FC2ブログ
   
09
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
17
19
21
23
26
28
30
   

スミレ、コウメ、どちらに注力する時期なのか

実は先々週から爆発しまくりぃーのかあちゃんでございます。

爆発の原因は、私がスミレの目の届かないところに行った途端、
泣き叫び、わめき、半狂乱になって、どうにもこうにもいかなくなったから、でした。

私が少しでもどこかに(台所や洗面所、2階)行くときには
必ずテレビをつけて気を紛らわせていたんだけど(←そもそも、甘やかしすぎ)
テレビでも気が紛れないくらい寂しい&不安なようで、
常に引っ付いています。

あ、そうそう、もう1人、引っ付いている怪獣、いるけど。
ま、そもそも、そのもう1人の怪獣が、あまりにも引っ付きすぎなので
それで余計に不安になるというか、「私も!」という気持ちになるのか
私と離れられないようになっています。

ま、遊んでいるときは、そんなんでもええんですが、
問題は、コウメを寝かしつけるとき。

今までは、スミレの見えないところで、おんぶして寝かしつけて
その後、2階の寝室に連れて行って、ベッドインさせていたんですが・・・

1日目・・・2階に行ってベッドインしようとしたときに、
       スミレが泣き喚きながら寝室に突入。コウメ、目覚める。
       その後、再チャレンジするも、同じ状況に陥り、昼寝できず。

2日目・・・2階に行こうとしたときに、スミレが泣き喚き、私にすがりつくので
       スミレも連れて寝室に入りベッドイン。
       おんぶしているコウメを降ろすために、私もベッドに横になった瞬間
       「ママは寝ないで!」と叫び、コウメ、目覚める。

3日目・・・「2階に行かないで」と言う。(それは無理!)

4日目・・・「コウメを寝かしつけないで」と言う。(それも無理!)

5日目・・・今からコウメを寝かしつけてくるわ、と言った瞬間、
      泣き喚き、半狂乱で家中、地団駄を踏み、狂う。病気・・・。

6日目・・・朝「スミレも2階で服を着替えたい」と言うので、
       寝室で待つように指示した途端、泣き喚き、狂乱。


さすがに、6日目の朝は、怒り爆発、、、というよりか、冷静な気持ちで、ワタクシ
スミレの頬を往復びんた10発以上かましました。

で、その手ですぐに、いつもの広場のところにTEL.

「もうだめです・・・」


内容の重さに、さすがのスタッフも参って、
「ごめんなさい。なんといっていいか、わかりません・・・」と。

その後、以前スミレのことで相談に乗ってもらったスタッフから折りTEL。

泣きましたよ。ええ。
ほんま、ようわかってくれるスタッフの方でして、
適切な言葉、アドバイスをくれて、
私が抱えている問題を「大丈夫」という簡単な言葉で終わらせようとしない
ほんま、ええ人でして。

アトピーがひどいので広場にも行けなかったんですが、
今日、ごっつー久しぶりに訪れてみました。

スミレが好きな遊びがわからない、ということをTELで相談していたので
早速、スミレが好きそうな遊びをチョイスして、いろいろ試してくれていました。

用意してくれていたパズルなんかは、簡単すぎてあかんかったのに、
これには、思いっきりハマってました。


リモーザセット1/2・0620ます得10

ペグさし、のようなもん。

そのスタッフの方が、
「赤くんだよー、黄色くんだよー、入りますよー。こんにちはー。おじゃましますよー」
という導入してくれたおかげで、スミレ、おおはしゃぎ。

「こんにちは!こんにちは!こんにちは!」と叫び、笑い転げ、
「おじゃましますよ!」「黄色くん、赤くん、みんな幼児教室ですよ!」などと言いながら
穴にパーツを入れて遊んでいました。

もちろん、穴にパーツを入れる、というのが楽しかった(スミレはこういうの大好き)だけでなく
ごっこ遊びの延長で遊べたことが、すんごい面白かったみたい。

ひとつの遊びでも、こうやって展開させていくと、スミレも満足するねんなあ、と。

でもって、私がいないところでも(今回は、別室で見守らせていただきました・・・)
大人と一緒に遊べ、ギャハギャハ笑い、いっぱいしゃべれるようになったなあ、と
これまた感激。

あ、そうそう、話は変わるけど、昨日のヤマハでのできごと。
リズム遊びの際、「先生のおひざに乗る人!」と言われた瞬間
真っ先に先生のところに走っていったのよ。スミレが。
他の生徒さん(といっても、もう1人だけしかいないんだけど。。。泣)が呆然とする中
キャッキャ!言いながら、飛び乗っていたし・・・。

ヤマハに入会した当初は、怖いものをみるような目でしか、
先生のこと見れなくて、レッスン中、
全く目をあわさないようにしていた時期も(←かなり長く)あったのに、
昨日は、先生と一緒に手をつないだり、先生のおひざに乗って、電車ごっこをしたり
帰宅後には「スミレ、ぷっぷるちゃんの先生、だーいすきっ!」って言ってて。

ええ、もちろん、目をあわせられなかった時期は
「せんせい、いや・・・」と言っていたんよ。

***

てことで、スミレ、大満足で帰宅しました。

で、このまま、夜まで過ごせることができればよかったのですが・・・

やっぱりあかんかったです。とほほ。

晩御飯の準備で4時からNHK教育番組を見せていたんだけど、
「おかあさんといっしょ」が終わったとき「スミレ眠い」と言いだして。
自分から眠いなんて言うのは、3年間の人生で初めて(?)なので
ソファに寝かしつけてみたんだけど、すぐには寝れず
「なにしたら起きるの?」「マインちゃん、なにしたら始まるの?」
「スミレ、いっぱいねたくない」等々、ぐずり始めて・・・。

ぶちーっ!

まあね、これがね、コウメがニコニコしていて、
独り遊びをしてくれているような状況だったら

「あらまあ」

で済むようなことなんですけどね。

ええ、まあ、最近、コウメも相手にしてもらえないことがわかったのか
スミレのフォローを!!!とばかり考えている私の心のうちを見透かしているのか
ごっつー甘えるようになってきてて。
少しでも離れようとすると「うぎゃー!!!」って泣き叫んでて。

今日行った広場でも同じでして、
でまあ、そんなときにですね、
「今はコウメちゃんじゃないよ。スミレちゃんをもっと見てあげて」と
アドバイスされた日にやぁ、ブチ切れっすよ。まじで。

ま、そういうアドバイスをくれる人は、その広場の代表の方なんですが。
ま、私の状況もちゃんと知ってて、気持ちは寄り添ってくれている方なんですが。

これでもかっ!っていうくらい、私、スミレといっぱい遊んでいるし
ママ友とも全くしゃべらずに、がんばっているというのに、
(というか、今でも、私がママ友としゃべり始めると、スミレが拗ねる)
「もっと見てあげて」というアドバイスは、いらーん!!!

一方、相談に乗ってもらったスタッフからは、

「今はスミレちゃんと一緒に遊ぶ時間、今はコウメちゃんと一緒に遊ぶ時間。
 というように時間を決めて、遊んであげたら?
 例えば、コウメちゃんがママとの遊びに満足したなあーと思ったら、
 スミレちゃんと遊んであげる、とか。
 コウメちゃんと遊んでいる間、スミレのストレスはすごーいたまるかもしれないけど
 それは、もう、仕方ないものだと割り切って」

とアドバイスいただきました。

うん。これなら納得。

ただし、最近、おもちゃで遊ばなくなったコウメの気持ちを満足させてあげるのは
かなーり難しいけどね。永遠に絵本を読むとか・・・。

ていうか、最近、ほんま、気持ちがスミレに行っているので、
コウメを避けるようなことばかり考えてて。
だから余計にコウメが引っ付いてくるんちゃうかなあ、と。

今は、スミレよりコウメの気持ちに寄り添ってあげる時期なんちゃうかなあ、
とも思うんやけど。

でも今、コウメばっかりに付き合ってあげると、
コウメも、それが普通と思ってしまうんちゃうかなあ、と思うと、これまた怖くて。

ある程度、離して見守らないといけないんやろうなあ、と思ったり。
それも冷たすぎるよなあ、と思ったり。

ううう。やはり年子って、年子って・・・。


スポンサーサイト



うわー。  

寝かしつけのアレコレのところ、すごいリアルに想像できて、同情です・・・。

もっと言えば、「例えば、コウメちゃんがママとの遊びに満足したなあーと思ったら、スミレちゃんと遊んであげる、とか。」と言う彩猫さんは納得のアドバイスですが、どこまで遊んでも子どもって『満足』の息まで到達しなくないですか??
少なくとも我が家では。

次女が誕生したとき、もうとことん長女をしっかり見て相手しまくりましたが、どこまで相手しても、一度私が次女を見れば不満がふつふつと沸き起こるわけで。
隣の芝は青い、と言うやつでしょうか。

でも彩猫さんが偉いな、と思ったのは、ちゃんと電話して相談するところ。
私も約1年前に本当に虐待ぎりぎりまで行き、自分でも危ないことは分かっていて、電話相談の番号まで手にしているのに、電話できませんでした。

究極の精神状態のときに、うまく状況を説明するのにも自信なかったし、ありきたりの言葉を掛けられてますます落ち込むのが怖かったです。

それから最近の我が家(2歳9ヶ月&1歳3ヶ月)の寝しつけですが、2人とも同時に大人のダブルベッドで寝かしつけてます。

2人同時に眠たがってうまく行くときもありますが、大抵はどちらか一方はまだ眠たくなくて、ベッドの上で走りまくったりおしゃべりしますが、その状況下でも寝れるようになる(!)と言うのが私の目標で(笑)。

私はただただタヌキ寝入りです(笑)。

我が家も今、長女が敏感ですごく機嫌が良かったのに、世の中の終わりくらい絶望したり、相手が大変ですが、あと2年すれば2人とも幼稚園に行く!とそれだけを心の支えに耐え忍んでます(笑)。

でもきっと今が一番純粋で可愛い時期なんでしょうね。
あとで振り返ってきっとそう思う気がします(^ー^☆

切羽詰って私もモンテッソーリの本買いました!

しぃな0383さん  

そうなんですよっ!子供ってどこまで遊んでも「満足」の域には達しないっ!(怒)

でも「今はスミレと遊ぶ時間」「今はコウメと遊ぶ時間」と言い聞かせることは大事かな、と。
今までは、だらだらとどっちつかずで両方を見ようとしていたし。

ま、この言い聞かせも、スミレには通用するけど、コウメにはまだわかってもらえないだろうけど、
ま、何度も言い聞かせて、体験で学んでもらえれば、、、と思っているところですわ。
うまくいくかどうかはわからへんけど、
自分自身の気持ちとしても「今はコウメと遊ぶねん!スミレはほおっておいていい!」と割り切れるのではなかろうか、と。

モンテッソーリの本、面白いですよー。
ほぉーなるほどーって思うところがいっぱいですわ。
おすすめは「ひとりで、できた!」です。
モンテのおもちゃの作り方が載っていて、大変重宝してます。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす