FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
9
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

わかる、、、らしい。

子どもたちが3人とも成長して小学生になった今、
面白い行動、面白い発言が少なくなってきました。

そもそもスミレは6年生で反抗期の初期。
コウメはスミレの真似をして、とりあえず反抗。
ユリはコウメの真似をして、とりあえずとりあえず反抗。

ま、ユリはまだ小2やから、
面白い行動も、発言もあって、
日々楽しませてもらっています。


一方で、子どもたちとの会話が楽しくなってきました。

コウメは月1で、喘息の治療で通院するので
行き帰り、歩きながら、あーだこーだおしゃべり。
学校のこと、ユリのこと、そもそもこれって、、、?なこと
いっぱいしゃべってくれます。
とっても面白いし、レスポンスが素直で心地よくて
どうしてこんな子が反抗期みたいな態度をとるの?と
思ってしまうほど。

先日は、晩御飯時に
「しまむらで売れ残った夏服は
 来年100円とか10円で売ればいいんじゃないか?」
という議論で盛り上がりました。

衣料ロスの新聞記事も読んでいたことから
「売れ残った服を捨てるなんてもったいない!」
という考え方から、議論は始まりました。

でもね、100円で売っていた服、見たでしょ。
スミレが選んだのはオシャレなものだったけど
翌週も残っていたのって、欲しいと思えるものだった?

残った服を仮に来年まで残したら、
その服は、どこに置くの?何枚あるとか誰が管理するの?
場所代と、管理する人の給料は?

そんなことを問いながら
なんで売れ残った商品を捨てるのが一番いいのか
(倫理的にはよくないけど、経営を考えると、、、という意味で)
そんなことを話し合いました。

こういう話し合いになると、
最後まで議論についてこれるのはコウメだけ。
しっかり反論するし、こちらの意見も理解してくれるので
ポンポンポーンと話し合いが進みます。
面白いです。



ユリは、しょっちゅう姉さんたちに泣かされる日々です(笑)。

理由を聞くと、
「お母さんに言われるのはわかるけど、
 スミレやコウメに偉そうに言われたくない」

と。


それ。それ。それー。
私も小さいころ(今もやけど、笑)思ってたことー!

よく私は「貴女にはお母さんが3人いて大変ね」
と言われていました。特に姉たちとは
10歳以上歳が離れていたので

こうしたほうがいい、ああしたほうがいい、こうしろ、ああしろ
これはこうだ、あれはああだ、私が教えてあげる

を、3人から言われていました。

ま、言うても、姉たちは姉たちの生活があるわけで
気がついた頃には、私には一切構わなくなっていたけれど
それでも事あるごとに構ってきて、お母さんは3人状態でした(笑)。

だから、ユリの気持ちがわかる!
お姉さんに言われるの腹が立つのわかる!
偉そーに言ってくるその態度がムカつくのもわかる!
言葉で反論できなくて、ギャーギャー泣くのもわかる!
全部わかる!!!!!!!!!

そんな事を言ったら、ユリはホッとした顔になり
姉さんたちは
「お母さんが3番目でユリの気持ちがわかるからって
 甘やかすのはおかしいわ!」と激怒。

こればっかりは、、仕方がない。。。
ユリは、姉さんに言われる前にやらなあかん事をやって
姉さんたちに言われる隙がないくらいしっかりしたらいいんやで。
そんな、私の実体験も踏まえたアドバイスをこっそりしておきました。

長女、二女、三女の気持ちは、
それぞれの立場になってみないとわからないもの。
どんなに頑張っても入れ替わることはできないからね。



そしてスミレ。

国語力が低く、語彙力もなければ、説明力もない、
「今日、学校、どうやった?面白いこと教えて。
 ●●くんと先生は仲良くやってた?
 隣の◉くんの面白エピソードを聞かせて?」
と言っても、

「ないし」

で、終わってしまう悲しい人です。
だから、スミレとの面白い会話は、ほとんどありません。。。

そんなスミレが、昨日の夜、ふと言いました。

「なんか、今、なんかいるような気がする。
 なんか、空気が違うねん、、、」

え!どこにおるん?????

「時計のところ、、、」

そういや、リビングにある2つの時計がさす時間が
4分ほど違ってて。最近、そういうことが多々あって
直してもまたすぐに違うようになって
「おかしいよね。。。。」と言っていたところでした。

寝る頃には「もういないと思う、、、」と言っていたので
安心して寝たのですが、、、

そういうの、あるのかな、、、。
私は、霊感ないと思うし
だからそういうの信じてへんのですけど
あるのかな。。。あるのかな。。。あるのかな。。。

ちなみに時計は、電波時計だったのですが
電池を新しくしたら直りました(笑)。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす