FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
9
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ゴミ屋敷の片付けと高齢者の工作遊び

久しぶりにダウンしていました。。。

丸1日寝込んで、ちょっとすっきりしたものの
未だに本調子ではなく、だるい感じで過ごしています。

そんな中、昨日は、実家のお手伝いに。

ゴミ屋敷の片付けと
認知症の父の相手をするため
子供たちを連れて行ってきました。

前回は、捨てられない紙袋を
たっくさん持って帰って、我が家で処分しました。

(でも、今回行ったら、また大量の紙袋が、、、
 どうしてそんなに紙袋が発生するのか、、不思議、、、)

今回は捨てられない買い物袋を
たっくさん持って帰ってきました。

レジ袋が有料になっている地域はたくさんあり
買い物袋が何かのノベルティになっていることも
多々あります。
うちの母は、そういうノベルティに弱いので、
得した!と思って買い物袋付きの何かを購入することが多いです。
でも買い物袋なんて、数枚あれば事足りるもの。
得した!と思って家の中に入ってきた買い物袋で
畳2畳分(ダンボールに入った状態で)くらい占領されていました。

こちらで処分するよ、、、ということを
伝えたら、案の定「もったいない!」って言われて
畳1畳分残して帰ってきました。

それでも子どもたちが
「使わへんのやろ!いらんやろ!
 使わへんくて置いている方が、もったいないやんか!」
と言ってくれたので、
なんとか畳1畳分だけは持って帰ることができました。

モノの持ち方については、
私も子どもたちも時々伝えています。

なかなか捨てられないものがあった時に

「これを残しておくスペースと
 残しておきたいモノって、
 どっちが大事かな?」

と、問いかけています。

残しておきたい気持ちもわかる。
でも、それを置いているスペース、場所だって
貴重な存在であることがわかれば、
いつか手放せる日がくるかな、、、と。

ま、そういう私も、捨てられない人やけどね。
はーっははははははは。


てことで、買い物袋は処分を。
家で使うかなーと思って、確認したけど
どれも全然可愛くないしオシャレじゃない買い物袋ばかり。
第一、それ、自転車のカゴに乗らへんし!
な大きいものも多くて、全部OUTでした。



片付けの後は、
父とトランプやウノ、折り紙をして遊びました。

手先を使うこと、
ちょっと頭を使うこと、

子供の成長が、手先を使うことと
頭を使うことで、促されてきたのだから
認知症も同じような仕組みで
症状を遅らせることができるはず。

子どもたちが入ると、
間違えた札を出してしまっても
「ちゃうで〜」と軽く言ってもらえたり
急かす母に向かって
「待ってあげてや〜」って言ってもらえるので
和やかにゲームが進んでいきます。

時々、隣に座っているコウメが
おじいちゃんの札を見てアドバイスしたり
フォローするのもサクッと。

折り紙も、スミレとコウメで
奮闘しながら教えていました。

言っていることがなかなか伝わらない、とか
何度言ってもわからない、とか
そいういことを子どもたちも体験したみたい。
でも、えらいなーと思ったのは、
なんだかんだ苦戦しながらも
「おじいちゃんに折ってあげる」
んじゃなくて
「おじいちゃんが折る」ことを優先していたこと。

完成したものが、
見本と似ても似つかないものだったとしても
それでもいい、と
手直しをしなかったこと。

私が子育てで大事にしてきて心がけていたことが
ちゃんと子どもたち自身も実践していて
なかなかやるな!と思ったのでした。

認知症のことは、子ども新聞で知っているスミレとコウメ。
おじいちゃんは認知症だからね、
という話も、ずっとしていたし、
認知症の人を相手にするって、どういうことなのか
身をもって体験できたのはよかったな、と思います。

また時々、訪れようっと。
父にとっても良いことだけど
子供たちにとってもかけがえのない経験ができるから。

これからの世の中、ビジネスを考える上で
「高齢者目線」は絶対に外せないものになってきます。
うちの子たちも、経験を通して、
どうしたらいいかを考えられる人になってほしいな。

にしても。
高齢者相手の工作あそびは
なかなか難しいです。

子供ならなんでも「作ってみたい!」って思うけど
年齢が上がるにつれ「作ってみたい!」と思える意欲って
減っていくもの。

「なんでも」

ではなく

「これが作りたい」

と思えるものでないと、

工作をする机にすら向かってもらえないんだな、、、と。


私自身の課題も見つかりました。


そうそう、先週1年ぶりに占いに行ってきました。

その話はまた今度!
とりあえず、今日は、風邪薬買いにいかなー!


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす