FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

1対1の時間を持ちたい

最近、ほんまにイライラしっぱなしです。

何が原因なんやろう、、、いろいろ考えていました。

子どもたちの、些細なトラブルや苦手としていることが、気になって気になって・・・
それに対して、怒りまくってーー。
でも、怒ったからといって、なんら解決するわけでもなく。

いろいろ分析した結果、気づきました。

「子どもたち3人と、それぞれ、1対1で向き合える時間がほしい」

3人が同じ空間にいる中で、1対1の時間をとることは、不可能です。

誰かがぐずったり、狂ったり、爆発したりしたとき、
私は、いつもその子だけを外に連れ出し、外階段に座り、
抱っこをして、話をします。

たいてい、この外でのお話ができれば、問題は解決されます。

ただし「1人だけを外に連れ出し、ゆっくり話し合う」というのは
そう簡単なことではありません。

たいてい1人泣いていたら、もう1人も泣いています(たいていユリ)。
コウメとスミレが喧嘩をしていたら、
姉さん2人に加えて、ユリも泣きはじめます(3人同時号泣タイム!)。


ぐずる時間帯は、たいてい私が忙しくしているときで、
誰かのお迎えの時間が迫っていたり、ごはんの時間が迫っていたり、
寝る時間が迫っていたり、外出する時間が迫っていたり。

そんなときは、怒鳴り散らすことしかできず、
1人だけを連れ出して、ゆっくり話し合うことなんて、まーったくできません。



今日は、久しぶりにスミレと2人きりでお風呂に入りました。

簡単な100の数え方を教えてくれたり
(「12345678910を10回言えば、100だよ」と。
 自分で発見したそうです)

私のブラを見て、可愛いと言ったり(ドキッとしたよ)

大人になっても、赤ちゃんが産まれなったらどうするの?と聞いてきたり
(難しい質問するなーーーーーーー)

赤ちゃんが生まれても、またお腹の中に入ってしまったらどうする?と聞いてきたり
(スミレは、流産した子の生まれ変わりなのかも、、、と思ってしまった)

なんで、ママの方が(年齢が)大きいのに、パパの方が(身体が)大きいの?と聞いてきたり

お風呂のお湯が、蛇口からではなく、湯船の中から出てくることを不思議がったり、

これを作ったのは、工事のおじさんだから、
スミレも工事のおじさんになりたい、と言ったり。

うちの近所は、新しい家が続々と建っていて、
「工事のおじさん」が、家を建てたり、外構をしたり、
とにかく家にまつわることは、全て「工事のおじさん」がやっていると
スミレは思っているようで。

でも、スミレは「シュガーバニーズになりたい、って言っていたんだけどねー」と
段々自分の発言が、ちょっとズレていることに
気づき始めているような感じもしたり。

なりたいもの、で言うと、
「プリキュアのふりかけの袋を作りたい」とも言っていました。


そんな感じで、スミレといろんな話ができて、よかったなーと。


いつも姉さん2人と一緒に過ごす時間を大切にしていたけど、
コウメが一緒だと、どうしても声の大きいコウメの話が中心になってしまって
スミレが「んもうーーーーーー!!!話そうと思ったのに!」と
泣いて、しょんぼり、、、というパターンが多く、
スミレもそのことが、かなりストレスになっているようだったし。



スミレがギャン泣きした日やその翌日は、
コウメも、すごくストレスがたまっているようで、
必ずといっていいほど、爆発します。


でも、なかなか相手をしてあげられない。
話しを聞いてあげる時間もない。

スミレが幼稚園に行って、ユリが寝ている間なら、
時間は取れるけど、そういう時間に限って、
肝心の話はできないし。
本人も、辛いことを話そうという気にはならないみたいだし。


ほんと、スミレともコウメともユリとも
1対1の時間を持ちたいなあ、と思っていて。

もし1対1の時間が取れたら、それぞれのいいところがもっと見えるだろうし
そのことに対して、誉めたり、話しを膨らませてあげたり
もっともっと楽しい会話ができるんじゃないだろうか。

1対1の時間が取れたら、多少ぐずることがあっても、
ゆっくり話しをすることで、すぐにでも解決できるんじゃないだろうか。
今悩んでいる、子どもたちの気がかりなことも、
ゆっくりゆったり親が接することで、意外と簡単に解決するんじゃないだろうか。

そんなことを考えていて。

1対1の時間が取りたい。欲しい。必要。絶対に必要。
今、イライラしているのは、1対1の時間がないからだ!そうに違いない!





でもね。

1対1の時間が取れても。

コウメみたいに、肝心なことは話さないだろうし、
たまに1対1の時間が取れても、その時間内で、
その子のいい面を発見できない可能性も多いにある。

結局「1対1の時間が取れない」ことへの焦りや不満が
全ての原因というか、言い訳になっているのではなかろうか、と。

3姉妹一緒に過ごす時間の中でも、
それぞれのいい面は見れるだろうし、
それぞれの敏感期にも、敏感に(!)なれるだろうし、
それぞれと会話することもできると思うのね。


でも、たぶん、ずーっと、これからもずーっと
「1対1の時間を持ちたい」と思い続けると思う。
「持てたらどんだけいいだろう」と思い続けると思う。

だけど、たとえ1対1の時間が持てなくても、
子どもと接する上で、何か改善したり視点を変える方法を
探っていくほうが、いいのではないだろうか、と。

1対1でおしゃべりする時間も、
「今は○○の番だから、他の子は黙る」というルールを設けるとか、
何か、いい方法はないだろうか、と。

3人の子どもがいる時点で、
1対1の時間を持つことが、物理的に不可能に近いんだから、
1対1の時間が取れないから、子育てがうまくいかない、
と言い訳してはいけないんだろうなあ、と。


あああ、今日は、超細切れで、呼び出されているので、
支離滅裂な内容になってきているー。


てことで、結論。

やっぱり、1対1の時間は欲しい。

でも、取れなくても、平常を保てる工夫を。

それが、目下の課題かなー。


とりあえず、1対1の時間が取れたら、何をしたいかを洗い出して、
「これだったら、3人いる状態でもできそう!」というものが見つかればいいかな。


てことで、明日以降は、また悶々とリスト作りでーす。

それにしても、自分のスカート、いつになったら作れるんやろうかーーーーーーーーー。



***
嬉しい話。

鉄棒ブームのスミレ。
幼稚園の体操の時間も鉄棒をやっているようで、
前回りのコツを教えてもらい、できるようになりました。

ただし、鉄棒に乗っけてあげるところまでは、かあちゃんの仕事なりー。
要は、1人で回れるようになっただけのことー。
でも、1週間前までは、こわがっていたのに、
1人でくるんと回れる勇気と行動が伴うようになって、
かあちゃんも、嬉しいーーーーー。


***

【送料無料】I LOVE LIBERTY PRINT リバティプリントで作るウエアと小もの
本屋さんに行ったら、この本に出会い、ズキュンドキュンで買おうと思っていたのですが、

【送料無料】 surrur スルール -私だけのmarimekkoを作ろう- e-mook / マリ・サビオ 【ムック】
【送料無料】surrur 私だけのmarimekkoを作ろう
その後、この本を見つけてしまい、完全に、心はこちらへー。


てことで、購入して、ムフフで、読んでいます。

かなり楽しいーーーーーーーー。ムフフ度合い満載ー。なんじゃそりゃー。


スポンサーサイト



Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす