11
2
3
4
7
8
11
12
15
16
18
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

やっぱ、まだかあ

木曜日と金曜日はコウメの幼児教室の日なので
朝から2人分のお弁当を作ったり、着替えの準備をしたり
洗濯したり、ゴミだしの準備をしたりであたふたあたふた。

ようやく9時半にコウメを送り届けて、帰宅後、ユリに授乳。

あとは、掃除と歯科に行くだけ・・・。

つーか、歯医者さんから帰ったら、即、昼ごはんで、
その後、授乳してまたコウメを迎えに行ってーーーーーーー。


はあ。


なんでこうもバタバタしているんやろうねえ、あたしゃ。
めちゃ早起きすりゃあ、もうちょいラクになるんやろうかー。


***

さてさて、昨日の話。

この日は、運動会で使った靴や上靴を
持っていかなければならなかったのですが
玄関に置き忘れてしまう、という失態をしてしまったスミレ(私の責任か?)。

バスを見送った後、すぐに気がついたので
幼稚園に送り届けることもできたのですが、
「忘れ物をしたらママが持ってきてくれる」とスミレが思ってはいけないし

「忘れたときには、どうしたらいいのか」
「誰かに頼ってなんとかする」

ということも、学ばなければならないので、
あえて幼稚園に届けないことにしました(つーか、めんどくさいしー)。

帰宅後、スミレに聞くと
「上靴はかりた。外に行くときは、黒靴のままだった」と。

そっかー、なんとか、なったかー、よかったー。

第一、今までも、スプーンを忘れたり、お皿を忘れたり
体操服を忘れたりしていたけど、なんとかなっていたみたいだしー。

と思っていたら、夕方、幼稚園からTEL.

「朝、登園したら、スミレちゃんが靴箱のところで泣いていまして・・・」


上靴がなかったから教室にも入れず、
どうしていいかわからなくなって泣いていた模様。

先生がどうしたの?と聞いても、泣いて答えられなかったのだとー。

結局、先生が誘導に誘導を重ねた質問をして
「くつ、ないの」と言えたんだとー。









やっぱ、そうか・・・。

以前のブログにも書いたのですが、
スミレは「○○してほしい」という要求の文章を言えなくて。
最近は気にならなかったので、だいぶ言えるようになってきたとは思うのですが
それでもやっぱり初めてぶつかる局面では、言えないことも多くて。

家族の前でもこうだから、幼稚園の先生相手には、、、、厳しいよね。

語彙力や何かを説明するときの文章力は、
まあまあついてきたかなあと思っているし、
先生も「スミレちゃんは、言葉はちゃんと知っていますね」と言っていたので
問題ないような気もするんやけどね。

このように困ったことがあるとき

「自分の状況を説明する」
「どうしてほしいのかを伝える」

というのは、どうやって訓練していけばいいんやろうか。

経験を増やせば、なんとかなるもんやろうか。

それとも、言葉で教えないといけないもんなんやろうか。

ま、そのうち、なんとか、なる、、かな。

なーんて、気楽に考えてていいんやろうかねえ。


スポンサーサイト

まだ小さいし。  

やあ、元気?
(やってると思うけど)おうちでトレーニングするうちに
場数踏んで、経験でできるようになってくる
部分はあると思うよー。もうしばらく見守ってあげたいね。

りゃんすいさん  

そうやね。まだ4歳やもんなあ。
担任の先生も、年少さんやったらこんなもんですよ、、、と言ってくれたので、救われたわ。

家の中でも、困った局面に出会ったとき、
娘から何か訴えることができるよう、
じっくりゆっくり見守っていくよう、心がけよっと。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす