FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

真夏の大掃除*手芸教室続けています

予告通り、本日は、大掃除の日。

昼ご飯後、各自持ち場へ移動。

スミレはベランダへ。
コウメはお風呂場へ。
ユリは、駐車場へ、、、と言いたいところですが
昼ご飯が長引き、とりあえず食卓で、がんばって(笑)。

いつもは、全員でベランダ掃除。
全員でお風呂場掃除、全員で車の掃除、、、
というスタイルだったのですが
この夏は、なぜか、独りでやりたい!と
姉さんたちが言い出し、
独りで黙々と、、、

だったのですが、やっぱり、独りは大変。
「手伝って〜〜〜」の叫び声が、
ベランダからもお風呂場からも聞こえてきて。
結局、お互い助け合いながら、掃除を進めていました。

私は、寝室のベッドを少し移動させて
たまりにたまったホコリと、いろんなゴミを集めて、
その後、拭き掃除。
いやあ、すごかったーーーーー、ホコリ。。。

スミレは、なんだかんだでこだわりの人なので(笑)
ベランダの床をピッカピカにしたくて、
「激落ちくん」(メラニンスポンジね)を使ってまで
汚れをキレイに落としていました。
(すぐに汚れちゃうのにね、、、)
執念ですな。うん。仕事人、な感じ。


コウメは、なんだかんだで、
昼ご飯を終えたユリを誘って
2人でお風呂掃除に励んでいました。

途中、ご褒美のかき氷を食べたあとは、
車の掃除。
普段、あまり車は使わないし、
つい先日、車検で車の中がキレイになったのに

(注:車検は車の掃除は含まれません、、、が、
 時々、キレイにしてくださります。
 してくれないことも多いけど、、、泣)

その後、なんだかんだで、海やキャンプや行ったので
車の中も、ものすごい汚くて。

掃除機かけたり、いろんなゴミを拾ったり、
ボディ部分は、濡れたウエスで拭いたり。
いつも、年末に行う大掃除と同じメニューなので
子どもたちも、指示なしで働いてくれます。

で。

最後は。

ご褒美(?)の車の時間。

今回、初めて、リクライニングを体験し
「歯医者さんみたい〜」てことで、
みんなで、口を大きく開けた写真を撮ったり
後部座席も倒せることを知り、
「ここで、キャンプができるね!」と喜んだり。
CIMG5475.jpg
なんとか5人寝れそうですな。
狭い空間が大好きな娘たち。
リクライニングシートを使って、
滑り台遊びをしたり、
思う存分、楽しんだようです。


いやあ、それにしても、疲れたーーーーーーー。

娘たちも、夕方には、ぐったり。

掃除って、結構、体力使うよねー。

最近、雨やら、なんやらで、
全然外で遊べていなかったので
夜になっても、全然眠くならなかったけど
今日は、バタンキューだね、、、。

と思っていたけど、なぜか、お風呂に入ると
目が覚めるねん、、ということで、
今も、バタンバタンベッドの上で遊んではります。
大丈夫か、、、。明日もラジオ体操あるで。。。


***
手芸教室も4回目を終えました。

集中力が切れるときは、なかなか前に進まなくて
3回目のレッスンが終わったときは
正直、大丈夫???と思って焦ったけど、
なんとか4回目で、無事、カバンが仕上がりました。

生徒さんの作品は写真に収めていないのですが
うちの娘たちの作品は、こちら。
CIMG5481.jpg
スミレ姉さんのカバン。
ずっと前に仕上がっており、
図書館に持っていくカバンとして活用しています。

CIMG5479.jpg
これは、ユリのカバン。
持ち手のところだけは、私が縫ってあげたけど
それ以外は、ユリが縫いました。

CIMG5480.jpg
縫い目は、こんなに荒れ荒れやけどね(笑)。

コウメは、まだ持ち手が付けられていない状態なので
写真掲載ならず。

ちなみに、この生地、全て、
100均で購入した「手ぬぐい」です。

ありがたいことに、この100均の手ぬぐい。
四方全部三つ折りで縫い止められているんです。
ええ、そうです。ほつれないんです。

だから、カバンを作るときも、端処理の必要がありません!!!

ひゃっほーい!

長さも、ちょうどいい!

手ぬぐいなので、もちろん綿100%!

ちなみに、ダイソーにもセリアにも売っていたけど
ダイソーの方が、生地に少し厚みがあって、
ごわごわしていました。
セリアで作ったカバンは、ちょっとくにゃっとなります。
CIMG5477.jpg
試作品。

CIMG5478.jpg
横長バージョン。

上記2点は、どちらもセリアの手ぬぐいです。

手ぬぐいをカバンに、、、というアイデアを思いついたときは
やったぜ!!セリアでガッツポーズ☆
持ち手も、もちろんダイソーやセリアで購入。

216円で、手提げカバンが出来上がるなんて、
嬉しいね〜。子どもと一緒に作るのにピッタリ。

手縫いでチクチク、、、は結構大変です。
生徒さんも、うちの子どもたちも、少々慣れている、、とはいえ
かなり大変でした。
でも、よくがんばった!!!


手芸教室、生徒さん1人なら、余裕で見れます。
でも、我が家で開催する場合、
もれなくうちの子3人が付いてきます。
縫い方は荒いけど、玉止めも、玉結びもできるスミレ姉さん。
縫い縫いに関しては、集中力がもたないコウメ姉さん。
お姉ちゃんたちと同じものを作りたい!という意欲だけは満々のユリさん。

いろんなレベルの子どもたちと一緒に、
講座を進めていくのは、想像どおり、大変です。
我が子だから、なんとかなったり、
ならなかったり、、、という面もあるけれど。

でも、あと1人くらいなら、一緒に見てあげられるかも。

秋以降は、少しだけ生徒さんを募集してみようかな。
まだ妄想レベルだけど。



「夏休みに手芸教室」は、いいタイミングでした。

今や、いろんなところで、
夏休みに子供向けの工作講座などが開かれていて
「宿題の自由研究のために」利用する子どもたちが
多いのも事実。

昔は、こういう講座も少なかったし、
親も一緒にがんばって自由研究をしていた(笑)けれど
時代は変わりました。

「お金を出して、自由研究する」のが、
スタンダードになる時代も、そう遠くはないような気がします。

私は、手仕事に関しては(いやそれ以外でも、、笑)
少々スパルタなところがあるし、
今回の生徒さんは、手芸をしたい想いが強いこともあり
私の、スパルタ指導にも、めげずに付いてきてくれています。

作品を仕上げたらおしまい、ではなく、
作品を仕上げるために必要な、採寸や型紙をとる作業も
全部、やってもらっています。
時間はかかるけれど、ちょっと面倒くさい作業を
きちんとやり遂げてこそ、
作る楽しさを味わえるんじゃないかな、と思っていて。

なので、1回講座では終われません。
2回以上、いや3回くらい出席しないと作品が仕上がりません。
(ね、ちょっとスパルタ、でしょ、笑)

ま、そんな気軽ではない講座だけど、
こういう講座も、今の時代、やってみる価値はあるかなーと思っていて。
自宅開催だからこそできるものだし。
私も、このスタンスで、ちょっとチャレンジしてみようかな、と。

ま、いうても、生徒さん1人だけでも、
生徒さんの作りたいものを手縫いで作れるか
手順などの確認のために、試作品を作ったり
こちらからも提案するために、
いろんなものを新たに作ったり、
その下準備は、そこそこ大変なんだけどね(笑)。

でも、いろんな経験をさせていただき、ありがたい限り。
うちの子どもたちも、どこまで一緒に作り続けるのか
そちらも、ちょっと気になるところだし。

(ちなみに手芸教室の日は「一緒に作ろう」とは言っていません。
 生徒さんがきたら、勝手に集まって、「私も作りたい」と言うだけ。
 他の遊びをしてくれていても、いいんだけどね、、、)


ま、そんな感じで、ちょっとゆるーく、
でも、仕上げるときは、仕上げて。
いろんな縫い方も教えてあげて。
私も、手縫いマスターになるつもりで。
がんばりたいと思います。

ちなみに第4回目は、このピンクッションを作りました。
CIMG5463.jpg
バックステッチという縫い方で、
中に入れる羊毛フェルトが外に出ないように
しっかり縫い付けています。

せっかくなので、裁縫箱も作っていきたいと考えています。
これはスミレが作ったもの。
CIMG5466.jpg
持ち手付きの箱に白のアクリル絵の具を塗って
元々の絵柄を消し、その上に、布を貼り付けています。

CIMG5462.jpg
蓋の裏に、針を刺す場所も作ったり。
(せっかく、ピンクッション作ったのに、なぜ?!)

CIMG5464.jpg
持ち手のところだけ生地を変えたり。

自分だけの裁縫箱があると、
いつでも縫い縫いができるね☆

 
てことで、この夏は、いろいろ手縫いしました。
でも、久しぶりにミシンを踏んだら、超快適でした。
さくさくささっと出来上がる!
ミシンって最強!(子どもたちにもズルイ言われた、、、)

でも、手縫いの大変さも知ってほしいし、
手縫いならではの、優しい縫い目もしっかり味わってほしい!
だから、家庭科でミシンを使うまでは、
子どもたちには、ミシンは使わせないでおきたいな。

ああ、それにしても、疲れたー。
久しぶりの大掃除。キレイになってスッキリだけど、
疲労度は半端ない。。。はよ寝よ。。。
スポンサーサイト



Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす