FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

疲労困憊こんぱってますーーーーーーーーー。

昨日のブログで「ガツガツ縫っていきます!」って書いたんですけど、
ガツガツ、いや、ボチボチすらも、縫えないくらい
疲れきってまして。はあ。

そんなんなら、はよ寝なさい!って言われるけど、
寝る前に吐かないと、気がすまないというか、
寝るに寝付けないというか。はあ。


第一、いまだに、昼間は暑すぎる!日差しがきつくて、辛い!



秋の花粉、私の鼻の中でますます猛威を奮っている!



スミレの午前保育、短すぎる!はよ帰ってきすぎ!



スミレに「早帰り(午前保育のこと)って、好きなの?」と聞いたら
「なんでそんなこと聞くの?」と言われてしまいました。
スミレはいつも早帰りの日は、すごく嬉しそうに
「今日は早帰りなの!」と自慢するので、きっと好きなんだと思います。
でも、私が「早帰りが嫌い」ということも、薄々気づいているんでしょう。
「なんでそんなこと聞くの?」と聞かれて、
「聞いてみただけ」と、言うのが精一杯でした。
ほんとのことは、たとえ勘づかれていても、言われへん。



スミレの荒れ方は、だいぶマシになりました。

が、ずっと我慢を続けていたコウメが、ここぞとばかりに
私に甘えてきます。3日連続コウメと2人で入浴しています。
コウメとお風呂に入るのは、とても楽しいのでいいんですが、
部屋に残されたユリが、ギャン泣きしているのが、辛いです。




とはいえ、一緒に入らないことにも慣れ(?)、
しげおとスミレと楽しく入浴できるようになりました。ヨシヨシ。

スミレがお友達や妹たちとの関係の中で、
傲慢な態度をとったり、人を傷つけるようなこと、
態度をとったりするようになってきました。
相変わらず「ごめんなさい」が言えなくて、
いや、傷つけてしまったことに罪悪感を覚えなくなってしまったのか
「ふざける」という行為で、ごまかそうとするようになってきました。

年齢的なことを考えたら、こういう時期もあるかーと思うんですが、

スミレの場合、

大人から
「ごめんなさいって言いなさい」とか、
「こういうときは、大丈夫?って声をかけるのよ」というような
一方的な指示命令系統の発言をすると、
一瞬で心を閉ざし、何も聞き入れなくなってしまうので、
どのようにナビゲートすればいいのか、すらも、悩みのひとつとなっていて。



たぶん、自分の中で、辛いとか、悲しいとか、嬉しいとか、
そういう感情が湧き出てからじゃないと、
「ごめんなさい」という発言も、
困った局面に立ったときに、どう振舞えばいいのかということも
理解できないだろうし、ましてや行動にも移せないんだろうなあと。

ただただ見守るしかないのかなあ、と。
でも、少しは、なにかしらの手を打たないといけないのかなあ、と。

そんなことを考える日々。

とにかく、何が気に食わないのか、
コウメとユリに当たりまくって、意地悪するのを、止めていただきたい。
まじで。あれ以降、お留守番させていないんだから。



コウメは3歳ならではの新しい感情が芽生えてきました。

自分の思い通りにならないとき、
嫌なことをされたときに、
まだ感情をコントロールできないので
暴力でもって解決しようとしたり(ま、3歳ってまだそんなもんだろうけど)
気持ちを切り替えようとしても、それがまだうまくいかなかったり。

嫉妬したり、意地悪されて嫌な気持ちになったり、
自分の言葉で相手にその思いを伝えられなかったり、
相手に伝えたいことがあっても(「ごめんんさい」とか)
どのように話を切り出したらいいのか、わからなかったり
相手が聞いてくれるのか、不安に思ったり

これらの複雑な気持ちを、私にすらも話すことが難しくて
心の中で、うずうずした思いがずーっと残ってて。

でも、これらの気持ちそのものも、
気持ちを切り替える方法も、
親である私がなんとかできることではなくて。

コウメ自身が、自分でそれらの感情にぶつかって
解決していかないといけなくって。

行動や発言に対して、「こうしてみたら?」というのも一案ではあるけど
最終的には、スミレと同様、やはり自分の中から湧き出る感情でもって
解決しないといけないんじゃないかなあ、と。

すごく抽象的な話になってきて、
読んでいる方の頭の中に「???」が出まくってて申し訳ないんですが。

ま、そんなこんだで、
コウメの感情とも向き合っていかないといけない時期がきたなあと。



でもって、ユリ。
自我が芽生えて、立派に成長しつつある時期ですから、
毎日、ギャンギャンに泣いて、叫んで暴れまわっています。



要求は、数少ない言葉と、ジェスチャーと、サインで伝えてきてくれるし
とてもわかりやすくて、理解できるし、
こちらは、その要求にさえ応えればいいので、とても助かっています。

とはいえ、ほんと、数分ごとに姉さんたちとバトルを繰り広げているので
ほんまにほんまに、その相手をするだけでヘトヘト。



ユリも、2人の姉さんたちとバトルを繰り広げるわけだから、
姉さんが1人いる子どもよりも、いままで戦ったバトル数はかなり多く
その分、泣いたり、悔しい思いをするのも倍以上。

しかも荒れる長女・スミレは、ことあるごとにユリに対して怒ってて。
怒る場面ではないのに、明らかに自分のストレスを発散させる材料にされてて。

これまた、嫌なことがあっても、人に当たらないようにするよう、
スミレには言葉で伝えていかないといけないなあ、と思うと
これまた頭の痛い話で。



そんなわけで、泣いては「おっぱい」のサインで、甘えてくるユリ。

ご飯前だと、おっぱいに頼らない方法で、なんとか乗り切りたいので
抱っこしたり、興味を他の方に向けてやるよう仕掛けてあげたり
なんだかんだやらないといけないので、大変で。



ま、ラクをしようと思えば、
いつ何時も「おっぱい」を吸わせておけばいいのかもしれないけど。

とにかく、スミレもコウメもユリも、
なーんか、どうしようもないくらいいろいろ対応しないといけない時期で。



だから、今週はあまり予定を入れないようにしていて
のんびり過ごしているつもりだったんですが、
すでに水曜日の段階で、力尽き果てて。



しかも、明日、明後日&翌週は、スミレの幼稚園の参観日。
自由参観だから、行かなくてもいいんですけど、
行かないときのリスク(スミレが荒れる)が怖くて。
とりあえず、ご機嫌取りのためだけに、参観に行ってまいります。

てなわけで、製作モードになれずに、今に至っております。

こんな日は、ミシンを出さなくても、手縫いでチクチクしたり、
こまごましたことに没頭したいなあーと。
クロスステッチなんかに挑戦してみるのもありかなーと。
ふと、そんなことを考えて、いろいろ検索中。
刺しゅうは苦手だけど(というか、そもそもまともに挑戦したことがない)
やってみたいなあーと、思ったり。

というか、今、こんだけ気持ちの面で低迷しているのなら、
ガシガシ製作するよりか、今まで読まなかったような本を読んだり
新しい息吹を身体の中に取り込みたいなあと。

昨日は、とりあえず、雑誌等を見て、好きなもの探しをしてみたんですけど、
ちょっと違う方法で、好きなもの探しをしたり、
自分が選ばないような本を読んでみたりしたいなあと。

私が立ち直れれば、娘たちの精神的な荒れや甘えも
少しはよくなるんじゃないだろうかーと。

そんなわけで、ぐたぐた日記でした。

***

気を取り直して、写真を。

RIMG0168.jpg
くつをきれいに並べられるよう、ビニールテープで区切り線を引いてみました。

コウメが来春から通う幼稚園のトイレに、
このようなビニールテープが引いてあって
スリッパを枠の中に入れるように指導していました。

きれいに並べなさい!と言われても、
どうやったらきれいに並べられるか
幼児には、わからないもの。

そんなときに、こういった線があると、
自然と1足の靴(スリッパ)を、
バラバラにするんじゃなくて
ひっつけて置かないといけないんだなあってことが、わかるんだろうね。

ま、そんなわけで、我が家にも導入しました。

大人も子どもも、余計な靴を出しっぱなしにしなくなったし、
何より「誰が散らかしているか」が、一目瞭然。

ついでに、靴の脱ぎ方、揃え方も
(靴を脱いで、座ってから、靴をひっくり返して揃えるんだよ、と)
初めて教えました。

今まで教えなかったのかよ!という突っ込みはさておき。

とりあえず、ここからですな。
玄関くらい、私がやらなくても自分たちできれいにする習慣をつけさせなければ。

微笑ましい風景。

RIMG0156.jpg
あ、間違えた。バトルしてた。

RIMG0157.jpg
カルタで遊んでいます。この後、もちろん再バトル。

全然、微笑ましくなくて、ごめちゃいな(ダジャレを発したくなるくらい疲れています)。

RIMG0163.jpg
11ぴきのねこのカルタで、お話を作ってくれました。
面白いお話でした。話の中身は忘れたのですが、
コウメがとてもイキイキした表情で、お話を聞かせてくれたのが
嬉しかったです。



今日は、コウメが幼児教室から帰ってきたあと、
スミレとコウメと、工作タイム。
かぼちゃの形のカバンを作りました(縫い刺しの要領で)。写真はまた今度。

その後、お料理のお手伝いを頼むことに。

RIMG0172.jpg
スミレは、お米3合を計って研ぎ、
その後、きゅうりの皮をしましまに剥いて、小さく切ってくれました。
(ポテトサラダの具として使用)

RIMG0174.jpg
コウメは、じゃがいもの皮を剥いてくれました。

工作タイムも、何もさせてもらえなかったユリは
姉さんたちのお手伝いを、ただ見ているわけもなく、
とにかくなにかやらせないと爆発しそうだったので、
ほうれん草をちぎって鍋に入れるというお手伝いをさせることに。

RIMG0181.jpg
なんか、いっちょまえにがんばっていました。

ユリのお手伝いは、とりあえずなにかを「ちぎる」のを頼めば
今のところOKです。



スポンサーサイト



疲れてるねえ。  

毎日お疲れさん。
ウチは二人だし、日中は保育園だけど・・・でも発狂するときあるもんなあ。フルタイムオカアサンはホントに大変だと思うよ。
私の友達は「ちょっと高くつくけど、時間単位で預かってもらってその間にマッサージに行く!」って言ってた。疲れると余裕もなくなるしねー。たまにはそんなんしてもええんちゃう~??

ひなままさん  

うん。最近、なんかあかんのよねー。
家族全員、なんか、気力なしの状態なので、
そういう時期なのかなあとも思っているんやけど。

そうそう。マッサージとか、独りの時間とかっていうのは、
長女だけのときは、積極的に取り入れていたよー。
でも、今は、幼稚園&幼児教室の送り迎え
+三女を誰か(保育所等)に預ける、
その送り迎えの手間を考えるだけで、面倒くさいと思ってしまって。

とにかく、なんか、無気力状態ですー。
何をやるのもしんどいって思ってしまうー。
秋やからかなあ。それとも更年期障害の前触れ?

おー、写真!  

いつもほとんど携帯から見てるのだけど
携帯だと写真が見れない&コメントがつけられなくてごめん。
久々にPCから見たのだけど、皆かしましくて可愛いなあ。
ユリちゃん、もうそんな作業ができるの~?すごい!
やっぱうちのりおさんとは、生まれが半年違うとだいぶ違うもんだね。

そういえば今さらなんだけど
コウメちゃんてスミレちゃんと別の幼稚園に通わせるのかな?
何でかなーと不思議に思ったので
もし良かったら教えてー。

りゃんすいasやっさんさん  

そうそう。楽天ブログって、携帯からやと、写真がめっちゃ小さくて見れないんよねー。
なんとかしてくれ、って思うんやけど。
コメントも拒否設定してて、ごめんーー。

幼稚園のこと・・・いろいろあって。
ひとつは、経済的なこと。公立の幼稚園の方が断然保育料が安い!
もうひとつは、スミレの幼稚園の設定保育があまりにも多すぎること(自由な時間があんまりない)。

ほんとは、スミレもコウメも公立の(今度コウメが通う)幼稚園に行かせようかなーと思っていたんだけど
ユリの出産のことも重なって、3年保育の私立幼稚園に通わせたほうがラクだろうなあ、と判断したから。

でも、最終的には、やっぱり、年子でいっつもひっついていて
人見知りしまくりー、内向的ーな、スミレとコウメを
同じ園に入れてしまうことのリスクかな。
お互い依存しまくって、お友達を作ることもできなくて、
殻に閉じこもったまま、ずーっと過ごすだろうなあ、と。

コウメは、もっと伸び伸び自由保育で、
コウメはコウメで自分のお友達を作り
園にいる間だけでも、お姉ちゃんに影響されずに
好きな遊びを楽しめたらなあ、って思って。


スミレの幼稚園の様子や、幼児教室の様子をみていると、
幼児期に必要な保育って、なんだろう?って考えたり
こんな保育の方がいいなあ、とか、
うちの娘たちに合うのは、どんな環境なのかなあ?と
考えると、別の幼稚園という結論になって。

ここらへんは、幼稚園や幼児教室がいっぱいあって選択肢が多すぎて、悩むわ・・・。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす