FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
9
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

手術終わりました

6月に決まったユリの耳の手術。

昨日、無事終わりました。

難易度の高い手術で
合併症、副作用の可能性がいくつもあり
この2ヶ月ずっと不安で仕方がありませんでした。

まだ検査もしていないし、
手術したところはカーゼで覆われていて
全く問題がないかどうかは、わかりません。

術後は麻酔の影響で吐きまくって、
ジュースもおかゆも食べられない状態で
めちゃくちゃしんどそうだったのですが、
今日、面会に行ったら、フツーにご飯食べてて
ほっと一安心。

悪態ついたり、すねたり、いつも通りのユリに戻っていました。

ちなみにユリの手術は
鼓室形成手術と言われるもので、
鼓膜にくっついて音を伝える骨が溶けている状態だったので
ユリ自身の軟骨を使って骨を作って、溶けた部分を補い
切開した鼓膜もどこかの筋肉を使って作る、というものです。

顔には神経がいろんな通っているので
その神経に傷がつくと、いろんな障害が起こるところでもあります。

***
備忘録。

手術前日入院。
入院手続き後、外来で診察。
大学病院のため、学生さんがゾローリと並ぶ中
診察を受ける。
(熱があったり、風邪をひいたり、鼻水が出ているだけでも
 手術が延期されることがあるので
 この1週間、ホントビクビクしながら過ごしていました)

病棟に案内される。
部屋はとっても綺麗で大きくて快適(笑)。

ただ病棟自体はすごく古くて、
エレベーターも、旧式のもので
ボタンもでかいし、ボタンの押し方が変だと
ボタン自体が傾いてずっと押されたまま状態になるなど
ビックリすることがいっぱい。

麻酔科医の先生から、手術時の麻酔について説明を受ける。
子供なので全身麻酔であることや、
ぐらついた歯がないか確認されたり
(ここ1ヶ月以上ずっとぐらついている歯があるんだけど)
アレルギーや今飲んでいる薬について聞かれたり。
麻酔による副作用についての説明も。

麻酔薬はとても臭いらしく、
その匂いを軽減するためにフレーバーを選べるらしい。
オレンジ、メロン、バニラの中から、ユリはバニラをチョイス。

その後、耳鼻科の先生(研修医)から
インフォームドコンセントを受ける。
(しげお合流)
ユリの耳の病気。
滲出性中耳炎から真珠腫性中耳炎になり
どこでどんなことが起こっているかの説明から
手術の詳しい説明。手術は3〜4時間かかること。
合併症、副作用の説明。
使う薬剤の説明など諸々。
丁寧に紙に書いて説明を受ける。

病室に戻ると、
薬剤師さんから、投薬する薬についての説明を受ける。

その後、手術の際に担当する麻酔科医の先生が
改めて来て、(麻酔の説明した先生とは別)
歯のぐらつきについて再度質問される。
(この日、歯のぐらつきについては、
 外来、病棟、麻酔の先生×2、と何度も何度も聞かれた、笑)

病室では暇なので、持ってきた本を読んだり
プレイルームで遊んだり。

手術では左耳の後ろにメスを入れるので
病院の理容室で耳の後ろを5センチほど剃ってもらう。
バサッ。バサッ。と切られていく髪の毛を見て
ユリは半泣き状態。
剃ったところが目立たなくなるように
ふたつくくりにしてもらう。

翌日は7時に病室に行かないといけないので
ユリの晩御飯&歯磨きを見送った後、すぐに帰宅。
7時を過ぎて帰宅するのは久しぶりだし
1日中病院で過ごしたので、くったくた。
汗だくだくで、ヘロヘロで、でも翌日の準備のため
本屋→スーパーに行って、家へ。
8時過ぎていたけど、ワーママの同級生のお母さんに出会う。
疲れ果てて買い物していた私と違い
ワーママお母さん、まだ元気モリモリ。
すごいな、、、と感心。。。

帰宅したら、すでに姉さんたちは子供部屋へ。
(寝てなかったけど、、、笑)

晩御飯は朝2品だけ作っていたので
スミレとコウメに、あと2品作るよう指令を出していたら
ベーコンのポテト巻きと、お味噌汁を作ってくれていて
めちゃくちゃ助かりました。そして美味しい!
疲れ果てて帰って来て、こんな美味しいご飯にありつけるなんて
めっちゃ幸せ!!!!!!!!!!!!!!!!!

でも、めっちゃ疲れているので食欲はなく(笑)
でも申し訳ないので、頑張ってお腹に押し込んで
お風呂に入って、寝ました。

手術日。
仕事に行く時と同じくらい早くに起き、
晩ご飯の下準備をしてから(もちろん朝ごはんも作って)
急いで病院へ。

ユリは手術前なので
朝ごはんはもちろん食べられず
手術前に飲むドリンクを5時半に飲まされ
手術着に着替えて8時に病室を出発。

ユリは私が手術室に入ることを拒んだのですが
病院側は入ることを望んでいたので(笑)
遠慮なく手術室へ入らせていただきました。

大学病院ゆえに、手術室はめちゃくちゃたくさんあって
合計22室もあるのだとか。
映画館みたいに、OP1、、、と書かれたドアがあって
ユリはOP12室に。
すでに準備は整っていて、
オペナースさん2人、助手の先生2人、
麻酔科医の先生1人が準備をしていました。
(わードラマみたい!)
子供の手術だからか、
オペ室にはミッキーマウスマーチが流れていて、、、

ってユリ、ミッキーマウスマーチとか知らんし!

あと学生さんも立ち会っていた!
さすが大学病院、、、至る所に学生さんがいる、、、。

そうこうしている間に、執刀医の先生が来て
(わードラマみたい!)
緊張感高まる中、麻酔開始。
寝る瞬間を見守ることなく退室を促され
病棟へ帰されました。

手術中はすぐに対応できるように
病棟から離れられないので
病棟の待合室で、くらげちゃんを作ることに。
3〜4時間の手術なので、漫画を読みながら
のんびりくらげ作りに励む。

手術から2時間後、急に看護士さんに
手術室の待合室(説明室)に行くように伝えられる。
何の話かは知らない、とのこと。
手術が終わるには早すぎるし、何の話か伝えてもらえないのは
何か問題があったからではないか?
そう思いながら、ドキドキブルブルしながら、
説明室に行ったら、
「問題なく手術は進んでいて、あとは縫合するだけです」
とのこと。

ビデオで撮った写真を見ながら
どんな手術をしたのか、
切った場所、取ったもの、溶けていた骨、
新たに作った骨、舌の神経。
鼓膜の内側、耳の後ろからメスを入れたので
その場所の確認。
問題はないし、後20分で手術が終わります、と言われて
説明終了。
お礼を言って、病棟に戻る。

先生からの説明を聞くまでは
何か問題があったのではないか?
思ったよりも状況が悪くて、何かを相談されるのではないか?
こんな事故が今起きました、という説明ではないか?

医療ドラマが好きで、しょっちゅうそんなドラマばかり観ているから
いろんなことが想像できて余計に怖くて、
本当に寿命が縮まるんちゃうか?
白髪がドバーッと増えるんちゃうか?
と思うくらい心臓バクバクで辛かったのですが
手術の経過報告で本当に良かったと思いました。

その後、再度呼び出されて
手術室までお迎えに。
麻酔が効いているようで、スースー寝ていて
めちゃくちゃ可愛い。

ただ酸素マスク付けられ
頭には包帯巻かれ、
手には点滴とサチュレーションが付いていて
重々しい雰囲気でした。

病室に戻ったら、すぐに目覚めたのですが
ちょっと喋った後、また眠りに入り、、、
また目覚め、、、を繰り返していました。

完全に眠りから覚めた後は、
吐き気を催して、ゲロゲロゲロ〜。
顔色も悪く、ぼーっと、しんどそうに。
しげおが来てくれて、ユリの見守りを頼む。
水を飲んで様子をみた後、
またゲロゲロゲロゲロゲロ〜。
おかゆを見ても「キモい」と言って
全然食べなかったのだとか。

吐き気止めを飲んで
すぐに眠りについたらしい。

私は晩御飯までに家に着いたので
久しぶりに姉さんたちとおしゃべりを。
手術室に入ったこと、ユリが吐きまくっていること
プレイルームに「吉本芸人人生ゲーム」があること
などなど、いろいろおしゃべりしました。
昨日は晩御飯も作り、お皿も洗い、
私へのお手紙も書き、トラにも餌をやり
いろいろ頑張ってたからね。

術後1日目

朝ごはんはあまり食べられなかった模様。
昼ごはんも6割程度。
どうも好きじゃないおかずがたくさん出ているらしい、、、。

吐き気もおさまり、私に悪態ついたり
喋ってくれたり、コナン読んだり(こればっか)
一向に勉強する気配がないので、
勉強を促したり(この入院のためにチャレンジを1ヶ月受講)
一緒にEテレ観たり(うーたん、とワンワンの説明をしました、笑)

ユリも元気そうだし、うーたん見て笑っていたので、
私は早めに帰らせてもらました。
その後、しげおが病室へ。

今回は、ユリが入院だったこと。
小学生で夜の付き添いが要らないこと。
姉さんたちも自分の身の回りのことができるようになったこと。
家のことも頼めばちゃんとやってくれること。

など、ラクに付き添いさせてもらえる環境が
整いました。

(乳幼児のときの入院時は本当大変だったからね、、、)

私は、仕事を2日間だけ休ませてもらっただけで
あとは普通に仕事しながら病院にも行き、
家にいる姉さん達のご飯も作り、、、ができているので
ほんとありがたい限りです。

しげおにもユリの付き添いを頼んで
自分だけが背負わないようにしています。

まだ合併症があるのか、
手術した痕がどうなっているのか、
抜糸したり耳に入れているガーゼを
取り除かないとわからないこともあるし
検査をしないとわからないこともあるけれど、
とりあえず、元気に過ごせているので
ほっとしています。

付き添いは大変だけど、
お互い、好きな本を読んだり、
ゴロゴロしたり
(病室でワタクシ、爆睡させてもらっています、、、笑)
ユリも私もテキトーにのんびり過ごしています。
今週末から来週にかけては
「体は元気なのに、暇で退屈」度合いが
増してくると思うので、なんだかんだ憂鬱ではありますが
せっかくなのでテレビを見たり、
しっかり勉強させようと(笑)思っています。

ま、それにしても、疲れました。。。
今日も仕事に行ったのですが、頭の中、全然回りません。。。
疲れが溜まらないように、ぼちぼち休みながら、
ぼちぼちくらげ作って、来週末のモフフェスに向けて
頑張ろうと思います。

このまま経過が順調でありますように。。。

ただただ願うばかり。。。

早くユリと家で遊びたいな。
退院後もしばらくは運動できないんだけど、ね。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす