FC2ブログ
   
07
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

環境を整える

娘たちの自立を促すための環境を整える活動を
備忘録がてら、記載しておきます。


*配膳

RIMG0064.jpg
箸入れ、スプーン&フォーク入れを
スミレやコウメの手の届くところに用意しています。

機嫌の悪い日(時間帯)や、遊びに夢中になっているとき以外は
たいてい2人で協力して配ってくれています。


*タオル

RIMG0060.jpg
手拭タオルを、ココに入れています。
牛乳パックを2つ繋げて、下に取り出し口をつけただけのものです。
タオルがなくなったら、上から補充すればOK.

配膳と同時に、タオルがない人のところにも配ったり
お茶をこぼして拭かないといけないときなど、
自分で簡単にタオルを持っていけるようにしています。

洗濯物を畳む際に、手拭タオルは、このタオル入れに補充する仕事は、
たまーーーーーーーーーーーにですが、スミレが気づいてやってくれることも。
ま、基本、私がやっていますが。
そのうち、自らやってくれることが日常になるよう、仕向けていきたいんですが。


*身体を洗う

自分の身体を洗う作業を見守るというのは、簡単なようで、
実は、どの部位を洗ったか洗い残しはないか等々確認しないといけないので
見守っている親としては、かなり面倒なシーンでもあります。

なので、こんな感じで、身体を洗う流れや、髪の毛を洗う流れを書きました。
RIMG0037.jpg
文字がまだ読めないコウメには、読み上げてあげればいいですし、
スミレには「自分で読むように」声かけをしてあげています。

ちなみにこの紙は、

風呂単メモ(ピンク) クツワ SC221PK
を使いました。

身体を洗ったあとは、拭く作業も。

RIMG0036.jpg

髪の毛や肩、背中がびちょびちょのままで、
寝巻きに着替えようとする娘たち。

ま、今は夏だからいいやーと思うんですが、
いちいち私もチェックしてられへんし
こういった行動表(流れを書いたもの)でもって、
自分の行動を確認する、という習慣をつけてほしいとの思いで作りました。



***

久しぶりに実家に帰って思ったこと。

それは、自分の母親の整理整頓能力のなさを、痛烈に感じました。
それは、今までも思っていたことなんですが、
自分自身の家も部屋も、正直ひどいくらい汚いので、
親のことを批判できる立場じゃないわ、と思っていました。

でも、久しぶりに行った実家は、我が家の何倍も何倍も汚く、
そして、一緒に住んでいる父親ですら
何がどこに仕舞われているのか、どこに何を捨てたらいいのか、わからない状況でした。

もちろん、私が実家に住んでいたときも同様でした。
手伝いすらもさせてもらうことができず、
台所には「入ってくるな」と言われていましたし
(そのくせ、単身赴任の父のところに行っている間は、
 3姉妹で全ての家事、食事作りをしないといけなかったけど)
里帰り出産で実家にしばらく滞在していたときですら
食品棚や冷蔵庫を片付けようものなら、半端なく叱られていましたし(なぜ?!)

てなわけで、母は私にとって反面教師。

旦那や子どもたちが、自分たちで日常生活を普通に営み
当たり前のように家事をするように仕向けるには
母親の「環境を整える力」が必要なんです。

旦那や子どもたちが、勝手に自ら家事をするようになんて、なりません。
何年一緒に暮らしていても!

配膳を手伝う、トイレットペーパーや石鹸がなくなったら
補充する&補充するものすらなくなったら「買ってきて」と頼む
ゴミが落ちていたら拾う、ゴミを出しに行く
汚れているところがあったら、気づいた人が掃除する

そんな当たり前のことも、旦那や子どもたちがやりやすいように
わかりやすいように、道具類の場所をラベルで貼るなど
ちょっとした工夫を積み重ねていくことが大事なんだなあと。

5月末に、台所や縫いごと関連類、工作道具類などは
えいやっ!と整理し、ラベルを貼ってわかりやすくしました。

が、台所に関しては、ユリが散らかし放題で(今、そういう時期なんです・・・)
住所不特定になっているものが多数あるし、
まだまだ整理の余地がある部分。

縫いごと関連は、こまごました副資材(ゴムとか紐、チャーム、レースなど)は
ちゃんと仕舞えたのですが、布類をどう整理していいやらわからず
ごちゃごちゃのままです。

とりあえず、すのこを4つ買って、棚を作り、
100均で買ったカゴに入れてみたんですが、
まだまだ整理の余地あり状態です。

そして、PCの周辺は最悪最悪最悪状態で、
これまた緊急になんとかせなあかん場所。

最後に、子どもたちのおもちゃの収納場所は、
なんとか住所が確定されてはいるんですが、
整理しきれていない場所もあったり、
ユリ対策が未だに必要なところもあったりで、
悶々としながら、いつ片付けようか、、、悩んでいます。
子どもたちの作品類も、保管方法が未だに定まらず
どうしよーーーーーーーーーーーーーと思っているところ。

写真に撮って、実物は捨てる!と言いきっている方もいますが
やっぱり実物は実物。本人もなかなか捨てる決心がつきませんし
私も「いやあ、残しておいていいんじゃないー?」なんて思ってて
ふんぎりがつきません。


てことで、えーっと、子どもたちの自立を促すための
「環境を整える」作業は、これからも続きますー。
永遠に続きますーーーー。はあ、終わりがないのも辛いーーーーーー。



スポンサーサイト



Re:環境を整える(08/09)  

なんかわかります。
うちの親は、綺麗好きなんですが、とにかく物を捨てられない人で。。。
実家に戻ると、ほんとに物が溢れてて、その中で生活してる感じなんですよね。
鹿児島に出産のお手伝いに来てくれてる間に、父と妹がゴッソリ物を捨てたらしく、
帰ったらめちゃくちゃ怒ってました。
でも私もそういうとこあるかも~。
旦那からみたらどうでもいい落書きを取ってたりして怒られます。
これから溢れる作品、どうしたらいいですかね~。
(実家の押入れからは、私の幼稚園時の出席表まで出てきますよ。。。)

ビッキー1029さん  

ビッキーさんのお母様、
モノを捨てなくても、綺麗にできるって、すごいですよ!
そのやり方を教えてほしいものです!
しかも、幼稚園の出席表って!!!物持ち、良すぎますっ!!!

うちの旦那も、娘たちのどうでもいい落書きなんかを
すぐに捨てるのですが、
「これは、ぜったいに怒られる!」と思って
わたしが、勝手にゴミ箱から拾って保管しています。
だめですね・・・。どうやったらいいんでしょうか。
ほんまに、ほんまに、課題です・・・。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす