FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

最近読んだ本


子どもの絵をダメにしていませんか

3歳にもなると、絵らしい絵を描く子って、ぼちぼちいるじゃないですか。

スミレはねえ、一時期、人間らしい絵(顔のみ)を描いていたのですが、
今はひたすら、丸を書きなぐったり、びゅーびゅー線を走らせるだけの
ダイナミックな絵を描くだけだったんですよ。

絵や工作に関しては、できるだけほったらかしにしようと思ってて
描き方も、色もなにもかも口出ししないようにしていたんですが、
さすがに、ほんまに、これでええんかい?って思ってて。

で、この本を読んでみたんですけど。

著者曰く、子供が描いた絵を見て、
「あれ?この子、足ないの?」とか
「おめめはどこ?」って口出ししたらあかん、のだそう。

うひゃー。ワタクシ、ほったらかしにしていたつもりやけど
たまにこういう突っ込みしているわー。ひょー。

てことで、ほんまに何も言わなくていいそうです。
何を描いたのか子供に聞いて、話を展開させていくことが大事なんだって。
子供の絵は見るんじゃなくて「聴く」んですってよ。ほぅ。



“幼児厨房ニ入ル”のすすめ  【坂本廣子の台所育児 一歳から包丁を】

最近、全くといっていいほど、お料理の手伝いをさせていなかったのですが、
できるところからやらせてあげたいなあ、と思って読みました。

こういう声かけをすれば、道具が使えるんやー。
1歳からでも怖がることなく包丁を使わせていいんやー。

等々、ほっほー、ほな、やってみよ、と思うこともたくさんありました。

が、やはり。

スミレが手伝いをすると必ずコウメも台所に来てしまうので、
どうやって分担しながら手伝いをさせようか・・・

なーんて考えているうちにはや数ヶ月・・・。

ああ、めんどくっさ!2人ともテレビ観とき!

てなわけで、かあちゃん1人で作っちゃってます。

あかんね。最初の一歩が踏み出せん・・・。はあ。





PTA会長レモンさんの子育てビタミン標語

コウメの寝かしつけドライブに出かけた際に山本シュウがこんなこと言ってたんですわ。

『子供の話を聴くっていうのは子供の話を
 「ふんふん。そうかわかった。でもな」って言ったらあかんねんで。
 「ふんふん。そうかわかった。あんたは○○したいねんな。でもな」でもあかんねん。
 「ふんふん。そうかわかった。あんたは○○したいねんな。
  それは、こういう理由があって、でもこんな懸念もしてて、
  でもどうしても○○したくって、だからこんなに努力しててがんばっているんよな。
  だからこうやって、お母さんに相談してんねんな。わかった。でもな」やねんで』

子供が言いたいことを最後まで聞いて、その上で、
子供の気持ちを自分の言葉で整理して解釈して伝えることをしなあかんねんて。
それをしたうえで、「でもな」と続けていかなあかんねんて。
そうじゃないと、子供は話を聴いてもらえた、とは思えへんねんて。

・・・ああ、わかるよ。わかる。子供の立場も大人の立場も。

共感って、ここまでせなあかんねんよな。

3歳児相手に、ここまで毎回できへんけど、
「ふんふんわかった、でもな」では、あかんことは実感済み。
3歳児なりに考えていることを、少しでも引き出せるよう、
いろいろ質問したり話を展開させてあげると、スミレもすっきりとした表情になるんよね。

てことで、シュウさんの本、オススメです。

「We Are シンセキ!」と言っちゃうハチャメチャなおっちゃんやけど、
子供のことに関しては、いろいろ学べるものもあります。ええおっちゃんです。



つーことで、また育児本ばっかかいっ!と突っ込まれそうやけど、
えーっと、他にも小説とか普通に読んでますから、ご安心を。


スポンサーサイト



Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす