FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

長女、卒園しました

今日は、長女スミレの卒園式。

みな、無事、元気な状態で卒園式を迎えられました。ほっ。。。。

スミレは朝から「ドキドキしてきたー」なんて言ってて、
式が始まって、入場するときも
「お客さんがたくさんいてて、緊張したー」んだそう。

ドキドキするとか、緊張するとか、そういう感情表現を
自分から言えるようになったんやね。
感受性は人一倍敏感だけど、感情表現が苦手やったから
こんなふうに自分の気持ちを言えるようになって、かあちゃん、嬉しいです。

卒園児たちは、「ビリーブ」
「さよならぼくたちのようちえん」「ありがとう」を歌っていました。
どの歌も、いい歌だよー。

さすがやなあ、って思うのが、ま、練習もいっぱいしたからやろうけど、
卒園児は、歌も、声も、すごく大きくて、
力一杯がんばっているなあ、と。
当たり前のことなんやろうけど、あの大きな声を聞くと、
ああ、この子ら、みんな、立派に小学生になれるなあ、なんて思って
うるうるーーーーーーーーーーー。

スミレも、賞状をもらうときに、
ちゃんと大きな声で返事ができてて、びっくりしました。
後ろの方にいた、私たちにもその声が届いて、ほっとしました。


それにしても、幼稚園に通わせる、というのは、
親にとっても、大きな出来事だなあ、と。

密室育児から開放され、3歳で(スミレの場合は4歳やったけど)
よそ様に預けて、6歳を迎えて、送り出される。
預けるのは、当然のことかもしれないけど、
預かってもらえなければ、密室育児がずっと続いていっていた。
そんなことを考えると、やっぱり、幼稚園には感謝感謝だなあ、と。

それなりのお金を払っているから、
それなりの保育をしてもらって、当然、かもしれないけど、
やっぱり子供のことを真剣に考えて、接してくださった先生方がいないと
できないことでもあり。

やっぱり、感謝感謝。

子供を幼稚園に通わせる、ということは、
親も、誰かに「ありがとう」を言う機会が増えるということ。
感謝する相手が増えていくのが、幼稚園の時期なのかな、と。
もちろん、小学校に入ったら、なおさらのことかもしれないけど。

親としても、成長した、、、のかなーーーーーーー。
もうすぐ親歴7年目に入るけど、まだまだやなーと思うこともあるけど、
誰かに感謝をする、ということを、教えてもらった3年間でした。

いうても、未だに、いろいろ文句たれたれやけどねー(しげおに)。
文句言わへんように、がんばっているつもりなんやけどねー。
しげおにも、未だにそのこと指摘されて、凹むけどねー。
感謝せなねー、しげおにも。ありがとう。

R0013188.JPG
今朝は、最後のバス登園なので、みんなでお見送りに行きました。

こんな風景も、もう見られへんねんなー。さみしー。

***

明日から、春休み。長い長い春休み。
一応、お手伝いとユリの遊び相手をするよう、
スミレには言い聞かせているんだけど、
どうなることやらー。喧嘩するなよ!

いやいや、実は、この数日、スミレの様子がおかしくて。
イライラしては、妹たちに当たり、
ユリには、わざと嫌がるようなことばかりして、いじめて、
泣いても「ユリが悪い!」といって、余計に泣かして。

なんだかんだで、いろんな感情が渦巻く時期なのかなーと。
1年生になることは、すっごーく嬉しくて、
すっごーく楽しみにしているんだけど、
やっぱり不安もたくさんあるのかなー。

同じ幼稚園に行く子は、ほんの数人だし、仲の良かった子は
違う小学校に行っちゃうし、環境が変わることへの
不安は大きいだろうなあ、と。

第一子は、小学校で楽しんでいる兄姉がいないぶん、
よくわらかない世界へ、独りで突入していかないといけないからね。
でもまあ、小学校も中学校も高校もその次のステップも、
全て、最初に突入しないといけない役割だからね、第一子は。
しゃーないよねー。でも、行くしかないんだよねー。がんばれー。

R0013271.JPG
スミレが卒業制作で作ったもの。
年長のときに楽しかったことベスト3を、絵に描いていました。

スミレは、

ドッチボール、くみたいそう、おえかき。


おえかきは、ほんと、楽しかったんだろうなあ、と思うくらい
幼稚園で描いてきた絵を見ていると、その楽しさわくわく感が伝わってきます。
身体を動かすことも好きで、絵を描くことも好きで。
ああ、なんて、子供らしい!すばらしい!


幼稚園では、ようやく、お友達の輪に入れるようになった、、、というか
お友達の後に引っ付いて、行動できるようになっていました。
今までは、誘われても付いていくことすらできなかったから、
ほんとほんと、大丈夫かなーって思っていたんだけど。


大きな声で返事ができたり、お友達についていくことができたり
わらべうたの先生の膝に乗ったり、
年長児のこの1年の成長っぷりには、ほんと驚かされます。

6歳って、こんだけ成長する時期なんだなあ、と。

この成長感を、これからも、大切にしてあげたいなあ。
小学校には入るけど、いつまでも、私の膝にも乗ってくるような
いつでも素直に甘えられるような子供でいてほしいなあ、と。
それは、成長していないことではなくて、
スミレにとっては、とても成長していることだから。

その子にとっての、成長、を、ちゃんと見てあげられるような
親になりたいなーーーーーーーーーーーー。

できるかなー。これからも。


***

余談というか、備忘録。

先週木曜日、突如、しげおが
「今から、ホワイトデーのもの買ってくるわ」といって、
がっちゃんと散歩に出かけて行って。

え?

わたし、何か、バレンタインデーのときに、あげたっけ???

え?

あげた?

え?

わたし、忘れてた?


なーんて、思いながら、しげおを送り出し、
送り出してからも、ずーーーーーーーっと考え込んでて。



しげおは、ちゃんと覚えていたの?

何をあげたか、覚えていたの?

まさか!



なーんて思いながら、しげおの帰宅を待ってたら

帰宅早々

「バレンタインに、チョコをくれて、ありがとう!」

って。


え?


チョコ?


チョコは、あげていませんっ!!!

あげたのは

ブルーベリーマフィン!!!(思い出した!)



ま、どうでもいいけど、しげおが、自発的に
ホワイトデーのプレゼントを買ってきてくれたのは、
素直に嬉しかったです。ありがとう。

いただいた6個のマカロンを、4人の女子で食べました。
(喧嘩になるかと思った。。。)

来年は、ちゃんと、何を作ったのか(買ったのか)
ブログに書いておこうと思います。
そして、お返しにもらったものも。ちゃんと書いておかねば。


てことで、ああ、卒園!無事終えられてよかったーー!!!
式の間は、コウメとユリは、役員さんたちに預かってもらえたので
ほんと助かりましたーーーーーーーーーー。

次は、スミレの入学式ーーーーーー。

みんな、元気に迎えられますようにーーーーーー。


スポンサーサイト



Re:長女、卒園しました(03/16)  

スミレちゃん、卒園おめでとうございます!!
読んでるだけで、早くもうるうるしてきました・・・
明日どうしよヽ(;▽;)ノ

ついこないだ入園して、いろ~んなことで悩んでブログ書いてた気がするんですが
もう笑顔で卒園、
春からはまた新しい悩みが出てくるんですよね^^;;

それにしても、スミレちゃんとっても絵が上手!!
楽しさが伝わって来ます。
いい思い出になりますね♪

Re:長女、卒園しました(03/16)  

スミレちゃん、めちゃめちゃ絵うまいやん!!
びっくりしたー。
さすがに毎日おうちで描いてるだけあるね。。。

保育園も先日卒園式でした。(ウチは来年)会社の先輩お母さん談によると、「小学校より、中学校より保育園の卒園式が泣けた」だそうで。手がかかった分、てことなんだろうねー。
小学生ママも頑張ってね!

ビッキー1029さん  

ありがとうございます!

どっちかっていうと、わたし、卒園式よりも、
卒園のことを考えているときや、先生にメッセージを書いているときの方が
感極まって泣いてしまっていました。。。

絵から、その楽しさ、伝わってきますよね。
私は、幼児期、そんなに楽しんで絵を描いたことがなかったので
ちょっと羨ましいくらいですー。

ひなままさん  

ありがとー。
スミレは、最近、暇さえあれば、よく絵を描いているわ。
今までは、思いに任せて描いていたけど、
考えこみながら描くようになって、細かい描写が増えてきました。

保育園の卒園式は、泣くだろーーーーーーーー!!!
だって赤ちゃんのときから約6年間でしょ。
バブバブ言うて、泣いていた子が、
「おかあさん、おとうさん、今まで、送り迎え、ありがとうございました」
とかなんとか、気の利いた台詞言うねんでー。泣くでー。

来年は、バスタオル持参で、卒園式に臨みなはれー。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす