FC2ブログ
   
06
1
2
4
5
7
8
11
13
14
15
16
17
19
22
24
25
26
28
29
30
   

発表会終わって*ベーコン巻き*鉛筆削り

ピアノの発表会、終わりました。

こんな地震で開催されるのかな?と思っていたのですが
学校も始まっているし、隣の市だけど会場も大丈夫なんだろう、
と思って、行ってみたら、、、

福祉会館という名の通り


震災のボランティア活動の拠点地となっていました。


1階には支援物資が山のように積まれていて
ボランティア団体の人が点呼とってて
「報道の方へ」の貼り紙があって、
控え室の近くには、ボランティア控え室があって
老若男女のボランティアさんが走り回っていました。

「ピアノの発表会」の雰囲気で
ドレスと花束抱えて訪れた私たちは、
まさに「宇宙人」。

ご、ご、ごめんなさい。。。


と思った瞬間でした。。。。

IMG_20180624_123258.jpg
スミレはギロックのワルツエチュードを。
コウメはベートーベンのソナチネを演奏しました。

ま、コウメは、なんだかんだで
曲にのめり込んでいるし、楽しそうに弾いていて
いつもいい選曲をしてもらっているなあと思います。

スミレも、いい曲をもらったはずなのに
まあ、間違えるわ間違えるわ。
ソロのトリなのに、そんなプレッシャーに押しつぶされた
と言うより、気にしてない!
っていうくらい堂々と間違えていました。

ピアノに関しては、成功体験がないスミレ姉さん。。。
失敗体験大事、と思っている私ですら、
こんなに成功体験できないのって、どうなんやろう?
と思ってしまいます。。。。

先生が提案したもう一つのの曲を選んでいたとしても
「間違えずに弾く」が普段からできていないんだから
間違えていたでしょう。ピアノの発表会ならまだしも
そういう手抜きは、将来、ガツーンと痛い目に遭うので
その時に充分反省してください。もう母さん、知りません。


***

IMG_20180627_093452.jpg
発表会でいただいた花は、ドライ中。
綺麗にドライになるといいんだけどなー。

***
仕事から帰ったら、こんなところにトラがいました。
IMG_20180627_115256.jpg
すのこの向こうに、、、
IMG_20180627_115251.jpg
手が見えた!
IMG_20180627_115233.jpg
昼寝していたようです。起こしてごめんよー。  

***

コウメの卵焼き作りが、安定してきたので
一旦、卵焼き作りは卒業することに。

次の課題は、肉巻き、
ならぬ、ベーコン巻き!
(バラ肉を毎日用意するのは大変なので、、、)

この日はいんげん豆を巻いていました。
次は、何巻きにしよー。

***

子どもたちとしげおが塗り絵をしていた時のこと。
肥後の守
ふと気がつくと、ユリが刀で鉛筆を削っていました。
さすがですわ。。。上手ですわ。。。

小刀は肥後の守。使いやすいー。未だに切れ味いいー。
ま、いつか研がないといけないんだろうけど、
まだまだ大丈夫ー。


そんなわけで
あっという間に水曜日も終わり。

子どもたちのプールはまだ再開されません。。。
ブロック塀撤去するらしい、、、。

こんなに暑いのにねー。
臨海学習あるのにねー。

市民プールも全て営業停止。
隣の市の市民プールも1つを除いて営業停止。

そりゃそうだよね。
ブロック塀あるもんね。。。

今年の夏は、泳げません。。。

悲しすぎる。。。
どこか思いっきり泳げるプールはないかなー。


スポンサーサイト

漢検*ピアノの練習*手術入院

余震も少なくなってきて
このまま落ち着いてくれたらいいな、、、と思いながら
毎日過ごしています。

地震の前日は、漢検でした。

今回は、スミレとコウメしか受検しないし
しげおも仕事じゃないから、家にいてるし
ユリはついてこなくていいよ、

と伝えたのですが

「ユリも一緒に行く!」

と言ってきかなくて。

どうしてもしげおと二人きりが嫌なんだって。
恥ずかしいんだって。
どんだけ人生ゲームできることになっても
どうしてもどうしても嫌なんだって。

ただ、漢検は、待ち時間も長いし、
待合室は、静かにしとかないといけないし
「何したらいいのー?」と言ってお母さんを
困らせるようなことはしたらあかん、と
何度も念押しして、連れて行くことに。

それにしても、待合室で何して過ごすんやろう?
と思って見ていたら、
「ちはやと覚える百人一首」の本と自由帳を出して
百人一首を書き写していました。
1から順番に書いていて、
すでに10首以上書いていたんだけど、
自分が書ける漢字だけ書いて、
あとはひらがなにして、書き写す作業を。

横で漢字の勉強していたスミレ姉さん、
ドン引きしてたけどね。
スミレ姉さん、百人一首苦手やし
コウメとユリが百人一首するのそばで見ているから
少しは覚えるようになったけど。
ユリは、百人一首、本気でコウメに勝ちたいと思っているようで
必死に覚えているので、
まあ近い将来、スミレよりも強くなるのは必至だね。

ま、そうは言うても、
百人一首を書き写すのは大変な作業のようで
5首くらい書いた後は、絵を描いたり、
ぼーっとして過ごしていたけどね。


漢検の結果は、、、というと
まあ、多分、二人とも大丈夫そう。
満点目指してはいたけど、
「やっぱ満点はありえへんわ!」
だそうです。ですよね。。。

今年度中にスミレが漢検5級合格できたら
次は英検かな。。。
ていうか、英語の検定試験も
いろいろありすぎて、わからへん。。。
とりあえず、中学校の授業についていけることが
一番大事だけど。。。超絶心配だけど。。。



ちなみにコウメは、百人一首が得意だからか
国語の授業で少し触れる古文も
すらすら読めます。初見で。
去年、スミレが竹取物語読んだ時は
どえらい読みっぷりで、
3歳くらいの子が、
ひらがなを読めるようになったかならないかの状態で
ノンタンの本を読む、、、そのレベルでした。
おそろしやー。

***

漢検が終わった後は、
ぴあのちゃんのお参りへ。
まさか次の日に地震が起きるとは
思っていなかったけれど。
地震が起きた時、大阪じゃなくて、天国に向かう途中で
よかったね、、、と思いました。
IMG_20180615_185809.jpg

***
漢検の次の試練は
ピアノの発表会。

服と靴を履いて、
ペダルの踏みやすさを確認。
IMG_20180616_153155.jpg
スミレは最後の発表会になる予定。
ソロの最後を任されて、ドキドキ。
ていうか「私無理!」「どうしても間違えてしまう!」
とブーブーブー。
今までピアノと真正面から向き合ってこなかったから、
仕方ないんじゃない?と思いつつ
それでも、去年に比べると
間違ってしまうところを集中的に練習したり
時に片手で練習してみたり、
私やコウメにアドバイスを求めてみたり
いろいろ工夫はしていました。

何度も言うけど、去年までは一切そんなことしていなかったんで!
先生が時々「片手で練習1回はすること」とか
「このフレーズのところだけ何度も練習すること」
と言って、宿題を出してくれるのを
そのままその通りに、いやそれ以上のことは一切しなかった
これまでの4年間。
それがこの数ヶ月だけは、自分で考えて
練習に取り組むようになったんだから、
それはそれで成長なんだろうな、と。

私は、
上手くなるために、間違えないために
どうすればいいかを、自分で考えてやってみる。
やってみてあかんかったら、
次どうするかを考えてやってみる。
それでも、わからなかったら、誰かに聞いてみる。

その行動が大事なんだと思っているので。

ピアノを習わせているのも、
ピアノが弾けるようになってほしい
だけでなく、
練習しないと上手くならないことを体感できる習い事でもあり
誰かが助けてくれるものではなく
自分の力でなんとかしないといけない習い事でもあり
戦うのは「自分の心」であり、
ある意味、体育会系の習い事だと思って通わせています。

ま、最終的には、音楽を奏でることが楽しいと
思ってくれたらいいし、
その点、先生は、子供たちの心を
うまくナビゲートしてくださっています。
(親じゃ絶対にできないことだもんね、絶賛反抗期だし!笑)

IMG_20180616_153809.jpg
コウメも、間違えやすいところを中心に練習を。
この人は、割と、曲にのめり込んだり、
「魅せ」たがるので、行動がオーバーですが(笑)。

***
漢検の朝、仕事が休みだったので、
縫い縫い仕事を。
IMG_20180617_101255.jpg
久しぶりに自分のカバンを作りました。 IMG_20180617_101326.jpg
斜めがけにも、手提げにもなるカバン。
通勤用のカバンが使いやすくて、
それをそのまま真似て作ってみました。
A4ファイルも入るし、便利〜。

夏はかごバックメインだけど、
本を数冊入れたり、荷物が増える日は
このカバンで出かけようっと。

***

ユリの耳鼻科検査第二弾。
朝から大学病院に行ってCT撮ってもらって。

で、結論。
耳の手術が必要です。
切った方がいいです。
麻酔して3時間かかる手術です。
入院から退院まで10日間みといてください。
リスクは、これとこれで、、、
あ、また今度、詳しく説明します。
とりあえず、手術と入院の予約しときますね。

帰宅後、いろいろ調べたら
不安になることいっぱい。
危険いっぱいの手術。
一生付き合っていかないといけない病気で
危険は回避できても、症状が良くなる可能性は低いまま。

とりあえず、医者を信じて
任せるしかないんだけど。

8月末入院予定なんですが、
日にちがありすぎて、余計に不安に。
それまでも、アレルギー検査とか
麻酔使えるかとか、諸々の検査があって
今年の夏休み、てんやわんやなんだけど。。。
仕事、休まないといけない日、増えそう。。。
お出かけは最小限、、かな。ま、お金かからんでええけど。

ユリも独りで入院とか
手術とか、とにかくよくわからなくて
でも不安で、イライラしてて。

今は、とりあえず普通の生活出来るし
入院が近づいたら、いろいろ話できることもあるだろうし
私も、それまでは普通の生活して
普通に夏休み過ごせるように、頑張んなきゃね。


今年は、本当、自分の周りでいろいろありすぎて
自分の体のことも放ったらかしにしてたら
体調悪くなってきてて、未だに乳がん検査の予約も
入れられず。。。ユリの病気、どうなるかわからんしな。。。
健康診断もいけていないし、
なんか、もう、、疲れた。。。。。

地震記録<2018.06.19>

子供たちと一緒に、一泊分の着替えをリュックに詰め
持病の薬と一緒に玄関に置いて、
みんなで寝ました。

で、朝、仕事へ。

昨日は結局、朝8時半の段階で店を閉めたとのこと。
中に入ってみると、

ワインが落ちたんだな、
いろんなものが落ちたんだな、それをとりあえず拾って
ちょっと掃除したんだな

が、わかる程度の作業だけは、昨日のうちにやっていたようです。

でも、目視して大丈夫そうな蛍光灯が割れていたようで
商品を取ろうとした時に破片を触ってしまい
怪我をされたお客様がいました。

目視じゃわからなくても、
すみからすみまで安全を確認してから
オープンしてほしかった。。。


朝いちばんに来たのは、
30代後半のお父さん。
ダッシュで店に入り、
トイレットペーパーを奪い去って行きました。
すごかった。。。

オープニングセール並みの賑わいで
本当えらいこっちゃでした。。。
水はすぐに売り切れ、
ガスボンベも、一人で何本も買っていく人がいるから
すぐになくなっていくし、
みんなカップラーメンを大量にカゴに入れて
小さいお子さん連れのお母さんも、頑張っていました。

ま、そんなこんなでエライコッチャの中
仕事を終えて帰って、すぐにガソリンスタンドへ。
ガソリンなんていつも
1000円もしくは2000円分しか入れなくて
半分入っていたら、多いわ!って思うくらいなんだけど
非常時に備えて、とりあえず満タンにしてみました。。。
なんか、車、重いんやけど。。。


学校が休校になった娘たち。
でもとりあえず暇で、喧嘩しまくっていました。

私は、絵本展の作品を
あと1つ完成させなきゃいけなかったので
その製作に。娘たちに邪魔され、ダメだしされながら
ようやく完成。。。疲れたー。

余震は明け方に1回、仕事中に1回あっただけ。
余震の少なさは、なんなんじゃ?と不安になります。


夕方、学校から「明日から再開します」
の連絡をもらって、一安心。

あと1週間は子供部屋で寝る約束をしたんだけど、
もう、母ちゃん、からだ痛くて辛いです。。。。

って思っていたら、しげおだけ、
ベッドで寝てる。。。
非情すぎる旦那。。。


ライフラインに問題がなかったので
被災した感覚があまりなく、
でも、その割に、何をするにしても
やる気が起きなくて。

なんか私、怠けたいんかな?
と思っていたら、
他のお母さんたちも同じだようで、
いつも元気な人ですら、
ご飯作る気力わかへん、、、言うてるし
片付ける気になれなくて、、、と言うてるし
自分だけじゃないんだ、、と思って、ちょっと安心しました。

この日の晩は、明け方の余震1回だけでした。

キャンプ用のマットも慣れて眠れるように。

地震記録<2018.06.18>

午前7時58分 地震発生 震度6弱
(もしくは5強なのか不明)

仕事中で外で荷物の受け渡しをしていた際でした。
すぐに荷物にロックをかけて、
「子供たちがいるから」と帰宅させてもらいました。

荷物を取りに店内に入ったら
緊急時の停電状態で、
非常用のライトだけになっていて
倉庫もいろんなものが落ちてきていて
荷物のある控え室も、いろんなものが散乱していました。

自転車かっ飛ばして帰る途中、
ハトの死体を発見。
ショック死だったのかな、と。

PTAの立哨時間は少し過ぎていたからか
立哨当番の保護者の姿は見えず
子供たちも普通に登校していました。
え?と思いました。

家の近くまで来たら、近所のママと遭遇。
携帯忘れていたので、学校からの連絡の有無を聞いたら
「まだ何にも」と。

家に帰ったら子供たちはいなくて。
しげおに確認したら「大丈夫」としか言わず。
詳しく聞いたら
「学校の方が安全だから、子供たちは学校に行かせた」と。

はあ?

と思いながら、今から子供を追いかけても間に合わないし
学校の対応を待とうと思い、家の中を見たら、
食器棚が開いて、お皿がたくさん落ちて割れていて
写真を撮ることも、割れたお皿の枚数を数えることもできず
ただ危ないからすぐに片付けなきゃ、と思って
割れたお皿を袋に入れて新聞紙で詰めて庭へ。

2階に置いてる本棚のカラーボックスは倒れてパキーンって
ヒビが入ったので処分することに。

ご近所ママさんに会って、
「幼稚園は休園って連絡きた」
「中学校は運動場で待機って連絡きた」
という話を聞くものの、小学校からは一切連絡なし。

手持ちぶさただったので、
とりあえず、家の周りを一周して、
壁にヒビが入っていないか確認。
問題なしでした。

最初に学校からメールが届いたのは8時40分。
「児童の登校状況について確認中です。
 登校した児童は運動場に避難しています」
とのメール。

電話がつながらない状況の中、電話でしか
保護者と児童の登校を確認できないのって、どうなん?
と思いながら。。。

8時54分。
引き取り下校の連絡あり。

学校に向かう途中でママ友に会ったので
おしゃべりしながら歩いて。
しゃべれってすっきり。
こういう時は、お友達と喋るのが
一番心が落ち着くね。

運動場に学年ごとに集まる子供たち。

2年のユリから順に引き取って、帰りました。

子供たちに「どこで地震にあったか?」を詳しく聞くと
ユリ「家を出て隣の家の前を通り過ぎようとしたところで
   揺れているのがわかって、すぐに家に戻った」
コウメ「リビングのソファに座っていたら、
    人生ゲームが頭から降ってきた」
スミレ「2階で学校に行く準備してた」

って、なんでいつもバラバラやねん!
これからは3人揃って学校に行くことを
姉さんたちに誓わせました。

そして。

「地震があった時は、学校に行ったらあかんのです」

と、キツく言いました。
(お父さんが行けと言っても行ったらあかん!)

「引き返すより、学校の方が近ければ学校に行き、
 家の方が近ければ家に戻りなさい。
 3人一緒やったら、その判断は一緒に考えられるでしょう」

という助言も。

その後「お母さん、仕事先にいて大変やってん」
という話をつらつらと。
そしたら、娘たち揃って

「商品がかなり壊れたんやろ。それって大変やん。
 お母さんのお給料、下げられるやん!
 マジやばいやん!」


お母さんの身体の事、心配してくれへんの。。。
かなり危険やってんけど。。。
お給料の話なん?お金なん?お金が大事なん、、、?

非情な3姉妹。。。

帰宅後は、子供たちには部屋の片付けをさせました。

子供部屋も散々で、いろんなものが落ちてきていたので
「地震が起こると、落ちてくるものが何かわかるよね。
 タンスも、ほら、引き出しが開いて、服がこんなに落ちて、、、」
と話すと、

「あ、これ、地震の前から、こうやったから」

って、え”ーーーーーーーーー。
かなりの惨状やってんけど、それって、地震のせいじゃないんや!

どかーん。
ある意味、別のショック。。。


とりあえず、私は、玄関から片付け開始。
ドライフラワーもたくさん床に散らばっていたので
処分を決め、その他、落ちてきたものは元に戻さずに
別に置くところを決めて、、、の作業を。

我が家にはテレビがないから
悲惨な映像や繰り返される情報が
目からも耳からも入ってこないので、
とても快適です。

ただ、現状がよくわからなくて
ネットのニュースや気象庁の情報を確認していました。

夕方、もう一度、通学路と通勤路で
危ないところはないか、確認しに行きました(一人で)。

自分の通勤路は、ヤバイところがありましたが、
通学路は特に問題なく、
ただ、学校まで行ってプール確認したら
確かに、全部、ブロック塀。。。
支えはあるけど、こんなんで倒壊防げるん?と思いながら。。。

晩御飯も作る気力がわかなくて、
とりあえず、、、何を作ったのかもわからないのですが
何か作って、、、夜は一緒に子供部屋で寝ました。

久しぶりにキャンプ用のマットで寝たので
寝た気がしなかった、、、余震も2回くらいあったし、、、。

そんなこんなで翌朝、、、
の話は、また明日。

地震がありました

朝、地震がありました。

結論から言うと、
今の所、家族全員無事です。

学校に行っていた子供たちも
学校の指示が出てから引き取りに行きました。

動物たちも元気です。

余震が思ったよりも少なくて
それが不気味でなりません。

阪神大震災の時は、
余震の連続だったので。

壊れたものは、
お気に入りのたち吉の小鉢。
10皿中7皿割れて捨てました。
その他のお皿も数皿割れました。
欠けたお皿もたくさん。

本棚として使っていたカラーボックスも
落ちた時に切れ目ができて破棄することに。
新しい本棚、買わないとな。。。


とりあえず、今日はみんなで寝て
一泊できるだけの衣服と薬を玄関に用意して
水もいっぱいいろんなところに貯めて
草木の水やりも終えて
とりあえず、の食料も揃えて
明日は、買い出しに行けるかな。

学校も明日はお休み。


心配なのは、やっぱり学校のプールの塀で
夕方、通学路と通勤路のチェックに行った時に
塀を確認したら、全部、ブロック塀でした。。。
プールの授業厳しんちゃうかな。。。
すぐに対応できるんかな、、、。

でもまずは、早く学校が再開して
安全な状態で授業が受けられますように。


折り紙名人*卵焼き修行

折り紙名人ユリは、
クラスのお友達が作っていた折り紙の折り方を
じーっと見て(自分は作らずに)
頭に叩き込んで帰ってきます。

そして、家で作っているのです。

その場で教えてもらって、
その場で1回作ってみたら、簡単にできるのに。

でもユリは
「教えて」とも言わなければ(言いたくない)
「教えてあげるよ」と言っても頑なに拒否するので
仕方がありません。。。

でも、確実に覚えて帰ってきていました。
そして、まず私に教えて、
次にコウメに教えて、作り方を完全マスターしていました。
折り紙
ま、これも一つの特技だと思えばいいのかな。

その間、スミレ姉さんは鶴を折っていました。
IMG_20180611_162541.jpg
修学旅行に向けての準備でしょうか。。。
(広島行くんで)
IMG_20180609_190136.jpg
運動会でソーラン節を踊った時に着たハッピで記念撮影。

って、全然じっとしてへん!
あんたは、2歳児か!


卵焼きを作るミッションを子供達に課して
もう直ぐ1ヶ月にまります。

上手にできるようになったか、、、

と言うと、







NO!






そりゃそうだよねー。
卵焼きなんて、料理の中で
難しい方の部類だよねー。
お弁当に入っていたら嬉しいけど
簡単に作れるものなら
野菜とお肉を炒めたんとか
鮭を焼いただけのものとか
サラダとかの方がいいもんね。

でもやっぱり、卵焼きから始めたかった!
(私は、卵焼き苦手やし)

1日1人挑戦できるんだけど
病院に行ったり、習い事で遅くなる日にはできないし
なんだかんだでまだ数回しか挑戦していませんが。

でも、それぞれのいいところも見えてきました。

手際がいいのはユリ。
ささっと卵をかき混ぜ、
卵焼き器や油、出汁などを用意します。

ただ、、、よく、、、忘れる。。。
私のアドバイスを、よく、、、忘れる。。。

だからうまくいったのは1回だけ。。。

でも、最近、上手にできなくても
泣かなくなりました。

ちなみに、今日はユリの挑戦日だったのですが
出来上がったのは、炒り卵でした。


上手になってきたのは、コウメ。
私がお手本を見せた時に、コツがわかったらしく
その後も、私のアドバイスを素直に聞き入れて
ここ2回は、上手な卵焼きができています。

ただ、、、
コウメの場合、、、
手際が悪すぎて、作り終わるのに
30分以上もかかるんです。。。

卵をかき混ぜるだけで10分くらい。
後かたづけも10回くらい言わないとやらないし
味付けの出汁すら入れずに焼こうとしたり。

卵焼きで30分かかったら、
弁当のおかずとして卵焼きを教える意味がない。。。

スミレは、よく料理を手伝ってくれていたから
手際はいいんだけど、
なんせ、超が付くひねくれ者だから
アドバイスは聞き入れないし、
イライラしながら「できない〜」だの
文句を言いながら作るもんだから、
スミレの炒り卵率もかなり高くて(笑)。

ただ、負けず嫌いな性格ゆえに
この前は、失敗して文句言って終わるのか、
と思ったら「もう一回作る!」と言って
2回目にチャレンジしていました。
2回目はうまくいったようなので、それはそれでいいっかな。

それにしても卵焼き1つ作るにも
三者三様の取り組み方で、見ていて面白いです。

卵焼きができるようになったら
次は何に挑戦しようかなー。
お弁当に入れるのに適してて、
ちょっと難しめのおかずって、
何だろう。。。
ベーコンやお肉で巻き巻き系かな、、、
(私は、子供達のお弁当に、
 こんな手の込んだもの入れた覚えがないが、爆)


***

***
世界で2番目に美味しいメロンパンアイス。
IMG_20180609_144707.jpg

溶けるー!
 IMG_20180609_145821.jpg
かあちゃん、ほんの一口しかお相伴させてもらえませんでした。。。

***

来月の手づくり絵本展に向けて
途中で止まっていた製作を再開。
なんとかできてきた。。。
IMG_20180611_134755.jpg

くらげ絵本も作ってみました。。。
IMG_20180612_164827.jpg
くらげちゃんや、くらげのブローチを作るようになってからは
「くらげの人」という印象が強くなってきたようで
イベントでも出店者の方やお客さんに
「あ、くらげの人ですね」と言われることが
増えてきました。

「くらげ好きなの?」
と聞かれることも多くなってきたし、
この前は、年配のオバサマに聞かれて
「くらげ好きです」と答えたら
「徳永英明さんもくらげ好きなんですってよ」
というプチ情報までいただきました。

(いや、徳永英明知ってるけどね。
 世代的にかぶっているけどね。
 そのあとの話が続かなくてね。。。
 くらげ好きが、徳永英明じゃなくて菅田将暉だったら
 話が続けられたか、と言われると、それも微妙だけど、、、)

ま、そんなわけで、
1冊くらいくらげの本を作ってもいいかなーと思い
作るならパステルが一番雰囲気だせるなーてことで
パステル絵本に。

時間を見つけては、取り組んでいたんだけど
今日は4枚も一気に書いたので
疲れ果てました。。。ふう。。。

残りあと1冊です。
がんばるぞー!

世界で二番目に美味しいメロンパンアイス

この1週間は、ぴあのちゃんのこともあり
あっという間に過ぎました。

梅田に行く用事があったある日。
仕事を終えて、急いで帰って着替えて
自転車爆走して駅で切符を買おうとしたら

財布がないー!!!!

サザエさんかよ!なことをしてしまって
急いで帰ってまた駅へ。

本当は、梅田でゆっくりお茶でもしよかなー
と思っていたのに、そんな時間もなくなりゃ
2度目に駅に着いた時に
あまりにも喉が渇いて、自販機でジュースを買って一気飲み。
お茶どころじゃなくなりました。

土曜日は手作り市で知り合った作家さんの
展覧会に。

動物好きで、犬2匹、猫4匹飼っている作家さん。
動物のことでもいろいろ相談に乗っていただいています(笑)。

道頓堀近くのギャラリーでの展覧会だったので
その後は、こうめが行きたがっていた

「世界で二番目に美味しいメロンパンアイス」の店へ。

めちゃくちゃ期待していたのですが
焼きたてメロンパンにアイスを挟むもんだから
溶ける溶ける。速攻溶ける。
えらいこっちゃーな感じで食べていました。。。

美味しいとか味わってられへんかったわ!と。

その後は、心斎橋筋をブラブラと。

うさぎのモチーフの雑貨を見つけると
ぴあのちゃんを思い出し、胸がきゅいーん。。。。。

しばらくはうさぎの絵が描いてあるものも
モチーフも、あかん、、、かも。。。

子どもたちに、

「またうさぎ、飼いたい?」

と聞いたら

ス、コ、ユ「うん!」


かあちゃん「でも、新しいうさぎが来たら
      ぴあのちゃんのこと忘れてしまわへん?」

ユリ「忘れへん!写真飾ってるもん!」

コウメ「たぶん、、、大丈夫やと思う、、、」

スミレ「そんなん言われても、、、わからんわ。
    でもスミレな、はなちゃんのこと今でも思い出すで」

うんうん。
毎日思い出さなくても、時々、思い出すようなエピソードがあれば
たぶん、きっと家族の間で話題になって、
その度に、ちゃんと思い出せるんやろうな。

動物は死んじゃって辛くなるから飼いたくない

と、ぴあのちゃんが動かなくなった時、こんなことを思ったのですが
辛い思いよりも、楽しい思い出の方が
たくさんたくさんあって、それはぴあのちゃんが
いたから経験できたことで、それこそがかけがえのないことで
やっぱり動物を飼うって、楽しいことがいっぱいだな、と
ここ数日はそう思っています。

いつかまたうさぎさんが
うちの家族になってくれますように。
ぴあのちゃんとの思い出とともに
楽しめますように。

旅立ち

木曜日の晩、ぴあのちゃんが旅立ちました。

おしっこが出ない▶️下痢▶️食べられない

毛球病でした。

スポイトを使って水を飲ませたり、
りんごやニンジンをジュースにして飲ませたり、
お腹のマッサージをしてあげました。
でも、家での治療にも限界があり、どう頑張っても
溜まった毛球は排出されず、
ぴあのちゃんの食欲も戻らず、最期を迎えました。

ウサギは、四つん這いの姿勢が基本なのですが、
最期はどちらかに体を傾けて、
両足揃え、前足も揃えて、息を引き取ります。
うさぎ島で息絶えたうさぎを見たことがあったので
ここ数日は、家に帰ると、そんなポーズになっていないか
ヒヤヒヤしながら確認していました。

最期は家族みんなの前でした。

しげおが餌をあげようと、
ソファの下に隠れているぴあのちゃんを抱っこすると
キュイーンと鳴いたのです。
うさぎは鳴かない動物です。
どうしても嫌な時だけ鳴くらしく、
私たちは今までぴあのちゃんの鳴き声は
一度も聞いたことがありませんでした。

今思えば、最期の力を振り絞って鳴いたんだな、と。

猫も人目につかないところで最期を迎えると言われているけれど
ウサギもそうでした。
こっそりソファの下で最期を迎えようとしていたのかもしれません。

そしてしげおが抱っこしている間に
みるみる力が弱っていき、
最期は、自らあのポーズになったのです。

最期の瞬間を見るのは、とても辛くて
でもみるみるうちに体が硬くなっていくぴあのちゃんの
体を触ってあげるだけで精一杯で。

でも、晩御飯後のことだったので
子供たちもみんな揃って、
ただひたすら体を触ってあげました。

あのふわふわの感覚は忘れられないだろうな。

いっぱい触ってあげた後は、
ふわふわのベッドを作ってあげて寝かせてあげ
お風呂に入れてあげ、汚れていたお尻も綺麗にしてあげました。
お腹のあたりに保冷剤を置いてあげて
腐食しないように一晩寝かせてあげました。
それでも、小さなハエが寄ってきていたけど。

早く天国に行かせてあげたい、と思い
次の日に葬儀屋さんに連絡して、火葬することに。

動物霊園なるところに行き、
人間と同じようにお焼香したり、
お花や好きだった餌を棺の中に入れたり、
お手紙もみんなで書いてぴあのちゃんに渡しました。

最期の別れをして、
道に迷わずに三途の川を渡れるようにお祈りして、
帰路につきました。

たった2年4ヶ月の命だったけれど
ぴあのちゃんのおかげで、みんなが癒されたことは
まぎれもない事実です。

やんちゃで、柵の間から抜け出し、
柵も余裕で飛び越え、
家中いろんなところに行ってはウンチをばら撒き
トラの餌を奪い取ったり、
最近は、トラのちょっかい攻撃から逃げまくっていたり
元気すぎるがゆえに15年くらい生きるんちゃうやろうか
と思うくらいたくましく育っていたから、
まさかこんなに早く別れの時が来ようとは
思ってもいませんでした。

小動物の進行は早いとはいうけれど
本当に早くて、あっという間でした。

もっと一緒にいたかった、、、
旅立ってからも、にんじんやリンゴの皮をむいたものを
ぴあのちゃんのところに届けようとしてしまったり
ぴあのちゃん、、、と話しかけに行こうとしたり
まだまだ居なくなった現実に慣れずにいます。

ぴあのちゃんの具合が悪くなってから
落ち着かなくて寝れなくて
お酒の力を借りて寝る日が続いていたのですが
火葬を終えた日には、ホッとして、お酒なしで眠れるように。

いっぱい泣きました。
いっぱい体を触ってあげました。

でもやっぱり、まだ心残りがあります。

忘れられる日が来るとは思うけれど
忘れたくない、、、。

その葛藤としばらく戦うことになりそうです。

でもやっぱり短かったな。。。
もっと一緒に居たかった、、、。
その思いばかりが募ります。

ときどきでいいから、天国から見守ってくれるといいな。
最後に、そんな言葉をかけて。

あ、まだ三途の川さえ、渡っていないんだけどね。
ちゃんと渡りきるんだよー!

みんなに好かれる顔になりたい

運動会の代休日は
ひらパーに遊びに行きました。
案の定、世の中の学校の代休日が
たくさんたくさん重なりあって
めちゃくちゃ混んでいましたが。
でもユニバよりもたくさんのアトラクションに乗れるから
やっぱひらパーはいい。

ユリも、絶叫系を克服しました。
(閉園直前に)
IMG_20180604_170910.jpg
レッドファルコン、怖くなかったー!って。
次からは、お姉ちゃんたちと一緒に
最初から絶叫系乗りまくって楽しめますように!

私もユリのために一つ絶叫系乗りましたが
ギャーギャー言いまくって、疲れました。。。
ババアには無理です。救急車必要です。。。


***

姉さんたちとの会話。

「もっと可愛い顔になりたい」
「私の顔、全然可愛くない」

そんなことを言うようになってきました。

じゃあどんな顔になりたいの?
クラスの女子で誰の顔になりたいの?

と聞くと、

コウメ「なりたい顔は、誰の、、、ってことじゃないねん」
スミレ「どんな顔がいいかっていうと、みんなに好かれる顔がいいねん」


本質突いている、、、。

みんなに好かれる顔なんて、ないねんけどなー。
アイドルとか、一般的に好かれる顔ていうのは
あるねんけどなー。
それは必ずしも美人じゃないねんけどなー。
まいんちゃんの福原遥なんかは、
みんなに好かれる顔かもしれへんけど、
必ずしもそういう顔の人が人気があるかといえばそうでもないし。。。

でも、まあ。わかるよ。
そういう顔になれるよう、もがけよ。
顔じゃなくて、心が大事なんだよ、ってことに気づくのは
まだまだ先の話だろうけどね。

そして、しげおと私からは、どう頑張っても
まいんちゃんは生まれないんだよ。知ってるかい。

***

我が家の癒しの存在、ぴあのちゃんの具合が悪く
心を痛めています。。。
しげおが今日、病院に連れていてくれて
何も問題ないって言われたみたいなんだけど
帰ってからも、全く餌も食べないし
水も飲んでいなくて、ほんまもうあかんのかな、、、と
一人で泣いています。。。
誰も、この気持ちわかってくれなくて、
それも辛いのですが、、、。

こんな日に限って、しげおは、
帰ってくるの遅いし。。。
心細いです。。。
子供が病気なのに、しげおは無関心、、、
という数年前の状況に似ています。
いや、半年前もこんなことあったな。。。
(僕風邪引いているし、、、事件)

明日までもつかな。。。

運動会

娘たちの運動会が終わりました。
運動会
スミレ姉さん、最高学年の組体操。
「立ち姿だけで、見ている人を感動させたい」
と実行委員の子が言っていたように、
綺麗なかっこいい立ち姿でした。
こんなことが全員できるなんて、と6年前は思っていたのに。
他の学年との違いは、たぶん、ここの部分なんだろうな。
待機の状態でも、ビシッと座り、ビシッと立つ。
それだけでもすごいな、と思います。

公開練習の時は、倒立で失敗して、ヘラヘラ笑っていた子も
当日はバシッと決めていたり、
立ちブリッジも全員出来ていて、
コウメやユリも、びっくりしていました。
個人の技は、去年からずっと続けている
一人一人の練習の成果です。
こればかりは自分が頑張るしかない、
毎日練習するしかない、地道な訓練。
それが、ちゃんとみんな出来てて、
華やかさはない地味な技ではあるけれど、
一人一人が頑張った証で、かあちゃん地味に感動しました(笑)。

IMG_20180602_144228.jpg
55人ピラミッド。
学年で4人だけが頂点に登れる。
その4人に選ばれて「緊張しない訳ないやん!」と
言い放った姉さんですが、立派な堂々とした立ち姿でした。

前日、クイックピラミッドと言われる、
少人数で素早く登る技を、よく失敗して
一番上なのに登れないことがあるねん、、、

と告白してきたスミレ。

組体の事なんて、この1ヶ月、
私が詰問(笑)しない限り、何も話さなかったのですが
初めて弱音を吐いてきて、びっくり。
でもまあ、ありきたりの言葉をかけて
「そんなんわかってるわ!」と言われて
まあとりあえず「声を出せ」と言って(笑)見送りました。
IMG_20180602_074637.jpg
スミレ姉さん、、、当日、時間ギリギリになって
妹たちに先に行かれて、待ってー言いながら
走っていく、、、の図。

そして、、、クイックピラミッド。

大丈夫でした。。。

騎馬戦も、各クラスの勝気な女子と対等に戦って、
ちゃんと取れました。
(ま、取られもしたけどね)

IMG_20180601_183415.jpg
イベント用にたくさん作った「保冷剤ケース付きランチベルト」も
おかげさまで、ぼちぼちお嫁に行き、
残ったものの中から、娘たちにもプレゼントし、
在庫も数少なくなりました。また作らなー。

帰宅後は、各自、お弁当箱洗いを。
IMG_20180602_175900.jpg
この猫の手のアクリルたわし、先日のイベントでゲットしたもの。
めっちゃかわいいでしょー。

そうそう。この前のイベントでお隣のお店だった人が
これまた同じ小学校の保護者で、
運動会で声をかけられました。。。
まさか〜の出会い(笑)。

IMG_20180602_171424.jpg
猫とウサギとおっさんのコラボ写真。
おっさん要らんけどなー。

今年初めて、しげおと一緒に運動会を観戦したのですが
(いつもは別行動)
ま、相変わらず会話ほとんどなし、で
昼休みも、ご飯食べたあとは、それぞれ昼寝。
これがあと4年間も続くんだね、、、と言いながら。
フーフの時間が増えていくことに、
戸惑いを隠せません。。。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす