11
2
3
4
7
8
11
12
15
16
18
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

しつこい女

んもう、ユリ、しつこいわ!
もうええわ!
何回も同じ話聴いたわ。もうわかったって!


毎日ことあるごとに言われているユリ。


しつこいです。


どう考えても、しつこいです。


5歳なんだから、これくらいしつこいのは、
当たり前のことなんだけど。



でも、コレを見たら、納得するでしょう。
ユリのしつこさを。
CIMG6432.jpg
同じような絵がずらり。

必ず描かれているものは

「家+人」

そこに、動物が入ったり、お花が入ったり、
他のいろいろな付属物が入ったりすることもあったり。


毎日、この構図の絵を、何枚も描いています。
(ここに掲載していないものも多数)

これなんて、ほら。間違い探し?みたいなくらい同じ。
CIMG6433.jpg
下は、幼稚園で描いてきたもの。
上は、幼稚園から帰ってきてから、家で描いたもの。
家で描いたものの方が、時間的な余裕があったのか
幼稚園で描いたものより、いろいろなものが追加されて
なんとなく洗練されたような感じ。

これも似てる。
CIMG6434.jpg
虹を描いたり(☆は、かあちゃんが描きました)
ネコを屋根に登らせたり。

CIMG6435.jpg
2階で眠っているのは、3姉妹。
でも1人起きている人がいる、、、。
配置を考えると、、、これ、スミレだなwww

CIMG6436.jpg
屋根に模様を描くようになり、
さらに色をつけることが楽しくなってきたみたい。

そんなユリの、最初の「おうち+なにか」の絵は、こんなんでした。
CIMG6438.jpg
ほんの2週間くらい前の絵です。
ここから、ちょっとずつ変化していきました。
CIMG6439.jpg
動物が登場したり、太陽も出てきました。

私も一緒に絵を描くときは、
同じ構図で描かされます(爆)。
なので、私が追加して描きたいものを描いていると
ユリも真似をして、自分の絵にその物体を描くようになりました。


でもね、3ヶ月前は、こんなんでした。
CIMG6441.jpg
ただ動物を描くだけ。
いや、もっとひどかった。
CIMG6450.jpg
わけのわからない生き物、、、。


ええ。ユリさん、絵を描くのが苦手でした。
絵に興味がありませんでした。

今年の夏休み。
幼児教室の先生に、最近の子どもたちは
絵が幼すぎる!全然描いていない証拠だ!

と言われて。

それまでは、全然気にしていなかったユリの絵を
ふと見ると、、、



ない。




そもそも、ない。



ユリって、絵、描いていない!



4歳のときの絵が、ほとんどない!



5歳になっても、絵、描いていない!



やばい!



そして、2学期の遠足で動物園を訪れたあとに描いた絵を見ると







とんでもなく、やばい!




ま、そもそも、他の年中児さんの絵も、
まあまあ、、、、、な感じなんだけど。

でも、ユリは、やばかった!

お友達の絵を同じ絵を描いていた!

見ながら描いたな!

(ま、コウメも幼稚園時代は、
 お友達の絵を見ながら描く人でしたが)

(ついでに言うと、私も、幼稚園児代は
 お友達の絵を見ながら描く人でしたが)

(血は争えんってことですな。ははは)


いや、はははじゃない!

ユリの絵に描かれていたウサギの色。

ピンクだった!

(ピンクのウサギなんて、おらへんわ!!!!)

しかも、二足歩行していた!

(ぎゃーーーーーーーーーーーー!!!)





かあちゃん、ショックでショックで、、、。

ワンデーの準備で忙しくなってきて、
「なに作ろう、いつ作ろう、、今日はこの段取りで、、、」
と頭の中は、自分の製作物のことでいっぱいだったけど、
ユリと一緒に絵を描く時間を、しっかりとることにしました。

そもそも、絵を描くのが好きじゃなかったし、
苦手意識があったので、最初は、私の誘いにも全然乗ってくれず
「ママが描けばいいやん、、、」と言われてしまって。
ま、その通りですな、と思い、私がまず描き始めて。

でも、ちょっとは描いてほしいな、と思い
「お花の絵だったら描けるでしょ。ちょっとここにお花が欲しいなー」
と、お花を描くところから、始めさせて。

そしたら、ちょっと乗ってきて。

気がついたら、毎日お花畑を描くようになって。
(しつこい女ですから)

でも、お花畑だけ描いていても、なあ、、、と思って

「ユリが描いた絵を使って、紙芝居を作りたいんだけどなー。
 もっといろいろな絵を描いてほしいなー」

と促したら、

ユリが乗ってきて、

じゃなくて、コウメが乗ってきて(爆)

「コウメも描くーーーーーーーーー!!!」

そんなわけで、コウメも参戦して絵を描き始めることになって。
そしたら、ユリも乗ってきて。
どんどんどんどん描くようになってきて。

CIMG6451.jpg
海で浮き輪に乗っている子を描いたり
(入ってじゃなくて、乗っている!)
泳いでいる子を描いたり
(溺れているわけじゃない)

CIMG6448.jpg
家を描いたり
CIMG6447.jpg
滑り台で遊んでいるところを描いたり
CIMG6444.jpg
お花畑に人を登場させるようになったり

CIMG6446.jpg
いろいろな絵を描くようになりました。

もちろん、姉さんたちが(スミレもときどき参戦した)描く絵を
真似しながら、進化していたったのですが

私が嬉しかったのは、
絵にストーリーが出てきたことでした。

CIMG6442.jpg
雨が降ってきたり、3人で寝たり、食事をしていたり
CIMG6443.jpg
鉄棒していたり。

人や動物が登場するだけでなく
その登場人物がなにかをしている絵を描くようになったのです。

これって、絵を描く上で、すごい進化だと思います。
キャラクターの絵は描けるけど、
そのキャラクターが何をしているところか、、、を描ける子は少ないです。

お母さんも然り。

アンパンマンの絵は描けるけど、
正面向いたアンパンマンの顔しか
ほとんどの方は、描きませんよね。

私も同様です(笑)。

でもね、ときどき、アンパンマンを飛ばします。
飛ぶアンパンマンを描きます。

するとね、話が広がるんです。

「ほうらアンパンマンが飛んでいるよ。
 どこに行くのかな?」

「バイキンマンをやっつけにいくんじゃない?」

と、話が展開していくんです。
子どもの中に想像の世界が広がっていくんです。


絵は、お話に繋がります。

だから、自分の頭や心にある

「楽しかったこと」
「こんなふうになりたいな」

が描けるようになってほしいのです。

遠足や行事が終わったあとに、絵を描かせるのは
「見たものを描く」ためではなく
「楽しかったこと」を、
言葉じゃなくて絵で表現できるようになってほしいからです。


ということで、ぐたぐた書きましたが、
この数ヶ月で、ほんと絵が進化してきたユリ。

この絵も、ストーリーたっぷりの絵で、
描きながら、いろいろお話してくれました。
CIMG6440.jpg
ユリががっちゃんを散歩させているそうです。
(がっちゃん、なんだか苦しそう、、、)
(横でネコが二足歩行しているのは、ご愛嬌ということでwww)

おうちでは、2階でお姉ちゃんたちと一緒に寝て
(いや、起きている!)

1階では、机のところで、ご飯食べて
(うち、4人家族だったっけ?)

虹がかかっているけど、雨も降ってきたそうです。
(そういうこともあるよね!)


てことで、調子づいたユリは、しつこく
「家+人」の絵を、これでもか!
というくらい描くようになりました。


そして、まだまだこのブームは続きそうです。。。

「早く紙芝居にして!」と言われていますが
どう話を作っていいやら、かあちゃんは、悩みます。とほ。


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす