FC2ブログ
   
04
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

「ぼくの絵本じゃあにぃ」を読んで*クリスマスです

手づくり絵本教室の仲間に薦められて
荒井良二さんの「ぼくの絵本じゃあにぃ」を読みました。

面白い!
そしてかなりこの人、真面目!
文章、分かりやすい!
あんな絵描く人なのに!
なんの意図があるの?とか
ほんまに絵うまいん?とか
そんな印象しかなかった荒井良二だけど
真面目に設計するところとか、
遠回りをすることとか、
いろんなことに挑戦して、
未だに引き出しを作っているところとか知ると
荒井良二ええやん!って思うようになって。

絵本作りだけでなくハンドメイド製作にも
通じることがたくさんあって、めちゃくちゃ勉強になりました。

**

今日はクリスマスイブ。

去年と同じく、仕事終わりに待ち合わせして
子供たちとスーパーで買い物して帰ってきました。

そこから子供たちは子供部屋の掃除。
私はトイレの掃除を2箇所。
やっぱトイレは日々の掃除が大事よね、、、
そんなことを思ったトイレ掃除でした。
明日から、がんばろ。。。

あとは、リビングを少し片付け、
ケーキを作って、宿題したりのんびりしたり。

私は片付けモード全開になったので
本棚整理したり、いろんなものを捨てました。

あ、そうそう。
スミレは来年中学生になるから
サンタさんに何かお願いできるのも最後だね
てことで
「サンタさん、スミレは来年中学生になるので
 今年で最後にします。来年は要りません。
 今までありがとうございました」
こんな手紙を書いて置いていたら

「こんな手紙いらんて!」(スミレ)
「サンタさん、勘違いして今年中学生になると思って
 プレゼントくれへんかも!それはあかん!」(コウメ)。
「サンタさんは信じてたら、ずっとくるねんで!」」(ユリ)

と言われて、書いた手紙はどこかへ隠されました。

ええええ。。。お母さんの手紙、闇に葬られるの。。。

ま、結局、スミレが
「私が手紙書かへんかったらいいだけのことやし」

と言ったので、ま、それもそうかな、と思って
闇に葬られた手紙のことは諦めました。

お母さんかて、サンタさんと文通したかってんけどな。

ちなみに、コウメはサンタクロースを見たことがあるらしい。
夢の中なのか、夢から目覚めてすぐなのか、
とにかく見たらしい。
でも、おじいちゃんって感じの人でもなく
髭は生えていなかったらしい。
おっさんくらいの歳だったらしい。

そうか。見たのか。すごいな。

ちなみに、クリスマスにサンタさんに願い事をするときに
いつも話題になるのが

「魔法の杖」な話。

コウメが年中か年長のときに
サンタさんにマジ願いしたのが
「魔法の杖」。

魔法の杖さえあれば、好きなものがもらえる!
そう信じて、お願いしたのです。

確か、その年、ユリも同じ願い事をしたんだけど
ユリもマジで信じていたみたい。

魔法の杖がもらえなかった時は
すごく落胆していたけど、
あの願い事は確かにちょっとあかんかったな
と今では思っているらしい。




ですよね。

お母さんもそう思います。
スポンサーサイト



Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす