FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

遊びが成立しないこどもたち

こんな雨の日曜日は、サッカーもすなあそびもできない・・・(バムケロ、パクってみた)。


仕方がないから、今日は(も!)、ベッドで遊ぼう。
R0015563.jpg

R0015568.jpg

R0015573.jpg

R0015590.jpg

てことで、ベッドの上を走り回ったり、ジャンプしたり、
「今から劇を始めます」と言って、寸劇を披露したりしました。

雨の日は、外で遊べなくて、ストレスたまりまくりぃーなので、
ベッド遊びで発散しています。

この日は、しげおがユリ担当だったので、ユリは居ないのですが
普段は、ユリも一緒にベッドでキャハキャハ言いながら
歩いています。ただひたすら歩いています。
ときどき、絵本を両手に持ったり、重い荷物を持ったり
とにかく、足元が不安定なベッドで、その不安定さを楽しむかのように
ひたすら歩きまくっています。面白いです。


***

先々週、先週と、子育ての本を読んでいました。


【送料無料】「かくれんぼ」ができない子どもたち

最近の子ども達は、かくれんぼができない、という話は
方々から聞かされていたのですが、
なぜできないのか、なぜ嫌がるのか、というのが書かれていました。
鬼になったときの怖さ、見つけられなかった場合の怖さ、
そういう恐怖感を、子どもたちは遊びの中で味わっておくべき、なんだそうです。

あと「この指とまれ」というのも、今では存在しなくなっています。
昔は「遊び」によって、遊ぶ子供たちが変わっていっていたのが、
今は「遊ぶ友達」が決まった状態で、何をして遊ぶのかを決めていくんだとか。
確かに、近所の子供たち(男子:年長~小6)も、
いつも同じメンバーでつるんでて、いっつもみんなで同じ遊びをしています。

で、1人の子がサッカーがしたくて、学校のクラブに入ったら、
サッカーに興味がない子もなぜか一緒に入部してて
でもそんなに好きじゃないから、ダラダラやってて
「そんなんやったら、やめたらいいのに」と、同級生にしょっちゅう怒られています。

が、なぜかなぜかずっと続けているんです。
なんなのかなあ?男の子やからかなあ。そういやってつるむの。

やりたくないこと(遊び)やったら、やらんでもええのに。
やりたくなかったら、他に遊べる子を探せばいいのに、
そういうこともせんと、ただ一緒にいて、ぼーっとしながら
ダラダラ遊びに付き合っているという風景をよく見ます。

実はわらべうたの教室でも、遊びが遊びとして成立しないことが多くって。
鬼ごっこや、あぶくたったにえたったの遊びやら、
なわとび、まりつきなども、
おちゃらけて、先生の言うことを聞かなかったり、
お友達同士だけで、きゃっきゃきゃっきゃ遊んでたりふざけたり
収集がつかない状態でした。

今までは親も同じ部屋に入って、
後ろの方で子どもたちの様子を見ていたのですが
今日からは、親子完全分離して、子どもたちと先生だけで1時間過ごすことに。

ていう話をしたら、スミレ、目が赤くなってきて。
号泣したわけじゃないけど、これじゃあかん!ってことで
我が家だけ、親(&コウメ&ユリ)も一緒に参加してきましたけどね(笑)。
次回からどうする?って聞いたら「一緒にいてほしい」だと。
しばらくは、一緒に参加して様子見ますわー。

という余談はさておき、
親子完全分離にすると、子ども達はちゃんと先生の話も聞くし
遊びも、そこそこ成立していたような気がします。
でもまあ、気が緩むと、おふざけモードになったましたけど・・・。

スミレは、まあ、親子完全分離だろうが、一緒におろうが、
「傍観者」ですけどね。ていうか、こういう「傍観者」タイプの子も
最近は増えてきているんですって。
映像として見ていて、積極的に参加できないんですって。
スミレは、心許せるお友達の中でなら、ちゃんとかくれんぼも
鬼ごっこもできているんやけどね・・・。

てことで、
【送料無料】「かくれんぼ」ができない子どもたち
なかなか頭が痛くなる話も多いけど、反省する部分も多かったり
これからの育児に役立てそうなこともあったりで、再度借りてこようと思っています。


***

そのほかにも、いろいろ読みました。

【送料無料】よみがえれ思考力
【送料無料】哲学する赤ちゃん
あー難しかったー。
夜な夜な読むには厳しすぎましたー。眠すぎましたー。何度も睡魔に負けましたー。


【送料無料】「育てにくい子」と感じたときに読む本

著者の佐々木氏の本をバイブルにしている方も多く、
私も一度読んでみなければ!と思い、借りて読んでみたのですが、
残念ながら、佐々木氏の信者にはなれそうにありませんでした・・・。

いやいや、おっしゃっていることはとてもイイコトですよ。

「甘えさせてあげましょう」
「過保護はいいことですよ」

ふむふむなるほどーと思います。目からウロコといえばウロコです。
でも、

「子どもが親を離れて自立している子は、親から充分愛情をもらっている子です。
 幼稚園で乱暴になる、何もしゃべらない(カンモクって言うんだって)子には
 もっともっと愛情を注いであげましょう」

というようなことを書かれると、私の子育てを真っ向から否定されているようで
すごく落ち込んでしまうのです。というか、落ち込みました。

うちの子は、2人とも(つーか、最後の1人も確実に)
幼稚園でしゃべりません。まーったくしゃべりません。
(スミレは昨年、ちょっとしゃべれるようになったけど)

うち、愛情不足ですか?

親から離れてたったかたったか行く子のとこは、
愛情がたっぷり注がれているんでしょうか?本当でしょうか?かんなりの放任でも?!

子どもによって、愛情の受け取り方が違うだろうし、
どれだけ愛情を注がれても、幼稚園や学校でしゃべられない子っていると思うのに。
外向なのか内向によって、まーったく違うだろうに
一概に「愛情を注げ」と言われてもなあーと。

なかなかしゃべられないのは、その子の個性だと思うんです。
私もしげおも、幼稚園や学校で「しゃべらなかった」派でしたから
娘たちがしゃべらないのも、「そんなもんやなーしゃーないよなー」と
思っていたんですけど、ここまで真剣に「愛情を注げ」と言われると
なんだかなーと思ってしまって。
(カンモクの子には、親が変わらないといけない、と述べられていました)



とはいえ、最近、コウメの様子が変(おもらし多発、発狂回数増大)だったので
日曜日のほんの少しの晴れ間に、2人でサイクリングしたり
内緒のジュースを飲んだりしてきましたー(ほんの20分程度だったけど)。

帰ってきたらスミレが発狂寸前だったけどね(爆)。
スミレのケアは来週ーーーーーーー。晴れろー。


**
おまけ。
R0015593.jpg
「いちごたいそう」を踊っていました。
幼児教室で踊っているのかな?と方々に確認しましたが
「そんな体操は知らない」と。

コウメ完全オリジナルのようです(決してカンフーではありません)。


スポンサーサイト



Re:遊びが成立しないこどもたち(06/20)  

ほんっとーによく降りますね~。
最近いつ晴れたんだったか思い出せません。。。

育児本、なるほど!!って思えるのと、ものすごく納得いかないものとに分かれますよね^^;;
取り入れられるものだけ取り入れて、あとはそうなんだ~くらいで流しています(笑)
私も「子どもへのまなざし」は読みました。
確かにとにかく甘やかせてかまってあげましょうって内容だった気がします。
子どもって、兄弟見てるだけでもこれだけ性格も感じ方も違うんだし、
一概にこうしましょう!!とまとめられても・・・って感じですよね。。。

今週は少しは晴れ間がみえますように☆

Re:遊びが成立しないこどもたち(06/20)  

はじめまして、小2の女の子の母です。
通りすがりですが、とても興味深く読ませていただきました。
うちの子はかくれんぼも鬼ごっこもできるんですが、去年とても
不思議な光景を見ました。うちの子とお友達が公園で遊んでいて、
後から同じクラスの女の子が2人づつ来て、合計6人になったんですが、
それぞれ2人づつで違う遊びをしていて、一向に6人で遊ぼうとしないんです。
私が子供の頃は人数が増えれば、自然にみんなで遊んでいましたけど、
私の目には別々に遊ぶその子達が、とてもぎこちなく見えました。

はじめて訪問したのに、長文ですみません。

ビッキー1029さん  

育児本、読めば読むほど、ドツボに陥るような感じです・・・。
でも、5年子育てやっていても、不安になったりするので、
育児本を読み漁る習慣からなかなか抜けそうにありません・・・。
取り入れられるものだけ取り入れて、あとは、流し読み、、、がいいですね。ほんと。ほんと。

アンパンマン02075877さん  

はじめまして。
コメントありがとうございます!!!

6人も集まって、一緒に遊べないって、なんなんでしょうね???
ぎこちなく見えたアンパンマンさんのお気持ち、よくわかります。

私が子供の頃は、そんだけの人数が集まれば、
はないちもんめとか、鬼ごっことか、
大勢でやらないと楽しめないようなものを
自然とやっていたような気がするんですが・・・。

今の子どもたちは、遊び方を知らないのかなあ?

つまらないブログですが、また覗きにきてくださいね。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす