FC2ブログ
   
10
2
3
5
6
7
10
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スミレ4歳3ヶ月の成長記録

R0012633.jpg
3姉妹、寝転がる。


★★★

スミレ、だいぶお姉さんになりました。

「ユリちゃん、ちっちゃくて可愛いね」と言っては
変顔をして、ユリを喜ばそうとしています。

2年前、コウメが生まれたときには、想像できなかった姿です。
あのあのあのスミレがーーーーーーーーーーーーーー!!!
こんな気の利いたことをするなんてーーーーーーーーーーーーー!!!
お姉ちゃんらしい振る舞いをするなんてーーーーーーーーーー!!!


こんなステキな姿をずっと見ていたいので、
「1ヶ月の赤ちゃんが近く過ぎるものが見えていない」旨は、伝えていません。

とはいえ、最近ようやく目線が合うようになってきたユリ。
あやしたら笑ってくれる月齢になると、あやしがいもあるんだけどね。
もうすぐもうすぐ。

★幼稚園生活

幼稚園、楽しいようです。
幼稚園で歌っている歌や、踊りをときどき披露してくれます。
「食事のときは、ひじをつかない」等々、
マナーなども教えてもらっているようですし、
絵具、クレパスを使ったり、
カスタネットを使って「かえるのうた」を歌ったり
体操の日には、体操だけでなく、マットででんぐり返しの練習もやっているのだそう。

お友達の名前もフルネームで教えてくれるし、

「7月のお誕生日は、★★★くんだけなの。
 8月はね、★ちゃん、★ちゃん、2人もいるねんで」

と、毎月の誕生日会ごとに、誰が誕生日だったのか報告してくれます。


保育所のときは、ほとんど自由保育だったので、
自分で好きな遊びを選んだり、考えたりしないといけなくて、
「スミレちゃんは、自分から遊びださない」と先生から言われていました。

スミレは、長女ということもあり、遊びに関しては0歳の頃から受け身。
未だに、家にいると「なにしたらいいの?」と聞いてくる、超受け身人生。

だからこそ、
体の中から本能的に出てくる「遊びたい」という欲求を、
自ら出す力をつけないといけないな、と思っていたのですが、
なんやかんやいうても、無理ですな。

その点、幼稚園では、自由保育時間が少なく、
ほとんど、先生に従って何かをする(絵、音楽、踊り、体操)ので
「遊びたい」という欲求を自ら生み出さなくてもいい仕組みになっているので
スミレには「合っている」のかもしれないなあ、と。

こんなんじゃ、あかんやろ!と、親としては思うんですが、
もう、しゃーないっすよね。幼稚園入れちゃったし。
かといって、幼稚園を途中で止めて家でみる体力も気力もないし。

ま、小学校に入ったら、時間割に沿って毎日が過ぎていくわけだし、
こういう生活に慣れるためにも、幼稚園生活に馴染んでいることは
いいことだと解釈するしか、ない、、、よね。

幼稚園で学べることもたくさんあるし、
家でできないこと、お友達関係を、たっぷり味わって過ごせたらいいかな。

てことで、今週末で幼稚園もおしまい。
来週から、恐怖の恐怖の夏休みですーーーーーーーーーーーーー。


★お姉ちゃんっぷり発揮

幼稚園で年長のおねえちゃんたちに可愛がってもらっているせいか、
おうちでも、コウメ相手に、たいへんお姉ちゃんらしい振る舞いをするようになりました。

ただし、超機嫌がいいとき、、、だけ、ね(1週間に1日あれば御の字)。

「コウメ、一緒にあそぼ」と言い、

「コウメ、これ、貸して。いや?だったらいいよ」とコウメの意見を尊重し

「コウメ、これとこれ、どっちがいい?貸してあげるよ」と気前の良さを発揮するなど

今までのスミレじゃ信じられないー!発言も多々あり、ビックリです。

もちろん、お姉ちゃんが優しくしてくれたら、
コウメも超ご機嫌で遊んでくれるので、こちらも大助かり。

ユリは泣くわ、晩御飯つくらなあかんわ、
洗濯物取れいれて片付けなあかんわの、夕方の超忙しい時間帯にもかかわらず、
テレビ無しでも、機嫌よく過ごしてくれ、ほんまに涙がちょちょぎれるほど。

ああああ、4歳児ってすごいーーーーーーーー。
これが毎日だったら、何にも言うことないのにーーーーーーーーーーーーーーーー。


★歩く

よく歩くようになりました。

先日行ったIKEAでも、
今までなら、ぐずってしげおに抱っこされていたのですが
「抱っこ!」とぐずることもなく、最後まで歩きました。
ま、言うても、食後からずっと
「いつになったら、おやつ?」と聞いては、
「ママママママー、いつになったら、ぴっぴ(会計)するの?」と
ぐずってはいましたけどね。
こんなん、抱っこをせがまないだけマシですわ。


★聞き入れる

言葉が通じるようになった、だけでなく、
自分の気持ちを言葉で伝えられるようになったおかげで、
発狂したときの対処が、だいぶラクになりました。

発狂するときのパターンは、たいてい

「しげおや私に相手にされない」とき
(こっちだって、家事やらやりたいことたくさんあるんでね)

「コウメとモノの取り合いをした」とき

コウメとのおもちゃの取り合いも、
ひとつのおもちゃを取り合って泣く、、、というより
スミレが一生懸命時間をかけて作り上げたブロックやパズルを
コウメが横取りしようとして、スミレが拒否し、
叩きあい殴りあいになって、両者ともに泣く・・・というケースが増えてきました。

ま、こういうときは、コウメの方が悪いにも関わらず、
泣いて真っ先に私のところに抱きついてくるのは「コウメ」。

抱きつかれたら抱っこしてあげなあかんし、
「お姉ちゃんの、ほしかってんねー」と言ってしばらく抱っこしてあげたら
泣きやむので、とりあえず「コウメ抱っこ」が先。

で、コウメが泣きやんだら、次にスミレ。

最初は「怒られる!」と思って、頑なに抱っこを拒否するのですが
力づくで抱っこし
(産後ようやくこれができるようになった!
 妊婦のときはこれができへんくて、ほんまに辛かったのに!)
「スミレが作ったものを取られたり、壊されたらいややよね。
 スミレ、めっちゃ一生懸命作っていたもんね。
 諦めずに最後まで作ろうと思っていたのにね。
 すごく上手にキレイにできていたのにね。
 イヤヤ、取らないでって、おくちで言ったのにね。
 お口でちゃんと伝えられたのって、すごいなあって思うよ。
 コウメ、取らないでほしかったよね。
 壊れてしまったものは、仕方ないし、
 これからママと一緒に作り直そうか」

と言うと、ケロッ機嫌を直して、
もう一度作り直す作業に入ることができるようになりました。

ああああーーーーーーーーーーー。
感動ーーーーーーーーーーー。

こちらの気持ちが伝わったーーーーーーーという達成感。
機嫌が良くなって、ほっとしたーーーーーーーーーーという安堵感。
発狂状態がこれ以上長引かないなんて、素晴らしいーーーーという幸福感。


ああ、なんか、一歩抜け出せた、かもです。


とかなんとか言って、この夏休み、何度発狂されるか。
このように上手く対処できることがそのうち何度あるのか、
考えるだけでも、恐怖ですが。。。

★★★

てことで、スミレ、お姉ちゃん街道まっしぐらです。

さすが3姉妹の長女!

これからもがんばれよー!!!


スポンサーサイト



Re:スミレ4歳3ヶ月の成長記録(07/14)  

三人並んで寝転がってる姿、めちゃ可愛いですね~♪
うちも楽しみになりました☆
スミレちゃんもすごくお姉ちゃんになってますね。
でも発狂しそうなときにちゃんと気持ちをくみ取って話してあげる彩猫さん、すごいです。
私はついつい放置してしまうこともあるので。。。
来週からの夏休み、頑張って乗り切りましょう♪(泣)

ビッキー1029さん  

いやあ、ほんと、スミレがユリに優しく接してくれるおかげで
コウメもユリに優しくしてくれて、大変ありがたやーです。

夏休み、、、がんばりましょうね。
夏休みが終わる日にちを指折り数える毎日になりそーです、、、。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす