FC2ブログ
   
01
3
4
7
9
11
13
14
15
19
21
23
24
25
27
28
31
   

へこたれそうです、、、

1月に入ってから
とあることに挑戦するため
パソコンと闘い
いろんな材料を買って
いろんなものを作って
悩み
またパソコンと闘い、、、
ひたすらもがいています。

こんだけいっぱい努力して
いろいろ悩んでもがいても
結局、無駄になるかもしれない。
そうなったらどうしよう。。。

そんな不安に潰されそうになりながら
でもほんの少しの可能性でもあるのであれば
それに賭けて頑張ってみよう。
泥臭くてもいい。惨めでもいい。
とにかく今やれることをやっておこう。

そんな思いで頑張っています。
とにかく前を向いて、頑張ります。
スポンサーサイト

一番いいのは中学の先生?!

学校の先生になるとしたら、
どの学校の先生がいい?

そんな質問をコウメが投げかけてきました。


するとみんな
「中学校の先生〜」
と。

ええええええええ!

母「中学生って一番ややこしい時期やで。
  イジメ多発するし、
  思春期で反抗期で、先生の言うこと聞かへんで!」

スミレ「でもさー。小学生って、低学年やったら
    わーわーぎゃーぎゃー騒いでうるさいし
    いろいろ大変やん。低学年は可愛いかもしれへんけど
    どっちみち高学年になったら反抗期になるやん」

ユリ「それなら低学年がいい!」

母「でもな、2年生ですら、新任の先生を泣かす子がいるねんで。
  低学年ですら、反抗期な子はおるんやから」

一同「うーん」



ま、それにしても、みんな中学校に良いイメージを持っていて
羨ましい!というか現実知らんな。。。
勉強もしなあかんし、人間関係ややこしくなるし
ほんまいろいろあるのにな。。。


でも、希望を持って中学生を迎えられるのは良いこと!


ちなみに、勉強にもっと意欲を持って
取り組んでもらおうと
日曜日に工芸高校の作品展に子供達を連れて行ってきました。


レトロな校舎と学食に、
うちの子たちもワクワクするだろう!
と思っていたら。


「学食、確かに安いけど、量少なかったわ。。。」
「なんかどこ歩いているかわからんくらい校舎ありすぎ。。。」
「ていうか、高校生になるのって、もっと先やん、、」



ですよね。。。

その後、スミレの作品が展示されている
市の美術展に行き、美術三昧だった週末。

私は心もいろんなことも満たされたけど
子供達は、あんまりだった、、、ということも事実でした。。。
高校見学は、早すぎたな(笑)。

これからは中学校入学に向けて
私も色々頑張らないと。
書類書いたり、提出物期限守ったり!
あーできるかなー。やらななー。

酸っぱくて、スースーする、、、

さぶいです。。。
朝から仕事。帰ってから整骨院。
整骨院から帰ってからユリとスーパー。

昼なのに全然温度が上がらない!
朝と同じ、もしくは朝よりも下がってる?な感じで
雪もチラチラ。

午後は、PTAの仕事で
自転車をかっ飛ばすも
風ビュービューで前に進まん!
しかも充電切れそう!

その後スーパー寄って帰ってくるも
充電切れる直前で、バッテリーも働く気ゼロ(笑)。
汗出るんちゃうか?っていうくらい必死に漕いで
帰ってきました。。。


で。

家の中に入ったら、、、

く、く、くさい。。。

酸っぱいのと、スースーする匂いが混ざってる。。。

な、な、なに?



実は、出かける前に、
「今日は10円玉をきれいにしよー」ってことで
子供たちが持っている10円玉を酢に浸していました。
その後、歯磨き粉で磨けばきれいになることを伝えておりまして。


にしても、くさい!
酢と歯磨き粉って、合わない!
匂いとして最強!

しかも、歯磨き粉で磨く際に
10円玉持つもんだから、
手が酢の匂いでいっぱい。。。
どんだけ洗っても、酢の匂いがする。。。


てことで、今日は半日ずっと
酸っぱいのとスースーする匂いと戦いました。。。

ちなみに10円玉は、、、

めっちゃきれいになりました!

平成の10円玉はピッカピカになるのはもちろん
昭和の10円玉も美しくなりました!

輝き度合いは平成モノには劣るけど
それでも十分美しい!

ビバ!昭和!
昭和生まれをバカにするなよー!
昭和生まれだって、磨けば光るんだよー!

そんなことを叫びながら
子供たちと理科の実験。
ちなみに酢ではなくクエン酸に浸したものもあったのですが
それほど変わりませんでした。



ならば匂いのしないクエン酸で良かったのでは、、、


というツッコミはなしね!



選ばれた

国語算数理科社会が苦手。体育も苦手。音楽もさっぱり。
そんなスミレ姉さんは、
小さい頃から絵を描くのが好きで、工作が好き。
得意科目は図工。好きな科目も図工。
高学年になっても「図工」以外には興味が持てていない。

そもそも自分に自信がない。
自尊心がない。何でもかんでも消極的。
担任の先生はそんなスミレを見て
なんとか自信を持ってほしい、と思い
図工の時間も積極的に褒めてくださったり
みんなの見本として紹介してくださったり、
また「小学生〜美術展に絵を出させてください」
(クラスで5、6名選ばれる)
「よく描けていたので、下足ホールに1年間飾らせてください」
と、いろんなところに絵を持って行ってくださる。

でも。

どうしても1つだけ選ばれなかった美術展がある。
それは市の教育美術展。
これはクラスで1人しか選ばれない。

図工が得意な子は、たくさんいる。

緻密な絵がかける子。
短時間の間に目一杯描き込める子。
イラストが得意な子。
大胆に描ける子。

みんなそれぞれすごいし、そういう子は
クラスで1人しか選ばれない市の美術展の出展が決まる。

スミレは突出した絵の力はないから
残念ながら、この美術展とは縁がなかった。

とはいえ、各学校の精鋭たちが集まる美術展なので
選ばれていなくても見にいくのが我が家の通例だった。

が。

今年は選ばれた。
へえ。また先生気を遣ってくれたのかな?
そんなことを思っていたら
「5年までは先生が選んでいたし、
 今年も先生が選ぶって言ってたんだけど
 クラスのみんなが「自分たちで選びたい!」って言って
 みんなで選ぶことになってん」

ええええええええええええ!
スミレの作品は、クラスの子たちが選んでくれたってこと?!

それって、すごいやん!
先生が選ぶよりも、もっとすごいやん!

今までも、夏休みの自由課題をクラスで投票して
「●●賞」とか作って表彰していた時もあって
そんな時は絶対に選ばれなかったんだけど、
でも今回は、選ばれたんや!


子供たちの学校はマンモス校で
担任の先生が複数年同じ子を持つことは滅多にない。
複数年通して我が子を見てほしいのに
毎年新しい先生が一から関係を築き
いい関係になってきたかな、、、というところで担任が交代する
そんなことを5年間繰り返してきてた。

なんだかな、、、と思っていたけど、
でも、子供たちは違ってた。
複数年同じクラスになる子はいる。
低学年の頃同じクラスで6年になって再び同じクラスになる子もいる。
スミレのことを6年間知っているのは
担任の先生じゃなくて子供たちの方だった。

スミレのいいところ、
周りの子たちは、ちゃんとわかってくれてるよ!
先生よりももっとわかってくれてるよ!
怖がらないでもっと心開いてもいいかもよ!

パソコン、かるた、将来の夢

パソコン話、続き。

家に帰って、パソコンの修理予約をしたら
たまたま夕方の時間に空きが出たので
急いで予約し、もう一度、お店へ。

バッテリーの交換だけなんですけど、、、
とパソコンを渡したら

店員さん「ええええ?」

わたし「ええええ?って、なに?」

店員さん「これ、めちゃくちゃ古くないですか?」

わたし「いや、古いかもしれないけど、
    20年は経っていないし、、、」

店員さん「マックのパソコンは製造中止になってから
     7年間しか修理対象になっていないんです。
     これは、修理対象から外れています」


ええええええええええええええーーーーーー!!!




たった7年?
生産中止になってから7年って
早すぎないか?!

その後、ジョーシンに行く用事があったので
パソコン売り場にいた店員さんに
「マックは7年って言われたんですけど、、、」
と愚痴ったら
「ここに置いているものは、たいてい5年です」
だと。


ええええええ!!!


早すぎるだろー!

スペックは年々良くなっているけど
コストダウンのために、使っている部品が
あまり良くないものになってきているんです、、、とのこと。

家電もパソコンも買い替えのサイクルが
年々早くなってきている、、、
と言うか早くなるように
業界全体に仕向けられているような気がする。。。

とほ。。。

もっと長く使えるもの作ろうよ。
技術者として悔しくないのかな。。。
(悔しいだろうけど、仕方ないんだろうけど)

***

さてさて。今日は、
「元準クイーンと一緒に
 百人一首や競技かるたで遊ぼう」
というイベントがあったので
我が家のクイーン(4人中1位、笑)を参戦させることに。

カルタが好きな小学生〜中学生の集まりなので
静かだし、淡々と試合をしていました。

レベル別にグループが分けられていたのですが
コウメのグループは小学生高学年女子たちの集まりで
一人で参加している子も多かったです。

散らし取りでは、みんな最初は遠くの方から
札を取りに行っていたのですが、
試合が中盤に入る頃には、じわりじわりと
みんな前に出てきて、体もぐいっと前に乗り出してきて
そのジワリ感が、みんな同じテンポだったので
見ていてすごく面白かっったです。

ま、そんなわけで、散らし取りと競技かるたを少しやってきました。

あわよくば、競技かるたに目覚めて
その世界に入ってくれないかなーなんて希望を抱いていたのですが
我が家のクイーン(コウメ)は、
「競技カルタはやらない」とのこと。

うーん。。。。


ところで、コウメは将来何になりたいの?

晩御飯時、そんな話になりました。
今年の6年生は卒業式の際、将来の夢(目標)を
一人一人言わないといけないし
文集などでも「将来の夢」を書かなければなりません。

スミレは
「私は、●●が好きだから、△△かなーって」
と。

もうさすがに1回も将来の夢の話で
スミレから相談を受けたことはなかったのですが
自分で納得して夢を持てているようで
実際になれるかどうかはわからないということも分かった上で
書いていたようでした。

その話を聞いていたコウメが

「わたし、、、なりたいことないし、、、
 将来の夢もないし、、、
 そもそも、そう願ったって、なれないと思うし、、、」」」

いや、そりゃ、そうでしょ!
なれるかどうかなんてわからないし
小学生の時の夢なんて、なれないことの方が多いし!


ちなみにわたしが小学生の頃の夢は

学校の先生、ケーキ屋さん、東大に入ること

でした。

ご存知だとは思いますが、どれも実現していません。

そんな話をしていたら、
「最近は●●っていうのに興味を持つようになった、、、
 でもなられへんと思うねん、、、」
と。

そう。それでいいの!
なれるかどうかは別として、興味のあることが見つかったら
それでいいの!ちょっと関心を持つようになった、、、
くらいで十分なの!


家の中では、何でもかんでも、スミレと同じようにするコウメ。
自分自身の意見がない。
どんな時でもスミレの後をついていこうとする。
それじゃあいかん。自分の意思を持ってほしい。
自分が得意なことに、もっと自信を持ってほしい。

そう思って、かるたのイベントにも参加させてみたのですが
「やりたくない」の一点張り。
どうしたもんやら、、、と思っていたけど
ちゃんと関心のあること、出てきたんやん!
いいやん!

そんな会話を聞いていたユリが一言。。。

「ユリは、何が向いていると思う?」


おかあさん、そのセリフ、一番嫌い!



「ユリは、自分自身、どうなりたいって思っているの?
 ユリの気持ちは?ユリはどうしたいの?
 それをまず考えなさい!!!」


2年生だから将来の夢がどうのこうのを考えるのは
まだちょっと早いけど、
それでも、自分はどうしたいの?
が一番ないのがユリ。

基準がおねえちゃん

になるのは、少し仕方がないとしても
自分の好きなこと、得意なことに
もっと素直になってもいいんちゃうのかな?

そんなことを姉さんたちと一緒にユリに伝えてみました。

いつも一緒の3人。
仲がいいのはいいんだけど
それぞれが、それぞれの道に
ちゃんと独りで歩んでいけるように
それを見守るのが親の役割。
ナビゲーションしてあげることも
時には必要になるかもしれないけど
最後には、自分で決められるように
そんな子に育てるのが私の目標です。



ネット世代

パソコンの調子が悪くなったので
修理してくれるとこに行ったら

「ネット予約か、朝一で並んで予約してください」

だとー。

えー!今、ここで予約できないの?!

数年前は、すぐに対応してくれたのに!

帰宅後、予約しようとしたら
 IDやらなんやかんや入力しないといけなくて
四苦八苦。

めんどくっさー。

世の中、なんか、いろいろ、大変。。。
1年前の常識は、今日の常識ではないみたい。
あーあ。


***

ネット世代な子供たち。

先日、しまむらで娘たちにタイツを3本買ってあげました。
サイズもデニールも一緒、パッケージも一緒だったのに
中に入っているのが違っていたらしい。。。
3つ中2つには、猫柄が入っていたらしい。。。
スミレは猫柄じゃないものを知らずに選んでしまったらしく
めちゃくちゃ怒ったスミレが、こう叫んだ。


「ネットに悪口書いてやる!」


なんとヒドイことを。。。

誰ですか。こんなことを教えたのは。。。
こんなセリフが日常的に、
子供たちの会話の中で使われているんですか。。。

24年*ボタンアート講習会*取れました

年々報道も少なくなってくるし
子どもたちに防災の大切さを伝えるには
東日本大震災の方が、わかりやすいんだけど
それでもやっぱりわたしの基準は、阪神大震災。

建物の基準は24年前からだいぶ変わったんだと思う。
でもやっぱり、去年経験した大阪北部地震を思うと
ブロック塀にしろ、体育館にしろ、プールにしろ
まだまだ地震に脆い構造だったんだな、ってことがわかる。

まだまだ、、、なのかな。

そして、依然、学校のプールの塀はまだ完成せず。
今年の夏、水泳の授業普通にできるんかな。。。

***

昨日は、手作り絵本教室で
ボタンアートの講習をしてきました。

絵本はもちろん、手づくりのものを作ることに関しては
恐れ多いほどの大先輩たち相手に講習会だなんて
本当申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが
でも、一言二言説明するだけで、さささーっと作業に入り
さささーっと作品を作っていただけました。
すごいです。個性バンバン出てて、面白いです!
ああ、なるほど、こういう使い方があるのか!と驚きもあったり。

全員分の作品は、
10月の手づくり絵本展でご紹介できると思います。
私も楽しみー!

そう。
今回、3連休を利用して
子供達に、キャンバスボードの色塗りから
型紙作り、フェルトのアイロンがけ、
ピンクッション作りを手伝ってもらいました。

9年前、工作教室を開きたい!と思い立った時に
「大きくなったら、我が子にアシスタントをやってもらおう」
と、密かに思っていました。

結局、自前の工作教室は開けず
数年前、自宅で手芸教室を開いていた時は
アシスタントどころか
「自分も作りたい」と生徒として参加することになり
かなりバタバタ、かなり大変でした(笑)。

今回、手作り絵本教室で講習することが決まった時、
子供達には、手伝ってもらう予定はありませんでした。

が、まさかのユリ骨折&手術で
3連休をのんびり過ごすことになり、
それならば手伝ってもらおう!という流れに。

当日のアシスタントはできないけど
講習で大事な「準備」を手伝ってもらえて
ほんと嬉しいなーと。

講習会も無事終われたし、
本当素敵な作品がたくさん生まれたのも嬉しかったけど
子供たちと一緒に講習会の準備が出来たことも
私の中で、とっても満足できることの一つでした。

また機会があれば、
どこかでボタンアートのワークショップをしたいし
ボタンアート以外でも何かワークショップしたいな。

その時には、また手伝ってもらおうっと。


***

ユリの鼻の手術から1週間。

ようやく、鼻の中の骨を固定していたガーゼを外してもらいました。
1本のガーゼで固定しているのかと思っていたら

「はい、一本目〜」
「はい、二本目〜」
「はい、三本目〜」

と、出てくる出てくるガーゼたち!

ガーゼを鼻に入れて固定した時には
ユリは麻酔で眠っていたから
よくわかっていなかったみたいなんだけど
出してもらう時は、
もうね、めちゃくちゃ気持ちわるそーに
おえーってなりながら耐えていました。

無事、骨もくっついているようだし、
何よりガーゼ三本分が鼻から出て
めちゃくちゃスッキリしたみたい(笑)。
帰宅後は超ご機嫌。

腫れも引いたし、運動もOK出たし
暴れん坊ユリ、復活です!


このセリフは良かった

ドラマ「グッドワイフ」を観て。
久しぶりに常盤貴子が出てて。

16年ぶりに弁護士活動を始めることになった
主婦の常盤貴子の(役名忘れた)セリフで

家事も育児も精一杯やってきたんだから、
 それがなんの力にもなっていないとは思わない」

ていうのがあって、
ちょっとキュンとしました。

そうだよ。
ずっと働いてきた人から見たら
16年間も何もしていないように見えるけど
何の力にもなっていないわけがない!

頑張れ!常盤貴子ー!

と思ったドラマでした。

私も、がんばろ。

*********

昨日は、久しぶりにDIYしました。

今度outremer主催のイベントが行われる工房で
キッチンのプチリノベーション。
IMG_20190115_110948.jpg
サンダーかけたり、色を塗ったり、ドリルで穴開けたり。
みんなでワイワイ。
私もDIYは好きだし、よくやっていたけど、
師匠や木工のプロは持っている知識や技術が違う!
すごい!

さてと来月のイベントに向けて、いろいろ作らないとなー。

***
スミレが今年卒業するので
卒業式の髪型を研究することに。
IMG_20190114_183623.jpg
編み込み、ムズー。
ワタクシ、ほんまに髪の毛いじるん、苦手です。。。
誰かやってー!

ボタンアートの講習会を
担当させていただくことになったので
その準備を。
キャンバスボードに、色を塗り塗り。
IMG_20190114_141603.jpg
この後、子供達にも手伝ってもらって、
さらに3つほど塗ってもらいました。
IMG_20190114_194557.jpg
ボタンを縫い付ける時にあると便利かなーと思い
急遽、ペットボトルのふたを使って
ピンクッションを作りました。
久しぶりに縫い縫いした子供たち。
デコはやっぱ一番楽しいらしい。

あ、そうそう。紙風船で激しくバレーな写真。
IMG_20190114_141931_1.jpg
3連休。黒潮市場に遊びに行きました。
IMG_20190113_110531.jpg
マグロの解体ショー。
「市場に出ているマグロはほとんど冷凍です。
 生のマグロは日本で10%くらいしか出回っていません。
 その生のマグロを、ぜひこの市場で堪能していってください」

と言われたのですが、やっぱりいいお値段なので手が出ず
バイキングレストランで、冷凍マグロを
お腹が痛くなるまで食べてきました。
次は、生マグロ、、、食べたい、、。
 IMG_20190113_102732.jpg
久しぶりに行ったポルトヨーロッパ。

そういや、和歌山マラソンに出場した時以来かも。
えーっと、あれは17年くらい前かな、、、。
なつかし。。。
娘たち曰く
「お金出してマラソン大会に出るなんてありえへん!」

ええ。そんなありえへんことを
世の中の大人たちは好き好んでやっているんですよ。
私も5キロくらいなら走りたい。。。

一緒に料理*紙風船

晩ご飯は、子供たちが当番制で一品作ってくれます。

コウメとユリは、今まで作ったものを
とりあえず作ってくれます。

スミレは、こんなのが作りたいと
よく作り方を聞いてきて、作っています。
こういう時はたいてい機嫌がいいので、
ジャガイモは水から、ブロッコリーは沸騰してから茹でることや
沸騰って、どんな状態になった時のこと?
など、ちょこちょこ横で話しながら
私も料理を作っています。

そうそう。料理って、本見てどうのこうのっていうより
だいたい、親から言葉で伝えられ行くもんだな、と。
私の母は、自分以外の人が台所に入ることを
とても嫌がっていたし、隣で料理を教わった記憶はないけど
でもなんだかんだで、料理の知識は
口頭で教えてもらったな、、、と。


***
最近、紙風船で遊ぶのが流行っている娘たち。

バレーボールみたいにして
1対1でラリーをすることが多いのですが
この日は、なぜか寝そべって足でパス。
IMG_20190106_154831.jpg
行儀が悪すぎて、インスタに載せられませんでした。

小さい頃は、紙風船がぶら下がっているのを見て喜んで
ちょっと触ってみて喜んで、、、で済んでいたのに
今は、

バシッ!バシッ!バシッ!

思いっきり叩いて、破けて、セロハンテープで貼って補強して、、、
を繰り返しています。

紙風船って、まだまだ遊べるアイテムだった!
激しいけど、これなら骨折ユリでも
顔面キャッチの恐れがなくて安心!


濃厚な1週間でした

いやあ。すごかった。
この1週間、本当、走り回りました。

先週の金曜日。   
スキーに行き、
ユリ怪我、わたし捻挫で帰ってきて

土曜日。
わたし整骨院、ユリ耳鼻科で
病名が判明し、
ただユリは鼻骨折かどうか断定できずに
3〜5日様子を見るように言われ。
ずっと腫れが引かず、骨折かどうかわからず
もやもやとした思いで2日過ごし。

月曜日。
身体のメンテナンスDAY。
捻挫したことを伝え治療後、
骨盤も歪んでいることがわかる。

ユリは腫れが少し引く。
上から下から見て、触って見て、
うん、なんか、怪しい、、、と思い始め、
しげおにも見てもらったら、
「曲がってると思う」と言われたので
翌日、完全に腫れが引くのを見届けてから
最終判断をすることに。
ユリのことばかり気にしてばかりいられなくて
この日は、コウメの月1喘息の通院日。
症状が落ち着いてきていることだけが、唯一の救い。
薬減らしていけるよう、考えましょうと言われ
ほっと一安心。

火曜日。
朝1で整骨院。テーピングを補強。
軽い捻挫だけど、そんな簡単には治らないことを痛感。

学校から帰ってきたユリを見て骨折を確信。
再検査を受けるため、紹介状を書いてもらい受け取りに。
その間、この週行くはずだった新年会、
打ち合わせランチ会などの予定をキャンセルする旨、連絡。
もうなんか、悲しいというより、
ただひたすら連絡を入れる、という感じ。

数年前は、楽しみにしていたランチ会が
子供の病気で行けなくんると、それはそれはショックで
寝込みたくなるくらい落ち込んだけど、
もう今は違う。

「あるある」だねー。だよねー。
とりあえず、入院になった時の段取り段取り、、、と
先々のことを考えるようになった。

仕事のこと、家のこと、食事のこと、習い事のこと。
いつどのタイミングで断るのか。
いつどのタイミングで相談するのか。
どれくらいのものを、どれくらい作っておいて
何を頼めば、子供たちだけで何とかできるのか。
どこまでを頼み、どこまでを自分がやれば
お互い納得できるのか。

今までの経験値をだーっと思い出し
洗い出して、ここかな、と思う点まで
到達できるように、ひたすら考え行動。

水曜日。
幸い仕事が休みだったので、
朝から入院準備。
入院するかどうかはわからないけど、入院準備。
ユリにも入院に必要な持ち物リストを渡し
入院準備を。5ヶ月前に入院しているから
準備もほぼ完璧。私もユリも随分、慣れた。
掃除はできる限りのことをし、
晩御飯も念のため作り、入院セットを持って出発。

スーパー病診扱いだったので
すぐに診てもらえたものの、CT撮影後の
技師さんのコメントが出るのが遅く、
気がついたら13時半を超え(おなかすいたー)
14時前にようやく先生の話を聞くことに。
まだCT画像は全て送られてきていないけど
かなり折れているし、女の子だし、とのことで
手術することに。金曜日手術ね、と言われて待っていたら
「今からでもいい?手術室空いているって!」
の言葉に
「もちろん!よろしくお願いします!入院準備全部持ってきているんで!」
と即答。
手術が決まったら、検査の連続。
採血、採尿、胸部レントゲン、心電図、呼吸機能検査、
サチュレーション、などなど。
ユリと一緒に走る走る(病院内は走ってはいけないので、早足で、笑)。
ユリが検査をしている間、
私はどんどん持ち込まれる誓約書や書類、問診票に
ひたすら記入を続ける。

その間先生も再度ユリの鼻を見ていたら
「新しい病気も見つかりました」
と。今日はその手術はできないけど
かかりつけ医や耳の手術をした病院に
手紙を書いておくから、と言われて、
とりあえず任せることに。

手術は全身麻酔になるので2時間かかる。
大人なら、局部麻酔でえいえいえい、で
10分ほどで終わるらしいけど。

術後、麻酔が切れるまで様子を見ることに。
前回は、嘔吐しまくったので、心配していたけど
今回は、大丈夫。
麻酔が切れたのが19時すぎ。病院食は間に合わなかったので
スーパーで買ってきたサンドイッチを
貪るように食べる。どんだけ!っていうくらいの食欲。
手術したのにね。ぐったりなはずなのにね。
私もおにぎりなどを爆食い。

9時すぎに帰宅。
しげおに今日の報告をしたら

「ユリが怪我をした時、あれ?曲がってるなって
 思っててん。でも腫れてきて分からなくなったし
 応急処置してくれた人が「大丈夫ー大丈夫ー」と
 軽く扱われたので、信じてしまっていた」

と、まさかの告白。

うっそん。それ、先に言ってよ。
曲がってるん、最初にわかってたんかいな!
とりあえず、晩ご飯食べて、お風呂に入り、寝る。

木曜日。
朝から仕事。仕事が終わってすぐに病院に。
退院手続きを終えて、スーパーで買い物して帰宅。
ユリのわがままに付き合うため、
久しぶりに人生ゲームをすることに。
いつの間にか、お金の計算ができるようになっててビックリ。
ついでに将棋もしたら、
思いの外つよくて、めっちゃよく考えてて
めっちゃ長い対局になって。
2回くらい助け舟を出してあげたけど
結局、追い込まれて、ワタクシ、負けました。。。

いつもコウメと私の対局を
じっと見ていたからね。。。
どう戦えばいいのか、
ユリなりに考えていたのかね。。。
ビックリでした。
次は、コウメとユリの対局だな。

夕方。スミレの矯正歯科へ車ビューん。
春から中学生になるので、
今までと同じように頻繁には通えないから
一旦、おやすみすることに。

私の病院通いのストレスのうち
10分の1減った、、、そんな感じです。
(嬉しいのですよ。10分の1であっても)


そんなわけで通院記録でした。
ああ、本当、マジ、病院ばっか行ってる。。。

疲れた。。。

明日は、急遽、休息DAYにすることに。
リスケしないといけないことが山ほどあって
そのことをゆっくり考えたり、
来週以降のスケジュールを
どうするか考える日にしようかな、と。
私もちゃんと休まないとね。

さてと明日も仕事仕事。頑張るぜよー。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす