ、作品にする布も決めたので
残りの資材を発注したり(要は、ポチっとです)。

そんなこんなで、
もうすぐ週末ー。ぎゃー。

それにしても。
何か一つのことを長く続けるって
すごいことだな、と思います。

私が参加させてもらっている
絵本サークルは今年で17年目。
初期の頃から参加している人が多いから
みなさん、ほんと長いあいだ、
作品を作ってこられています。

作風も、それぞれに個性があって
それぞれにこだわりがあって
でもその陰には、いろいろな努力があって。

私自身、
ハンドメイドは、比較的長く続けているけれど
ヴィンテージの生地を使って
作品として世に送り始めたのは、5年前くらい。
試行錯誤の連続で、作りたいものと
求められているものの間で
右往左往している感じ。
それでも、右往左往する幅が狭まり
少しずつ自分らしさとか
大事にしたいこととかが
この1年で明確になり始めました。

絵本の活動も、そうなれるといいな。
とにかく作って作って作っていかないと
自分のこだわりや作風には辿り着かないんだろうな。
長い道のりだけど、ちょっと頑張ってみようと思います。




今日は公的な場所に行ってきたのですが
そこには「ボランティア募集」の紙が
たくさん貼られていました。

介護関係や保育関係
町おこし的なものから、
新しいウェーヴを生み出そう的なものまで。
全部、ボランティア。
どこをどう見ても、報酬の文字なし。

貼り出されていた仕事を見ると
どれも素敵なものばかり。
こんなことできたらいいな。
あんなことできたらいいな。
この地域に貢献できるだろうな。
小さい子供やお母さんの役に立てそう。
お年寄りのお役にも立てそう。

でもね。

ボランティアなのね。

もったいないよね。
こんなに素敵な仕事なのに。
ボランティアって。。。

そう思ってしまうのは
私の思考が「儲け」思考だから、だけではないはず。

たぶん、私たちの世代、少し上の世代
そして、私たちよりも下の世代だって

「報酬がない活動に、
 自分の時間を割くのはちょっと、、、」

と思ってしまうはず。

PTAや自治会など、
期間が決まっているものならやってもいいけど、
有給の仕事があるのに、
わざわざ休んでボランティアはできない。
ボランティアがしたいから
有給の仕事をしないというのもおかしいし。

上の上の世代の方達は
専業主婦な人も多かっただろうし
働くとしても扶養控除内の範囲で、という割合も
すごく多かったと思うのね。

でも、今は、違う。
これからはもっと、違ってくる。


でも数年後には、ボランティアで成り立っていた
様々なことが、成り立たなくなる時がきます。
今までボランティアで頼っていた人たちが
活動できなくなる時が絶対に来るので。

小学校の見守りボランティアの人たちもそう。
超高齢化しつつあって、どうにかしないととは
みんな危惧しているけれど、
行動には起こせず、モヤモヤしているだけ。

せめてね。

少しでもいいから。
いやそれなりの対価は欲しいかな。
でも、有償でそういう仕事が出来たらいいのにな。

財源どこにあるねん!

てことは、さておき(さておいたらあかんねんけどな)。

でも、もうね、無償のボランティアに頼る市政は
あかんのんとちゃうの?と思います。はい。


さてと。
あしたは、仕事が終わったら
製作できるぞー。久しぶりだぞー。


終わったー

今日は、娘たちと一緒に試験を受けてきました。
久しぶりに勉強した1ヶ月間。
ババアの記憶力の衰えがよくわかりました。

そして。
本日の試験で、ワタクシ、
自分の卑しさを再認識しました。

「階段に手すりをモウケル」

の「モウケル」の漢字を
書かないといけなかったのですが
ワタクシ、堂々と

「儲ける」


と書いてしまいました。

文脈読まずに「モウケル」は
絶対に
「儲ける」
だと確信して!


なんて卑しいの!
頭の中、儲け、のことしかないの!

階段に手すりを取り付ける
そんな心優しい話なのに。

手すりで儲けようとするなんて
ほんと、浅ましい!


ま、そんな自分の卑しさは棚に上げて
IMG_20180204_153219.jpg
ご褒美食べて、嫌なこと忘れよー!

さーてと。
明日からは、製作に励みますぜよー。
儲けるために(やっぱりね)頑張りますぜよー。

さよなら

子供たちが幼少時代に使っていたものを
少しずつ手放しています。

一つ目は、
2009年に買ったプールです。
プール
この時は、こんなでかいプール見たことない!
と思っていたけど、今では、
これよりももっと大きいプールが普通に出回っています。

ちなみに手前がスミレ、立っている子がコウメです。
ユリさんは、まだ生まれておりません。。。

このころは、のびのび遊べていたけど、
ユリが生まれ、みんな大きくなっていくと
手狭に感じるようになり、
姉さんたちにとっては物足りなくなり、
去年は1度も使いませんでした。。。

でも9年間、このプールさん、よく頑張ってくれました!
夏休みは、ほぼ毎日このプールを出して遊んでいたし
よく穴が開いて、空気も抜けて、
その度に、穴を探して補修して。
空気入れも、ずっと足踏み式で頑張って
(最後の2年間は、電動に変えたが)
親も子も汗だくになりながら遊んだ
とっても思い出のあるプールでした。

手放すのは、気乗りしなかったけど、
娘たちに聞いたら
「空気抜けてるし、もう要らんで」
と即答。。。

ま、ずっと玄関の靴箱にしまっていて
邪魔だ、、、邪魔だ、、、と思っていたので
処分できることになり、スッキリしましたが。

9年間このプールで遊んだことは、
きっと、きっと、きっと
子供たちの記憶の中で、
残っていくことと信じて。



二つ目は、ぬいぐるみです。

ぬいぐるみって、
人からもらうことが多くて、
知らない間に増えています。

気がついたら、何体あるねん!
って感じで、いっぱいあって。

でも、まだぬいぐるみのぬくもりも
欲しいだろうし、全部は処分せず
子供たちに処分するものを選ばせました。

と同時に、そのぬいぐるみとの思い出を
話しながら。

ファミリアのファミちゃんは、
夜泣きで眠れないスミレのために買ったものだということ。
お母さんの身代わりになってほしかった、ということ。

ミッキーは、スミレのお医者さんゴッコに使われ
頭から腕、足に至るまで、
いろんな部位を怪我したという設定で
包帯代わりに、ガムテープを巻かれていたことがあった、
ということ。

我が家には、しまじろうの他に、
じろうさんというぬいぐるみがあったということ。

じろうさんは、甥っ子が使っていたしまじろうで
ちょっとクタクタだったけど、
なんだかんだでみんなよく遊んでいた、ということ。

私が独身時代にもらったものから
結婚式のために作ったペアのくまのぬいぐるみや
新婚旅行先で買ったカンガルーのぬいぐるみも。
それぞれ思い出を話をしながら、別れを惜しみました。

思い出がありすぎて処分できないものもあるけれど
ものの捨て方や別れ方も、子供たちに伝えていきたいから
一緒にできる時に、一緒にやってみようかな、と。

プールもそうだけど、
案外、私の方が、感情移入しすぎて
捨てられないなーと。

子供たちとの思い出が
いっぱいつまりすぎていて
踏ん切りがつかないぬいぐるみもたくさん。

結局、処分するものは、半分くらいだけど
また私が踏ん切ることができたら、
その時は、第二弾のお別れ会をしようかな。

そんなわけで、お別れの時期です。
他にも色々なものを処分していかないとなー。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす