FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

出産難民

ワタクシ、出産難民になるところでした。
 
第二子のアゲハちゃん(注:胎児名)の分娩場所は
スミレと同様、実家の近くの個人病院にしようと思い、
週末、分娩予約をしに診察に行ってきました。
 
久しぶりに訪れたので、院内のポスターをいろいろ見ていると・・・


「平成20年も分娩します」との貼り紙が。

え?どういうこと?と思い、詳しく読んでみると・・・

(以下要約)

「近年、新聞等でも取り上げられているとおり、
 産科を取り巻く環境が厳しくなってきました。
 当院も近隣の総合病院が次々と分娩取り止めをしており、
 その影響を多大に受けております。
 リスクのある妊婦の受け入れ先として提携していた病院も
 数年前に分娩を取り止めたため、当院もとても厳しい環境に置かれています。
 そのため、平成19年で分娩の取り扱いを終了する予定でした。
 しかし、地域のかたがたのことを考えた結果、
 平成20年も引き続き分娩を取り扱うことにします。
 ただし、診察治療に専念するため、一ヶ月の分娩予約を20件までとし
 今まで行ってきた産後エステやフランス料理の提供を中止することにしました」
 
とのこと。
 
ええええええーーーーーーーーー?
アゲハちゃんの出産予定日は平成20年3月なんですけどー。
分娩取り止めていたら、どこで産めというの?
でもまあいいや、とりあえず来年も分娩を扱ってくれるならひとまずオッケーかな。
 
なーんて思って、診察室に入り先生の診察を受けることに。

「いやあ、1人目ならば分娩をお断りするところでした・・・」

と、診察の前から衝撃的なお言葉が。

「え?もう20件を超えたんですか?」

「いやあすでに30件を超えていて・・・」

えええええー?わたし、妊娠4ヶ月だよー。
普通、里帰り出産なら安定期の5ヶ月以降に分娩予約しにいくでしょ?
てことは、まだまだ分娩希望者は増えるの?大丈夫?

とまあ急に不安になってきて。

確かに近くの総合病院が分娩を取り止めてはや2年。
分娩希望者が殺到しているのは頭で理解していたけど、
自分がその影響をモロに受けるとは思ってもみませんでした。
 
とりあえず分娩予約をしたものの、
自分が出産難民になりかけたことがショックで・・・。

実家に帰りその旨話すと、
「3人目はあきらめなあかんな。2人でええんちゃうか」
だとさー。えええ?私もしげおも3人欲しいよね、なんて夢描いていたんだけど
それを全面否定されたよ。
しかも「子供を産める身体なら、ちゃんと産みなさい!」と言っていた親が・・・。

ていうか、こんなショッキングな出来事を、
このブログでしか訴えることができない自分も悔しくて。

現在出版されている妊娠出産本には
「分娩する病院を選びましょう」
「自分の考えに合った病院を見つけましょう」
なーんてことが当たり前のように書かれているし、
有名人は「私は水中出産を選びました」「私はフリースタイルを選びました」
なんて贅沢にも色んな選択肢から選んだ出産を自慢しているんですよね。

でもね、この状況、絶対ここ2,3年。
いや、1,2年のうちに変わると思うよ。

有名人でも「ようやく分娩場所が見つかりました。皆様ありがとう」
なんてコメントをするようになるだろうし、
出産本にいたっては「妊娠がわかったら即、分娩予約をしましょう」
っていう記述に変わるはず。

いや、ほんと、世の中の流れは早いよ。
特に分娩場所がなくなる加速度は半端ないよ。

でもこれがイマイチ社会問題になっていないというか、
時々事件が起こって(妊婦搬送問題とか)取り上げられるだけで
社会全体としてなんとかせねば!と思っていないというか
所詮、対象者は妊婦という女性であって、
しかも女性の中でも政治力も発言力もない非力な存在の時期であり
肝心の医者にしても産科医は激務と訴訟問題にビビッて
前向きな発言ができず、他科の医者にしても
「産科をなくすな!」と発言すると、
村八分に(=左遷)されるという有様。
(これ、私の叔父が数年前に経験した実話)

どう考えても真剣にこの問題に取り組める人がいないのが現状なんだよね。

でもね、なんとかしないとね、ダメなんだよ。
少子化云々の問題じゃないよ、コレ。
まじで今まさに産もうとしている人が、産めない世の中になっているんだよ。
これって、生死に関わることだよね。
産む場所がなくなったら、どうしたらいいんだろう?
自宅で自力で産むの?リスクの高い高齢の私たちが?
死産覚悟なの?妊婦も死ぬの覚悟しないといけないの?
先進国だよね、日本って。乳児死亡率が低いことが自慢できる医療国だったよね?

ねえ、どうやったら、私たちを取り巻く環境が変わるんだろう?
誰に訴えたらいいんだろう?私ができることは何?
ただ単にブログで訴えるだけじゃないよね?
もっと他にできることないの?

大学を出て、社会人として6,7年働いてきた私は
今まで何を学んで、お客さんのためにがんばってきたんだろう?
自分のためにしないといけないことを、今、なんでできないんだろう?

すごい葛藤しています。
というか、情けないです。

自分たちが心地よく生きていくための社会作りの方法を
私たちは学んでいなかったんだね。

今まで受けてきた教育ってなんだったんだろうね。


スポンサーサイト



Re:出産難民(09/17)  

どこかの島の産婦人科が無くなって困っている新聞記事を読んで、地方によっては大変ね!って思っていたけど、地方だけのお話しじゃないんですね。妊娠したことの幸福は、妊娠している本人が味わえる特権だから、別になにも世のため人のため、果ては将来の年金制度を支えるために妊娠してあげたわけじゃ無いけど、医療制度が少子化を助長してたら、妊娠をあきらめる人だって増えてもしょうがないな。

Re:出産難民(09/17)  

世にある出産本とのギャップを感じるよな。
「自分が納得できるスタイルで、満足のいくお産」とかって色々言ってるけど、現状は「母子の命があっただけましなお産」ばっかりやな。
ほんとに数年前とはかなり違うね。地方でも大都市でも。
本来お産は病院でするものではなかったのだから、工夫しだいで満足のいくお産と、命を救うお産は両立できるはずなんだけど。
病院に行かないとお産ができないというシステムから変えてほしいな。

私は2人目は自然分娩したいと思ってるけど、今の状況ではそんなわがまま受け入れてくれる病院なんて見つかりそうにないわ。
普通に産める可能性があっても簡単に帝王切開しちゃう医師もいるみたいだし。
それって女性の尊厳踏みにじってるように感じます。

もう少し世の中の動きを見てから2人目考えます。

他人事だと思ってた・・・  

その類の記事にはすかさず飛びつくんだけど、
「田舎は大変だなぁ・・・」くらいにしか自覚してなかったわ。
私も里帰り出産予定で、疑う余地もなく第一子を産ませてくれた病院(総合病院)で産む予定だったんだけど、
ちゃんと調べてみます。

夜泣きですが、釈迦に説法かもしれないけど、
耳鼻科には行った?
知らないうちに中耳炎にかかってることもあるみたいよ。
遊んで気がまぎれる昼間はなんともなくても、
夜はかなり痛むみたい・・・。
うちの子は、やっとこっちの言うことが分かるようになってくれた1歳8ヶ月の時に、
同じように突然夜泣きが始まったので、
ママ友から聞いていたのでためしに
「耳イタイの?」って聞いたらすかさず「うん」って。
病院に連れてって、治療してもらったらピタッと泣き止みました。

もしかしたら、と思って・・・。


やっぱり!!  

何度もすんません。

WEBで、予定してた病院調べてみたら・・・。

「・19年3月より、分娩予約を制限させていただいております」
「・初診はしばらくお断りしています」
だって!!
私はいよいよ、出産難民かも!!

しょえ~。甘かった!

Re:出産難民(09/17)  

ホントにそんなことが間近で起こっているんですね。テレビのニュースでは聞くことがありましたが、そんなに深刻だとは思ってもみませんでした。産婦人科医が少ないのが原因?労働条件とか給料とか見直してもらいたいですよね~。
それにしても最近では産婦人科にいったこともなく出産する人がめちゃくちゃ増えてるそうですよ!私なんて医者なしでは2人とも絶対出産できてなかったと思うので、そんな母親は逆にすごいって思うんだけど。
とりあえずは彩猫さんは無事出産できるお医者さんがあってよかったです!

そうそう!  

うちの近くも すっごい人気があった産婦人科が 出産やめる~~って。
みんな
「どこ行ったら えんやろ?」
って。
自分だけは 大丈夫~~~。
って思ってたけど ほんまに身近な問題よなあ。

彩猫さん、よかったですね。
でも、ほんまこれから不安。
わたしも どうなるんやろ?って妊娠もしてないけど
不安になります。


そそ。
牛乳はうち、低脂肪あげてますよ。
のみずぎなんで。

本当に崩壊間近です。  

産科は今大変らしいです。。(小児科と救急科、麻酔科も)
何かあったらすぐ訴訟訴訟いわれるし、24時間いつ生まれるか解らないし、医者の待機時間が多い割に給料が特別多い訳じゃないし。。
自分が仮に医師だったとして、産科を選ぶかといわれたら、かなり悩むと思います。カラダがきついのはともかく、なんかあったらすぐ訴訟っていう最近の風潮、怖すぎます。

日本って出産の死亡率(2位)や帝王切開率(10%・アメリカは26%)、他国に比べてダントツに低いんですけど、これからはどうなるんでしょう。。

Re:出産難民(09/17)  

新聞やニュースで見たことはありましたけど
そんなに身近なことだったんですね!!
妊婦たらいまわしとかのニュース見てると
あんなに病院ある場所でなんで!?って腹立たしいですけど
正直自分が妊婦&母になってみないと身近に考えられなかったかもしれません・・・
少子化対策言いますけど、働きながら育てるどころか
無事に出産できる環境作りから考えないといけないんですね。

Re:出産難民(09/17)  

確かに「まさか自分が!?」と思うとショックですけれど、彩猫さんは出産難民にならずに済んで良かったですよー!
私、2人目が妊娠3ヶ月の時に出産難民になった人です(汗)
安定期に入るまでは妊娠した事を誰にも言わないでおこうと思っていたのに、他の産院全然知らなかったので周りに打ち明ける羽目に…。
結局、口コミを頼りに「バスで10分の市立病院」から「電車で2駅の国立病院」に転院。
国立だったら産科がなくなる事もないだろう~と一安心したものの、よく考えたら3人目生む予定なんてなかったんでした(苦笑)

妊婦を取り巻く今のこの情勢っておかしいですよね。
少子化対策を声高に唱えているくせ、肝心の医療体制が整ってなくて…。
出産・育児のしにくい国だなあとつくづく思います。ホントどうにかならないのかしら。

キャサリンさん  

そうそう、どこかの島じゃなくて、
都会でも分娩するところを探すのが大変な時代になってきたみたいですよ。とほほ。

akagongonさん  

母乳をあげながら2人目妊娠とか、
1人目帝王切開でも2人目自然分娩とか、

そういう母親の希望を叶えてくれる病院って
まだまだ少数派なんだよね。
しかもそういう病院は口コミで人が溢れかえっているだろうし
妊婦や母親の思いは二の次でいいだろって、思われているところが悲しいよね。

ピッころさん  

夜泣きがヒドイと、中耳炎っていう可能性もありそうですよね。たしかに。
でも耳は掻いていないんですよ。大丈夫かなあとも思うのですが
一度折を見て耳鼻科に行ってみようと思います。
アドバイスありがとうです!!!

分娩できるところ、見つかるといいですよね。
ゆうくん産んだ病院でなんとか分娩できるといいのですが・・・。

yuhimi-ohさん  

確かに病院に一度も行かずに自宅で出産し
病院の前に子供を置き去りにした高校生もいるくらいだし
金銭面で病院にかかるのが難しい人もいるし
医師なしで・・・という人は私たちが想像しているよりも多いかもしれませんね。
母子ともに無事ならいいのですが、
環境面でも安全で医療面でも安全な日本で
こういうことが当たり前になってくるとコワイなあ。

かちゅらんらんさん  

ほんと私はラッキーでした。
スミレのおかげだ!って思いましたよ。
スミレの出産が2年遅れていたら、無理でしたもん。

低脂肪牛乳かあ。そうかあ。
大人が飲むには物足りないし、飲みたくないけど
子供ならアリですね。ふむふむ。

うさこさん  

女性で産科を選ぶ医師はいないでしょう。
あんな過酷な労働条件の嫁を結婚相手に選ぶ人なんていないし
結婚しても普通の夫婦生活なんて送れないくらい
厳しい環境ですからねえ。
人手が増えればもっと労働環境もよくなるんでしょうけどね。
でもね、産科っていいですよ。
子供が生まれる瞬間に立ち会えることって、
スバラシイことだと思うんですけどね。
純粋にそんな風に思ってくれる医師が増えてくれるといいんですけど。。。

ビッキー1029さん  

ベッドの空きがないから受け入れられないという話が
一番辛いですね。
簡易ベッドでもいい。先生の休憩室でもいい。
だからとりあえず受け入れてあげて!って思います。
実際、病院側からすると、それどころじゃないし
いろいろな問題を抱えていて、それはそれで大変なんでしょうけど。。。

芽衣さん  

ほんとに出産難民にならなくてラッキーでした。
一から病院を探さないといけないし、大人になってから引っ越した家なので
地元の友達なんていないし、誰に相談したらいいのかもわからないし、
何を頼りに病院を探さないといけないんだろう、、、
と思うと、冷や汗が出てしまいます。

国って、ほんとに少子化対策するつもりあるのかな?
最近は年金問題ばかりが取り上げられていて
すっかり少子化問題はご無沙汰。
厄介で解決しがたい問題だからこそ、早急に手をつけてほしいんですけどねえ。あーあ。

Re:出産難民(09/17)  

>女性で産科を選ぶ医師はいないでしょう。

男性が産科を選ぶことに抵抗を覚える時代っぽくて、女性の割合が高くなってるのですが、産科を選んだ女医さん、結婚や出産で戦線離脱することが多いそうです。
そういうのも産科医が減る原因の一つらしいです。

男性でも産科どんどん進んで欲しいです。
私、産む環境あるんだろうか。。。

うさこさん  

なるほど。男性の方が産科を選ばない時代なんですね。
ふむふむー。

私が今お世話になっている産婦人科の先生も女性。
でももうすぐ40で独身。
それでも他の産科の先生たちに支えられ、
毎日出勤しなくてもいいようにシフトを組んでいるものの
どう考えても出会いの場も愛をはぐくめる環境でもなさそうなのが
一目でわかります。ああ。もったいない・・・。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす