FC2ブログ
   
02
1
3
4
6
7
8
9
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
26
27
28
29
   

さんさんさんさんさんかんび

お知らせ(来週金曜日まで、記載させていただきます)

Farbe*mini-shopオープンしています。


***

今日は、小学校の土曜参観の日。

朝から、しげおを叩き起こして、学校へ。

スミレは、国語と図工。コウメは算数と図工でした。

2年生の国語は、「メモの取り方」の授業だったのですが
新任の先生ゆえなのか、内容がわかりにくかったからなのか
正直、何を伝えたいのかわらかない授業でした。。。
こんなんで、子どもたち、理解できるんやろうか。。。
不思議な不思議な授業で、
もちろん、ユリはさっぱりわけがわからないので
スミレの参観をあきらめて、コウメの教室に入り浸ることに。

1年生の算数は、たしざん。
10じゃんけんも、ユリには楽しかったようで
(もち、理解できへんけどね)
普段、仲が悪いのに、コウメちゃん、コウメちゃん、、、と
言い続けていました。

コウメは、先月末から、席替えで一番前の席に座ることに。

ただ。。。落ち着きない。。。
10じゃんけんのときも、みんなの答えが知りたくて
ほぼ、後ろを向きながら、みんなの指を見ながら
自分の指の本数を決める、、、そんなスタイルでした。。

スミレ姉さんも、一番前の席に座ることが多かったけど、
あんなに後ろを向きながら授業を受けることは、なかったな。。。

帰りの会のときも、コウメ、ランドセルかじってたし。

落ち着きのない男子に比べると、
とても落ち着いて行動はしているけどね。
いやいや、コウメ、女子だった。
男子と比べてたら、あかんあかん。。。

一方のスミレ姉さん。

国語の授業で、発言していたそうです。
私たちが不在の間に(爆)。

教室に「たまごから、何がでてくる?」という題の
作品が飾られていたのですが、
スミレ姉さん、ダントツで、いい絵、描いていました。
いや、親ばかで失礼。でも、うまかった。
いや、うまい、というより、描きこめていた、というか。
スミレの表現したいことが、ちゃんと伝わっていた絵でした。
お友達のお母さんからも、
「こりゃ、すごいわー」と大絶賛してもらえて
ああ、そうか、やっぱ、すごいんやーって。
帰宅後、ちゃんと誉めてあげました。

そんなスミレ姉さんの好きな教科は
1年のときから「図工」。
たぶん、これからも、ずっと、、、、だね。

スミレ姉さんは、ランドセルをかじることもなく、
ランドセルの上に乗ることもなく
(コウメ姉さんは、乗るんですよ。なぜか)
安心して見ていられた、、、かな。
(不安なのは、担任の先生、、、だけ、、、爆)


ま、そんなわけで、参観日終了。

ふう。

なんか、今日は、今までの疲れがドッと出たようで
帰宅後、ばたんきゅーーーーーーーーーーーーーー。
昼寝し終わったあとも、沈んだ気分のまま、1日過ごし
ようやく、今になって、復活☆☆☆


(はよ、ねろーって言われそうやけど)
ミシン、しよーーーーーーー。
スポンサーサイト



優しい目で

やっぱり新任女子の先生にはママ達の目は厳しいですな。これが男子新任だと優しかったりするんですよ。男子新卒教師は俺っていけてると勘違いしはりますから(笑)
私は新卒で教師にならなくて良かったなと。新任の時には女性として母として先輩であるママ達にどう接していいかわからなかったと思います。
子どもらは賢いので担任の授業が下手でも何かを掴み取ってるはず。授業は完璧はなくて毎回毎回反省です。新任さんにバッチリな授業されたら凹みむすわ^^; 新任の先生、保護者としては不安や不満もあるだろうけど、先生こんなとこ良かったですよとか、良くなりましたねとか褒めて育ててあげてくださいまし。教師は誰にも褒められないんですワ。連絡帳に子どもが家でこんなこと言ってましたってエピソードなんか伝えてもらった日には俄然やる気⤴︎です。

マミヤンさんへ

そうですね。親と同じで、先生も、誰からも誉めてもらえない存在ですよね。

若い先生方って、ゆとり世代の先生たちだから、
指導の仕方とか、「自分の時代は、こうだった」という話しになると
価値観のズレを感じてしまいます。。。なんとなく、「ゆるい」というか。

確かに、エピソード系のことは、先生も嬉しいでしょうね。
そのようなことが書ける親になれるよう、がんばります☆
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす