FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

お手伝いを学ぶ

幼児教室で年少~小学生向けの
「大掃除のお手伝い」講座があったので参加してきました。

はたきを作ったり、ぞうきんがけをしたり、
空き缶をつぶしたり、ゴミの分別をしたり、
新聞紙や本をたばねたり、スーパーの袋を畳んだり
窓拭きをしたり、ぞうきんを絞ったり・・・

上記のことは、うちでは
ついつい「大人がやるから、やらなくていい」と言ってしまったり
子どもたちが寝たあと、幼稚園に行っている間に
さささーとやってしまっているけど、
子どもたちにやらせたり、できなくても、
大人がやっているところを見せるだけでも、
充分勉強になっているんだなあ、と。

これからは、意識的に「見せて」
やりたいといえば、やらせてあげる環境を作っていこうっと。

スミレは、はたきを作るのが遅くて、新聞紙を束ねたり、、、というのは
できなかったらしいのですが、
帰宅後、スーパーの袋を畳むのをお願いしたところ
がんばってやっていました。

が、まあ、いつものとおり、
「できないーーーーー!!!」で発狂してましたけどね。

「ママがお手本を見せるから見てて」と言うと「いやだー」と言うし
「じゃあ、ママがココの部分手伝ってあげるから」と言うと
「いやーースミレがーーーーーーーー!!!」と突っぱねるし
そのくせ、少しでも上手くいかないだけで
「できないーーーーーーー」と叫んでいて、
ほんま、手のつけようがないというか、うるさいというか、、、。

ま、でも、ほんまに、自分だけでやりたかったみたいで
しかも、教えてもらったとおりにやらないといけないと思って
余計に、上手くいかなくて、イライラしていたみたいなんですが、
なんやかんやいうて、独りでがんばって泣きながらも
仕上げていました。

幼児教室ではできたのに。
自分でできるのに。
でも、できなくて。
ママはさっさとできちゃうし。
どうやったら上手くなるのかわからないけど
ママに教えてもらうのは、なんだか嫌だし。
でもママには見ててもらいたいし。
努力しているところは見てもらいたくないけど。
失敗するところも見てもらいたくないけど。
でもママがコウメやユリと遊んでいるのは嫌だし。
ほんとは、もっと上手くなりたいのに。
上手にできるはずなのに。


スミレの気持ち。かあちゃんが察するには、こんな感じかな。

とりあえず、できないーと発狂するのだけは、やめてくれーと思うんだが。

ま、でもこんなふうに発狂することでしか、
自分の中にある葛藤を表現できないのは、4歳だからかなあとも思ったり。

とにかく、かあちゃんとしては、ゆっくりじっくり付き合っていかな
あかんのやろうね。

ま、そんなわけで、土曜日にもかかわらず
私はのんびりできたので、

【送料無料】うちの3姉妹(14)
【送料無料】のだめカンタービレ(#25(アンコールオペラ編))

上記2点を読み、気持ちをリセット。

昨日書いたイライラは、
本をただせば、ご近所さんの人間関係も
子どもを介しての付き合いであること
今の自分の世界が、全て、自分の子どもを通してのみであること
だから、自分の子どもの欠点が、すごく嫌なものとして思えること
それらが重なっているから、、なんだろうなあと。

もうちょっと自分の子どもと関係のない世界で
自分の身を置く時間が欲しいなあと。
そうすれば、自分や自分の子どもをもっと肯定的に捉えられるのに、、、ね。

ユリが1歳になったら、少しずつ、
違う世界に身を置く機会を増やしていこうかな。


***

話は元に戻ってお手伝いのこと。

お手伝いや片付け等の本は、一度、じっくり読みたいなあと思い
辰巳渚の「子どもを伸ばす」シリーズ本を借りて読みました。

一番良かったのは、

子どもを伸ばすお手伝い

我が家でも、このお手伝いは今でもやれそう、
年中、年長さんになったら、やらせたい・・・
そう思えるものがたくさん載っており、大変勉強になりました。


子どもを伸ばすお片づけ
こちらも、なるほど、ふむ、という感じ。


子どもを伸ばす毎日のルール

これは・・・う、、、、む。


元々、ワタクシ、辰巳渚さんは、あまり好きではなくて。
なんちゅうか、すごく優等生的なことばかり言って、
なんちゅうか、これができないのは、怠けているから、、と言われているような気がして
どうもこの人の書籍や特集などの記事は読みたくなかったんですよね。

ええ、ワタクシ、優等生が、大嫌いですし。
怠け者ですし。怠けて何が悪い!と思っていますし。
できないことは、努力してもできないと思いますし。

なんで、最後の「子どもを伸ばす毎日のルール」だけは、
優等生発言が多々出てきて、うんざりでした。
が、「お手伝い」「片付け」の本は、まあまあ学べるものもありますので
一度、ご一読を。

ご一読を、と言っておきながら、やっぱりなんだか、、、な気持ちがあるので
図書館でしか読みませんが。あはは。買わないなー。やっぱり。


ま、そんなわけで、スミレもコウメも来週から冬休み突入なので、
いっぱいいっぱいお手伝いをさせようと思います。


スポンサーサイト



Re:お手伝いを学ぶ(12/18)  

こういう子育て講座、行ってみたいなぁ。
お手伝い、一応させてるけどほんと簡単なことばかりです。
冬休みにはいったら、紹介してはる本読んでみようかな?

けろぴょ~んさん  

簡単なお手伝いでも、毎日させることが大事だなあと最近思っています。
パジャマを畳むとか、毎日必ずやらないといけないことを続けていくと
上達するのも早いですし、なにより親がラク!

ぜひぜひお手伝い本、読んでみてください!
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす