FC2ブログ
   
08
2
3
4
11
13
15
17
19
20
22
24
25
29
30
   

手術終わりました

6月に決まったユリの耳の手術。

昨日、無事終わりました。

難易度の高い手術で
合併症、副作用の可能性がいくつもあり
この2ヶ月ずっと不安で仕方がありませんでした。

まだ検査もしていないし、
手術したところはカーゼで覆われていて
全く問題がないかどうかは、わかりません。

術後は麻酔の影響で吐きまくって、
ジュースもおかゆも食べられない状態で
めちゃくちゃしんどそうだったのですが、
今日、面会に行ったら、フツーにご飯食べてて
ほっと一安心。

悪態ついたり、すねたり、いつも通りのユリに戻っていました。

ちなみにユリの手術は
鼓室形成手術と言われるもので、
鼓膜にくっついて音を伝える骨が溶けている状態だったので
ユリ自身の軟骨を使って骨を作って、溶けた部分を補い
切開した鼓膜もどこかの筋肉を使って作る、というものです。

顔には神経がいろんな通っているので
その神経に傷がつくと、いろんな障害が起こるところでもあります。

***
備忘録。

手術前日入院。
入院手続き後、外来で診察。
大学病院のため、学生さんがゾローリと並ぶ中
診察を受ける。
(熱があったり、風邪をひいたり、鼻水が出ているだけでも
 手術が延期されることがあるので
 この1週間、ホントビクビクしながら過ごしていました)

病棟に案内される。
部屋はとっても綺麗で大きくて快適(笑)。

ただ病棟自体はすごく古くて、
エレベーターも、旧式のもので
ボタンもでかいし、ボタンの押し方が変だと
ボタン自体が傾いてずっと押されたまま状態になるなど
ビックリすることがいっぱい。

麻酔科医の先生から、手術時の麻酔について説明を受ける。
子供なので全身麻酔であることや、
ぐらついた歯がないか確認されたり
(ここ1ヶ月以上ずっとぐらついている歯があるんだけど)
アレルギーや今飲んでいる薬について聞かれたり。
麻酔による副作用についての説明も。

麻酔薬はとても臭いらしく、
その匂いを軽減するためにフレーバーを選べるらしい。
オレンジ、メロン、バニラの中から、ユリはバニラをチョイス。

その後、耳鼻科の先生(研修医)から
インフォームドコンセントを受ける。
(しげお合流)
ユリの耳の病気。
滲出性中耳炎から真珠腫性中耳炎になり
どこでどんなことが起こっているかの説明から
手術の詳しい説明。手術は3〜4時間かかること。
合併症、副作用の説明。
使う薬剤の説明など諸々。
丁寧に紙に書いて説明を受ける。

病室に戻ると、
薬剤師さんから、投薬する薬についての説明を受ける。

その後、手術の際に担当する麻酔科医の先生が
改めて来て、(麻酔の説明した先生とは別)
歯のぐらつきについて再度質問される。
(この日、歯のぐらつきについては、
 外来、病棟、麻酔の先生×2、と何度も何度も聞かれた、笑)

病室では暇なので、持ってきた本を読んだり
プレイルームで遊んだり。

手術では左耳の後ろにメスを入れるので
病院の理容室で耳の後ろを5センチほど剃ってもらう。
バサッ。バサッ。と切られていく髪の毛を見て
ユリは半泣き状態。
剃ったところが目立たなくなるように
ふたつくくりにしてもらう。

翌日は7時に病室に行かないといけないので
ユリの晩御飯&歯磨きを見送った後、すぐに帰宅。
7時を過ぎて帰宅するのは久しぶりだし
1日中病院で過ごしたので、くったくた。
汗だくだくで、ヘロヘロで、でも翌日の準備のため
本屋→スーパーに行って、家へ。
8時過ぎていたけど、ワーママの同級生のお母さんに出会う。
疲れ果てて買い物していた私と違い
ワーママお母さん、まだ元気モリモリ。
すごいな、、、と感心。。。

帰宅したら、すでに姉さんたちは子供部屋へ。
(寝てなかったけど、、、笑)

晩御飯は朝2品だけ作っていたので
スミレとコウメに、あと2品作るよう指令を出していたら
ベーコンのポテト巻きと、お味噌汁を作ってくれていて
めちゃくちゃ助かりました。そして美味しい!
疲れ果てて帰って来て、こんな美味しいご飯にありつけるなんて
めっちゃ幸せ!!!!!!!!!!!!!!!!!

でも、めっちゃ疲れているので食欲はなく(笑)
でも申し訳ないので、頑張ってお腹に押し込んで
お風呂に入って、寝ました。

手術日。
仕事に行く時と同じくらい早くに起き、
晩ご飯の下準備をしてから(もちろん朝ごはんも作って)
急いで病院へ。

ユリは手術前なので
朝ごはんはもちろん食べられず
手術前に飲むドリンクを5時半に飲まされ
手術着に着替えて8時に病室を出発。

ユリは私が手術室に入ることを拒んだのですが
病院側は入ることを望んでいたので(笑)
遠慮なく手術室へ入らせていただきました。

大学病院ゆえに、手術室はめちゃくちゃたくさんあって
合計22室もあるのだとか。
映画館みたいに、OP1、、、と書かれたドアがあって
ユリはOP12室に。
すでに準備は整っていて、
オペナースさん2人、助手の先生2人、
麻酔科医の先生1人が準備をしていました。
(わードラマみたい!)
子供の手術だからか、
オペ室にはミッキーマウスマーチが流れていて、、、

ってユリ、ミッキーマウスマーチとか知らんし!

あと学生さんも立ち会っていた!
さすが大学病院、、、至る所に学生さんがいる、、、。

そうこうしている間に、執刀医の先生が来て
(わードラマみたい!)
緊張感高まる中、麻酔開始。
寝る瞬間を見守ることなく退室を促され
病棟へ帰されました。

手術中はすぐに対応できるように
病棟から離れられないので
病棟の待合室で、くらげちゃんを作ることに。
3〜4時間の手術なので、漫画を読みながら
のんびりくらげ作りに励む。

手術から2時間後、急に看護士さんに
手術室の待合室(説明室)に行くように伝えられる。
何の話かは知らない、とのこと。
手術が終わるには早すぎるし、何の話か伝えてもらえないのは
何か問題があったからではないか?
そう思いながら、ドキドキブルブルしながら、
説明室に行ったら、
「問題なく手術は進んでいて、あとは縫合するだけです」
とのこと。

ビデオで撮った写真を見ながら
どんな手術をしたのか、
切った場所、取ったもの、溶けていた骨、
新たに作った骨、舌の神経。
鼓膜の内側、耳の後ろからメスを入れたので
その場所の確認。
問題はないし、後20分で手術が終わります、と言われて
説明終了。
お礼を言って、病棟に戻る。

先生からの説明を聞くまでは
何か問題があったのではないか?
思ったよりも状況が悪くて、何かを相談されるのではないか?
こんな事故が今起きました、という説明ではないか?

医療ドラマが好きで、しょっちゅうそんなドラマばかり観ているから
いろんなことが想像できて余計に怖くて、
本当に寿命が縮まるんちゃうか?
白髪がドバーッと増えるんちゃうか?
と思うくらい心臓バクバクで辛かったのですが
手術の経過報告で本当に良かったと思いました。

その後、再度呼び出されて
手術室までお迎えに。
麻酔が効いているようで、スースー寝ていて
めちゃくちゃ可愛い。

ただ酸素マスク付けられ
頭には包帯巻かれ、
手には点滴とサチュレーションが付いていて
重々しい雰囲気でした。

病室に戻ったら、すぐに目覚めたのですが
ちょっと喋った後、また眠りに入り、、、
また目覚め、、、を繰り返していました。

完全に眠りから覚めた後は、
吐き気を催して、ゲロゲロゲロ〜。
顔色も悪く、ぼーっと、しんどそうに。
しげおが来てくれて、ユリの見守りを頼む。
水を飲んで様子をみた後、
またゲロゲロゲロゲロゲロ〜。
おかゆを見ても「キモい」と言って
全然食べなかったのだとか。

吐き気止めを飲んで
すぐに眠りについたらしい。

私は晩御飯までに家に着いたので
久しぶりに姉さんたちとおしゃべりを。
手術室に入ったこと、ユリが吐きまくっていること
プレイルームに「吉本芸人人生ゲーム」があること
などなど、いろいろおしゃべりしました。
昨日は晩御飯も作り、お皿も洗い、
私へのお手紙も書き、トラにも餌をやり
いろいろ頑張ってたからね。

術後1日目

朝ごはんはあまり食べられなかった模様。
昼ごはんも6割程度。
どうも好きじゃないおかずがたくさん出ているらしい、、、。

吐き気もおさまり、私に悪態ついたり
喋ってくれたり、コナン読んだり(こればっか)
一向に勉強する気配がないので、
勉強を促したり(この入院のためにチャレンジを1ヶ月受講)
一緒にEテレ観たり(うーたん、とワンワンの説明をしました、笑)

ユリも元気そうだし、うーたん見て笑っていたので、
私は早めに帰らせてもらました。
その後、しげおが病室へ。

今回は、ユリが入院だったこと。
小学生で夜の付き添いが要らないこと。
姉さんたちも自分の身の回りのことができるようになったこと。
家のことも頼めばちゃんとやってくれること。

など、ラクに付き添いさせてもらえる環境が
整いました。

(乳幼児のときの入院時は本当大変だったからね、、、)

私は、仕事を2日間だけ休ませてもらっただけで
あとは普通に仕事しながら病院にも行き、
家にいる姉さん達のご飯も作り、、、ができているので
ほんとありがたい限りです。

しげおにもユリの付き添いを頼んで
自分だけが背負わないようにしています。

まだ合併症があるのか、
手術した痕がどうなっているのか、
抜糸したり耳に入れているガーゼを
取り除かないとわからないこともあるし
検査をしないとわからないこともあるけれど、
とりあえず、元気に過ごせているので
ほっとしています。

付き添いは大変だけど、
お互い、好きな本を読んだり、
ゴロゴロしたり
(病室でワタクシ、爆睡させてもらっています、、、笑)
ユリも私もテキトーにのんびり過ごしています。
今週末から来週にかけては
「体は元気なのに、暇で退屈」度合いが
増してくると思うので、なんだかんだ憂鬱ではありますが
せっかくなのでテレビを見たり、
しっかり勉強させようと(笑)思っています。

ま、それにしても、疲れました。。。
今日も仕事に行ったのですが、頭の中、全然回りません。。。
疲れが溜まらないように、ぼちぼち休みながら、
ぼちぼちくらげ作って、来週末のモフフェスに向けて
頑張ろうと思います。

このまま経過が順調でありますように。。。

ただただ願うばかり。。。

早くユリと家で遊びたいな。
退院後もしばらくは運動できないんだけど、ね。

スポンサーサイト

私が子供たちに伝えられることは何か〜その②〜

堅苦しい話が続きます。。。笑。

でも、ゾロ目年齢になって、いろいろ考えるようになって
ちゃんと文字に残したくて、書いています。
自分の気持ちの備忘録というか。
だから、自慢話でもないし、
読んでいる人への押し付け話でもないです。

**

あ、そうそう。
中学年以降の毎年夏休み、冬休みの宿題は
「新聞」形式で思い出を綴らせる子供達の小学校。
(低学年は絵日記)

作ったものは、教室に飾られることが多く
参観日に見ることができたりもします。

でね。こういうのって、見ていると、やっぱり
「うわー、冬休みなのにディズニーランドに行ってるー」
「うわー、沖縄旅行かよ!」
と、
すごーいところに行っている新聞が並ぶんですよね。

(もちろん、そうじゃない子の方が多いんだけど。
 おせち料理について調べて新聞にしている子もいたり
 どこも出かけていなくたっていい、
 休みの間に調べたことを書いてもいい
 そここそ工夫するところだ、とは思うんですけどね)

子供たちは、こういう派手な(笑)お出かけ新聞を見て
どう思っているんだろう?やっぱ羨ましいのかな?

そんな今年の新聞を作っている途中、急に書き直してて。
なんで?って聞いたら、スミレが
「自慢できること書きたいし」
って。

わざわざ書き直すのなんて面倒やから、
2年くらい前までなら書き直すなんてこと絶対にしなかっただろうに。
やっぱり、他の人の新聞見て、自慢されているのを見て
自分も自慢したくなったんやろうなーと。
そういうのに敏感なのって、やっぱスミレらしいなーと。

てことで、自慢新聞は、夏休みの後半に完成しました。


***

さてさて本題。

私が子供たちに伝えられること。

それは、商売のこと。

私は、昔から、自分が作ったものを売ってみたいと思っていました。
会社という組織では、同僚の社員が作ったものを売ることができますが
私が入った会社は大企業。
社員だけでなく製作には外注先の人たちがたくっさん関わっていて。
いろいろいろいろ絡み合って、ようやく売り出せて。
自分たちが作ったものを売る!という感覚には
なかなかなれない会社でもありました(部署によりけりだけど)。
ま、私は、直接売り出せる営業職には就かなかったんだけど。笑。


だから、今、ハンドメイドの作品を
自分で売り出せることが、とっても楽しいです。
直に売り上げ体験を実感でき
売れない体験もいっぱい経験できて、
すごくいい経験をさせていただいています。

ちなみに、子どもたちは、私がイベントから帰ると
「おかえり」も言わずに

「何円売れたん?」
「なんぼ売れたん?」
「売れ残ったのは何?」
「何が一番売れたん?」

と聞いてきます。3人とも。笑。

これね。結構ね、きついよー。
特に売り上げが良くなかった時で、
ヘトヘトになって帰ってきた途端、
売り上げ報告しなあかんのって。もうね凹むね。

しかも、ねぎらいの言葉もなく!
私の今までの上司でも、こんなキツくてヒドイ人はいなかった!
(当たり前です、、、こんな上司がいる会社はブラックすぎます、、、)


売れた報告だけでなく、
「くらげの作品なんて珍しくて始めてみました!、って言われたよ」とか
「男の子が買って行ってくれたんだよ!
 しかもお目めキラキラのくらげちゃんを!」
そんな話をすると、とても嬉しそうに聞いてくれます。
やっぱリアルな現場の声って、子どもたちにも響くね。

販売価格も気になるようで、
作品に付けているタグの価格を見て、
子どもたち「この値段では売れないな、、、○○円で売らないと」
というので、
母ちゃん「この布とボタンと糸を買ったら、○○円超えるねんけど
     売れれば売れるほど大赤字やで」
と説明したり。

スーパーのチラシ見て
子どもたち「これ、○円やで!大特価って書いてある!買ってきて!」
と言うので
母ちゃん「でも3個買わないと○円にならへんやろ。 
     3個も要らんやん。1個やったら○円もかからへんやん?」
と、大特価のからくりを説明したり。

「パチンコ1円〜」の看板にも反応する子どもたちにも
「1玉1円かもしれへんけど、1玉では売ってくれへんねんで!」
という話もしたり(パチンコしたことないけどね)。

マーケティングの基礎を
実践踏まえながら(笑)教え込んでいるところです。
マーケティング好きな母ちゃんは、
聞かれたら幾らでも答えますわよー。

そんなわけで、私が子どもたちに伝えられること
その②は、マーケティングの基礎、です(笑)。

時々、ネーミング話にもなり、どんな名前だったらいいのか。
どんなコピーで売り出すのか、そんな話も
子どもたちと話し合ったり、意見を出し合ったりしています。



ただ、自由研究などの宿題には意見は基本言いません。

今回も、なんちゅうタイトルやねん!
何が言いたいねん!こんなんやったら手にも取ってもらわれへんやん!
新聞のタイトル、何じゃそりゃ!キャッチコピーにもなってへんし!
中身伝わってへんわ!

そんなことを言いたかったけど、
ぐっと飲み込みました。。。
そこは、自分で疑問を持つところから、、、
そこがないと、ただの口うるさいかあちゃんになっちゃうし。。。

でもいつか、マーケティング、コピーライト、ネーミングについて
実践を踏まえながら、たくさんの事例を教えていけたらいいな、と
思っています。ぐひひ。




私が子供たちに伝えられることは何か〜その①〜

子どもたちが大きくなり、
困った時に手を施すよりも、
言葉で心に伝えることが多くなってきました。

思い通りにいかない時、
理想と現実が違う時、
嫌なことを言われた時、
ちょっとしたことでイライラムカムカします。

そんな時、どうするか。
姉さんたちも、かなり長いこともがいて
もがいて、もがいてきたけれど
ユリが今、葛藤と向き合っています。

イライラムカムカすることは悪いことではない。
思い通りにいかないのも悪いことではない。
失敗することも悪いことではない。
理想と現実が違うことも悪いことではない。
嫌なことを言われて腹が立つのも悪いことではない。

でも、だからといって、
イライラしたから、物を投げるのは良くない。
自分に与えられた仕事を放棄するのも良くない。
大声で泣くのも良くない。
相手を罵倒したり、殴ったり蹴ったりするのも良くない。

じゃあどうしたらいいのか。

「抱っこして」といってお母さんのところに来てもいい。
地団駄を踏んでもいい。
クッションなどをボコボコに殴ってもいい。
うおーっと叫んでもいい。
コウメが泣き叫んでいる動画を見るのもいい。
(コウメすらも大爆笑した動画が先日撮れました。笑)

なんでもいいから、ユリができそうなこと。
それで気持ちがおさまることを、これから一緒に考えていこう。
お姉ちゃんたちだって、同じだったから。
一緒に深呼吸した頃もあるし。

そんなことを伝えました。

大人だってイライラすることはある。
私も、子供達に指摘されることもある。
深呼吸したら?って言われて余計に腹が立ったこともある。笑。

でも、そんな時に、どうすればいいのか。
自分なりの解決方法が見つかれば、
これからも、多少のことがあっても乗り越えていけるんじゃないかな
と、私は思います。

私はそれを伝えること。
自分の経験を伝えること。
そして、自分もイライラムカムカを、ちゃんと表現すること。

そんな感情との向き合いかたを伝えるのも
私の役割。

さて、その②は、また今度。

今日から新学期。うおー。

夏休み最後ー

子どもたちの夏休みも今日でおしまい。

とその前に、工作遊びを。
IMG_20180825_130023.jpg
水彩絵の具を用意して。
orizome.jpg
障子の紙を使って、折り染め遊びー。
絵の具を触ると、なんか気持ちがいい。
じわーっと滲み出る感じがたまらなくいい。
子どもたちが小さい頃は、
外で思いっきり絵の具遊びをしていたけど
今は室内でのんびりと、です。

***

この前、かぼすジュースとゆずジュースを飲んだときのこと。
IMG_20180822_152013.jpg
飲み終わった後に、積み上げてハイチーズ。
おもろいことしてくれるのは、B型の二人。

***
今年は夏祭りがないので、
家でそれらしいことをしたくて。

トラをイルカみたいに演技させたい!
と思い、
紐を高いところに取り付けて、
そこに煮干しを取り付けて、、、
IMG_20180825_154133.jpg
トラが来るのを待つ。

あ、来た。
IMG_20180825_130829.jpg
でも飛びついてくれない。。。
支えがないと食べられないらしい。
tora.jpg
ピョーン、パク!の構図を狙って
カメラを構えても、、、、ダメだった。。。
IMG_20180825_161005.jpg
夏祭りらしい遊びはできないので
ビンゴ大会を。
IMG_20180825_151701.jpg
夏祭りでどうしてもえびせんが食べたかったらしく
家で作りました。
でも
「やっぱり外で食べないと、楽しくない」
んだってさ。

で、で、ですよね。。。


さて、夏休み前に「やりたいこと」を書いた表は
IMG_20180822_145813.jpg
かなり消せた!
この後、宿題が全部終わった記念に
ハーゲンダッツのアイスも食べて、大満足!

水引でアクセサリーを作りたくて
試行錯誤中。。。
IMG_20180821_095552.jpg

明日の朝は、起きられるかなー。

お母さんが作ったん?ほんまに?

習い事で帰りが遅くなる日は、
晩御飯も、テキトーになることが多いです。

圧力鍋でパパッと作れるものとか。
生協で買った「あとは焼くだけ」の調理済みお肉とか。

でも、夏休みでのんびり日中過ごしているので
先日は、ササミのカツを作って晩御飯に出したんです。

そしたら子供達がめっちゃビックリして。

「これ?ほんまにお母さんが始めから作ったん?」
「焼いただけちゃうの?」
「生協のんちゃうの?」

しげおが帰宅して
「焼くだけの晩御飯やったんやろ?」
と聞くと
子供たち「ちゃうねん。お母さんが一から作ってんで!」
しげお「ええええー」」
子供たち「ほんまやって!」

と、すごく私の味方をしてくれたらしい。
めちゃくちゃ興奮しながら。。。
しかも、しげおがそのことを
興奮しながら教えてくれた。。。

嬉しい。嬉しい。
嬉しんだけど。

そんだけ、今まで「焼くだけ」料理に
頼ってたってことだね。。。
週1あるかないか程度のつもりだったんだけど。
それでも多いか、、、笑

とにかくお母さんが「焼くだけ」に頼らなくなったことが
子供たちもわかり出してきたらしい、、、です。


ま、最近、料理作る気になっているし、
段取りも良くなっているし、
この調子で毎日楽しく料理を作れたらいいな。

でも2学期はユリの入院もあるし、
今後のこともあるから、簡単なおかず作りを
姉さんたちに教え込んでいないとなー。

さーて。子供たちも宿題が終わったらしいので
(自己申告制、、、笑)
明日は、念願のハーゲンダッツのアイスを買いに行きまーす!
何味にしようかなー。ワクワク。

夏休みイベント終了

一昨日は夏休み最後のイベントでした。

室内で涼しい〜ところで、
のんびり出展。

私は、夏休みのストレス発散(笑)
いろんな作家さんの作品をお迎えしました。

いや、今回出展されている作家さん、
個性派揃いで、見るだけでもめちゃくちゃ楽しかったです。
密かに、レベルが高い、、、イベントでした。
出展やワークショップしている人の人数から考えても
クオリティーやオリジナル度合いが際立っていました。。。

そんな中でお迎えしたのがこちら。

タツノオトシゴちゃん。
めっちゃ可愛いでしょ。きゅんー。一目惚れー!

IMG_20180820_105853.jpg
見た瞬間、運命を感じましたー。IMG_20180819_095002.jpg
今日は一人出店。でも隣には心強い友人がいてくれて
本当助かりました。
IMG_20180819_094957.jpg
インスタ見てきました。
くらげちゃん可愛いですよね。
くらげなんて見たことない!これ、めっちゃいい!
後でインスタ見ますね。

などなど、お客さまとも、楽しいお話をしたり
くらげ話に盛り上がりました。


もう一つドキュンズキュンしたのがこちら。
IMG_20180820_110056.jpg
ツバメちゃーん。巣付き。
有名な刺繍作家さんも出展していたラブママフェス。
他の作品も魅力的で、ああ、どうしよう、、、と
何回も見に行っては、悩み、、、を繰り返し
最終的にツバメ母さんと目が合いお迎えすることに。
いやあ、散財しちゃったー。
ちゃんと売り上げもあったけどねー。

それにしても、作家さんとたくさんお話できたり
マニアックな動物の作品を作る方と
マニアックなネタで盛り上がったり、
楽しい1日でした。

15時半に終わり、帰ってから
一から晩御飯作り。
しんどいわー。外食にしたかった〜と思いながらも
作っていたら、意外にノッてきて
なんだかんだで作り置きのおかずまで作ってしまいました。

イベントごとに外食してられへんし
最近は、イベントがあっても普通の料理を作っています。
体力ついてきたのかな(笑)。
ま、イベント慣れというか。
持ち物も少なくコンパクトにまとめられるようになったし
設置撤収も我ながら早くなりました(笑)。

***
家では、3人ともハマっている
アイスの棒やスプーンで工作
が、今の所大人気です。
ユリ
グルーガンでくっつけて、、、。
何を作っているでしょう。
お楽しみに!
IMG_20180817_150006.jpg
こちらはスミレの作品。
自分の自由研究そっちのけで、作っていました。
「楽しくてついつい作っていたら時間が過ぎるのを忘れてた!」
だってさ。

実はこれは、コウメの自由研究(工作)。
何を作るかずっと悩み、つい先日、決まりました。
IMG_20180817_145944.jpg
コツコツ地道に作っていく作業が
コウメには合っているようです。
グルーガンの使い方もニッパーの使い方も
日増しに上手くなっていくし、
職人ぽく使いこなすようになりました。
うん。職人気質だね。将来は、職人だね。何のか知らんけど。

IMG_20180817_111316.jpg
頭にこんなん刺しながら作業してたけど。
気持ちええの?って聞いたら
「横の髪のが落ちてくるのを防ぐため」なんだって。

わ、わ、わけがわからん。。。B型。。。

IMG_20180817_172033.jpg
ユリが作った積み木のタワー。
一つ一つ取って、崩れるのを楽しむ遊びを。
 IMG_201ユリ
と、その前に、
「ユリよりも高いの出来たー。
 トラと一緒に写真撮るー!」

と、それまで下着姿で1日過ごしていたのに
写真のために、普通の服に着替えたユリさま。

やっぱりちょっとヘン。B型。。。

***
ある日の晩御飯。
IMG_20180818_175904.jpg
だし巻き卵。
鯖の照り焼き。
ひじきの煮物。
味噌汁。ご飯。
ご飯以外は全て子供達3人で作りました。
(作り方は指導しました)
IMG_20180816_180919.jpg
こちらは洋食メニュー。
(インスタ映えを気にするスミレ姉さんは
 敷物一つにもこだわって、いろいろ探しておりました)

ポテトサラダ。
ハンバーグ。
野菜スープ。
ご飯。

こちらも全て子供達3人で作りきりました。

ありがたやー。
ゆくゆくは私の指導なしに
自主的に作ってくれたら嬉しいんだけど。
でも3人とも、サクサク作っていて
なかなか上手でした。
ていうか私がいつもやっつけで作っているのより
断然美味しかった(笑)。

ちなみに、これはスミレの自由研究の
一つの実験です。


さて、ユリが夏休み中に私にしてほしいことを聞いたら
「人生ゲーム!でもできないなら、コウメと百人一首で戦ってほしい」
とのこと。

えええ。ええええ。。。。。

お母さん、決まり字知らんし、
コウメには負けるわ、、、

って話したら

「ゴロゴロしてんと、コウメ対策のため、勉強したら?」

だとー!

ぎゃー!お母さんよりも厳しいー!
IMG_20180815_162047.jpg
てことで、決まり字覚えるために、
ノートに書き写して勉強です。でも、眠い、、、。IMG_20180815_162043.jpg
隣では、ユリが1番から書き写している百人一首を
地道に書き進めていました。でも、こちらも途中で集中力切れ。

ユリからずっと急かされている
コウメとの百人一首大会。
明日決行です。
母ちゃん、全く、決まり字覚えられません。。。
負けるわ。。。はあ。

誕生日プレゼント*水墨画

誕生日、子どもたちからプレゼントをもらいました。

ユリからは、マスキングテープで作ったケーキの絵を。
IMG_20180813_184334.jpg
めちゃくちゃマスキングテープたくさん使っているし
かなり大変だったと思いますが、
私が留守だった時に、本を見ながら作ったんだって。

私にすら面と向かって
「お誕生日おめでとう」って言うの恥ずかしいみたいで
もじもじしながら、渡されました(笑)。

IMG_20180813_183940.jpg
コウメからは、プラ板で作ったマグネット。
「もう44さいになるんだね」というストレートなメッセージ付き。

そして先日スミレとコウメがお金を出し合って
ロフトで買ってくれたペンケース。
IMG_20180813_183742.jpg
予算をかなりオーバーしたらしいのですが
おかげさまで、めっちゃいいもの買ってもらえました(笑)。
色はお母さんの好みじゃないけど、、、と言われて
ものすごく納得したけど、
使いやすさも形状もバッチリ。
絵本制作や日々の宿題の丸付けように
使わせてもらうねー。

ま、コウメからは
「予算オーバーしたせいで、お小遣いすっからかんや!」
って、何度も何度も言われてたけど。
事あるごとに「ほんまに高かったんやから!」と言われているけど。

それでも嬉しいのです。
スミレも予算オーバーしたけど
喜んでもらえて嬉しかった、って言ってたし
お母さんもとってもうれしです。

IMG_20180813_183556.jpg
スミレからは、雲のプラ板ブローチを。 IMG_20180813_183919.jpg
こういう手紙や文字なんかも凝ってて。

***

さてさて家遊びが続く我が家では、
先日、水墨画で遊びました。

水墨画って何?
一体、何を描いたらいいのかわからん、、、
と子どもたちが言うので、
ネットで検索して、ヒントを与えました。

真似から始めていいと、私は思います。
真似っ子して、真似っ子して、真似っ子して
そこから「あ、こんなのも描いてみたいな」と
思えたら、それでいいんだし。

ユリは、猫のカレンダーの写真を見ながら。
IMG_20180811_132912.jpg
写真の子は、めっちゃかわいい猫ちゃんなんだけど
水墨画で描くと、味のある猫ちゃんになる。
それもまた、いい。

へのへのもへじで描く猫、というのが
ネットであったので、それを見ながら。
IMG_20180811_132840.jpg
へのへのもへじの猫を考えた人、すごい!
IMG_20180811_132639.jpg
ありきたりですが、鬼なお母さん。
「おこっているお母さん」作:コウメIMG_20180811_132627.jpg
猫に見えるけど
「犬です」作:コウメ
IMG_20180811_132537.jpg
チラシから拝借。
ちっちゃいおっさん。
IMG_20180811_131838.jpg
絵と文字の組み合わせも面白い。
作:スミレ
IMG_20180811_131802.jpg
「夏の夜 ぼくは一人 なくこかな」作:スミレ IMG_20180811_131728.jpg
スミの吹きかたとか、めっちゃうまくかけたらしい。
作:コウメ
IMG_20180811_131713.jpg
わがは いもねこ ???
いもねこって???

「わがはいは ねこである」の続きで
「わがはいも ねこである」なんだそうです。作:スミレ

IMG_20180811_131654.jpg
スヌーピー 作:ユリ
IMG_20180811_131640.jpg
黒猫ちゃーん。
IMG_20180811_131631.jpg
作:かあちゃん
ねこふんじゃった
IMG_20180811_131548.jpg
絆が飛んでいってしまっては良くないんだけど
「ふわり」作:かあちゃん

自由に思うがまま筆を動かすのって、楽しい!
もっと字がうまくなりたい!
でも習字苦手!です。ワタクシ。

結局4人で95枚も描きました。

面白かったー。

誕生日記念に弾丸日帰りの旅

先日、誕生日を迎え、
シジューシー(ジューシー、、、うん潤っているってことね!)
になりました。

この日は、しげおも私も偶然仕事が休みだったので
ずっと前から叶えてみたかった弾丸日帰りツアーを決行しました。

日帰りなのにそんな遠くまで行って、
そんなことまでしてきたの?

と思えるようなところに行きたくて、
ずっと金沢や富山への計画を考えていたのですが
どう考えても交通費が恐ろしいのと
夏休みなんかに21世紀美術館に行ったら
激混みでしんどいやろうし、、、
てことで、計画変更。
本州の最南端方面に行くことにしました。
IMG_20180814_071647.jpg
太地町。くじらの町です。
早朝3時過ぎに出発し、
到着したのは朝の7時くらいだったので
駐車場には車中泊している人たちがいっぱい。
中には、車中、、、ではなく、ちっさい海で使うような
一人用のテントを芝生に置いて寝ているオジさんもいました(笑)。

私たちは、ここで朝ごはんを。
モーニングあるって知らなかったから
いつも通り買っておいたパンとジュースを食べて一休み。

もっと真っ暗で、朝日が上がるのを
ゆっくり待って、朝ごはん、、、と思っていたのに
6時にはすでに太陽さんさん。
海辺を走っている時には、もう眩しいっちゃあありゃしない。
そのうち太陽の光が海に反射して、
さらに眩しさ激増。
後部座席でコウメがギャンギャン泣き叫んでいました。。。
(う、う、朝からうるさい、、、)

今回は海には入らずに川遊びをする予定だったので
くじら浜海浜浴場では、足だけ浸かって遊ぶことに。
IMG_20180814_080256.jpg
それにしても素晴らしい朝日!
そして、キラキラの海!ヒャッホーイ!IMG_20180814_080718.jpg
いつも行く海は、砂浜も細かい砂ばかり。
でもここは、石だらけ。丸っこい石を見るのも
子供たちにとっては珍しいので、ウハウハでお気に入りの石さがし。
ユリがシーグラスを見つけたのを機に
次はガラス探し。なんだかんだで泳いでいないのに(笑)
けっこう楽しめました。
IMG_20180814_084153.jpg
ここは映えるポイントだな、と思います。 IMG_20180814_085110.jpg
くじら浜はくじらのいるいけすがあって、
1日に数回くじらが解放されて、人間と一緒に泳げる、、、
という浜なので、本当にくじらと一緒に泳ぎたいなら
ここで泳ぐのがベストなのですが、今回は、博物館で
くじらを学びました。
IMG_20180814_090001.jpg
子どもたちが学んだのは、くじらは魚ではないということ。

でも、帰ってから
「やっぱさ、泳いでいるんやから魚ちゃう?」
って言うし、

くじらの大和煮を食べながら
「これさ、やっぱ魚っぽいで。肉ちゃうって。
 くじらは魚なんちゃうの?」

と、未だに魚だと信じようとしています。

確かに肉としては、魚に近いのかな、、、
いや、でも立派な哺乳類だから!肺呼吸してるし!

IMG_20180814_093041.jpg
くじら博物館とか言っておきながら
イルカがメインのショー。IMG_20180814_093627.jpg
ダイナミックな泳ぎとジャンプ。
イルカも気持ちい良さそう。 IMG_20180814_093720.jpg
アドベンチャーワールドのような派手なパフォーマンスはないけれど
短い時間で、イルカの生態を学びながらショーを楽しめました。
IMG_20180814_093723.jpg IMG_20180814_093809.jpg IMG_20180814_093902.jpg
クジラショーも見ました。
IMG_20180814_101627.jpg
小さいクジラです。
スミレはもっと大きなクジラが出てくるのかと思っていたらしい。 IMG_20180814_101627.jpg
クジラもイルカに負けないくらいのジャンプを頑張っていました。
へえ。クジラもこんなことできるんやー、という発見。IMG_20180814_103402.jpg
イルカの餌やり体験。
クゥウゥーンって鳴きながら口開けて、待ってるねん。。。IMG_20180814_103625.jpg
め、め、め、めっちゃかわいい。。。

もっと色々楽しみたかったけど、川遊びに行くために
早々に切り上げて、道の駅に戻って、くじら丼を食べました。

しげおは、食には全く興味ないし、
しげおが計画する旅行では、食べ物なんてありつけたらいい
くらいの感じで「美味しいもん食べに行こう!」という提案は一切なし。

でも私は、一応、女子なので、
美味しいものは食べたい。
美味しいものを求めて旅をする、その行為は当たり前。

なので、今回の弾丸ツアーでも、
食は、しっかりこだわりました。

さてさて30分ほど車を走らせたら、古座川に到着。
遊べそうなポイントを探していたら、いいところを見つけました。
下流の方で、水はそんなに綺麗ではないけれど、
浅いところも深いところもあって、ジャンプできる岩もあってIMG_20180814_124025.jpg
トイレもちゃんとあって、 なかなかいいところでした。IMG_20180814_133740.jpg
夏らしい空!
雲が低くてモクモクで山と空と雲のコントラストがはっきり。 IMG_20180814_133624.jpg
曇っている時間も多くて、川の水はかなり冷たかったのですが
石を積んで遊んだり、
IMG_20180814_143300.jpg
プカプカ浮いて遊んだり。
海でも川でも結局は同じ遊びをしていたような(笑)。

飛び込める高さの岩もあったので
みんなで飛び込み合戦。
IMG_20180814_152318_1.jpg
さすがに捻挫の私に強要する人はおらんやろと思っていたら
スミレが「誕生日なんやし飛び込もようよ」と。

そ、そ、そうですね、、、。
足に負担がかからなければ、飛び込みましょう。。。

てことで飛び込みました。
私、飛び込むのは好きなので、、、
その後も言われるがまま飛び込びました(×5)。

ババア、頑張った。。。

行きは私が運転。
帰りはしげおが運転。

朝、高速を降りて、海沿いの街に出てきた時
あまりにもすごい波しぶきと
大海原に感動して

「うわー。すごいー。ザッブーンや!ザブーン!
 ほら、見てよー!ザッブーンやで!太平洋やで!
 ダイナミックやで!すごいわー!うわー!」

と感動して、家族とその気持ちを共有したかったのに
しげおは助手席で爆睡。
子供たちは「まぶしいから見たくない」で
完全拒否されて。

でも、帰りは、しげおと一緒にザッブーン感を共有。
私も助手席ゆえに惜しみなくシャッターを切れて
大満足でした。
IMG_20180814_161321.jpg
いつも行く日本海とは大違い。何もかも大違い。IMG_20180814_161326.jpg
日本海はやっぱり穏やかだな、、、と思います。
IMG_20180814_164840.jpg
太平洋ゆえに(笑)空も広く感じる。 IMG_20180814_165022.jpg
関西に住んでいると、なかなか太平洋を拝むことなんてできません。
だからこそ貴重。だからこそ、みんな和歌山に行くのかな(笑)。

でもこんだけ海が近いところを走っているので
町の至る所に「避難ビル」と指定されたビルがありました。
津波は本当怖い。
避難ビルって言っても3階建くらいのものもあったり。
もっと大きなビルたくさん作ってもいいのに、、、
いや作れるように支援してあげてよ、、と思いました。。。

その後は、大渋滞の中帰ってきました。

最後のお目当ての海鮮丼を途中のSAで食べることができて
ミッションコンプリート!

楽しい旅に、子供たちはもちろんしげおも
「和歌山って、パンダと海だけやと思っていたけど 
 川も楽しめるんやな。見直したわ」
と言ってくれて、私も大満足。

また来年も計画立てて、弾丸日帰りの旅に行くぞー!
次はどこ行こー。



夏休みの料理

長期休暇には、子どもたちにも
料理を作ってもらう機会がたくさんあります。

今年は、私が1日中留守にすることがあるので
昼ごはんを子どもたちだけで作ることもありました。

コウメとユリのお留守番の日には、
ご飯とおかず2品くらい作ってお弁当に入れておいたのですが
あとは、2人で卵焼きを作ったようです。

3姉妹でお留守番の日は、
炒飯を作る予定だったのですが、
ベジタブルミックスもなく、
味付けもどうしたらいいかわからなかったようで
味がうす〜くて、人参も硬くて
なんだかなーな、仕上がりになったのだとか。

うーん、なかなか現実は厳しいねー。

先日の花火大会の日は
私も家にいたのですが
おにぎりと卵焼きとポテトのベーコン巻きを
3人で作ってくれました。

こちらは、とっても美味しくできてて
みんな満足したようです。

みんなで協力しあって1つの料理を作る、
というのは、意外と大変なので、
今度からは、一品ずつ作る、、方式で
頼んでみようかなー。

2学期に入ったら、卵焼き、ベーコン巻き以外の
おかずを教えていこうっと。


***
料理作るのめんどくさーな時は
ホットプレートを使うと、
子どもたちも気軽に手伝ってくれるので助かります。
IMG_20180807_121752.jpg
この日の昼ごはんは焼きそばを。
みんなでワイワイ作るのって、単純に楽しい!

そして、この後、私は昼寝へ(笑)。
もちろん、ホットプレートは、このまま、、、。

じゃ、夜も、ホットプレートを使って
なんか作ってもらおう!

てことでエビとアスパラガスのカレー炒めを
作ってもらいました。

一品だけでも子どもたちに作ってもらえると
本当助かります。。。
そして、何より、子どもたちも楽しんでいて、、、
私も嬉しいです。

ホットプレートさまさま!

でもやっぱり、片付けはターイヘン。
めんどくさいー。


***

私は、、、といえば、
今年は、うどん、ラーメン、焼きそば、そうめんに
あまり頼らずに、何とか昼ごはんをしのいでいます(笑)。

残り物のご飯とか、
昼から唐揚げとか
割と、ご飯食をちゃんと(作り置きも含めて)作って
食べています。いいお母さんだ(自画自賛)。

子どもたちが小さかった頃は
スーパーに行ったついでに
「パンでも買って帰ろうか」
と、昼ごはんをパンで済ますことも多かったのですが
今は、満足出来るだけのパンを5人分買うだけで
どっひゃー!な金額になるので、
滅多にパンは買わなくなりました。

あと、マクドも。

先日、トランポリンの帰りにマクドに寄ったのですが
「やっぱりマクドはいい!」らしいです。
美味しいし、選べるし、らしいです。

ま、たまには、ええっかな。

てんとう虫パークでトランポリン

先日、てんとう虫パークに行ってきました。
トランポリン
9時開店で9時までに到着できるように
車を走らせたつもりだったですが
平日の道路の混み具合をなめてた〜!
めっちゃ時間かかって、9時過ぎ着。

それでも、前回行った時より(この時は日曜日やった)
ちょっとだけ空いてて、思う存分遊ぶことができたみたい。

ま、私は、未だに「運動禁止」って言われているので
見学だけだったんだけど。

子供たちも、前回行った時より、よく跳べるようになっているし
(そりゃ毎週習っているもんな、、、)
心底、跳ぶのが好きなんやなーって思うくらい
あっちゃこちゃ行って跳んでいました。

毎週、ちょこっとだけ練習を見学しているので
先生が言うようにアドバイスしたら
「そんなんわかってるねん!わかってても、できへんねん!」
と、ごもっともな返答を受け取っています。

わかっててもできないことのモヤモヤとか
私も今まで何度も経験しているし
「そんなん言われたくないねん」と思ったことも
数え切れないほど。

まさか、自分が言う側に立つことになるとは。

できる限り、見守って、口出ししない

方針で今までやってきたから、
多分、一般的な保護者の人よりは、
口出しは少ない方だとは思うけど
それでもやっぱり、言っちゃうんだなーと
思ったのでした。反省反省。

  IMG_20180809_100129.jpg
黒いゴムのトランポリンは、
ふわふわドームより跳びにくかったらしい。
もうちょっと弾力性があってもいいのに、、、
と姉さんはボヤいていました。

IMG_20180809_105354.jpg
実は、ユリが一番早く技をこなてしていっています。
先生の教えを素直に聞いて、割とすぐに実行できているみたい。
腹打ちの技も、かなり上手くなりました。
IMG_20180809_110734.jpg
怖がらずに跳んでいる、という点ではスミレが一番です。
高く跳んで技を習得しているのですが、
腹打ちのあたりで躓いていて、難航しています。
来年のバッジテストで1級習得できるかな、、、。微妙。。。
IMG_20180809_111520.jpg
ユリも怖がらずに高く跳んで技に繋げられたらいんだけど
苦手な技のところは怖いらしい。。。
IMG_20180809_111701.jpg
コウメもトランポリンを始めて半年が経ちました。
不器用ではあるけれど、めげずに頑張っています。
 IMG_20180809_111717.jpg
高く跳べるようにはなった、、、
でも技は苦手。。。
IMG_20180809_111748.jpg
あ、これ、ユリなのですが、
技に失敗して転んだ、、、のではありません。
背中打ちという技で、背中でぴょんぴょん跳ねるのです。
かなり難しい技で、なかなかできません。。。
技ができないと、寝転んでもがいているように見えて、笑えます。

ま、そんなわけで、夏休みに行きたいところの一つだった
てんとう虫パーク(通称トランポリンパーク)で
いい汗流すことができて、普段の運動不足も
少しは解消したのかなー子供たち(笑)。

私は運動禁止令が出てるし
テーピングしている間、動かないようにしていたし
車&引きこもっていたので、
体重が1キロ太ってしまいました。。。

この数年、減ることはあっても
増えることなんてなかったのに。。。
やっぱ動いてなあかんね、、、

トランポリンも、、、やりたかった、、、
次こそは!跳びますぞよ!

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす