FC2ブログ
   
09
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
17
19
21
23
26
28
29
30
   

しゃべりたくなっちゃう*すごいね、つる*開け移し

RIMG0085.jpg
暖かい日が続いているので、幼稚園から帰ったら、公園に行って、遊んでいます。

こんなに仲良しで遊んでいたのに、1分後には

RIMG0086.jpg
喧嘩勃発。
誰が一番先に滑るかで、言い争っています。

どーでもええわ!!!3人で話し合え!かあちゃん、知らん!!!


そんなスミレもコウメも、お布団の中に入ると、
急に仲良しになって、おしゃべりしまくりぃで、なかなか寝なくて。

「目を閉じたら、すぐに眠れるよ」と言うと
「すぐに、目があいちゃうーーーーーー」と、コウメ。

「じゃあ、お口を閉じてごらん」
「すぐに、お口があいちゃうーーーーーー」

「じゃあ、お口は開けてもいいから、おしゃべりしないで」
「すぐに、おしゃべりしたくなっちゃうーーーーーーーーーー」


どーでもええわ!!!とりあえず、はよねろ!!!



***

最近、折り紙で鶴を折るようになりました。
もうすぐスミレも年長なんだし、
折鶴くらい折れなあかんのとちゃうか?と思って。

何度か「折れないー」と泣きながら取り組んでいたのですが、
3個目くらいになると、思い通りに折れるようになり
調子こいて、こんなにたくさん作っていました。
RIMG0089.jpg
いったい、何羽いるんやーーーーー。

で、鶴を折りながら、スミレが目を輝かせてこう言ったんです。






「ママ、すごいね。折り紙が鶴になるんだね」







って。





最初、何を言いたいのか、さーっぱりわからなかったのですが、
折り紙という平面の(二次元の)ものから、立体の(三次元の)ものが出来上がる
そのことに、感動しているんだなあ、と。

確かに、折り紙で、いろいろなものは作っていたけど、
完成品は、たいてい平面のものばかり。
折ることで、カタチが変わることは実感できていただろうけど、
それまでだったんだろうなあ、と。


そういったことに、気づけたスミレって、すごい。
こんなにたくさんの鶴を量産していたのは、
綺麗に折れることが楽しくなってきたから、というのもあるけど
(日増しに、確かに上手になってきている!)
平面のものから立体になる、そのことに、毎回心が動いて
小さな感動を味わっているからなのかなあ、と。

なにげない折鶴だけど、昔から日本人が鶴を折り続けるのには
こういう小さな感動が心のどこかにあるからなのかなあ、とも思ったり。


ちなみに、私は、パンダを量産中。
RIMG0090.jpg
でも、スミレの心は動かず、独りで黙々と作っています・・・。


折り紙遊びも、あーんまりやっていなかったコウメ。
でも、スミレが鶴に夢中になっているので、作りたくなったらしく
挑戦していました。

RIMG0093.jpg
ピンクはスミレ指導のもと製作した最初の一羽。
黄緑は、わたしが途中1工程だけ手伝ってあげたもの。
難しい1工程さえ手伝ってあげれば、あとはなんとかカタチにできるようになってきました。

鶴もいいけど、もっと簡単な作品から始めていかなねー。
3月は折り紙月間にしよーっと。


***

ユリも、折り紙をしています。
もちろん、綺麗に折ることができないので、
イライラして、そこいらじゅうにある折り紙をぐちゃぐちゃにして
ストレス発散させていました・・・。

てことで、ユリが最近はまっている遊びは、
お風呂の中での、お水の開け移し。
ヨーグルトの空き容器を二つ持って、じゃばーじゃばー入れ替えています。
手桶でも、ときどきやるかなー。

ユリの行動を見ていると、本当に面白いです。
ああ、今は、こんなことに興味があるんだなー、とか
こんなことをやりたいんだなー、とか、
意外とわかっているじゃーん、とか、
いろんなことが見えてきます。

のーんびり、観察できるときは、ね。


ま、そんなわけで、もう木曜日。

いつも以上に疲れている1週間。

週末は、梅を見に行けたらいいなあー。




スポンサーサイト



Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす