FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

リーズナブルな女

スクープ!

しげお、衝撃の発言。
「彩猫はリーズナブルな女だったよ」

彩猫、ショックで入院。
「あたしは、そんな安っぽい女じゃない」
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
ま、そんなわけで、入院はしていませんが、
しげおから「リーズナブルな女」と言われて
ショックで寝込みたい気分の彩猫です。ども。
 
リーズナブル。
 
モノを買う際には、素敵な言葉ですね。
でも、女子に使っちゃあいけませんわ。
というか、私たちまだまだ新婚ホヤホヤ?のフーフですよ。

 
しげお曰く、

「付き合っているとき、彩猫はお金がかからない子だったよ。
 何か欲しがっていたら、買ってあげたのに。
 何か欲しくなっても、自分で買いに行っていたよね。
 やっぱ、彩猫は完全な負け犬体質なんだね」
 
だとさー。
 
言っていることは、決して間違っていないから、
余計にムカツクー!
 
確かに、
もっと「あれほしい、これほしい」と言って、
買ってもらえるものは買ってもらえばよかったな~と後悔。
 
しげおの言うとおり、
自分の欲しいものは「自分で買う」という癖
というか、そういう習慣がついてしまっていたのは、
歪めない事実です。はい。
それが負け犬体質と言われても、文句が言えません。はい。
 
 
そう、私は歩むべくして負け犬人生を歩んでいました。
 
一方、私の姉はバブル全盛期に女子大生をしており、

「欲しいものは、パパ(本物の)か、彼氏に買ってもらう。
 車に乗ってみたかったから、パパに車買ってもらったの。
 付き合ったら、車での送り迎えは当たり前。
 自分でドアを開けさせるオトコなんて、
 二度と会ってあげない。
 デートのときに
 同じ服を二回着ていくなんてあり得ない。
 だから服を買うの。いや、買ってもらうのよ」
 
そーゆー人生を歩んではりました。
 
でも、なんかバカっぽかったのです。
当時小学生だった私には、
姉がすごくバカに見えました。
だから、この姉を反面教師に生きていくことを誓ったのです。
 
欲しいものは、自分で手に入れる。
車は自分で乗り回す。
 
そういう人生。
 
私が大学生になったころには、
バブルもはじけていました。
自分でためたお金で、
ドイツに語学留学したり、
バックパッカーで旅行しまくりました。
 
それが、普通でした。
もちろん、
お坊ちゃまお嬢さま学校としても有名な大学に通っていたので、
バブル時代っぽい生き方をしている人もいたけど、
基本的には、自分でお金をためて、
ちょっと辛い状況も体験してみる。
そういうのが、ほんの少し流行っていた時代でした。

そして、そこそこの有名大学を卒業したら、
総合職に就くのは当たり前の世の中になっていました。
 
運良く人気企業に就職。
働く女性たちはみな、自分で稼いだお金で
ブランド物を購入したり、旅行三昧したり、
外車を買ったり、趣味の世界に生きていました。
 
素敵でした。かっちょいいと思いました。
 
私も早く車を買えるようになりたい、そう思いました。 
 
働きました。

ボーナスが出れば、家電を買い、
ある程度貯まれば、旅行に出かけ、
さらに貯まれば、キャリアアップのための
専門学校の授業料へと変換されました。
念願の車も買いました。
 
独りで生きていけると思っていました。
 
コンパに行っても、
自分よりも給料の少ない男性と結婚して良いのだろうか?
と悩むこともありました。
 
そう、まさに負け犬人生。
 
 
小学生のころ、姉のことを反面教師にした結果、
こーゆー人生を送ってしまったのです。
 
その結果、
「欲しいものは、買ってもらう」
のではなく
「欲しいものは、自分で買う」
 
そういうのが普通になっていたんです。
 
「リーズナブルな女」と言われても、
何も言い返すことができなかった自分が
とても情けなかったとです。ヒロシです。

 
でもね、私は決して「安っぽい女」じゃない!。
 
私がしげおに求めているのは、
お金だけでは買えないものなの。
 
お金を出せば簡単に買えちゃうもので喜ぶほど、
バカじゃないから。
 
 
 
ということで、
しげおに、いくつかのお願い事をしてみることにしました。
 
おそらく、今日の4~5時ごろに、
しげおは、そのメモを見つけることでしょう。
 
一見、お金で買えそうだけど、
買えないものも混じっています。
 
あくまでも
「買ってあげる」ことが目的じゃないのよ。
 
何をしてほしいのか、
お金だけじゃなく、見えないものを私は要求しているの。
 
それが、大人の女に対する買い物よ。
 
 
これがクリアできなければ、
私の旦那さまとしては、失格ね。
たまちゃん、抱かせてあげないわよ。ぷん。
 
 
ま、そんんわけで、4つほど書いた願い事。
すべて叶えてね。よろすく。


スポンサーサイト



Re:リーズナブルな女(09/30)  

あたしは
「お前は金がかかりそうだからいややねん!」
と面と向かって言われたことが…
「かかりそう」ってところがポイントで、
実際はおねだり下手、金目のものは全部自前なのに… これはこれでソンな感じ。
心おきなく貢いでもらえる神経を持ち合わせてみたい!!

先にコメントしてるacomaruは・・・  

あ奴だよなぁ・・・と思いつつ私もコメント。
彩猫の言うテルことめっちゃ分かる、分かり過ぎて恐ろしい・・・。だがのぉ、しゃーないよな!!!って、これが私達の性質。うん!(^^)
しかし最近分かって来たのが、ええ男は自立した女性を好むよ。学校の保護者を見ててもそう思う。

まとめて  

>アコマルさん
 
そうねー。
心置きなく貢いでもらえる体質になってみたいねぇ。
にしても、
「お金がかかりそうやからイヤや」って言う男、
ちぇっちぇーオトコだなー。

 
 
>マミヤン先生
 
そうそう、自立した女性になりたい!
と思って生きてきてんですけどねぇ。
 
それに、女性が自立していたからこそ、
結婚できたカップルが私の周りにも何組か居るので、
やはり自立しているに越したことはない!と私も思います。 
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす