FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
9
12
13
16
18
19
20
21
23
26
28
30
   

インドア遊び*町探検

外に出てしまえば、いくらでも遊べるうちの子たち。

なのに、やっぱり、どうしてか、
いつもインドア。
学校のある日は特にインドア。
学校から帰ってきたら、
未だにユリは下着一丁になるし
(暑いから)
みんな思い思いの格好で、漫画や本を読んで動きません。

漫画や本以外だと、
ボードゲームをしたり、絵を描いたり。

先日は、写生ごっこをしよーってことになり
1人がモデルになり、あとの2人が写生する、、、
そんなことを大盛り上がりでやっていました。
(盛り上がるもんか?)

今日は、ユリのクラスに来ていた
教育実習の先生のお別れ会だったらしく
どんなゲームをしたのか、晩御飯時に話題になり
じゃあ、やってみよ!ってことで、
ご飯を食べながら(お行儀悪くてすみません)
「いつどこでだれがゲーム」をすることに。
晩御飯を食べ終わったあとも30分くらいずっと
このゲームで盛り上がりました。


***

今日は、ユリの学年の町探検のお手伝いに行ってきました。

念願の町探検です(爆)。

スミレ、コウメの時も、町探検のお手伝いをしてくて
ウズウズしていたのですが、いずれも
下の子の幼稚園の行事で行けず、
ユリこそは!と思っていたので、とても楽しみにしていました。

だって。小2って、めっちゃ可愛いいやん。
小6でも町探検があったら、それはそれでお手伝いしたいけど
でも可愛いのって、2年生やん。
それぞれが、思い思いに、
施設やお店の人に質問をして
いろんなことを発見して、
いろんなことを感じている姿を見るのって
とっても面白くて。

道中も、歌を歌ったり、
「嘘はついていいのか」について議論したりしてて
いやん、もう、可愛い!!!

そんなわけで、お手伝いではあったけど
楽しんできました。

スミレには
「なんでこんな面倒くさいボランティアに行くの?」
とよく聞かれます。
(今年は委員しているので絶対参加ですが)

ミシン授業のお手伝いとか、
じゃがいも剥いたり、町探検に行ったり。

「行かんでもいいのに行くなんて、、、」
と言われるけど、子供と同じ学年の子達が
どんなことを考えて、どんなことをしているのか
見てみたいやん。楽しいし。
授業参観では見られないような素の部分も見れるし
行く価値はあると思っているんだけど。

ま、いつまでも行けるわけじゃないし
忙しくなってきたら、学校行事なんて二の次になっちゃうし
それはそれで仕方ないとは思うんだけどね。

子どもたちが大きくなった時に、
「こんなことあったね」のネタが一つでも多くあればいいなー
そんな思いで、日々、子育てしています。

てことで、今日は、小学生たちから
元気いっぱいのエネルギーをもらったので
帰ってからは、ショッピングモールに行って細々買い物して、
銀行行って、スーパー行って、、、、
走り回ってきました。

ワンデーショップまで1週間やのに。。。
製作、やべー、いつものごとく、やべー。
明日はがんばるぞ〜!
スポンサーサイト

金剛山に登りました

週末は、金剛山に登ってきました。

標高1125メートルなので、
これまでに登った山の中では、一番高い山です。

人気の山、、と言われているので
どんなんかなーって楽しみにしていたのですが、
なんというかですね。
あれですね。
みんなが何度も登りたいというのは
ひとえに「自分を痛めつけたい」という気持ちを
叶えてくれるからでしょうか。

とにかく、ひたすら、階段です。
階段しか登っていないような気がします。
登山じゃなくて、階段登りです。

確かに1000メートル級の山に登るには
階段が手っ取り早いし、
1時間ちょっとで登り切れてしまうくらい
お手軽コースとも言えるのですが
それにしても、階段多すぎ!でした。

川を渡ったり、坂道を登ったり、岩山を登ったり
という行為が全くないんです。。。

これは、正直、、、、面白くない、、、泣。

IMG_20181028_113855.jpg
登山口付近は、ひたすらコンクリの急な坂。 IMG_20181028_114232.jpg
木がたくさんあるから、涼しくていい。
これは嬉しいポイント。
松や杉の木がいっぱい。
木の実拾いしたら楽しいだろうけれど
正直、そんな悠長な事言っていられないくらい
ひたすら階段を登りました。。。

汗をかきかき、ジャンパーを脱ぎ捨てて山頂到着。
IMG_20181028_125142.jpg
着いた途端、寒さに襲われたー。
さすがに山頂寒いわ〜!
めっちゃ寒いわ〜!
いつもの、おにぎりとカツだけのお昼ご飯だったのですが
寒すぎたので、カップラーメンも食べました。
山頂にカップラーメン販売って、なかなかやるなー。
バカ売れやろうなー。買っちゃうよなー。
IMG_20181028_130048.jpg
金剛山の山頂には、ライブカメラがあって
何十分か毎に、撮影されるらしいです。。。
そのライブカメラに写ろうとする人たちがたくさん。。。
み、み、みなさん、、、熱心ですね。。。

さすがに頂上からの眺めは、とてもいいです。
遠くまで、よーく見えます。
IMG_20181028_132659.jpg
トランポリンパークに行く途中に、いつも見える白い塔。
子供たちは、「紙粘土で作った東京タワー」と言っているのですが
今日も、よく見えました。
知る人ぞ知る、PLの塔ですが、
私は知りませんでした。ずっと謎でした。
富田林の人は、この風景が普通なのでしょうか。
私は違和感ありまくりです。。。
行ってみたい、、、とは思うけど(笑)。


下界は、まだまだ紅葉なんて、、、ていう気候ですが
IMG_20181028_133901.jpg
さすがに山頂は昼でも8度で、
紅葉が綺麗でした。

下山は、もちろん?走って下りる、、、子どもたち。
登山時はブーブー言うていた子どもたちも
下山は、めちゃくちゃいい笑顔でした。。。


でも、次は、やっぱり、低い山でも
登る楽しさを味わえる山にしたいなーと
帰宅後、ネットや本で必死に検索。。。
次の候補地決まったわ〜!
と晴れやかな顔で、子どもたちに伝えたら
「いや、もう、いいし、、、」

そんなん言わんと、今年はあと2回くらい
登ろうよー!!!!!!!!!!




***

必死に読んでいます。
ニコ☆プチ。
IMG_20181027_120447.jpg
オシャレに目覚めた姉さんに、
ファッション雑誌を買ってあげました。
どの服がいい〜?せーの!
IMG_20181027_165608.jpg
とか言いながら、3人で穴が開くくらい読んでいました。。。

ババアは、イマドキの小学生のオシャレさが怖くて仕方がありません。。。

スミレに比べると、まだそこまでオシャレに目覚めていない
下2人は、土曜日の朝、いつも新聞のクイズに必死です。
IMG_20181027_120435.jpg
この2人は趣味嗜好が似ています。。。


ま、そんなわけで、週末は、雑誌読んだり、山登りしたり。
しげおも私も筋肉痛。。。
いやもう、階段は見たくない。。。

写真いろいろ

今週は、個人懇談週間だったので
子どもたちの下校も早く、PTAの仕事もあったり
イベントのチラシの配布活動もあったりで
なんだかんだ忙しくて、製作時間がほとんど取れず、、、。

でも、昨日は久しぶりに仕事以外に用事がなく
久しぶりにミシンを出して、チクチク縫い縫い仕事を。

あ、この古墳くらげは、だいぶ前に作ったもの。
IMG_20181016_141922.jpg
イベントラッシュが続くので、
時間のあるときにコツコツ製作する、、、
そんな日々が続いています。
IMG_20181022_144032.jpg
普段のイベントでは、
製作時間をたっぷり使う作品を作っていますが
ウートゥルメールのイベントでは、
プチプラ作品も販売します。
IMG_20181024_050202.jpg
大量生産。でも柄選びだけは、時間をかけました。
IMG_20181024_085208.jpg
大人っぽいものから、キャラクター柄まで、いろいろ。
IMG_20181025_124123.jpg
ヘアゴムもあるよー。
IMG_20181025_124151.jpg
ニコイチで販売予定です。
選ぶ楽しさも味わえるイベントにしたいしね。

ウートゥルメールのリーダーでもあり、
私のDIY師匠と一緒に、プレゼント企画で使うものを
ひたすら折り紙で折りました。
IMG_20181025_105531.jpg
なんだかんだで10回目を迎える
ウートゥルメールのイベント。
始めた当初は、こんなに続くと思っていなかった。
必死で作って、寝不足になりながら作って
そのせいで体調壊して、、、子どもたちの病気に翻弄されて
それでも作って、、、を繰り返していたら
あっという間に10回目、、、。
そんな感じです。

ここまでこられたのは、
お客さまのおかげです。
ほんまに、お客さまが足を運んでくださるから
私も「また次頑張ろう」と思えます。
なので、そんなお客さまに喜んでいただける
10回目の記念企画を考えています。

製作も頑張んなきゃな。

***

あ、そうそう。
椅子から落ちる原因を作った
エアコンカバー。
IMG_20181016_161941.jpg
扇風機カバー。
IMG_20181016_161950.jpg
まだ暑いわ!
ってことで、カバー取られて、
扇風機ガンガンにかけられているけど、、、(さぶい、、、)

IMG_20181016_165655.jpg
子供部屋のクローゼット上のカーテンも作りました。IMG_20181016_165719.jpg
左右でテイストが全く異なっていますが、、、。あはは。
いろいろ試したくなるのよ、かあちゃんは。
子供部屋も、基本、テイストごちゃごちゃで、
雑多な感じです。。。そんなもんよねー。
子供たちの好みも変わってくるし、
自分たちで心地よい空間を作ってくれたら嬉しいなー。
IMG_20181017_120354.jpg
手作り絵本教室で、久しぶりに消しゴムハンコを作りました。

あ!こうやったら、きれいに彫れるんだ!
というコツも教えていただき、
以前よりかは、うまくなったような、、、気がします。。。
ちなみに、上記のハンコは、端材の消しゴムを使っただけ。

自分で作ったハンコよりも、絵になる、、、、と思うのは
気のせいでしょうか。。。あんだけ必死に彫ったのに
端材の方がいいだなんて、、、。あはは。

IMG_20181018_073605.jpg
あ、林間に行くコウメ、、、の図。
初代くらげちゃんを大事に使ってくれています。
IMG_20181019_153711.jpg
中学生の頃、読書感想文の課題図書で、太陽の子を読み、
テーマの重さに辛くなって、
灰谷健次郎の作品は遠ざけていたけど、
久しぶりに読んでみたら、ちゃんと読めました。
ちゃんと受け止められました。

次は、太陽の子、リベンジです。


IMG_20181022_170007.jpg
庭にボウボウに生えているヘデラと
ハツユキカズラを使って
ハンギングリースを作りました。

なぜか実家の庭にヘクソカズラが生えていたので
もらって帰って巻き巻き。

材料費ゼロのいいハンギングリースができた!

草木と触れていると、気持ちも落ち着く。。


ま、そんなわけで、
久しぶりの写真付き投稿でした(爆)。
(アップロードするの、めんどくさいのー!)


個人懇談×3*今日は饒舌

小学校の個人懇談が終わりました。

3人揃っての懇談も今年が最後。
いろいろあるけど、1日で全てが終わってくれる
この2年間は、とても楽チンな年月でした。

来年からは、懇談の時期も違えば、
話す内容も変わってくる。。。
年々、気が重くなる、、、
そんな懇談になるんでしょうね。。。とほほ。

ユリの懸念事項は
最近、自信喪失している、ということ。
家では、姉さんたちに「こんなんもわからへんの?」
と言われたり、姉さんたちだけの共通の話題に
ついていけなかったり、
ユリの間違いを真正面から否定&指摘されたり
そんなことも重なって、この数週間、家の中ではずっと泣いていました。

学校は学校で、勉強面が厳しくて
なかなか理解できなくてついていけないことも。
クラスのみんながしっかりしていることとか、
誰が賢くて、誰が良く褒められてて、、、ということも
よくわかるようになってきて、
客観的に自分がどの位置にいるのか、、、というのも
少しずつ分かり始めてきたみたいです。

そういうこともあって、自信喪失しまくっていました。

でも、先週か先々週に、音読劇を発表することになり
しっかり大きな声で発表できていたらしく、
クラスのみんなも、そのことを褒めたくらい
大きなできごとだったらしいです。
(聞いてないけどー)

また、昨日は、図工で描いた絵も、廊下に張り出してもらえたらしく
(一応、選ばれた子しか張り出してもらえない仕組み、、、)
家に帰ってきては、コウメに自慢、私に自慢して
久しぶりに「自慢ばかりのユリ」を見ました。

また、夏休みの工作で選ばれたのは、誰々と誰々で〜
人権ビデオの発表に選ばれたのは、誰々と誰々で〜
っていうことをよく話してくれます。
「選ばれる」ってことに敏感になっているんだな、、。
姉さんたちは、そんな話、したことないのに。。。

そんなことを先生と話していたら

「今、ユリちゃんは、波に乗っている時かもしれませんね。
 そんな時に、さらに自信をつけることができたらいいですね。
 波に乗れない時期もあるから、そういう時は見守ったり、
 その子の波を見極めながら、引っ張っていくのも
 教師の力量だと思っていますので、、、」

な、な、なんと、、、私が先生にお願いしたいことを
自ら言ってくださるなんて、、、。
そして、それが、この先生なら可能かも、、、と思えるところが
またすごい。。。

本当に、今年はユリの先生に助けられています。

いろいろ気になることがあって、
今月初めに先生に直談判に行ったんだけど、
私が言いたいこと、望んでいること、
それがスーッと伝わるって、なんて気持ちがいいんだろう。

本当いい先生だ。。。



2番目はコウメ。

林間から帰ってきた後、元気がなかったこと
学校のことをほとんど話さないこと。
学級だよりはほとんどもらっていないことなどを話しました。

ちなみに
コウメが林間の振り返りを書いたものを読ませてもらいました。

「クラスの出し物は、自分の役わりをしっかり果たせました。
 他のクラスの出し物も面白かったです」
「焼き板(創作活動)は、焼いたのを拭くのも絵を描くのも楽しかったです」
「登山は、とてもしんどかったけど、頑張って登りました。
 頂上に着いた時、とても嬉しかったです」
「みんなで協力した林間でした。
 これからもみんなで協力していきたいです」


ほ、ほ、本当ですか?
これ書いたの、コウメですか?
何度か名前を確認しましたが、コウメでした。


でもね、実際はね、

「クラスの出し物、全然面白くなかってん。
 他のクラスの方がめっちゃ面白かったわ」
「焼き板?作ったもの?見せたくないわ!はあ?」
「登山なんて、楽勝やったわ。みんなしんどいとか言ってたけど
 こんな低い山登りでしんどいなんて言うのおかしいんちゃう?
 って思ったわ」

って言っていたんですよ。
だから、コウメの書いた振り返りを見た瞬間
「ああ、無難なことを書いたんだな、
 本当は、↑ってことを言っていたのにな」
って思ってね。
そのまま、先生に伝えたら、
「えええええ!」って驚かれました。

帰宅後、その話をコウメにしたら
「そうやで。思っていることと反対のことを
 全部書いたんやで」
と、さらりと言っていました。。。

この人、、、、先生が求めている回答を
よくわかっている、、、。
そして、そういう理想的な回答文章を
さらっと書けるようになったことが
ビックリ。。。
素直なコウメ、、、が消えてきた、、、。
これが成長なんだろうけれど、
むちゃくちゃなコウメが消えつつあって
ちょっと悲しいな。。。



3番目はスミレ。

スミレも先月、気になる行動があって
それを担任の先生に相談しに行っていたのですが、
その後の話をしてきました。

最近は、機嫌がいい話をしてたら
隣の席の子がよく喋る子で
スミレにもよく話しかけてくるらしく
スミレもニコニコしながら聞いているのだとか。

そういえば、最近、その隣の子の話を
よくするな、、、と思ってて。

修学旅行の行動班のメンバーが決まった時も
すぐに報告してくれたので、
安心できるメンバーだったんだなーと。

こちらも色々あるけれど
修学旅行で大事な役割も与えられたらしく
(文句ブーブーだけど)
最終学年、頑張って任務を全うして欲しいな。

あと、ミシンの授業の時に
他の子のフォローをしてあげたら
今日のプチMVPに選ばれたんだって。

嬉しくないわーと言っていたけど、
嬉しそうでした(笑)。

***

ってことで、懇談を終えて帰ってきたら、、、
「ねえねえ、先生となに話したん?」
と、それぞれのタイミングで、それぞれ聞いてくる3人。

こんなことを話したよー
先生はこんなことを言ってたよー

と話をしたら、すごく嬉しそうにする子どもたち。

先生が自分のことをどう思っているのか
親にどんな話をするのか、それなりに心配だったみたい。
でも、楽しい話ばかりだったので、
正直に楽しい話をしていたら、とても安心していました。

おかげで、スミレなんかは、今日は超饒舌で
クラスの集合写真を見ながら
「この子、力士ってあだ名で。あとしゅうまいとも言われてる」
「この子は、キノコ」
「このおっぱい大きい子(男子)は、太っている◉◉って奴。
 あ、2年3年で同じクラスやった」
「▲▲の事は嫌い。自分の好きなように人を動かそうとするもん。
 でもな、この子の好きな子知ってるねん。□□ちゃんやで」
「■■の好きな子、お母さんの知ってる子やで。
 あ、そう●ちゃん。●ちゃんも■■のコト好きやねんて」
「▽ちゃんの好きな子、◯やねんて。
 ◯が発表するときとか、なんかで選ばれた時
 友達に叩かれてたもん。スミレですら気づくから
 みんな知ってるで」

とまあ、、、クラスの子の好きな子ネタ、、、
喋るわ喋るわ。。。
そんなにみんな、言うてるんやな、、、。
いや、まあ、臨海の宿泊の時に、いろいろ聞いたらしいけどね(笑)

そういえば、臨海の時、
クラスのみんなで部屋移動してワイワイ遊んでいたらしいんだけど
「スミレがいなくなった事件を起こそう!」という話になって
布団の中に隠れさせられたらしい(笑)。

ていうか、臨海って、3ヶ月前の話なんですけど、、、
今、初めて聞きましたけど、、、。
結構、楽しんでいるやないか、、、。
ま、隠れさせられた側やけど(笑)。

200人以上いる学年だけど
同じクラスになった子や、目立つ子を含めると
なんだかんだで、私も知っている子が増えました。
今回も、クラス写真を見ながら
「この子は、2年の時同じやったなー」とか
「3、4年で一緒やったなー」とか
「この子、メッチャ大きくなったなー」とか
「この子賢いねんで」とか
「中学受験するねんで」とか
いろいろスミレと話ができて
私も大満足です。

それに比べると、コウメの学年の子は
知らない子も多い。

さらにユリの学年の子になると、、、もっと知らない。。。
ただ、3人いる分、兄弟関係で知っている子も多くて
なんだかんだで、ああ、あの子の妹!で
通じることが多いです。

生徒数が多くて、しんどいこともたくさんあるけれど
人と人のつながりや縁っていうのは、
ちゃんとあるんやな、、、と。

ま、そんなわけで、今日は、私も満足。
子供達も満足の1日でした。

明日からもガンバロー!



旅行の準備*占い

今日、美容室で爆睡しました。
船漕ぎまくって、なんだかんだでスッキリ(笑)。
でも、ちゃんとオレンジページとVERYはちゃんと読んで
大満足です。ぐふふ。

にしても、もう、VERYはあかんわー。
全然キュンキュンこないー。

薄いピンクのコート紹介されても
「こんなん似合う40代50代はおらんやろ!」
って思っちゃうし。
(VERYのターゲットは30代なので当然です)

滝沢眞規子さんが、ダウン着てるの見て
「眞規子さんですら、そのボリュームのダウン姿は
 ちょっとあかんでー。普通の人ならもう試着段階でアウトやん!」
ってツッコミ入れてしまって、
もうババアすぎる自分の視点に辟易するくらいでした。。。

白髪染めの話になり、
近藤サトさんが「染めない」と決めたこととか
どうやったら老けずに見えるのか、とか
諸々、美容師さんと話しました。
話すネタもババアすぎて面白くないですよね。ははは。

***

先週、無事、コウメが林間合宿に行き帰ってきました。

いやあ、甘く見てました。

旅行の準備なんて、1年に何度もやっているし
小さい頃から自分で全部やるようにしていたし
何より、最近、学校での忘れ物が減ってきたもんだから。

だから、林間の用意をするのも
最初だけ見守って、
任せられるわ、と思ったら
もう見守りもやめよう。

だってスミレだって、林間の時は
最初だけ見守ってあげてたし、
臨海合宿の時なんて、
知らん間に荷作りが終わってて
私はなーんもすることがなかったから。



でもね。

あかんかった。。。コウメ。。。

前日になっても何もしないので
「一緒にやろうか」と声かけをして
しおりを見ながら、入れたかなー?
どこにあるのかなー?を確認することに。

すると
「あ、スーパーの袋1枚って書いてる」
と言って、
階段を降り台所に行き、スーパーの袋1枚取って2階に上がり
名前を書き書き。

「あ、またや!スーパーの袋3枚って書いてる」
と言って、
階段を降り台所に行き、スーパーの袋3枚取って2階に上がり
名前を書き書き。

「あ、そうや。レジャーシートや」
と言って、
階段を降り、、、、(以下同文なので省略)

「タオルは、、、」
(以下省略)

「薬も入れな、、」
(以下省略)

もうね、何回1階と2階を往復しとんねん!

ってくらい何度も何度も階段を駆け下り駆け上っていました。。。

む、む、無駄な行動が多すぎる。。。
なんか、デジャブ、、、。幼稚園時代を思い出す、、、、。

もう付き合ってられんわ!って思い
「とりあえず、薬と長袖の服が入ってたらそれでいいし!」
と、夜寝る前にチェック。
とりあえず、薬と長袖の服は入っていました。
(あとは、しらーん!)


ま、そんなわけで、
久しぶりに見たコウメの無駄な行動。。。
でも、毎日、朝、1階と2階を往復しまくっているらしい。。。
私、知らなかったけど、、、でも知らなくてよかった。。。
知ってたら、イライラするだけやし。。。

てことで、まあ、無事行けて、無事帰ってこれて
よかったよかった。

***

さて、先週の木曜日は
1年ぶりに占いの先生のところへ。

「こうなりたい、こうしたい」
という将来の思いはあるものの
いつから行動をすればいいのか、
また家族のことについて、
最近の「ツイていない」ことに対して
将来の行方について、
いろいろ話を聞いてきました。

「キャリアウーマン線」が出ているだの
「棺桶に入るまで働いている」だの
いろいろ言われたけど
会社に入るとしても、一人でできる仕事を
任せてもらえたら幸せ、らしいです。

しげおも同じで、組織の中で、、、というより
一人で、、、らしいです(笑)。

そして、そんな一人を好む私たちは
「変人」らしいです。凡人じゃないってことらしいですけど。

だから一般的な人が幸せと感じることが
自分たちには感じられなくても気にしなくていい、んだって。

確かにー。
これはわかる。

子供の養育がなくなると、
夫婦だけで海外旅行に行く人って多いですよね。
母も姉夫婦(子なし)に「夫婦だけで海外旅行とか行ってきたら」
なんて言うんだけど、
なんで、フーフは、ゴジューロクジューになったら
海外旅行に行かなきゃならないんだ!

ってずっと思っていたのね。
それって楽しいのかな、とか。
ま、楽しんんだろうし、
日本のフーフって、みんなそうしてきてたし
それが幸せの形なのかな、なんて勝手に思っていたけど
そうじゃなくてもいいじゃないか!
旅行には行きたいけど、
海外に、、、という夢は今はないし
子育てが終わったら、旅行に行くなんて発想は
どこかの旅行会社が作り上げたものじゃないのか!?とも思ってて。

そうか。
そういうの、気にしなくてもいいんだ!
と思った次第です。


ま、あと、いろいろ言われたこともあるのですが
ここでは割愛します。
とりあえず変人で、火の人で、じっとしていられなくて
棺桶まで動いているようなので、
健康にさえ気を付けておけば、
私は、ひ孫にどこでもドアを作ってあげる途中で
天国に行くという最高のシチュエーションで死ねるかもしれません。

ま、そんなわけで、背中を押してもらって
来年の目標が定まりました。
頑張ります。







ゴミ屋敷の片付けと高齢者の工作遊び

久しぶりにダウンしていました。。。

丸1日寝込んで、ちょっとすっきりしたものの
未だに本調子ではなく、だるい感じで過ごしています。

そんな中、昨日は、実家のお手伝いに。

ゴミ屋敷の片付けと
認知症の父の相手をするため
子供たちを連れて行ってきました。

前回は、捨てられない紙袋を
たっくさん持って帰って、我が家で処分しました。

(でも、今回行ったら、また大量の紙袋が、、、
 どうしてそんなに紙袋が発生するのか、、不思議、、、)

今回は捨てられない買い物袋を
たっくさん持って帰ってきました。

レジ袋が有料になっている地域はたくさんあり
買い物袋が何かのノベルティになっていることも
多々あります。
うちの母は、そういうノベルティに弱いので、
得した!と思って買い物袋付きの何かを購入することが多いです。
でも買い物袋なんて、数枚あれば事足りるもの。
得した!と思って家の中に入ってきた買い物袋で
畳2畳分(ダンボールに入った状態で)くらい占領されていました。

こちらで処分するよ、、、ということを
伝えたら、案の定「もったいない!」って言われて
畳1畳分残して帰ってきました。

それでも子どもたちが
「使わへんのやろ!いらんやろ!
 使わへんくて置いている方が、もったいないやんか!」
と言ってくれたので、
なんとか畳1畳分だけは持って帰ることができました。

モノの持ち方については、
私も子どもたちも時々伝えています。

なかなか捨てられないものがあった時に

「これを残しておくスペースと
 残しておきたいモノって、
 どっちが大事かな?」

と、問いかけています。

残しておきたい気持ちもわかる。
でも、それを置いているスペース、場所だって
貴重な存在であることがわかれば、
いつか手放せる日がくるかな、、、と。

ま、そういう私も、捨てられない人やけどね。
はーっははははははは。


てことで、買い物袋は処分を。
家で使うかなーと思って、確認したけど
どれも全然可愛くないしオシャレじゃない買い物袋ばかり。
第一、それ、自転車のカゴに乗らへんし!
な大きいものも多くて、全部OUTでした。



片付けの後は、
父とトランプやウノ、折り紙をして遊びました。

手先を使うこと、
ちょっと頭を使うこと、

子供の成長が、手先を使うことと
頭を使うことで、促されてきたのだから
認知症も同じような仕組みで
症状を遅らせることができるはず。

子どもたちが入ると、
間違えた札を出してしまっても
「ちゃうで〜」と軽く言ってもらえたり
急かす母に向かって
「待ってあげてや〜」って言ってもらえるので
和やかにゲームが進んでいきます。

時々、隣に座っているコウメが
おじいちゃんの札を見てアドバイスしたり
フォローするのもサクッと。

折り紙も、スミレとコウメで
奮闘しながら教えていました。

言っていることがなかなか伝わらない、とか
何度言ってもわからない、とか
そいういことを子どもたちも体験したみたい。
でも、えらいなーと思ったのは、
なんだかんだ苦戦しながらも
「おじいちゃんに折ってあげる」
んじゃなくて
「おじいちゃんが折る」ことを優先していたこと。

完成したものが、
見本と似ても似つかないものだったとしても
それでもいい、と
手直しをしなかったこと。

私が子育てで大事にしてきて心がけていたことが
ちゃんと子どもたち自身も実践していて
なかなかやるな!と思ったのでした。

認知症のことは、子ども新聞で知っているスミレとコウメ。
おじいちゃんは認知症だからね、
という話も、ずっとしていたし、
認知症の人を相手にするって、どういうことなのか
身をもって体験できたのはよかったな、と思います。

また時々、訪れようっと。
父にとっても良いことだけど
子供たちにとってもかけがえのない経験ができるから。

これからの世の中、ビジネスを考える上で
「高齢者目線」は絶対に外せないものになってきます。
うちの子たちも、経験を通して、
どうしたらいいかを考えられる人になってほしいな。

にしても。
高齢者相手の工作あそびは
なかなか難しいです。

子供ならなんでも「作ってみたい!」って思うけど
年齢が上がるにつれ「作ってみたい!」と思える意欲って
減っていくもの。

「なんでも」

ではなく

「これが作りたい」

と思えるものでないと、

工作をする机にすら向かってもらえないんだな、、、と。


私自身の課題も見つかりました。


そうそう、先週1年ぶりに占いに行ってきました。

その話はまた今度!
とりあえず、今日は、風邪薬買いにいかなー!


倒れた*内向型で活動家、友達作らなきゃいけない?

昨日は、古墳くらげちゃんを4体仕上げ
扇風機カバーを2枚、エアコンカバーも2枚縫いました。

その間に、
振込手続き、買い物(×2)、図書館、、、など
自転車で西に東に走りまくって、
よく動き、よく働いた1日でした。

でね。
エアコンカバーを作るために、
椅子に登って、エアコンの長さを測っていたら





ぐらぐら、がっしゃーん。




椅子が倒れて
私も頭から落ちました。。。




がっしゃーん。






体全身打つし、
痛くて起き上がれなかったので
家にいたしげおを呼ぼうと
「助けてー!!!」
と叫んだのですが




一向に来ない。。。


昼ごはんの最中だから、
呼んだら来てくれるだろう、、、と思っていたのに



来ない。。。


仕方なく、一人で、エッサホイサ起き上がって
骨折していないことを確かめ
衝撃で壊れた椅子を別室に持って行きました。


その後、しげおに事の顛末を話したら


「そういえば、なんか、がっしゃーん、って音したかも、、、」


なら、駆けつけてくれよ!

こんなんやと、私が家で倒れて血流していても
救急車すら呼んでもらえず、そのまま死んでいくのかな。。。


しげおが家で仕事しているメリットを実感できず
逆に恐怖を感じた1日でした。

ちなみに今日は、首から肩にかけて
痛みが発症しててめちゃくちゃ辛いです。
ババアの怪我話は、笑えるネタにもならなくて
深刻そのままで、本当、すみません。。。



***
読書記録。

最近読んでいるのは

です。

以前、
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力 [ スーザン・ケイン ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/10/17時点)


を読んだことがあるくらい
内向型には興味があって。
(でも、内向型の時代は、実生活に落とし込めなくて、
 消化不良で読み終えました、、、)

ま、自分が内向型であることはまちがいなく
「内向型を強みにする」
の本を読んでからは、
「あ、こういう気持ちや行動って、
 外向型の人にはないんだ!」
って気づきもあって、大変勉強になりました。

人と接することは嫌いじゃないし
パーティやイベントも好きだけど
連日だと辛いし、
イベントの次の日独りで本を読みたくなる。
1日に1回は独りになりたくなる。
締め切りや緊急性のあるものが苦手で
時間に余裕があることがわかっていても、不安になっちゃう。

それって、誰もが感じることだと思っていたんですが
そうじゃない人もいるんだな、、、ってちょっとビックリ。

ちなみにうちの家族は、ほぼ皆、内向型。
学校から帰ってきたら、みんなソファに座り
漫画や本を読んで、ただひたすら静かに過ごします。
しげおも、基本、独り行動。

でも決して大人しいわけでもなく
安心できる状況下では、みんなとっても活動的です。
意外と思われるけど、アウトドア好きです、みんな。
私も、じっとしているのが苦手で、常に動いています。
そんな話あまり周りにベラベラしゃべらないので
ほとんどの人には知られていませんが、
私、ほんとに、じっとしていません。。。
家の中にも、あまり、いません、、、。
しょっちゅう走り回っています。。。

ちなみに、人前ではベラベラしゃべることができませんが
(聞き手になる方が好き)
文章では大いに気持ちを出して、しゃべりまくっています。

これも内向型の一面です。


一方「友達幻想」は、自分のためというより
子供たちのことで悩んでいたので、買ってみました。

「友達と仲良く」
「みんな友達」

ってなんか、おかしいよね、、、
学校で出会う(たまたま同じクラスの)人たちを
何が何でも「友達」にしてしまわなくてもいいんじゃない?
って話です(要約しすぎました、、、)。

ほんと、これはね、ほんとにそうだよね。
気の合う人がいたら、超ラッキーって思えばいいのであって
頑張って友達にならなくてもいいんです。

これは学校に通う子供たちだけじゃなくて
ママ友、ご近所づきあいにも通じるもの。

子供が同じ幼稚園なんだから、
子供が同じ学校なんだから、
ご近所なんだから

友達にならなきゃ、、、は

間違っていると思うのね。

仲が悪くていい、、、とは思わないけど
最低限度のおつきあい
(挨拶するとか、いざという時助け合うとか)
でいいんじゃない?

頑張って、井戸端会議しなくてもいいんじゃない?
帰りたかったら、帰ったらいいなじゃない?
気を使わなくてもいいなじゃない?

そんなことを私もずっと思っていたので
「ああ、文章化してくれてありがとう」
と思ったのでした。はい。

ま、そう考えると、今の道徳で学ぶ「友達」って
なんか、おかしいです。。。すごーく気持ち悪い、、、です。
そして、そんな「友達」を学んだ
コウメのクラスの学級だよりを見たら
「あああ、もう、あかん、それ偏った考え方だよ!」
なことを先生が書いてて、、、。
「友達」を「クラスの仲間」に言い換えたら、
多分、まだマシなんだろうけれど、なんかちょっと、、、、
ああ、なんかモヤモヤする〜!!!!!!!

仲間、も、なんか、ここ最近の流行り言葉なのか
林間学習前で、仲間意識を持たせようとしているのか
コウメも日記で「仲間」ワード炸裂してて
おやおやどうした????

と思った次第です。

抽象的な話すぎて、すみません。。。
ま、子供が納得しているのであれば、それはそれでいいんだけど
「友達作らなきゃ」「友達いないといけない」って思っているのであれば
違う一面もあることを伝えられたら、と思っています。

ちなみに
コウメのクラスの学級新聞はただいま23号。
夏休み前に、どさっと発見して、1学期分は8割ほど確認できたのですが
2学期分は、先ほど、粘って粘って
数枚をゲット。いや、ほとんどないし、、、。
「学級だよりなんて、大事なこと全然書いてへんし。要らんで」
って言って、今後も見せないつもり発言もされました。

大事なことは書いていなくても、
先生が子供達や親に伝えたいことを
わざわざ時間をかけて作っているんだから
読んであげないと、、、
ていうか、そんなに先生が
「仲間仲間」「友達友達」言うているのに気づいて、
あなたはどう思っているの?と話をする機会にもなるのに。

ていうか、なんか、今年は、コウメのこと
かなりほったらかしていたな、、、と反省。
担任の先生が2回目であることと、
コウメの行動が、すごくまともになってきて、
ちゃんと勉強も出来ていて心配なくなってきていたので
参観日もほとんど見ず、放置状態。。。

反省、、、です。

そして、うっそーん、な状況が
先ほど、ありました。。。
スミレ姉さんと「え?」と顔を見合わせたくらい。。。

この話はまた今度。。

木材処分*富士山に登ったよ

最近、DIY熱も下がり、、、
というか、新しい家具を作る必要も
子供のおもちゃを作る必要もなくなったので
大掛かりなDIYはしていません。

でも、以前作ったものをバラした木材が
庭にたんまり置いてあって、
いつか使うだろう、いつか使うかも、、、と
思っていたのですが、やっぱり使わへんわ!
ビニールシートで覆っていた木材も
台風でだいぶ汚くなったし、経年劣化してしまったし
台風断捨離ってやつかな、台風のおかげで
思い切って捨てる決心がつきました。

IMG_20181013_163944.jpg
切って、切って、小さく切って、ゴミ袋4袋分!

それでも、しげおも私も
なんだかんだで捨てられない自分の作品があって
それはそのまま残したり、また新たに作り直したり(笑)。

私は「どこでもドア」が捨てられず、
リメイクしました。

↓作った当時の記事はこちら。
2013年ですってよー!
若かったわー!わたし!

色も塗りなおして、
ラティス風にしてみました。
IMG_20181013_163957.jpg
色塗り担当は子供たち。

どこでもドアの面影はもう全くないけれど
第二の人生、ちゃんと歩んでもらおうっと。

でも、もう一度、どこでもドア作ってみたいな。
ちゃんと自立させるために、土台もしっかり作って。
ちゃんと計算して。ドアノブもドラえもん使用で回すものにして。
(でもピンクは嫌やな)
孫が出来たら、ばあちゃん、頑張ろうかなー。
娘たちに怒られても、嫌がられても、
DIYばあちゃんとして、復活出来たらいいなー。
私の10年、20年後の夢、一つできたぞー。

***
木の実拾い友達から、
「ヒマラヤ杉、台風で倒れて、シダーローズが
 いっぱい落ちてるで」
との情報をもらい、拾いに行ってきました。
IMG_20181012_145741.jpg IMG_20181012_150317.jpg
わんさか、わんさか。
枝付きのまま、拾ってきたよ。IMG_20181012_145732.jpg
ハナミズキの実も拾った。赤くて綺麗。IMG_20181013_164012.jpg
日の当たるところに置いてたら、ちゃんと開いてきたー!
やったー!また拾いに行こうかなー(笑)。


そんなわけで、木の実を拾い、木材と触れ合い、
いろいろ散歩して歩いていたら、
ずいぶん、気持ちもスッキリしてきました。
気分転換できてよかったー。

***

週末は、富士山に登ってきました。


富士山いうても、日本各地にある、富士山ね。
なんとか富士、とかいう各地の小さな山。
標高も300メートルちょいなので、
軽い気持ちで登ってみました。

有馬富士公園。
IMG_20181014_120733.jpg
小さい子たちが遊べる広場があって
小さい子たちがわんさかいてて、楽しそうでした。
もうね、うちの家族、この世代じゃないな、って実感しましたよ。
もうね、姉さんたちも「こんなところで遊びたくない」って感じで
ま、人がいなかったらね、多分、遊ぶんでしょうけどね。
ユリは、まだまだ遊びたがっていたけどね。

でも今日の目的は富士登山。
有馬富士山目指して登ります。
IMG_20181014_123257.jpg
千両か万両。わからなーい。 IMG_20181014_125723.jpg
三田って、ちょっと盆地なんだよね。
いいお天気で、いい景色も見られて、最高です。
ここから、ようやく登山です。

でも、いきなり、こんな道。
笹だらけの道。
標識に従って行ったのに、こんな道。
IMG_20181014_125934.jpg
ユリ、大号泣。
「虫がいる!ぎゃー!」(いなかったけど)

実は、ここに来るまでに、
コウロギ、バッタ、ケムシ、マムシに遭遇して
怖くて仕方がなかったユリ。
IMG_20181014_125936.jpg
こんな草ぼうぼうのところには、
絶対に虫がいるはず!
その中をかき分けて行くなんて無理!無理!無理!
と思ったらしい。
IMG_20181014_125939.jpg
ようやくしげおが見えたー!
 IMG_20181014_125948.jpg
その後も、機嫌直らずで、ギャーギャー泣きながら登山。
IMG_20181014_130527.jpg
たいしたことない山やろ、と思っていたけど
まあまあ道のりは長くて
IMG_20181014_133923.jpg
こんな岩場もあって。
「わんぱく砦」って言われている砦なんだけど
結構、きつくて。泣きそうでした。私が。
逆に子供達はスイスイスイ〜。
ずっと泣いていたユリですら、スイスイスイ〜で
追い抜いて、へっちゃらな顔して頂上にたどり着いていました。
IMG_20181014_132535.jpg
富士さーん!いえーい!有馬富士〜!
IMG_20181014_133753.jpg
見晴らしは最高でございます!
めちゃくちゃいい眺めでございます!
登山道は木がたくさんあるので日陰だったし
頂上は開放的で見晴らしがいいなんて、
結構この山、いい山です。
もう一度登ってみたい山です。
いいところ、選んだなーと思います、私。ひひひ。
IMG_20181014_133813.jpg
湖も見える〜!
IMG_20181014_133820.jpg
思ったよりも、歩いたー!1万歩こえた〜。
IMG_20181014_134716.jpg
頂上では、子供たちはポッキーを食べ、
しげおは昼寝をしていました。
ちなみに、こんな岩場があるのに、
しげおはつっかけサンダルでした。
「私がナビする週末は歩き回るから絶対にスニーカーやで!」
と何度も釘を刺していたのに。アホかー!

下山は、違うルートを通って。
あの岩場はさすがに降りるのは怖いわーと
思って違うところを選んだのですが、
そこそこまあまあな岩場を下ることに。
ま、いい運動になりましたわ。ははは。

ちなみに、ポッキー食べて機嫌が良くなったユリは
いつも通り、先頭に立って走って下山していました。

そして、帰りの車の中でも、超ご機嫌で
ハイテンション。
でもその疲れが出たのか、晩御飯後、
宿題をするときに超不機嫌に。
(眠いんですよ、眠くて仕方ないんですよ)
泣いて、泣いて、泣きまくりました。

ユリって、泣いているか笑っているか、どちらかよな、、、
普通の時って、ないよな、、、

そんなことを姉さんたと呟いた日曜日の夜。

普通のユリになるには、、、
あと何年必要なんやろう。。。

とにかく、みんなよく歩いて、
よく疲れて、バタンキュー!いえーい!

高学年女子の辛辣な意見

高学年にもなると、
親に厳しい意見を言ってくるようになります。

お弁当に何を入れて欲しいか、、という話になった時のこと。

スミレ「冷凍のグラタンがいいな」
かあちゃん「冷凍食品はあんまり好きじゃないな。入れたくないな」
スミレ「何で?」
かあちゃん「だって、添加物とか体に悪いもんいっぱい入ってるし」
スミレ「えーお母さんのお昼ご飯いつも冷凍食品やん!」
かあちゃん「す、す、すみません!!!(バレてたか!)」


***
仕事のことでも、いろいろ言うてきます。

コウメ「お母さんって、賢いんやろ。
    そしたら、誰にでもできるような今の仕事じゃなくて
    もっと賢い仕事したほうがええんちゃうの?」

そ、そ、そですね。。。
誰にでもできる、、うーん、そですけどね。
でもね、結婚妊娠を機に一度会社員を辞めてしまうと
その次の正社員としての再就職がね、
ヒジョーにね難しいんですよ。。。知ってます?え?知らん?
でも、その難しいところに挑戦するつもりなんですけどね。
だから、晩御飯1品作って欲しいんですよ。
家事をもっと手伝って欲しいんですよ。
それはずっとお願いしていることなんですけどね。。。

***

普通の本屋さんで本を3冊買った時のこと。

スミレ「3冊も!古本屋じゃないのに!どうして3冊も!
    お金、もったいないやん!!!!!!」

す、す、すみません、、、。
基本的には、アマゾンマーケットプレイスで
古本ばかり買っていますけどね。
たまには、本屋さんで「これ読みたい!」って思って
正規の値段で買っちゃうこともあるのよ。。。
スミレたちの本、古本ばかりで
臭くて嫌やー言う気持ちもわかるんだけどね。
ごめんね、、、。

ま、基本、お金には厳しいです。
一緒に買い物に行っても
「それって、無駄じゃない?」と言って
カゴから戻されることもあります。
ありがたいけど、オヤツを買うときは
「これだけじゃ足りない」と言ってたくさん買うように勧められます。
ヒジョーに矛盾しています。

やる気のない1日

やる気のない1日を過ごしてしまいました。。。

仕事に行って、帰ってから
庭の草木の剪定をちょこっとして。

そのまま部屋の掃除をしていればよかったのですが
ちょっと休憩〜って思って、
ティーバ見ながら、コーヒー飲んだら
もう動けなくなっていました。。。ちーん。
マツコの知らない世界見て、中学聖日記見て、、、
あーあかん!!!!

子どもたち、早帰りの日だったので、
結局、古墳くらげちゃん1体作って、終了〜。
来週も忙しいし、再来週も早帰りの日々でバタバタするし
なんか心が落ち着かない、、、
最近、いろいろ考えることが多くて
(いつも考えてばかりだけど)
いろんな本を読みあさったり、
将来の不安を抱え込んだり、
とにかくモヤモヤしています。。。

なんかパーっと、パーっとしたいな!

やっぱ、散歩かな、散歩だな。
登山かな、登山だな、
その前に、掃除かな、むむむ。

では明日も、がんばりましょー。
頑張れるかな。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす