FC2ブログ
   
02
1
3
4
6
7
8
9
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
26
27
29
   

フリーの世界は厳しい

本格的にフリーライターの仕事を再開した。
 
本格的に、というのは
いわゆるお友達や知り合いからのお仕事ではなく
「初めましてこんにちは」の方とのお仕事が多くなってきた、
ということ。
 
ある方から
「女性のフリーライターさんの世界って
 玉石混淆だからなあ、ほんまお付き合いしてみな
 わからへんしなあ。信頼関係築くまでは、お互い大変やで」
 
って言われていたんだけどね、だけどね。
 
やっちゃいましたよ、失態しでかしてしまいました。
 
 
会社で働いていると、失態があっても、
上司やチームでフォローしてくれる。
今すぐに何をやらないといけないのか、
次の改善策、今後の対応など、
自分で考えて行動するだけでなく、
欲しいといえば、アドバイスさえももらえていた。
ときに、やさしい慰めの言葉だってかけてもらえていた。
 
でも、今は違う。
自分だけで解決して、自分だけでフォローしていかないといけない。
長年かけて築いてきたような信頼関係のない状態で、
完璧に仕事をして当たり前の世界で、
1つのミスは、命取りともなりかねない。
 
恐い。
 
うん。恐い世界だと思った。
 
でも、恐れてばかりじゃあ、いかん。
 
次に活かせよ、わたし。
おかげで、身が引き締まったじゃないか。よかったじゃんか。

1つのミスで、くじけちゃあ、
社会人だった6年間は、なんなんだったのよ。
失敗の繰り返し、とんでもない失態もクリアしてきたじゃないか。
 
がんばろ。
励ましの言葉を、自分で投げかけないといけないのが辛いが
それが、フリーの世界だ。


スポンサーサイト



いつも思うけど  

「女性のフリーライターって云々」のような言い方って世間様はよくしますよね、男だって、やっぱり「玉石混淆」なのに。私がよく耳にするのは、変な運転しているクルマを見ると、そしてそれが女性が運転してると「やっぱりオンナの運転は」という言葉です。
それと、そういう言葉をわりと女性が平気で出すんですよね。「オンナの敵は女」というわけではないですが、女だって男だって、だめなものはだめ、玉も石もあるのに、と男ながら不思議に思います。
ちょっと小声で「めげずに頑張ってください」

猫の目50さん  

あたたかいお言葉ありがとうございます。

確かに、男性の世界も玉石混淆なんですけど、
フリーライターの仕事だけで食べていっているような人は、
一定のレベルを超えている人が多いようですね。
でも、良い方は、ほんとに良い。
売れっ子で、引っ張りだこで、時間の調整も厳しい状況でも
やっぱりお仕事頼みたくなるんですよね。
発注者の立場で仕事をしていたとき、ほんとそう思いました。
 
私もその域を目指して、がむばります。おう。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす