FC2ブログ
   
02
1
3
4
6
7
8
9
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
   

好きな人、もの、こと、と過ごす毎日<その2>

怒涛の6連勤が終わりました。

ホッとしたのもつかの間、
2月のシフト表をみたら、また6連勤。

とほ。。。

***

さてさて
「好きな人、もの、こと、と過ごす毎日<その2>」は、
毎晩のお楽しみの話。

毎晩、子供達を子供部屋へ追いやってから、、、の楽しみは、
お布団に入って、ルイボスティを飲んで
本を読んだり、雑誌を読むこと。

ここ数日は、図書館で借りた
「絵本作家のアトリエ1、2」を読んでいます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵本作家のアトリエ(1) [ 母の友編集部 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


ムホー。鼻血が出そう〜。

今、我が家は、絵本MOEを定期購読しているので
今の作家さんの話題は十分満足しているのですが、
「絵本作家のアトリエ」に出てくる作家さんは、
絵本界の大御所中の大御所。
いや、もうこの世にいらっしゃらない方もいるくらい。
でも、私にとっては「懐かしい」方々ばかりで。

私は「漫画一切禁止」の家庭で育ったのですが
その代わり、うちの母は「こどものとも」を定期購読してくれていました。

姉が育った時代のものは、それほど数は多くないけれど
それでもたくさん。私が育った時代のものは、
たぶん何年分もの「こどものとも」が、実家には当たり前にありました。

だから、「絵本作家のアトリエ」の中に
山本忠敬さんも、小野かおるさんも、瀬川康男さんも、
田島征三さんも、堀内誠一さんも、中谷千代子さんも、薮内正幸さんも
いらっしゃって、もうね、興奮しまくりですよ。
名前は存じあげていなかったけど、あの絵本のあの人や!
って感じで、ムフムフ言いながら読んでしまいました。
(もちろん、長新太さんや、井上洋介さん、加古里子さんのような
 超有名な方の話も面白かったけどね)

で、「絵本作家のアトリエ2」の最後は、せなけいこさん。

この方は、今でも、元気モリモリで、絵本MOEにも登場して、
若干「もうええわ」な感じがするんだけど(笑)
大御所たちが、戦前戦後の荒波を生きて、
「食べる」ために絵を描いていたのとは違って
とても明るい話だったのが、印象的でした。

ま、そんなわけで「絵本作家のアトリエ」。
楽しく楽しく読ませていただきました。
改めて「こどものとも」を定期購読してくれていた母に感謝です。

そして、その頃の「こどものとも」は、
今は、我が家で娘たちに読み継がれています。
といっても、最近の作家さんの絵本に負けていますけど(悲)。

でも、昔の作家さんは、絵の一つ一つが丁寧だった。
忠実に描く、だけでなく、大切に描かれていたような気がする。
そして、皆さん、うまかった。

今の作家さんは、、、うーん、
絵が上手くなかったり
禁じ手の「魔法」らしきものを使ったり、
練られていないな、というものがたくさん。
数ヶ月で描いちゃったのかな?と思うものが
意外とよく売れていたりして、なんだか悲しくなったり。

長い年月をかけて、しっかり絵本と向き合ってこられた
昔の作家さんのエネルギーや思いを知ると、
余計にいろいろ考えてしまいました。

ま、とにかく、布団に入ってルイボス飲んで
本を読むって、楽しいね!ってことで、今日はおしまい!

スポンサーサイト



Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす