FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

母も学び*無料ロボットが子育てしてくれる未来

怒涛の1週間が始まりました。
今日は小学校の運動会の予行練習参観日。
(マンモス校で、保護者の数も多いから
 本番は遠くからしか見ることができないため
 練習風景だけでも間近で見たい、
 という保護者のニーズに合わせて設けられた日)

3人とも全部見てあげたいけど
仕事もあるし、大変だし、疲れるし(めんどくさいし)
ユリの参観だけは諦めました。
それでも、1日2往復、、、。
しかも暑いし、、、。
姉さんたちの参観も諦めようかな、
と思い始めてきましたが。。。ははは。


そんなわけで、バタバタではありますが
充実度は満点!

昨日は、平井琴美さんのおまたぢから®講座を受けてきました。
子供たちに、これからどうやって生理のことを伝えたらいいのか。
赤ちゃんを産むためにしておかないといけないことってなんなのか。
それをどうやって伝えたらいいのか。
悩んでいた矢先だったので、この講座はとっても勉強になりました。

自分の生理のことは、正直、もうどうでもええわ、
と思っていたのですが
まずは自分の生理についても、
もうちょっと向き合ってみようかなと。
そんなふうに思えた1日でした。

学校から帰ってきた娘たちに
「何の勉強してきたん?」と聞かれたので
「生理のことやで。子宮は37度が快適な温度らしいから
 冷たすぎるもんは、飲んだらあかんねんでー」
と、さくっと話してみました。

学んだことは、これから少しずつ子供たちの会話の中で
伝えていけたらいいな。

最近、私自身、いろいろ学びの場に出かけたり
何かを作りに出かけることが多いです。
いや、何年も前から
おもちゃコサルタントの資格取るために
勉強もしてたし、泊まりがけで
講座に行っていたこともあったけど
子供たちの記憶にはあまり残っていなかったようで。

でも、私は、学ぶことが好き。
とっても好きです。
学校の勉強は「テストのため」という名目が出てきた頃から
それほど好きにはなれなかったけど。
大学に入ってから、学ぶことに前向きになれて
今では「学ぶ」ことがライフワークの1つでもあるし
常に自分のやりたいことの上位に入ってきています。

子供たちは、案の定、
「勉強って面白くなーい」
「テストで良い点取れないしー」
と、ネガティブな感情を持っていて。
(私、テストで良い点取れとは、一言も言っていませんが!!!)

なので、どうやったら「学びって面白い」ってことを
子供たちに伝えられるのかな、、、と思っているのですが、
とりあえず、私が、素直に学びの場に出かけて
「こんなこと勉強してきてん」とか
「こんなこと知って、一つ賢くなったわ!」とか
そんなつぶやきを地道にしていこうかな、と。

強制的に勉強させたり、点を競わせるのも
いつか必要になってくるとは思うけど、
今はもうちょっと緩く向き合ってみようかな、と。

子育ては、一筋縄でいかないことの方が多いし、
今まではこの方法でうまくいったけど、
今はうまくいかなくなってきた、ってことはしょっちゅうだし
試行錯誤の連続だけど、
それでもやっぱり、試行錯誤しながら
子供たち一人一人に向き合って行かなあかん仕事なんかな。


そうそう。先日、アスレチックに行く道中、
車の中でユリの妄想話が繰り広げられていました。

「ユリとコウメとスミレは、5人ずつ子供を産むねん。
 そしたら、15人子供いるやん。
 15人子供いたら、
 なんでもタダで食べさせてくれるところがあって、
 そこで毎日ご飯食べられるねん。
 そんでな、子供の世話は、全部ロボットがやってくれるねん。
 ロボットもな、ロボット会場ってところで
 タダでもらって帰れるねん。
 お父さんとお母さんは、二人とも働きに行くから 
 なんでもロボットがやってくれるねん」

なんだか、星新一のSFの世界みたい。
「ええええ?そんな世界になるわけないやん!」
って姉さんたちは反論してたけど、
今のロボットの技術や
夫婦共働きがデフォルトになりつつあって
家事が外注化もしくは
ロボットや機械にとって変わりつつある現状を見ると
ありえなくもない未来かもな、と。
しかも無料って。。福祉制度が整っている北欧みたい。
てことは、
ユリの妄想の世界は、そして恐ろしく税金高いんだろうな(泣)。

そんなことを思いつつ。
でも、今は、やっぱり親の工夫ひとつで
子供の成長って変わってくると思うのね。
ロボットでは代用できないことを
私はやりたいな、と思っています。
工夫する育児は楽しいし、ね。

そんなわけで、いろいろ思った週末でした。

私は、ユリのロボット妄想話がとっても面白かったのですが
コウメがツボだったのは、

「ユリって、男子?」
「いや、天使!」

という会話だったよう。

「『男子?』って聞かれたら、普通
『はい男子です』か『いいえ、女子です』って答えるやん。
 それやのにユリは『天使です』やで!
 人間ですか?って聞かれたら、天使もありやけど、
 男子ですか?やでー!めっちゃ面白いー」

と、1日中、バカ受けでした。


***
最後に。
最近作った、おめかしほうき。
IMG_20170922_153301.jpg
秋のイベントに向けて、
ちょっとスピード上げて作っていかなあかんな。
ただ今週は、、、、忙しすぎる!!!


スポンサーサイト



Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす