11
2
3
4
7
8
11
12
15
16
18
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

お片付けは当番制に

ひっさしぶりに、ビンボー遊びネタをご紹介。

★★★

・お片づけも遊びの延長に!


片付けしない散らかし屋の娘たちに、
「1日の終わりには、ちゃんと片付ける」という習慣をつけさせなければ!

と思い、片付けを当番制にすることに。

できるなら、楽しくやりたいので、くじ引きを作り、

「ぬいぐるみを片付ける」係
「絵本を片付ける」係
「わごむやビー玉を片付ける」係
「ゴミを捨てる」係

など、毎日、くじ引きで、何を片付けるのかを決めています。

はじめは、
ぬいぐるみや絵本、ゴミ捨てなど、簡単な係をくじに入れ、

習慣づいたら
わごむやビー玉などのこまごましたものを片付ける係も追加し、

また、飽きてきたら、
簡単な係だけにし・・・

と、こちらも工夫しながら、
とりあえず、毎日必ず片付ける、ことを目標にしています。

くじ引き、というアイデアが思いのほかスミレにヒットしたようで
寝る前には「くじ引きしよー」と自ら言うようになりました。

汚部屋、ではなく、キレイな「お部屋」を目指して、
家族で頑張りまっするぅーーーーーーーーーー!!!


★★★

・はかりを使って、重さを量ってみよう!


お菓子を作る際には、スミレとともに、
はかりを使って、計量するようにしていたのですが、
お菓子を作らなければ、はかりなんて使わないもの(我が家は、、、ね)。

はかりの目盛りを読めるようになると楽しいだろうなあ、
重い軽いって、感覚だけじゃなくて、
目でハッキリわかるものだってことも、学んでいけたらなあ、、、

てことで、台所からはかりを出し、
いろいろなものを量ってみることに。

何を量る?ときくと、早速、ぬいぐるみを持ってきたので
ミッキーやらしまじろうを計量。
思いのほか、スミレもコウメも、計量自体が楽しかったようで
次々とぬいぐるみを持ってきては、ギャハギャハ叫びっぱなし。

やるなら、家の中のぬいぐるみ全てもってきやがれぇーーーー!!!

てことで、ぬいぐるみ全てを計量し、全ての結果を紙に書き
最後に、軽い順に並べてみました。
(ああ、写真なくて、ごめんなさい・・・)

コウメは、軽い順に並べたところで、???という感じだったのですが、
スミレは、じーっくり見ていました。
小さいのに、重い方に並んでいるものを見ては、
もう一度自分の手で重さを感じてみたり、
「これは、中に砂が入っているから重いの!」と自分なりに推測していました。

ま、そもそも、スミレは、今、
「いちれつにならぶ」というのが大ヒット中なんで
(幼稚園で「一列に並びましょう」と言われているからだと思うんやけど)
全部並べたぬいぐるみを見て、ほんと嬉しそうでしたから。

ちなみに、
なんのぎょうれつ?
という本も、動物を小さい順に並べて紹介しています。


今度は、定規を使って、背の順で並べてみようっと。


ちなみに、はかりは、スミレに大ヒットし
(もち、目盛りは読めませんが)
翌日は、買い物した食料品をひとつひとつ計っていました。

そういや、今って、何かを計って買い物をすることって、
ほとんど、いや、全くないなあ、、、と。

スーパーに肉屋さんが入ってて、
欲しいグラムを伝えて買い物をすることもできるけど
その手の肉屋さんて、高い、、、し。
高級和牛を手に入れるなら肉屋だけど、
やっすーい肉しか買わない我が家は、縁がないし・・・。

私が子供の頃は、もう既にスーパー全盛期だったけど、
それでも市場はあったし、市場の方が安かったので、
買い物といえば市場で、野菜も果物もお肉もお魚も全て対面で買っていました。

一人で買い物に行くことも多く
(父が単身赴任だったので、姉妹だけで生活することも多々あったので)
子供だからと馬鹿にされないように、
野菜が入ったかごも自分で選んで「これください」と言い、
腐りかけたものを入れられそうになったときには
「これ、腐っていませんか?替えてください」と注文し
夕方に買い物に行ったときには、「もうひとつおまけしてください」
と、いっちょまえなことも言っていました。

自分の子供にも、そういう対面での買い物を経験させてあげたいけど
今住んでいるところは、郊外で、昔ながらの・・・のお店は
ほっとんどないのね。

大型スーパーで買い物することが主流になってしまうのは仕方ないけど
1ヶ月に1回、いや、できることなら週末だけ
どこかの公園などで市場を開いてほしいなあ、
いや、開けるような街づくりをしたいなあ、って。
(発言が大胆になってきたことは、無視して・・・)

なんかね、子供ができたからこそ、
自分の街をよりよいものにしたい、
子供たちが幸せになる街づくりをしたいなあって、思うようになってね。

保育所や児童館等の子供向けの施設、だけじゃなくて、
大人も幸せになるような仕組みが作れたらなあって。
イベント、で終わらないような持続的な仕組み・・・。

ま、そんなことをいろいろ考える日々。 

あれもやりたいこれもやりたい病が出てきたみたいですわ。


あ、そうそう、はかり、ね。
子供って、こういう単純なはかりが大好きですわ。

デジタルのはかりも便利だろうけど、
針がぐおおーんって振れたり、何グラムだろう?と予想しながら
針が落ち着くのを待つことも、単純に楽しいんだろうなあ、と。

はかり遊びですが、
スミレが自分の体重を思いっきりかけて遊ぶようになったので
急遽撤去しました。大事な料理用はかりやから壊されたくないし・・・。
今度、100均で、はかり、探してみようっと。

★★★

・絵具で遊ぶ

R0013436.jpg
絵を描く、というより、単純に絵具を混ぜることを楽しんでいます。

色水を作って、ジュース屋さんを開いたりしている模様。

とりあえず、こういう後片付けが面倒な遊びは、しげおに一任しています。
だってぇー、しげお、デザイン学校出身なんだもーん(後片付けとは一切関係ない)。

R0013435.jpg
ま、最終的には、紙に描くという作業をほったらかして
手に色をつけて遊んでいます。

1、2歳のころは、ボディペインティングなんて、だいっきらいだったのにね。

R0013433.jpg
「見てみて!」

近所の小学生の男の子たちは、
スミレのこういう大胆な行動に、ドン引きしていますが・・・。


★★★

・色分けができるようになった

これは、スミレの成長記録なんです。

今まで、何を描くにも1色しか使わなかったのですが、
先日、さくらんぼやイチゴを描くときに、
茎や葉っぱの部分を緑で描いたんですわ。

ええええ???どうしたの?って聞くと

「葉っぱとかって、緑かなあ。それの方がいいかなあって思ってん」だと。

うおおおおおー。色を分けて描くということを覚えたのか!

早く気づいてほしいなあと思っていたけど、
何がきっかけだったのかはわからないけど、
成長しているーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

これで、スミレが描く絵も、一歩前進・・・か?!


★★★

そんな感じで、引き続きビンボー遊びを紹介していく予定です。

スミレも4歳になり、ただひたすら遊んでいる、というより
少しこちらがヒントを出したり、誘導するだけで、
新しい発見をしたり、いい観点で物を見られるようになりました。

面白いです。

一方でコウメ、ですが、コウメにもいろんな体験をさせてあげたり
もっともっと手先を使った遊びを、楽しみながらやっていけたらなあと
思っているところ。

ま、現実は、あれもこれもさせたいー!
なんていう私の思いの方が空回りしている感じですけど。

てことで、また。


スポンサーサイト

Re:お片付けは当番制に(10/12)  

お片づけをくじ引きで当番制にするって
すごくいいですね~!!
我が家もそりゃ~ひどい散らかりようで。。。
毎晩イライラしながら片づけさせたりしてるので
早速やってみたいと思います!!
重さや長さを測るのも楽しそうですね☆
と言いつつ、我が家のはかりが故障中で。。。
お菓子作りもてきとーな感じでやってるので
やっぱり買いに行きたいと思いますσ(^_^;

ビッキー1029さん  

くじ引き、思いのほか、効果がありましたよー。
でもなんやかんやいうて、ビー玉やおはじき、
工作で使ったあとの紙くず等は、私が片付けていますけどね。
とりあえず習慣になればいいなあ、と。
ぜひ試してみてくださいっ。

お菓子作りのとき、ほんとは私も、滅多に計らないのですが、
娘たちが大きくなったときにのためにー、と思って
めんどくさいけどガンバッテマス・・・。
でも、やっぱ、美味しいお菓子を作るには
計量って大事ですよね。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす