FC2ブログ
   
12
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

これからのわたし

今日の講演会を聞いて、わたし、ちょっとスッキリしました。

いやあ、もうすぐスミレが生まれて1年になるんですけどね、
1年を機に、仕事復帰するか否かをずーっと悩んでいて。

でもね、結論が出ました。

仕事復帰、しません。とりあえず今は。
 
フルで仕事はできないけど、ちょこちょこ仕事ができたらなあ、
なんて野望もあったのですが、
やはり「ちょこちょこ仕事」だと、赤字覚悟なんですよねえ。

仕事するには、スミレを預けないといけないので、
一時保育とか頼むことになるんだけど、やっぱね、安くないのねー。
でもって、ファミサポとか頼むとこれまた痛い出費ってなわけで。
安くないよねえ、ファミサポさん。
まあベビーシッターさんに頼むことを考えたら、安いんだろうけど。

てことで、あきらめました。

「復帰したらまた一緒にお仕事しましょう!」
と、休業前複数の方に温かいお言葉をかけていただき、
とても嬉しかったし、できれば・・・と思っていたんですけど、
やはり現実は厳しいです。ごめんなさい。
 
でも。

ライター業、捨ててませんわよ。もち。

スミレが幼稚園に入る等、
自分の時間がきちんと確保できる環境が整えば、復帰します。
何年後かわかりませんけど。スミレの兄弟姉妹も欲しいしね。

でもって、復帰した際には、自称じゃなくて
みんなに認められる「育児、子供関連の情報なら任せて」と言える
子育てライターとして再デビューすることを誓います!

そう、今日、明確になったのは、これ。
単に毎日子育てしているだけでは、「子育てライター」にはなれないのよ。
当たり前っちゃあ、当たり前のことなんだけど
じゃあ、何したらいいの?って思っていたわけ。
で、今日、それがわかったの。

わたしは、これから何をしたらいいのか。

講演してくれた岩城さんは、
おもちゃ屋の父の元で育ったフツーのおっちゃん。
でも「こどものあそび」についてはプロフェッショナルな方なんです。

どこで勉強したんだろう?
元々保育士さんだったんじゃない?

って思っていたんだけど、答えは、ノンノノン。
経済学部出身、親のおもちゃ屋を継いだだけ、なのよね。

でも、違ってたことが一つ。

岩城さんは、大人になってから、絵本に興味を持ったらしいのね。
はじめは、絵本なんて・・・って思っていたのが、
すごく面白い!って感じるようになって、図書館にある絵本全て読んだんだって。

絵本って、いっぱい発行されているのに、ね。
それ、全部読んだんだって。すごいよね。

フツーから脱皮するのって、コレだよね。
プロフェッショナルになる人って、やっぱ徹底的に何かやっているよね。
  
私自身、このブログでも時々書いているように
「絵本のある生活がしたい」って言っているわりには、
スミレ用の絵本にしても、正直買い惜しみしているし、
図書館では、自分の気に入ったものしか借りないし、
なんかね、中途半端だったのね。
なのに「絵本の読み聞かせのボランティアやりたい」なんて大口叩いたりなんかして。
恥ずかしいよねえ。ったく。
 
で、誓ったのさ。(ごめん、こういうとき、エセ東京弁になる・・・)
わたしも、図書館の本、全部制覇するぞ!って。

で、絵本ってなんなの?なにがいいの?
スミレはどうして絵本を読んで喜んでいるの?
どんな絵本がツボなの?それはどうして?

独学だけど、自分なりに絵本を研究してみようかな、って。

あとね、子育てに詳しい人、というか、
子育て関連の事業をしている人たちって、誰?
どんな人で、どんなことしている人なの?
ってことも、調べていこうと思うのね。

えーっと、たとえば、今日の岩城さんのような人を知ったのも一つの成果ね。
あと、この前のスリング講習会で
いろいろ教えてくださった「はぐandはぐ」の代表の方と出会えたのも一つ。

子育てライターをする上で、ママ業したからこその強みって
その分野のスペシャリストが誰なのか、知っていることだと思うのね。
でもって、「誰を通せば、取材できるのか?」ということもわかっていると◎。
もち、仲良しさんにまでなれば、言うことなしなんだけど、ね。

これから色んな子育て関連のNPOを調べたり、
実際に講演会など聴きにいったりして、
子育て業界について、もっと詳しくなれるようにしようと思います。

だって、こういうのってやっぱ、子供がいてこそ、できることだし
子供がいるからこそ、善し悪しがわかるわけで。

うん。なんか、やる気出てきた!

春、目標、できた!


そう。ママ業も軌道に乗ってきたものの
なんかね、ただ漫然とママ業やっているだけの毎日って良いんだろうか?
って最近思い始めてて。まだまだママとしては新人なんだけど、さ。
まだまだ悪戦苦闘しているんだけど、さ。(これまたエセ東京弁でスマン)

今はね、インプットの時期なのね。
いろんなことを吸収して、いろんなことを学んで経験して。
でね、それを仕事復帰したときにアウトプットできればいいんだよね。

 
てことで、スッキリ。

ちなみにスミレは3日間便秘に悩まされていたのですが、
今日3回も大便してスッキリしてはりました。

母子ともにスッキリ。

ああ、なんてステキな一日なんでしょう。


スポンサーサイト



応援します。  

育児テーマのライター業って、実はものすごくハードル高いよね。
何せ、読者の大半は育児のプロなわけで・・・。
読む人の気持ちは少なからず、「で、あなた何年育児やっててどういう資格でこういうこと書いてるわけ?」って探ってるんじゃないかしら(私もエセ東京弁。)
だって、それなりのコラムかいてる人にはかならずプロフィールに「●歳児の母親。NPO「×××」代表」なんて肩書き書いてあるし、無意識にそのバックボーンに安心して読んでたりするもんね。「あ、自分より格上。この人なら、教えられても、まぁいいや。」みたいな。
なんかの代表としてエラくなるか、あやねこさんのように、スーパースペシャリストを目指すか・・・これって、企業でオンナが生き残るための常道じゃないっすか!
絵本のスペシャリストも、厳しいことを言えばゴマンといる。でも、「絵本に詳しい育児ライター」はゴマンとは、いない。その上、「ベビーマーケティングに詳しい」とか、「起業にも詳しい」とか、そうやって条件を絞っていくと・・・あらあら、「オンリーワン」にどんどん近づいていくではないですか!!
ともあれ、応援してます。

ピッころさん  

応援ありがとうございます(^◇^)
育児の先輩のピッころにそう言っていただけると嬉しいです。

オンリーワンへの道筋、示していただきありがとうございます!
独りで考えていたら、ここまでたどり着きませんでした・・・。

育児の経験を仕事に活かすって、
簡単なようで簡単でないんですよね。
育児していなかったときも同じだけど、
何か徹底的に得意分野を磨きあげないと生き残れないなあ
って思っているところです。

とにかく今は育児に専念して、
いろんな育児のスペシャリストと出会える機会を設けていこうと思います!
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす