FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

妊娠出産振り返り

前回のブログ。
スミレの出産記録のリンクが誤ってコウメのになっていました。
正しくはこちら

★★★

毎度のことながら、妊娠出産を振りかえろうー企画。

★体重

促進剤投与前に体重計で量ったところ、妊娠前に比べると+6キロでした。
+8キロを越えていた時期もあったのですが、
食べても食べても体重が増えず、超快便だったおかげか
なんとまあ臨月に入ってから2キロも減ってしまったというわけで。
でもまあ、栄養は全て赤ちゃんに吸い取られていたようですが。


★むくみ

妊娠生活で初めて「むくみ」を体験しました。
きっかけは、6日間ほぼ絶食していたゲーリー騒動のとき。
絶食していたけど水分は摂れていたので、
ひたすらポカリスエットを飲んでいたら、むくみました。

カモシカのような私の脚も(ここ、笑うところー)
ダイコンアシを通り越して、カブになりましたからね。
いやあ、びっくりしたー。カブ脚っすよ。どんだけむくむねん!って感じっすよ。

でもむくみには、着圧ソックスっす。
切迫入院のときに無理矢理履かされたあの着圧ソックスっす。
寝るときに履いているだけで、むくみ解消っす。
かんなり嬉しかったっす。
もちろん、出産後も履いていたっす。快適っす。
入院生活のお供にぜひ、着圧ソックス。
入院のお見舞い品にぜひ、着圧ソックス。


★トコちゃんベルト

快適といえば、トコちゃんベルトも。
妊娠中から尻痛が酷かったので、
3人目にしてようやくトコちゃんベルトを購入。
着用し始めてからは、ウソのように尻痛がなくなりました。感動っす。
こんなことなら1人目から購入しておけばよかったー。

でもって、出産後ももちろん大活躍。
骨盤もだいぶもとの大きさに戻ってきた(ような気がする)し、
尿モレしそうーな感覚もないし(上の2人のときは、産後、これで悩んだ)
今では、着用していないと落ち着かないほど
締まり感が気に入っています。

おすすめです。


★臨月生活

臨月生活の中で、大変だったのは、
「赤ちゃんが下の方に降りてきている」という状況でした。

ほんまに下の方にいました。
「子宮口が開いているうえに、赤ちゃんが下の方にいる」
そんな状況は長く続かない=出産が近い、と言われていたのに
数週間も同じ状況で過ごすのは、ほんまに酷で。

第一、トイレが超近く感じられるので、
1時間に3,4回はトイレに駆け込んでいたし
お腹の張りを感じるたびに膀胱も刺激されるので
入院直前は1時間に5,6回はトイレに行っていました。

それに、歩いたり、階段を昇り降りするだけで、
ほんまに出てくるんちゃうやろうかー!!って感じだったし
なんちゅうか、気持ち悪かったです。

でもって、微弱陣痛体質ってのは、ほんまに厄介もん。

「破水がさきかもー」と先生にも言われていたのですが、
促進剤投与前に内診したときには、
赤ちゃんの頭の下に卵膜がたまっておらず(たまっていたら、破水する可能性が高い)
結局、子宮口が全開になってから破水したので、
あのまま入院せずに帰宅したとしても、
31日まで何も起こらなかっただろうなあ、と。

促進剤を投与して出産する、という自分の判断は、
間違っていたのではないだろうか、
促進剤はリスクのある薬でもあるし、
赤ちゃんにも負担がかかるんじゃないだろうか、
陣痛がこないってことは、
赤ちゃんがまだお腹の中にいたいっていうメッセージじゃないだろうか・・・

入院してから分娩台にあがるまで、ずーっとそんなことを考えていました。

でも、結果から考えると、
31日まで待ったとしても、促進剤を使わないといけなかっただろうし
母子ともに何事もなく出産を終えることもできただけでも
よかったんじゃないかなあ、と、今、ようやくそう思えるようになりました。


★赤ちゃんを感じる

さすがに3人目、となると、分娩台で何が行われているのか、
自分の身体が今どういう状態なのかが、冷静に分析できるようになってました。

あはは。

でもって、今回は、子宮口が拡大するアノ感じや、
赤ちゃんが出てくるアノ感じ、を味わうことができました。

陣痛がきて、子宮口が拡大するときって、
「あああああーーーーーーー!!!」って感じ
(すごくあいまいな表現ですみません)なのに
呼吸は「ふーふー」言って、力を抜かないといけないのって、
なんか自分の身体に逆らっているようで、なんか気持ち悪いんですよね。
身体が「ああああー」な状態だから、みんな、叫びたくなるんだよなあ、、、と。

赤ちゃんが出てくる感覚は、今回、ほんまに、よくわかりました。

うーんうーんいきみながら

「あ、今、頭が少し出た!」
「頭、半分くらい、出たかも!」
「全部出たんちゃうか!」
「次は身体や!」
「あと少しや!」
「次の陣痛で、1回いきんだら、全部出るわ!」

そんなことを、ほんま、びっくりするくらい冷静に感じ取ったし
出てくる感覚を味わえたことが、なによりすごく嬉しかったです。

いやあ、いいお産だった。ま、辛かったけど、さ。


★入院生活

今回の病院では、産後翌日から完全母子同室となるのですが、
産後、元気よく動いている私を見た助産師さんが
「経産婦さんやし、今日から同室する?」と。

えっ?!

・・・もちろん、丁寧にお断りしましたよ。ええ。

産後入院する目的は
「身体を休めること&赤ちゃんのお世話に慣れること」でしょうけど、

私の場合、
「身体を休めること」が第一目標ですから。
ええ、休息目的で入院していますから。
夜も完全母子同室なんて、退院後、毎日、ですから。
慣れなくていいですから。ていうか、もう慣れていますから。

てことで、完全母子同室になってからも、2日間は夜だけ預ってもらい、
(「もう、ダメですぅー」と可愛く弱音を吐いてみた。。。笑
 ちなみに、同室の初産婦さんは皆初日から夜もがんばってた。。。)

完全母子同室になっても、夜だけはミルクを足して睡眠を確保したり
(「ミルク足さなくても大丈夫だと思うけど」と言われたが、睡眠重視で!)

昼間は、トイレとご飯以外は、ただひたすら寝たきり状態で過ごし
(切迫のときよりも、寝ていたような気がする・・・)

ああ、これで、人生における休息生活は最後だな、、、と思いつつ(おおげさ)
ほんとにほんとにゆっくり休んだ入院生活でした。


★★★

てなわけで、ああ、ユリが産まれてもう半月ですな。
早いもんですな。ああ、もう夏ですな。

ユリと姉2人の絡み合いの話はまた今度。
今後は、3姉妹はちゃめちゃ劇場をブログで綴っていきます。
お楽しみあれーーーーーーーーーーーー!!!


スポンサーサイト



うふふぅ  

三人目ともなると、分娩台でも冷静やね~。
私は一人目は教科書通りで褒められたのに、
二人目は勢いで生もうとして怒られたわ(汗)

着圧ソックス、トコちゃんベルト、私も二人目から使用。
今でも、なくてはなりませぬ。
もっと情報通なら、一人目から楽できたのかな。。

はちゃめちゃ劇場期待してまっせ~!!

ひまわりさん  

わかるわかる。
2人目のとき、私も勢いで産もうとして、裂けたわ(爆)。

トコちゃんベルト、やめられないねえ。
私も1人目の妊娠中から使いたかったなあ、って思う。

はちゃめちゃ劇場、楽しみにしていてねー。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす