FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

気になるコピー<1>

批判ぽくなっちゃうけど、
該当会社に恨みなど一切ありません。ほんとよ。
  
自分のコピー力を鍛えるため、
新聞広告などで気になったものをピックアップし、
感じたことを書き留めておきたかっただけ。
 
 

アサヒビールが、
新しく「本生ゴールド」を発売するとのこと。
 
で、ゴールドに付けられたキャッチコピー。
 

ゴールドな飲みごたえ。

 

なかなか良いと思う。なんとなくわかる。
 
でも、カラー戦略、うーん(いまいち)。
ゴールドといえば、キリンをイメージしてしまう。
本生といえば、意外なカラーを使い、
ビール業界の常識をひっくり返して有名になった商品。
なのに、今更、どうして?
 

 
そうそう、元祖「本生」の赤は、びっくりした。
ビールなのにコカコーラのような赤を使うとは!
今までのビールラベルの常識を超えた発想、度肝を抜かれた。
個人的には「ビールで赤はないやろ、ヒットするわけない」
なーんて思っていたけど(失笑)。
 
ちなみに、元祖「本生」赤のキャッチは


キレがよくてしっかりうまい、本格「生」。



次に出た「アクアブルー」もグー!
キャッチは、
 

おいしい。糖質50%オフ。

 
そうか、スリムなイメージのブルーか。
わかるなー。
 
 
一方、グリーンのラベルの「本生オフタイム」。
キャッチは、


苦味40%オフ。マイルドで飲みやすい。


グリーンって、お茶のイメージ色なのよね。
お茶って、苦い。
なのに「本生オフタイム」は「苦味40%オフ」だってよ。
うーん。なんか違和感ある。
ま、お茶の苦味とビールの苦味ってちょっと違うからね。
オフタイム=緑って発想は、まあまあいいんだけど、
味と連動しないのは、いかがなものか、ねえ。

ということで、
コピーついでにカラー戦略にまつわる商品を最後に紹介。


チョーヤ梅酒株式会社から3月8日発売予定の
「赤の梅酒 ペリーラ」
 
梅酒は青梅を使った「緑」と思っていたのに、
赤の梅酒ですってよ。へぇー。
 
でも、春に「赤」かあ。
なんかピンとこない。
春といえば「ピンク」系統の色を連想する。
桃とか、桜とか、チューリップでもピンクのね。
「赤」の梅酒を出すのなら、
クリスマスなど「赤」が街に彩られる時期にすればよかったのにねー。

ま、余計なお世話ですな、発売時期に口出すなんて。

ちなみに、ペリーラのコピーは、


待ち遠しいのは、春の訪れと赤の梅酒。
 
 

料理教室で作った蒸しパンを食べながら、
良いコピーとは何かについて考える。
 
いい昼下がりだ。


スポンサーサイト



Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす