FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

どうやったら100点とか90点が取れるの?

時代は変わったのかもしれない。
定期テストで100点とか90点台が
軽々取れていたのは昭和限定だったのかもしれない。

でも、それにしても、ひどいじゃないか。
ひどすぎじゃないか。

スミレの2学期中間の点数ーーーーーーーー。

国語、漢字、間違えまくり。
社会、漢字、間違え。
数学、計算ミス。
理科、計算ミス。
英語、単語間違えまくり。

え?こんなことでミスする?
ありえない。全然理解できていないじゃないか。

どーゆーことー!!!!!


「お母さんは点数が悪いから怒るとか、点数だけで判断しないつもり。
 定期テストの点数で一喜一憂するもんじゃない。
 今の勉強は長い目で見た入試に向けての勉強であり、
 定期テストというものを通して、
 計画、実行、反省、を繰り返して、次に繋げていく
 という訓練をするのが目的だから
 点数ではないよ。お母さんは点数でどうのこうの言わないよ」

とスミレには言っていたけど

言っちゃったー。

「なにこれー!」
「ありえへん!」


そんなん言うお母さんは
中学生の頃何点取ってたの?

とコウメが聞いてきたので
正直に「100点か、あかんくても90点代やった」
と答えたら

「うそやろ!そんなん全教科100点
 普通に取っている子っておらへんで!」


え?そうかな。
確かに応用力、思考力を問う問題、
数学にはあったし、あれで100点は難しいのかな。
昭和時代(平成初期)時代のテストって
知識詰め込み型のものばかりだから簡単だったのかも。

そんなことを思って、
「そうか。今は問題、難しいもんな」
と話をしていたら、後日
「5教科総合得点480点の子はちょこちょこいるで」と。

それって、1教科90点以上じゃないと取られへんやん!
そういう子、やっぱおるやん!!!!!!!!


そんなわけで、
毎日1、2時間スミレと一緒に勉強しています。

こども新聞の要約と5教科のうちのいずれかの予復習をしています。
どの教科の勉強をしたらいいか、私が決めるのはおかしいので
自分で決めさせています。

また、中間テスト後に反省会をして
なにが良かったのか、
勉強法のなにがあかんかったのか。
次のテストにつなげるためにはどうしたらいいのか。

を考えさせました。

それから、時間のことについても考えさせました。
一日、どれくらい自由になる時間があるのか。
結果は90分のみ。

最近は、夜一緒にやる勉強に時間がかかるので
100分以上はあるけれど。

最後に、隙間時間の使い方についても話をしました。
どこか出かけるときに、チャレンジでもらった
電子辞書を持っていくとか、
ちょっとした待ち時間に、英単語を覚えるとか
そういう使い方をしていうように伝えてみました。

ま、これは、なかなか実行するのが大変そうです。
ちょっとした時間が持てたら、速攻、ニコプチ読んでいますから(笑)。
ニコプチもええねんけど、そうじゃなくて、英単語2、3個覚えたら
テストの時、楽になるねけどな。。。。
ってことを、心の中で呟いておきました。。。

はあ。

ちなみにこども新聞の要約は5年くらいから始めましたが
全然ダメダメちゃんです。
なにがあかんのかな、と思って見ていたら
どうも文と文がどんな関係で繋がっているのか
さっぱりわかっていませんでした。

この文が、前の文の補足説明をしているのか
逆説なのか、並列なのか、理由なのか、例示なのか
ほんまにびっくりするくらいわかっていませんでした。

なので、要約をするときも、
接続詞をわざと書かせて文章をつくらせています。
話がわらかないような時は、
「ほんまやったら、ここにどんな接続詞が入るかな?」
ってことを問いかけています。

これも訓練だなー。
そのうち、私がいなくても勉強できるように
していかないといけないよあ。。。。
それが難しいよな。。。

そんなことを考えている日々です。


中学生って、むずい!!!!!!!
スポンサーサイト



Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす