FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

「オマエに食わすヨウカンはねぇ!」

次長課長の河本に

「オマエに食わすヨウカンはねぇ!」
 
 
と言ってもらいたい彩猫です。ども。
 
ワタクシ、どーも風邪を引きかけております。ごほごほ。
 
妊婦生活、少しがんばりすぎなのかもしれません。ごほごほ。
 
たまには休息しないといけないようです。ごほごほ。
 
てことで、昨日は、快晴だったにもかかわらず
家でゴロゴロ、オリンピック見て昼寝、起きてゴロゴロしました。
 
 
 
って話はさておき、ヨウカンです。
はい。私の最近の悩みは出産でもなくヨウカンなのです。
 
 
というのも、しげおはヨウカンが大好き。
しげおの実家に行くと、必ずヨウカンが出てきます。
それをむしゃむしゃ美味しそうに食べます。
私が残そうものなら、奪ってでも食べます。
 
少食なしげおが「奪ってでも食べよう」とするものは
カレーライスとヨウカンくらいのもんでしょう。
 
んま、そんなわけで、
愛する人の喜ぶ顔が見たいため、
私は家でもヨウカンを食べてもらおうと思いました。
 
しげお曰く、そのヨウカンはスーパーで売っているもの、だそうです。
 
スーパーに行き、ヨウカンを買いました。
いわゆる虎屋のヨウカンのようなヨウカンです。
 
しかし、しげおは一向に食べようとする気配を見せません。
 
存在すらも全否定されたヨウカン・・・。
そして、例の事件
羊羹の変が勃発したのです。

羊羹の変ののち、しげおを問いただしてみると、
本当に食べたかったものは「ういろ」だったようです。
 
なんだ、ういろ、か。
 
デパートに行き、名古屋名物・大須のないろを購入してきました。
 
ふふふ、これで一件落着。
 

がしかし
「これ、なんか餅っぽいよね・・・」とつぶやくしげお。
 
えええ?これ、正真正銘のういろだよ。
これが食べたかったんじゃないの?!
 
これを否定するなら、ういろ好きの名古屋人全員を敵に回すよ!
 
 
「うーん。僕が食べたいのは、
 もっとあっさりとしたゼリーみたいな水羊羹なんだ」
 
 
なーんだ、水羊羹か。
 
しかも、ときどき、お母さん手作りの羊羹も食べていたのだとか。
 
 
よっしゃ、作るか。
 
てことで、スーパーで買った練り餡と寒天で手作りしてみました。
 
これで羊羹の変も終結だね。夫婦円満。たまちゃんも大喜び!
と思い、意を決して出してみたところ・・・
 
「うーん、今までの中では一番近いんだけど、でも・・・」
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
  
 
  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
・・・_| ̄|○ 



もう立ち直れません・・・。

 
なぜそこまで羊羹に一生懸命になるのか?
 
しげおにも

「もういいよ。
 大阪に僕の食べたい羊羹がないことは、よくわかっているし・・・」

と言われてしまう始末。
 
いまや、私は
「愛する人の喜ぶ顔が見たい」
ためにがんばっている健気な少女の姿はなく、
「なんとしてでもしげおの食べたい羊羹を見つける」
仕事に打ち込む営業マンになりつつあります。
 
究極の選択としては、

しげおの実家で出された水羊羹の製造元を突き止め、
そこで修行をする
 
しかありません。
 
 
 
 
 
いやあ、それにしてもこの水羊羹。
 
もし、これが

東京のとあるパティシエが作るシュークリームだったり
京都のとある和菓子屋が作る重菓子であれば

私も諦めがつくことでしょう。
 
でも、しげおが大好きなのは、
地元のスーパーで売っているフツーの水羊羹。
 
推測するに、製造元の住所は
滋賀県だったり岐阜県だったりするのでしょう。
 
そんな水羊羹に、私は悩まされているのです。ゴホゴホ。
 
ああ、そんなことを考えていたら、
いつもより2時間も早く目覚めてしまいました。
 
風邪ですか?
 
熱はないのですが、どーも喉が痛いのです。ゴホゴホ。
 
この喉の痛みは、絶対に水羊羹のせいだと思います。ゴホゴホ。
 
 
我が家では羊羹の話は禁句です。



 
「羊羹はよう噛んで食べえや」
 
ってな、アホなこと言ったら、一刺ししまっせ。笑止!


スポンサーサイト



ちょっとア・ナ・タ  

そのおやじギャグ子どもが教室で言ってるのと同じです・・・。
私だって東京時代は大阪のスーパーものが懐かしかったもの。外国人のダーリンは出身国の駄菓子をほしがるし、人間そんなものが好物だったりするのよねぇ。

マミヤン先生  

最近の子は、ほんまオヤジギャグが好きですよねえ。
しかも、そういうギャグ本が売られているんですよねぇ。
甥っ子の家で見たとき、ぶったまげました。
 
んま、それにしても、他人の嗜好ってなかなか理解できんもんですなあ・・・。
Secret

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす