FC2ブログ
   
09
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

取材される側の心得

取材される側の心得って何でしょうね?
 

 
普段、ライターとして
「取材する」側の心得は
経験を重ねるごとに積み重なっていき、
なんとなくレベルアップしているとは思うのです。
 
でもいざ、取材を受ける側の立場になると
どうも「いい話ができなかったなあ~」と思ってしまうのです。
 
 

実は今日、梅田で独りランチをしていたら
隣に座っていた女性に声をかけられました。
 
「もしかして、妊娠してますか?」と。
 
 
この場合、話しかけてきた女性も妊娠しているなら
「何ヶ月ですか?」とか
「便秘、大変ですよね?」とか
「性別はわかりましたか?」という会話を続けることができます。
 
でもこの女性はそうじゃなかったんですよね。
「いやあ、友達が今年の8月に出産してぇ~」
ってことで、話しかけてきてくれたみたい。
 
こういう場合って、どんな話を展開すれば良いんですかね?
 
いきなり
「これ、エコーの写真です。可愛いでしょ」
というのも、なんか押し付けがましいし
かといって、無愛想になるのも大人気ないし、
今の苦労話をしゃべろうかと思っても、
「ときどき便秘になるんです」か
「体重管理するの大変!でも一度も警告は食らったことがないの」
と中途半端にしか苦労していないネタしかないし、
う~む・・・と悩んでしまいました。
 
いやあ、知らない人に話しかけるってことは
ライター業を営む人間として、ときどきやっているんですけど
自分が話しかけられる立場になると、
どう話を盛り上げたらいいのか、わからないんですよね。
 
話がイマイチ盛り上がらなかったので、思わず、
「ところで、あなたはどんな仕事をしているのですか?」と
こちらが話しかける側にまわりそうになりましたよ。
 
うむむむー。難しい。ほんと。
 
結局、ありきたりの話に終始し、
さよならすることになりました。
 

消化不良です。食事も会話も。

ああ、こういうのって、ライターとして
ストレスたまっちゃうパターンだわ・・・。
 
 
 
そうそう、昨日は「ねこのきもち」から
はなちゃんについての取材を受けました。
 
これまた、何を話していいのか・・・という感じ。
 
こういう読者の体験談命の雑誌にとっては、
その人特有の体験や工夫、
他の雑誌には載っていないエピソードやネタを
取材対象から如何に引き出すか、が重要なんです。
 
だから、いろんな角度から質問して、
「その人ならでは」の話を聞きだすことを
徹底しているん(はず)です。
 
でも昨日しゃべった内容だと
どうも「私ならでは」だったり「はなちゃんならでは」
の話ができたかどうか・・・。ちょい不安。
 
でもまあ、取材側が「これでOK」と判断したようで
ものの数分でTEL取材は終わったんですけどね。
 
まあいうても200文字程度の内容だろうし
それほど話を深堀しなくても良かったんだろうけどね。
 
こういう取材の場合、
取材慣れしている人には、あらかじめ
話して欲しいネタや、意図をお話しておいた方が
スムーズに話が進みます。
 
でも、素人相手の取材の場合、
意図を話してしまうと、
カチンコチンの優等生型模範解答を言われるので
キケンです。とっても。
 
でも取材中
「どうしても意図した話が出てこない」と判断した場合は
取材の意図や、欲しいネタについて白状するんですけどね。
取材相手や、その人の思考によって、
質問内容を変えたりするのは、なかなか難しいです。
 
逆に言うと、難しいからこそ、
「もっと上手く取材したい」という意欲が湧くわけで。
 
そんなわけで、私は取材仕事が大好きです。
 
素人相手であろうと、取材慣れした人であろうと
相手によって、取材方法を変えたり、
「ぶっちゃけ~」な話を、どのタイミングで言うのか
見計らったりするのが、とても楽しいのです。
 
んま、ゆくゆくは、名インタビューアとして
「徹子の部屋」を乗っ取るつもり。
ライター業は、そのための修行さ(嘘)。
 

そういや「徹子の部屋」にチャンツィーが出るそうな。
 
すげーな、徹子さん。
 
ヨン様にもチャンツィーにもインタビューできるなんて。
  

すてきんぐ。


スポンサーサイト



Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす