FC2ブログ
   
02
2
3
5
6
7
9
11
12
16
18
20
21
23
24
25
28
   

本当のリハビリが始まる

先日子供たちと生地屋さんに行った帰り、
公園に立ち寄りました。

普通の遊具では物足りないスミレの目に留まったのが
こちら。

健康遊具のこれ。
IMG_20180225_152843.jpg
平行棒に手を置いて、
腕の力で身体を持ち上げるというもの。

私も含め、女子4人で挑戦したのですが
コウメだけ、できなくて。。。

もともと、腕の筋肉もなければ
家でゴロゴロばかりしてて、
運動が嫌いになっている上に、
腕や手首に負担がかかる身体の動きを
3ヶ月間もずっとやってこなかったので、
筋肉の衰えが激しくて。

それでも、徐々に動かせるようになるために
縄跳びをしたり、ボール遊びをしたりして
元の生活に戻せるようにしていたのですが
まだまだ全然戻っていませんでした。。。

ほんと、マジ、やばい、くらい、
やばい状態でした。。。

てことで、毎日縄跳びのミッションに加えて
毎日鉄棒のミッションも増やすことに。

ここ2日間、夕方、コウメの鉄棒に付き合うために
公園に通っていますが、
ほんと、マジ、やばいです。
鉄棒に登ることすらできない状態で、
ヤバヤバです。。。私以上に、ババアです。。。

その横で、ユリが、逆上がりを成功させて行っています。。。
スミレ姉さんがようやく4、5年生になって
できるようになった高い方の鉄棒での逆上がりも
1年生で軽くクリアしました。。。

その横で、一回も逆上がりができないコウメ。。。
ツバメのポーズすらできないんだから
逆上がりなんて、まだまだ先の話。。。

長いリハビリの始まり始まり。
これが、本当のリハビリ。
普通に運動できるようになるまで、
果たして何ヶ月かかるんやろうか。。。とほほ。

***

お雛様、飾りました。
毎年思うのですが、しげおに頼むと
夏になるまで飾ってもらえないので、
(本当に、動かない。マジ、動かない。
 動かない遺伝子を娘たちに与えたのは、間違いなくしげお)
女子4人で飾ることに。
IMG_20180224_125104.jpg
頼りになります。ほんと。
こんなにテキパキ動いて、
説明書きっちり読んで、
指示通りに組み立て飾り付けてくれるなら、
もう、しげおには頼まなくていいや、と思いました。
来年からは、女子4人で早々に飾り付けます!

土曜日は、吉本新喜劇で、愛ねえさんのネタに
バカ笑いをして、オリンピック見て
ダラダラ過ごしたのち、フェルト遊びをしました。
スミレが、花束を作ってみたいというので、
フェルトで花の作り方を伝授。
ボンドをつけるのには、コツがいるので
そこそこ手伝ったけど、気がついたら、この通り。
可愛い花束が出来上がっていました。
IMG_20180227_073715.jpg
色の組み合わせとか、使い方とか、
何も言うことなし。完成されています。。。

私は、久しぶりにポチ袋作りに励みました。
 IMG_20180227_074013.jpg
ちょびっとだけ、コウメに手伝ってもらいながら IMG_20180227_080915.jpg
こんだけ。たっくさーん。
型紙を1枚作っておけば、
気軽に、ささっと作れます。
型紙は、大事だ。うん。大事だ。

***
春のイベントに向けて、製作もぼちぼち。
IMG_20180227_090314.jpg
こちらは、メガネケース。
IMG_20180222_084634.jpg
私たち世代や、上の世代の方には、
老眼鏡入れとして使っていただけるように
ささっと取り出せて、ささっと仕舞える仕様にしています。
首から下げられるように、革紐もおつけしています。
短くして、鞄に取り付けていてもいいかも。

義姉からヒントを得て作った老眼鏡入れ。
「ボタンもファスナーも要らない!」
と言われていたのですが、

いやいや、ボタンか、ファスナーか、
ゴムバンドとか、とにかくなんかいるでしょ!と思っていたのですが
老眼鏡を使っている諸先輩がたの行動を
いろんな場面で観察するうち、
ボタンにしろ、ファスナーにしろ
それを開けるというワンアクションが
非常に邪魔くさいんだ!ということに気づきました。

大事なのは、ささっと、なのです。

会議で、資料が回ってきた時に、
さっと、老眼鏡を取り出す。
スマホの小さい文字を読むときに
片手で取り出す。
使い終わったら、
おしゃべりしながら片手で片付けられる。

バタバタせずに、さりげなく老眼鏡を使う
そんなエレガントな所作を、
私たちもできるように。

私たち世代も、老眼鏡が手放せなくなる人も増えてきて
(私は、まだ、です。ド近視で、視力の低下も半端ないので。。。)

さてと。
次は、くらげちゃん作ろうかなー。
先週、お友だちと、nitte に行って、ムフムフ言いながら
生地を選んできたので、そろそろ、可愛いの作ろうっと。


***

さてさて。
天気も良く、暖かい日差しが出てきて
「そろそろ、春コート?」なんて思いながらも
いやいや、ババアは、寒いの苦手やし
まだ冬仕様でいいでしょ!

と思って、日課の神社散歩に出かけたら。

「暑いわ!」

数分歩いただけで、暑さに耐えきれず、
コートを脱ぎ、マフラーも外して、
汗だくで参拝。

帰宅後、すぐに、モコモコタイツも脱ぎ捨て
下着も1枚脱ぎ捨て、トレンチコートと
薄いタイツに履き替えて、水族館へ。

手作り絵本の構想を練るために、
訪れたのですが、いやあ、もうね、
癒されたー!

くらげー。
IMG_20180227_103107.jpg IMG_20180227_103349.jpg
イソギンチャクー!

前回、家族で行った時に、
娘たちの印象に強く残っていたという
ドクターフィッシュ!
 IMG_20180227_103617.jpg
「お母さん、ちゃんと、指突っ込んでこなあかんで」
と言われていたので、ちゃんと突っ込んできました。
おかげさまで、指がツルツルになりましたわ。うふふ。IMG_20180227_103858.jpg
真正面からの魚って、面白い顔してる。
マヌケ顏というか、愛くるしいというか。 IMG_20180227_104246.jpg
もう一回、くらげを見たくなって、
観察観察。青色くらげだけでなく
茶色いのもあって、なんだかキノコっぽい。。。
IMG_20180227_104414.jpg
この説明の通り、
縁にパールのような綺麗なまん丸の目が付いていて
とってもキュートでした。

ここ1ヶ月ほど、くらげ関連の図鑑を借りてきて
読んでいるのですが、写真で見るより
断然、水族館のくらげの方が、美しいです。
色といい、形といい、動きといい、
波打つ周りの水の動きといい、
くらげは、絶対にナマで見ないといけないな、と思いました。

くらげ水族館(加茂水族館)に行きたいなー。

と思っていたら、海遊館にも、くらげコーナーできるらしいです。
「くらげは、集客できる。金になる」

んだろうね。きっと。

あ、ちなみに、私は、水族館で見るくらげは好きだけど
海で見るくらげは、嫌いです。
(当然です!)

あ、それから、どうでもいいけど、
先日、コウメの喘息の薬をもらうため、
かかりつけ医のところに、付き添っていった時のこと。

ちょうど、くらげブローチを2種類付けていたら
先生に「お母さん、くらげ好きなの?」と聞かれまして。

「ええ、まあ、、、」と答えたら

(私は、くらげのモチーフが好きなのであって、
 くらげは、前述通り、海で見るのは大嫌いなので
 くらげが好きかと問われると、返答に困るのです)

「くらげ、可愛いよね。ところで、お母さん、
 くらげ水族館行ったことある?行ってみたいよね!」

と、いつの間にか、私、
「くらげ好きな人」と認定されていました。。。
(先生も、くらげ好きだった)

嫌いじゃないし、やっぱり水族館で見るくらげは
本当可愛いなーと思う。。。。。けど。。。けど。。。

ま、いいっか。

くらげ好きな人になろう!

くらげが好きー!で、私、行こう!

だから、手作り絵本も、1冊は
くらげだけー!な、くらげ絵本にしよう!

そんなわけで、くらげ好きー!と決めたおかげで
絵本の構想も、むくむく、するする出てきました。

思い込み(?)って大事。


***

さて水族館では、生き物たちの
可愛くて可笑しい表情を見ては
ムフフーいうていました。
IMG_20180227_105300.jpg
カメの鼻の穴、豚みたい!
 クラゲ
くらげが逆さまになったら、森林みたい。

 IMG_20180227_105326.jpg
カエルだって、水槽にへばりついたら、立てるんだ。 IMG_20180227_105447.jpg
草間彌生な生物。
IMG_20180227_105722.jpg
目、見開いているように見えるけど、
おそらく、これ、眠ってる。。。
そして、ワニを見ると、バルボンさんを思い出した。
思い出していたら、
 IMG_20180227_105742.jpg
ワニが立った!
バルボンさんも、立って歩いていたもんね!
 IMG_20180227_110151.jpg
これは、カワウソ。
実は、カワウソの肉球って、めっちゃ可愛いんです。
真ん中に大きいのが一つ。周りに小さいのがたっくさん!
写真に収めることはできなかったけど、
マジ、可愛いんす。カワウソの肉球、萌え〜(古い、、、)。

最後に、ペンギン。
IMG_20180227_110339.jpg
歩いているペンギンは、鳥類っぽくないけど
ペンギンは絶対に鳥類だ!と思えるくらい
鳥な仕草でした。

図鑑やネットで、海の生き物のこと
色々調べたり見ていたけど、
やっぱり、ナマで見ないと、こころが動かないね。
ナマで見たからこそ、いろんな気づきがありました。

今日、見て感じた事を、絵本に出さないとね。
がんばろー!

***

さてさて水族館の後は、ホームセンターに行って
春の花を買ってきました!
で、昼からも暖かかったので、
ひっさしぶりに庭仕事を。
IMG_20180227_172546.jpg
長板を張ったテーブルを置いていたのですが、
劣化してきたので、一旦、撤去。
すっきりしたー!と思っていたけど、
こうやって写真に撮ると、
やっぱりベンチも要らんのとちゃう?と思い始めました。
ベンチも片付けようかな。。。

IMG_20180227_172634.jpg
買ってきたお花は、子供たちに手伝ってもらって
植木鉢に植え替え。玄関先がちょっと華やかに。

今年の冬は寒かったこともあり、
ほとんど水やりをしていなくて、
枯れたものもたっくさん。

でも、再び、モジャモジャガーデンにするために
もうちょっとだけ、草花、追加してあげようっと。IMG_20180227_172648.jpg
パセリも安かったので、2株購入。
パセリ料理が食べられるー!嬉しいぜよー!

てなわけで、暖かくなると、体を動かしたくなるね!
おかげさまで、今日は、色々捗りました!
さてと、明日からも、ガンガン動き回りますぞよー! 
スポンサーサイト

なぞなぞ

ユリ「ひいたり、うつしたりできるけど
   見えないものは、なあに?」

かあちゃん「定規?ノート?なんだろう?」

ユリ「ヒント欲しい?」

かあちゃん「欲しい欲しい!」

ユリ「えーっと、ユリの先生がよくなっているもの」

かあちゃん「わかった!!!!!風邪だ!」

ユリ「正解!」


ユリのヒント力(りょく)、エクセレントでございます。

まさに、ユリのヒント通り、
担任の先生、今日も病院に行ってから出勤されたようです。

身体が弱くて、よく風邪を引いて
学校を休んでいるのですが、もうそろそろ
身体、強くなれると、いいね。
風邪、引かなくなれると、いいね。
と、子供たちも思っているようです。

頑張れ!先生!

全力で泣く

ユリ7歳。

「おやつが少ない」

を理由に、泣く。

ひたすら、泣く。

1時間、泣く。

泣いた後は、サクッと宿題をして

サクッと、おやつを食べました。
(少ないから嫌やと言っていたくせに)


全力投球できるってすごいな、と思います。

シジューサンのオバはんは、
「おやつが少ない」で泣けません(そりゃそうだ)。

姉さんたちですら泣けません(もちろんです)。

ただ、幼稚園時代は、コウメも
食べ物のことで、散々泣いてきました。

ふりかけ事件


食べ物のことで、これだけ全力で泣けるって
すごいなあと思います。
ユリもいつまで全力で泣くのかな。

いつまでも続いたら困るけど、
泣かなくなる時が来るのか、と思うと
残念(笑)な気持ちにもなります。


***

ま、そんなわけで、
昨日は、仕事から帰ってすぐに
手作り絵本サークルに行って制作に励み
帰ってすぐに昼ご飯を食べて
晩御飯の準備をして、習い事の送迎に。。。

と、慌ただしい1日だったのですが
予定外のユリの1時間泣きに付き合うことになり
バタバタバタ。

今までの子育てって、こんな感じで
予定外のことに振り回されて
バタバタバタ、となることが、毎日何度もあって
「あああ、あれやろうと思っていたのにできなかった」
と思いながら布団に入っていました。

が。

今は、逆。

予定外に、ふと、時間が空くことができてきて。

先日も、ふと気がつくと
おやつを食べ終わった子供たちが
宿題をしに、ささっと子供部屋に行ったんです。

宿題をするために、ささっと子供部屋に

なんてことは、滅多になくて。

いつも、ダラダラ遊んでいるので
「もうそろそろ切り上げてもいいんじゃない?」
とか、声をかけながら、晩御飯の準備をしているのですが
その日は、全く声をかけることもなくて。

するとね、晩御飯の準備がサクッと終わってしまって。

あれ?もしかして、今、私、時間ある?

って思って。

でも、時間が空いたからといって、
普段できない掃除をするわけでもなく、
溜まっている方づけをするわけでもなく、
ただボーッとした時間を過ごしてしまって。



ああああ、なんて、もったいない時間の使い方したんだ!


と後悔の嵐。


そう。こんなふうに、子供たちが大きくなると
急に「時間が空く」ことが、増えてきます。

そんな時に、何をするのか。
空くと言っても、1時間、2時間空くわけじゃなくて
5分、10分分程度だったりする。
20分くらい空くかなーと思っても、
5分後には「お母さん来て!」と呼び出されることもある。

それでも、5分時間があれば、
できることはたくさん。

今までは、トラブルがあって時間がなくなった時に
どう対応して時間を確保するのか、
トラブルになったときでも、時短家事で
乗り切る方法はないのか、
そういうことにばかり頭を使っていたのですが、
これからは、ふと時間が出来た時に何をするのか、
そんなことを考えて、時間管理していかないとな、と。

さてと、今日も、動物たちの餌と
人間たちの食べ物の準備して、頑張りますぞよー!

うみとうめと

少し暖かくなってきたので
梅と海を見に須磨離宮公園に行ってきました。

じゃん!
IMG_20180218_110828.jpg
海でもなく、梅でもなく、
一番心が動いたのは、この子猫ちゃん。
トイレの近くの草むらで、
ニャーニャー鳴いていて。
生まれて1ヶ月も経たないような
小さな赤ちゃんでした。
お母さん、ちゃんと帰ってきてくれるかな。

コウメが復帰して、初めてのアウトドア。
早速、海が見える展望台に向かって
山歩きです(ま、数分で到着したけどね)。
IMG_20180218_111339.jpg
ヤッホー。海だー!

IMG_20180218_111748.jpg
道中気がついたのですが、
実は、コウメが生まれてすぐに搬送された
こども病院が近くにありました。
(今は、移転されて便利な場所にあるけど)
おっぱいをあげるために数日間通ったことを
思い出しました。
GCUの中で一人だけ、でかい身体で
勢いよくミルクを飲んで、酸素濃度低くなって
ピーピー警告サイレンが鳴らしていたコウメ。
あれから、約10年かあ。
思い出してみると、数日前に体験したような感覚で
当時のこと、よく覚えています。
IMG_20180218_113753.jpg
この後、この階段で、駆け降り競争させられました。。。
ババアの膝、ごっつ、辛かった。。。 IMG_20180218_114327.jpg
それにしても、いい天気!
遊びに来ている人も、多かった!
IMG_20180218_122600.jpg
久しぶりのブランコ!
フライパンも久しぶり!
「コウメのお尻、大きすぎて、
 足乗せられへん!!!」
とスミレに言われていたけど、
確かにフライパンって中学生になったら
できなくなる遊びの一つかもなあ。

公園遊びを久しぶりに満喫した後は、梅園へ。
IMG_20180218_123626.jpg
咲き始めの優しい梅の花を
たくさん鑑賞できました。
ここからは、子供たちにスマホを渡して、
好きなように撮影。

IMG_20180218_123727.jpg
ユリは、キャノンのミラーレスのCMを見て
「ユリ、これ欲しい、、、」と言うくらいカメラ好き。
腕は、、、あれだけど、、、

IMG_20180218_123901.jpg
なんちゃらロウバイ。香りがきつかった。。。
(名前、覚えられへんわ!)IMG_20180218_125920.jpg
梅を堪能した後は、温室へ。

実は、須磨離宮公園って、
児童公園が所々にあって
遊具も充実しているんです。

これは、ジャンボ滑り台。
 IMG_20180218_132913.jpg
石の滑り台で、めっちゃ急なんです。
めっちゃスピード出るんです。
真ん中の所で、みんな、一旦、飛んじゃうんです。
軽いことか、飛び跳ねながらも下に降りてくるんです。

スミレは楽しみ、
コウメはビビりながら、
ユリは「絶対にやらない!」と
三者三様の関わりをした滑り台。

わたしは、、、
ズボンが破けそうだったので
やりませんでした。。。
(この手のものは、大人は
「痛さ」と「破損事故」に気をつけなければなりませぬ)

IMG_20180218_133711.jpg
ネジ!!!
DIYしたくなってきた。。。

海と梅を見た後は、これまた
コウメ復帰第1戦のアスレチック。
 IMG_20180218_134542.jpg
わたしは荷物持ちの付き添いだけだけど、
山道歩いて、膝、ガクガクです。。。
コウメ復帰戦というのは、
我が家の家族みんなにとっても復帰戦であり
この3ヶ月何もできなかったことが
どれだけ大きかったのか、よくわかります。
羽生くんと同じです。
(いや、全然同じではないが)

せっかく梅を見に来たので、
おやつも和菓子。
IMG_20180218_143906.jpg
スミレこうめは、みかん大福を。
ユリとわたしは、いちご大福を。

その後、傾斜がきつくて長い坂を
坂道ダッシュして帰りました。
(ユリが一番だった。。。
 軽やかだった。。。
 姉さんたち、完敗。。。
 スミレはかろうじて付いていけてたけど。
 わたしは坂を登るだけで精一杯。
 昔は、坂道ダッシュ20本くらい当たり前やったのに)

久しぶりに太ももの筋肉使ったー!
何度、こけそうになったことかー!
イカンイカン。運動せな。
歩くのも大事だけど、たまには走らなあかんな。

そう思った1日でした。

けん玉にヨーヨーに*みんないいこだよ

冬季オリンピック。

テレビのない我が家でも、
今回は、ティーバーなどを見ながら
オリンピックを楽しんでいます。

「お母さんが言う、ゆずるくん、って、
 顔の丸くて、ポン酢みたいな子のこと?」

(注:ゆずるくんは、箕面市のゆるキャラです)

と、ボケをかましていたコウメですら
ようやく羽生結弦くんを理解したようです。


***

1年生のユリ。
生活の授業で昔遊びの時間が
3学期初めからたっぷりあったからか、
再び、コマやあやとりがブームです。

と同時に、クラスのお友達に感化されて
けん玉も始めるようになり、
ヨーヨーも挑戦するようになりました。

頑張る時は、結構、しつこいので、
学校から帰ってきたら、けん玉、
ご飯の最中に、けん玉(これはさすがに注意するが)
寝る前も、けん玉、
トランポリンで跳ねながらけん玉、
着替えながら、けん玉、しています。

でも、そのしつこさのおかげで、
みるみるうちにけん玉も上手になり
ヨーヨーもできるようになりました。

そんなユリが、急にお手玉したいー!と
言い出したので、
「孫用に」と保管していた
幼児用のおもちゃ箱から、探し出さないと。。




そうそう。昨日は、久しぶりに
おやこわらべうたの会に遊びに行ってきました。

スミレが年中の時からお世話になっている
おやこわらべうた。
21年間も続けてこられたその活動が
この3月で終わることに。

最後に、先生やお世話になった方に
会いたかったし、未就園児のクラスの
あののんびりした優しい雰囲気を
最後にもう一回味わいたくて。

変わらない雰囲気と、
変わらない親子の姿と
変わらない先生の優しさに触れて
こころを満たされて帰ってきました。




スミレももうすぐ6年生。

性格、人間関係、これでいいの?
勉強面、これでいいの?
周りは、塾にも行っているよ。
スポーツもやっているよ。
習い事も続いているよ。
将来の目標もスラスラ言えるよ。

目先の問題は山ほどあるけど、
まずは、子どもを受け止めてあげようよ。

抱っこしたり、おんぶしたり、
こちょばしたり、投げ飛ばしたり(笑)
一緒にひっくり返ったり、
そんなことをして過ごした幼少期を思い出して
まだ今でも、やりたきゃやっていいやん。
と思ったのでした。



「周りと同じように成長したほうがいい。
 周りと同じようにできたほうがいい。
 できないのはお母さんの関わりがあかんから」

こんな感じの対応を、
保育関係の人から受けて悩んでいた時に
ブロ友さんからモンテッソーリを
教えてもらいました。

それ以降、子どもの育ちについて、
いろいろ勉強もしたし、
そのおかげで、何を大切にしたいのか
そんなことが、何となくわかってくるようになり

「ああ、ここなら安心できる」

と、ある子育て広場に通うようになり

「ああ、この人にお世話になりたいな」

と、ある幼児教室に通うようになり

「ああ、この先生なら、うちの子を受け止めてもらえるわ」

と、おやこわらべうたに通うようになりました。


どこも、通ってよかったなーと思える場所であり
今では、私の子育ての故郷になっていて
時々「帰りたいー!」と思うこともしばしば(笑)。

残念ながら、わらべうたは、終わっちゃうし
幼児教室も来年には閉室される予定だし、
帰られる故郷はなくなりつつあるけれど、
そこで過ごした時に大切にしたことは、
子供が成長した今でも、大切にしようと
思ったのでした。

いっぱい抱っこして、
いっぱい触れ合って、
いっぱいお手伝いさせて、
「人として」「子供として」
向かい合っていく時間。
もうちょっと作っていこうっと。

目先の「勉強」は確かに気になるけれど
目先の事ばかり気にしてたら、
ほんまの子育て、できなくなるような気がするし。

だって、

「みんな、いいこだよ」

だしね。

(⇧そもそも私の思考の原点はここ。20年前の話だけどね)

でもまあ、
子供達それぞれに苦手な分野のドリル探しは
ちゃんとやらな、と思ったのでした。
(百分率!ドリルで扱っているものが少ないのはなぜだ!)




さてさて。
わらべうたに遊びに行く前の日、
私は、衝撃の1時間を過ごしていました。

というのも、その日は、コウメの参観日。
「2分の1成人式」とやらで、
子どもたちが自分たちで会を企画し
それぞれの発表をしていくものでした。

子どもたちは、それぞれ
「10年後の自分」に向けて手紙を書き
それを読み上げるのですが、
なんというかですね、イマドキの4年生って
なんというかですね。。。なんというかですね。。。


現実的すぎる!


んですよ。。。

去年、スミレも同じ趣旨で
10年後の自分に向けて手紙を書いていたのですが
その時は、先生の指導がたくさん入ったからか
みんなどちらかというと
「なりたい職業」について語ることが多くて。
なりたい職業はもちろん、
その気持ちになった経緯が
その子らしさを表すもので、
ふむふむなるほど。4年生らしくていいな。

と思ったのでした。

が、今回は「ありのままの10歳の自分でいい」とのことで
先生の指導は一切なし。
なりたい職業について語る子もいれば
性格面、生活面での改善を語る子もいる一方で、

20歳では働いていないだろう。
大学生になっているだろうと予測し
「大学に行っていたい。中でも◯◯大学なら嬉しい」
と語る子が数名いてて。

しかも大学の前に
高校受験があることはわかっているので
「◯◯高校に行って、◯◯大学に行きたいです。
 なぜなら、賢い高校だし、賢い大学だからです。
 そのために、私は、勉強を頑張りたいです」
と、高校受験の事まで語りだす子が、3、4人もいてて。

もうね、おばちゃんね、
腰抜かしそうになりましたわよ!

もちろんね、◯◯高校も
◯◯大学も、ここから
簡単に通える高校大学の中で
トップの学校なんです。

いや、そもそも、
うちの子、そんな高校名も
大学名も知らんし!

ご家庭で、どんな会話しているか
よくわかるよね。。。
そして、昨今の親は両親共
教育熱心な方が、、、非常に多い。。。
というのも、よくわかりました。。。


ま、一方で、
将来は、妖怪の世界を〜と語る男子や
ユーチューバーになるために、
いっぱい勉強したいという男子や
今は、ゴロゴロするのが好きです、という男子が
いたことだけが、心の救いでした。
(全部男子かよ!)

あ、ちなみに、高校大学名には触れなかったけれど
「10年後も努力することを忘れないでほしい」と語った
女子もいました。
今まで、努力してきたから、、、という経験に
基づいたもののようで、決して頭でっかちな意見でも
誰かに言わされた的なものでもないのですが、
おばちゃんは、この子の発言にも
腰を抜かしそうになりました。。。

ちなみに、コウメは、、、
もちろん、男子寄りの内容で、、
「楽しい人生を送っているといいなと思います」
と語っていました。

ま、そんなわけで、
えーっと
言いたいことは、
目先のことだけに捉われるな!

です。はい。

そして、赤ちゃんであれ
10歳であれ、中学生であれ、
高校生であれ、

「みんな、いいこだよ」

そう思って、我が子と向き合っていこう!

誰のためのメシだと思っているんだ!

トラ。メス。もうすぐ1歳。

きてしまいました。。。

とうとう。

あれです。あれ。

発情です。

発情期です。

いつもとは違う鳴き声を
しつこく、しつこく、しつこく発するのです。

切ないです。

ていうか、うるさいです。。。

寝れませんし、起こされます。。。

不妊手術しないとな。。。


***

ワタクシ、ここ数ヶ月、
ずっと悩んでいることがあります。

それは我が家の食糧問題について。

まず猫のトラ。

今までトラの餌は、
少量ずつではあるけれど1日3回あげていました。

このままだと立派なおデブ猫になりそう。。。

と思い、適正量を計量し、
1ヶ月前から、1日2回に変更しました。

もちろん3回あげていた時も、
餌くれ攻撃がすごくて、
ニャーニャー鳴いて気を引いた後は
餌入れ容器の所まで行って、催促のニャー。

もちろん、机の上に料理が乗っていたら
飛び乗って、むしゃむしゃむしゃ。

その度に怒っていたのですが、
1日2回に餌が減った後は、
机の上の料理だけじゃなく、
台所にある鍋の中のものも
三角コーナーの生ゴミも漁るようになりました。

挙げ句の果てには、
シンクにある排水ふたをこじ開け、
ゴミ受けを咥えて、床に落として、
中に入っているものを食べるようになったのです。

それだけでなく、
先日は、茹でた卵をお鍋に入れたままにしていたら
茹でたまごを咥えて2階の子供部屋に行き
殻を割って食べていたのです。。。

この時期、鍋に入れたおかずを
そのまま放置して仕事に行くこともあるし
(もちろん、蓋はしているよ)
ゆでたまごなんて、殻があるから
絶対に大丈夫!って思っていたのに。

猫ってこんなに食い意地張ってるもんなん???

ちなみに、以前飼っていた、はなちゃんは
人間の食べ物には全然興味を持っていなかったし
餌の催促なんて、したことありませんでした。。。


***

さて。

うさぎのぴあのちゃんは、、、というと。

こちらも、すごいです。

いつもは柵の中に閉じ込めているのですが、
時々開放してあげて、自由に動き回れるようにしています。

すると、トラの餌が残っていたら食べるのはもちろん、
ダンボールに入れてあるみかんも、さつまいもも
見つけたら必ずかじっています。

野菜高騰で、人間でさえ、
キャベツや白菜を、ちょこちょこ大事に食べているというのに
ぴあのちゃんに見つかったら、もうお手上げです。
バクバクバクー!ぎゃー!

ええ、ワタクシ、1日に何度叫んでいることやら。

こらー!勝手に食べるなー!
こらー!それはあかんー!
こらー!こらー!こらー!


ほんま、ほんま、ほんまに、
うちの動物たちの食い意地、なんとかしてくれませんか。。。

あ、言っておきますけどね、
ぴあのちゃんの牧草も、毎日たっぷりあげているし
トラの餌も、ちゃんとあげてますよ。
それでも物足りないと言う。

ワタクシ、毎日、動物たちの餌やりに
人間たちの食事作りに、ヘトヘトです。。。
私の給料、全部、食糧で消えます。。。

せめて、人間だけは、
自分の与えられたものを食べてくれるといいな。

そう思っていたら。

そう思っていたら。

そう思っていたら!


ないー!
子供たちのために買っておいたオヤツが
ないー!


犯人は、、、、、



しげお!



こらー!



そして痩せ細るかあちゃん。。。

あ、細くはなっていなかった。。。
精神的にゲッソリ、なだけ。。。ははは。


頼むから、我が家の住民のみなさん、
自分に与えられたメシだけを食べてください。
お願いします。

事実無根

先日、しげおから衝撃の事実を伝えられました。


「ぴあのちゃんかわいいなー。
 でも、うさぎ飼うことになったんは
 ママがうさぎをゴリ押ししたからやで」


えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
私、ゴリ押しなんかしてへんし!
そもそも、シジューの誕生日プレゼントに何がいい?
って聞いたら
「うさぎがいい」ってしげおが言ったから
お迎えすることになったのに。

「いやあ、ママが「うさぎかわいいな」って
 よく言ってたやん。ゴリ押ししてたやん」

って、うそやー!
うさぎはかわいいっていうのは事実で
そりゃ、言っていたかもしれないけれど
そんなんうちの家族なら、
ぴあのちゃん飼っていなくても全員
「うさぎはかわいい」って言うに決まっているし
ゴリ押しとか言われたら、たまらんわー。
事実無根じゃー!

ぴあのちゃんが家族になった経緯

事実は、こちらです⇧

飼う時、「ママがうさぎが良いって言ったから」
なんて、しげおも、ひっとことも言っていませんから!!!

後から事実を変えるだなんて、
ファウンダー見たからやろ!
あのおっさん、野心家すぎるし
口約束守らへんし、あかんすぎるで!

映画「ファウンダー」



いちご狩り

いちご狩りに行ってきました!

IMG_20180211_114949.jpg
まだまだ青いものもいっぱいだったけど、
赤くてよく熟れたものを選んで IMG_20180211_114934.jpg
食べる!45分間の制限時間たっぷり使って
ひたすら食べる!トイレに行きたいのも我慢して
とにかく食べる!甘いものばかりではなく
酸っぱいものもあるので、練乳をかけて、
無我夢中で食べたら、80個以上は食べたかな。
 IMG_20180211_114242.jpg
ハウスの中やから暖かいやろう!と思っていたけど
意外とそんなに暖かくなくて(笑)
終わった後は、全員でトイレに直行!!!

いちご狩りの後は、公園でお弁当を食べて
ひと遊びしよう!と思って、ダムの見える公園に行ったら
IMG_20180211_123456.jpg
吹雪いてきたー!
この写真じゃわかりにくいけど、
ほんまに、ほんまに、ビューって風とともに
雪がーーーーーーーーーーーーーー!!!
  IMG_20180211_123551.jpg
子供達は喜んで、雪の中遊び始めて。
でもとにかく寒くて、こんなところで
お弁当食べられるかー!!!!ってことで
帰宅することに。

帰宅途中でも、またトイレに行きたくなって
ガソリンスタンドでガソリン入れてトイレに行って。。。
いやあ、いちごってすごいね。
どんだけ水分あるねん!ってくらい水分だらけなんやね。
その日も、帰ってから、何度トイレに行ったことか。
ほんまに、トイレな1日でした。

いちご狩りは、制限時間があるから
味わって食べられないけれど、
好きな量だけ食べられるから楽しい!

とスミレも言っていたし、
また来年も行けるといいな。

まったりまったりな土曜日

今日も昼からは、まったりおうち遊び。

まずはコウメとオセロ。
「勝つまでやる〜!」と言っていたのですが
あっけなく2回戦目でコウメが勝ったので、
オセロは終了。

それが。意外と寂しかったようで。
もっと対戦したかったようで。
勝ったのにスッキリしていなくて。

その後は、多面体おりがみの製作を。

数日前からユリ&スミレがハマっている多面体おりがみ。

同じパーツを30個も作る地道な遊びです。

が、出来上がると面白い!

普通サイズの折り紙で作り始めたのですが
小さい折り紙の方が可愛いことに気づき
同じデザインのものをいくつも作って
楽しんでいます。

ちなみにこれは、木曜日の午後の一コマ。
IMG_20180208_155936.jpg
コウメは帰ってくると、すぐにソファにダイブ。
横では、長女三女が多面体折り紙製作に没頭。
なんか、将来の姿も見えてきたような。。。
コウメは、仕事から帰ってすぐにベッドにダイブして
そのまま化粧も落とさず朝を迎えるタイプかも。。。

ちなみに、私は、そういうタイプではありません。
しっかりお風呂に入って、パジャマに着替えないと
お布団に入れないタイプです。
洗濯物が山積みでも
流しに洗っていないお皿が山積みでも平気ですが
寝る時だけは、ちゃんとしています。

ま、そんなつまらない話はさておき。
IMG_20180208_155941.jpg
折り紙で遊んだり、細かい作業が好きなのは
この二人。きっちり折って、きっちり仕上げていきます。
おかげさまで、この数日間で四つ完成しました。

それを見ていたコウメ。
細かい作業は嫌いだけど、
ちょっと作ってみたくて、
スミレやユリの折り紙を触って組み立てようとするたびに
「コウメ触らんとって!
 作りたいんやったら、自分で一から作ったらええやん!」
と怒られて、ふてくされて、
でも最終的には、新しいデザインの多面体を作り始めました。
手先は決して器用じゃないけれど
泣きながら怒りながら(怒らんでもええと思うが)
プライドと戦いながら(ユリの方が器用だから)
作っています。まだ完成していませんが。。。

こういう作業系の遊びをするときは
子供達の個性がよく表れます。

ユリは、必要な折り紙の枚数がわかると
まずその枚数を揃えます。
色は全部変えようか、同じ色にするなら
5色で6枚ずつにして、、
考えて考えて考えて準備が整ってから
折り始めます。

スミレも同じです。
枚数を揃えるために、
在庫の折り紙をさっと見て
揃えられそうか考え
できなければ、どう組み合わせたらいいのか
考えながら準備をします。

コウメは、作りながら考えています。
1枚折っては、次の1枚を探して、、、
非効率なやり方をするので
とても手際が悪いです。
いっぱい壁にぶち当たります。
準備が完璧絵はないので、
いっぱい失敗します。

でも、意外とコウメの強みは
そこだったりするのです。
失敗の経験が多いというのが
3姉妹の中で突出しているのです。

だから、、、かどうかはわからないけれど
失敗から多くのことを学んでいます。
それが今、活きているのが
カルタやオセロ、将棋などの対戦ゲームです。

オセロでも、とうとう私を負かしたのですから
毎回、毎回、負けては、どう戦うべきだったか
考え、次に活かしているのは、目にも明らかです。

私は、スミレやユリの準備力や段取り力も
すごいなと思うし、二人はあまり感じていないけれど
いい強みを持っているなと思います。

コウメも、段取りが悪くて
非効率なことばかりしているけれど
失敗から学ぶ力は、いい強みだなと思います。

子供達が、それぞれ
自分の強みとか、
自分はどんなことに優れているのかとか
客観的に見ることはまだできないけれど
ちゃんとちゃんと育ってきている。
親として、それがわかってきたのも
ちょっと嬉しいことでした。

そんなわけでー。
今月来月はしげおの仕事も忙しくて
休みなしーな日々だけど、
私は、子供たちと好きなことができて
楽しいです。ぐひひ。

でもスキーはみんなで行くぞー!


長く続けるということ*ボランティアじゃなくて

今朝、手放すことを決めたぬいぐるみたちが
収集車で運ばれていきました。

最後に「ありがとう」の手紙を
子供たちと一緒に書いて、
淡路島の高級なお塩をかけて、
お別れしました。

さようなら。今までありがとう。

***

さてさて今週は、
作家友達の企画展に行ったり、
手作り絵本サークルの仲間の方の個展に行ったり
春以降のイベントの出店を決めたり
手作り絵本サークルで魚を作ったり
試作品ができ、作品にする布も決めたので
残りの資材を発注したり(要は、ポチっとです)。

そんなこんなで、
もうすぐ週末ー。ぎゃー。

それにしても。
何か一つのことを長く続けるって
すごいことだな、と思います。

私が参加させてもらっている
絵本サークルは今年で17年目。
初期の頃から参加している人が多いから
みなさん、ほんと長いあいだ、
作品を作ってこられています。

作風も、それぞれに個性があって
それぞれにこだわりがあって
でもその陰には、いろいろな努力があって。

私自身、
ハンドメイドは、比較的長く続けているけれど
ヴィンテージの生地を使って
作品として世に送り始めたのは、5年前くらい。
試行錯誤の連続で、作りたいものと
求められているものの間で
右往左往している感じ。
それでも、右往左往する幅が狭まり
少しずつ自分らしさとか
大事にしたいこととかが
この1年で明確になり始めました。

絵本の活動も、そうなれるといいな。
とにかく作って作って作っていかないと
自分のこだわりや作風には辿り着かないんだろうな。
長い道のりだけど、ちょっと頑張ってみようと思います。




今日は公的な場所に行ってきたのですが
そこには「ボランティア募集」の紙が
たくさん貼られていました。

介護関係や保育関係
町おこし的なものから、
新しいウェーヴを生み出そう的なものまで。
全部、ボランティア。
どこをどう見ても、報酬の文字なし。

貼り出されていた仕事を見ると
どれも素敵なものばかり。
こんなことできたらいいな。
あんなことできたらいいな。
この地域に貢献できるだろうな。
小さい子供やお母さんの役に立てそう。
お年寄りのお役にも立てそう。

でもね。

ボランティアなのね。

もったいないよね。
こんなに素敵な仕事なのに。
ボランティアって。。。

そう思ってしまうのは
私の思考が「儲け」思考だから、だけではないはず。

たぶん、私たちの世代、少し上の世代
そして、私たちよりも下の世代だって

「報酬がない活動に、
 自分の時間を割くのはちょっと、、、」

と思ってしまうはず。

PTAや自治会など、
期間が決まっているものならやってもいいけど、
有給の仕事があるのに、
わざわざ休んでボランティアはできない。
ボランティアがしたいから
有給の仕事をしないというのもおかしいし。

上の上の世代の方達は
専業主婦な人も多かっただろうし
働くとしても扶養控除内の範囲で、という割合も
すごく多かったと思うのね。

でも、今は、違う。
これからはもっと、違ってくる。


でも数年後には、ボランティアで成り立っていた
様々なことが、成り立たなくなる時がきます。
今までボランティアで頼っていた人たちが
活動できなくなる時が絶対に来るので。

小学校の見守りボランティアの人たちもそう。
超高齢化しつつあって、どうにかしないととは
みんな危惧しているけれど、
行動には起こせず、モヤモヤしているだけ。

せめてね。

少しでもいいから。
いやそれなりの対価は欲しいかな。
でも、有償でそういう仕事が出来たらいいのにな。

財源どこにあるねん!

てことは、さておき(さておいたらあかんねんけどな)。

でも、もうね、無償のボランティアに頼る市政は
あかんのんとちゃうの?と思います。はい。


さてと。
あしたは、仕事が終わったら
製作できるぞー。久しぶりだぞー。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす