01
3
7
8
9
13
14
16
18
19
22
24
28
29
31
   

「内向型人間の時代」

むほほー。

元気ですかー。

元気じゃありませーん。


な、週末を過ごしていました。

土曜日、PTAの仕事で、
市のPTA大会に行っていたのですが、
会場に着くなり、頭痛が始まり、
ずんずん痛みが強くなって、
吐きそう、、、と思って、途中で退出し
家に戻った後は、ひたすら横になって、
頭痛と戦いました。。。
(結局、カロナールを飲んで、なんとか眠りにつけたけど
 カロナールがなかったら、眠ることさえできなかった)

翌日も仕事で、がっつり働いて、
子供たちと買い物に行って、ようやく復活。
(案外、動いている方が、体によかった)

さてさて、先週は、月曜日以外、
がっつり予定が入っていて、
あっちゃ行きーの、こっちゃ行きーの、
あんな話しーの、こんな話しーの、
バタバタしておりました。

で、今週も早速、走っています。
卒園に向けて、、、動きます。
今日は、一緒に動くメンバーと
買い出しに行ってきました。
いっぱい喋って、こんなんもええよなー。
あんなんもええよなー。そんな話をしながら
必要なものを買って、次の段取りを考えて。

まあ、それはそれで楽しいんだけど、
取りまとめ役なんか買って出てしまったので、
いろいろ大変です(笑)。

で。

ここ数日は、この本が夜のお供。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

内向型人間の時代 [ スーザン・ケイン ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/1/30時点)



あ、そうそう。
「やり抜く力」は、つい先日読み終えました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やり抜く力 [ アンジェラ・ダックワース ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/30時点)


「やり抜く力」が大切というのは、よくわかりました。
一流になるには、成功するには、
「やり抜く力」がなくてはならない。
うん。ごもっとも。

でも、共感ポイントが多いのは、
「内向型人間の時代」。

「確かに、ごもっとも!わかるわかる。私もそう。
 うちの娘たちも、そうなの!その通り!」

と思うページに付箋を立てて行ったら
見事に付箋だらけになりました。。。ははは。

私は、根っからの「内向型人間」です。

雑音が苦手だったり、
騒がしい場所でおしゃべりをすると、
とてもしんどくなって、集中できません。

先日も、友人たちと大事な話をするために
カフェに行ったのですが、外で工事をしている音や
スムージーを作る音が気になって
会話に集中できず、途中からフリーズしてしまいました(汗)。

ま、そんな音の話も、この本には書いてあって
共感しまくりでございます。


さてさて。
明日も突っ走りますよー。

びゅーん。
スポンサーサイト

好きな人、もの、こと、と過ごす毎日<その2>

怒涛の6連勤が終わりました。

ホッとしたのもつかの間、
2月のシフト表をみたら、また6連勤。

とほ。。。

***

さてさて
「好きな人、もの、こと、と過ごす毎日<その2>」は、
毎晩のお楽しみの話。

毎晩、子供達を子供部屋へ追いやってから、、、の楽しみは、
お布団に入って、ルイボスティを飲んで
本を読んだり、雑誌を読むこと。

ここ数日は、図書館で借りた
「絵本作家のアトリエ1、2」を読んでいます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵本作家のアトリエ(1) [ 母の友編集部 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


ムホー。鼻血が出そう〜。

今、我が家は、絵本MOEを定期購読しているので
今の作家さんの話題は十分満足しているのですが、
「絵本作家のアトリエ」に出てくる作家さんは、
絵本界の大御所中の大御所。
いや、もうこの世にいらっしゃらない方もいるくらい。
でも、私にとっては「懐かしい」方々ばかりで。

私は「漫画一切禁止」の家庭で育ったのですが
その代わり、うちの母は「こどものとも」を定期購読してくれていました。

姉が育った時代のものは、それほど数は多くないけれど
それでもたくさん。私が育った時代のものは、
たぶん何年分もの「こどものとも」が、実家には当たり前にありました。

だから、「絵本作家のアトリエ」の中に
山本忠敬さんも、小野かおるさんも、瀬川康男さんも、
田島征三さんも、堀内誠一さんも、中谷千代子さんも、薮内正幸さんも
いらっしゃって、もうね、興奮しまくりですよ。
名前は存じあげていなかったけど、あの絵本のあの人や!
って感じで、ムフムフ言いながら読んでしまいました。
(もちろん、長新太さんや、井上洋介さん、加古里子さんのような
 超有名な方の話も面白かったけどね)

で、「絵本作家のアトリエ2」の最後は、せなけいこさん。

この方は、今でも、元気モリモリで、絵本MOEにも登場して、
若干「もうええわ」な感じがするんだけど(笑)
大御所たちが、戦前戦後の荒波を生きて、
「食べる」ために絵を描いていたのとは違って
とても明るい話だったのが、印象的でした。

ま、そんなわけで「絵本作家のアトリエ」。
楽しく楽しく読ませていただきました。
改めて「こどものとも」を定期購読してくれていた母に感謝です。

そして、その頃の「こどものとも」は、
今は、我が家で娘たちに読み継がれています。
といっても、最近の作家さんの絵本に負けていますけど(悲)。

でも、昔の作家さんは、絵の一つ一つが丁寧だった。
忠実に描く、だけでなく、大切に描かれていたような気がする。
そして、皆さん、うまかった。

今の作家さんは、、、うーん、
絵が上手くなかったり
禁じ手の「魔法」らしきものを使ったり、
練られていないな、というものがたくさん。
数ヶ月で描いちゃったのかな?と思うものが
意外とよく売れていたりして、なんだか悲しくなったり。

長い年月をかけて、しっかり絵本と向き合ってこられた
昔の作家さんのエネルギーや思いを知ると、
余計にいろいろ考えてしまいました。

ま、とにかく、布団に入ってルイボス飲んで
本を読むって、楽しいね!ってことで、今日はおしまい!

エグチは、おやつか否か

週末ごとに、スケートをしに行くようになりました。

先週末も行ってきたのですが、
たくさん動くし、おやつはマクドにしよう!
てことで、娘たちにはエッグチーズバーガーとポテトを買って
練習の途中で食べたんです。

 いやあ、久しぶりにマクドに行ったら、
 エッグチーズバーガーの上に「エグチ」って書いてあるんですよ。
 大きな文字で「エグチ」。他のバーガーもそれぞれ略称が書いてあって。
 その略称の方が、大きな文字なんすよ。
 老眼進行中、もしくは、本当に見えないジジババたちは、
 どうすればいいんでしょうかね。
 マクドの戦略、なんか、間違っていると思うのは
 私が、ジジババだからなんでしょうかね。
 ちゃんと、エッグチーズバーガーって言いたいと思うのは
 ジジババだからなんでしょうかね。
 なんでも略せばいい、な世の中の風潮に
 マクドが付いていっていいんでしょうかね。
 いやあ、いろいろ愚痴ってスミマセン。。。
 とにかく、マクド、久しぶりすぎました。

で、練習を終えて、午後5時ごろ、帰路に着いたのですが、
その帰りの車の中で、ユリが
「ねえママ、今日のおやつって、何?」と言い出して。

はあ?と思って、聞き返したら

ユ「まだ食べてへんやん」

母「はあ?ハンバーガー食べたやろ!」

ユ「あれは、オヤツじゃないやーん」

ユ「だって、甘くないもん」

スコユ「ほんまや、あれは、オヤツじゃない!
    オヤツくれー!オヤツくれー!」


ま、そんなことがありまして。
その後、今週もことあるごとに
「エグチはおやつかおやつでないか」論争が繰り広げられていて。

いやあ、ハンバーガー1つとポテトたくさん食べておいて
あれがオヤツでなければ、一体、何を食べさせたらいいんでしょうか。
わけがわかりません。
そないなわけで、私も腹が立ったので、

「今度から、オヤツは、おにぎりじゃ!」

と言ったら、

「おにぎり3つと、チョコレートいっぱいな!」

と返されました。

恐ろしい食欲。。。返す言葉、なし。。。


てことで「エグチおやつ」論争でした。

好きな人、もの、こと、と過ごす毎日<その1>

昨日は、友人のおうちにお邪魔して、手芸部活動を。

と言いながら、もっぱらおしゃべり。

もちろん、手も動かして、、、ね。

二人とも針と糸でチクチク、グサグサしながら
しゃべります。

さすがやな、と、思います。

おしゃべりが大好きな人は、何か作りながら、、、だと
手が止まったりもするんだけど、
私たちは、止まりません。
止まるのは、おやつを取る時だけ(そこは、ちゃんと止まる)。

子供の悩みのことで共感したり、
いろいろもろもろ、話すことはいっぱい。

4年前からのお友達だけど、
その頃の子供の悩み、しゃべってきた内容を考えると
ずいぶん、変わってきたな、、、と思います。
でも、ハンドメイドやインテリアの話題が
尽きないのだけは、4年前と全く変わりません。

***

さてさて、今日は仕事の後、幼稚園に行って
畑直樹さんの講演会を聴いてきました!

畑直樹さんといえば、知る人ぞ知る
アナログゲームの伝道師。

そんな有名な方が!幼稚園に!
引き寄せてくれた幼稚園のママ友よ、ありがとう!

てことで、畑さんオススメのゲームを
幼稚園のママたちと本気で遊びながら
「やっぱ、アナログゲームってええよなー」
と思ったのでした。

そして。

やっぱ。

「対面」

と思いました。


アナログゲームも、やっぱ、やってみないと
面白さがわからない。
伝えていかないと、わからない。
一緒にやってみてこそ、わかる面白さ。

絵本の読み聞かせもそう。

誰か知らない人の声で読まれたCDじゃなくて、
その場で、声、トーンが変わって聞かせる、そのリアル感。

「文庫活動をやってみたい」と思っていた時期もあり
今も、なんだかんだで諦めていないんだけれど(笑)
本があるだけ、じゃなくて、読んであげてはじめて
その本の良さを伝えられるんじゃないかな、とも思ったり、で。

アナログゲームもできて、本も読んであげられて
そんでもって、手芸や工作もできる、
そんな機会を作っていきたいな。
それが、私がおもちゃコンサルタントとして
最終的に目指すところなのかな、と。

おもちゃコンサルタントとして
どんなことを仕事にしていきたいのか、
やれることと、やりたいことの接点が見つからず
もやもやしていたけれど、
今日の畑さんの講演会をきっかけに
軸は、見えてきたような気がします。

いやあ、それにしても、畑さん、面白かったー。
全国各地で講演会に呼ばれている理由が
よくわかりました。

おもちゃ業界の方のお話は、今までたくさん聞いてきました。
一番最初の出会いは、「きっずいわき ぱふ」の岩城さんで、
岩城さんの話も、こんなにおもろいおっちゃんが
こんなこだわりのおもちゃ屋さん、しているんや!
って思って、衝撃的だったのを、今でも覚えています。

そのあと、おもちゃコンサルタントの研修で
たくさんの方の話しを聞き、
そして、今回の畑さん。

どのかたも、ほんまに面白いし、
子供相手、お母さん相手に仕事をしているだけあって、
話がめーっちゃ具体的でわかりやすくて、心に響きます。

子供たちが小学生になって、辛いなと思うのは
小学校の先生の話しを聞くとき。
その先生の個性もあるけれど、
リアルじゃない話、具体性に欠ける話、
心に響かない話が多くなってきたような気がします。
そういう話を聞くとね、
「エネルギー、吸い取られた!」って感じになって、
聞いているだけで疲れてしまうんよね。

だからこそ、やっぱ、たまには、
おもちゃ業界の人の話を聞かなきゃって思うのです(笑)。

ま、そんなわけで、ゲームを楽しみ
幼稚園のお迎え後は、
ユリのお友達が家に遊びに来てくれました(2回目の来訪)。

楽しくて楽しくて
たまらないらしくて。
ずっとぐふふ、ぐふふ笑ってて。

今回は、ユリとお友達でチームを組み
私とゲームで対戦することになって。
そしたら、一緒に作戦考えてて。

その様子が、うーん、微笑ましい!って感じで
めちゃくちゃいい感じで。

そのあとも、公園に行って鬼ごっこをしたり
ぐふふぐふふ笑いながら、いっぱい遊びました。

お友達が帰った後、ユリが

「なんかー、喉が、すっごく痛いねん」って言い出して。

なんで?って聞いたら

「しゃべりすぎたわ」

だと。。。

姉さんたちも、一緒に人生ゲームしたり、
一緒におやつ食べたりして、楽しんでいました。

私も、鬼ごっこに付き合って、走りました。
相変わらず、体が重くて、ゼーゼー言うてましたが。。。

これくらいの年齢の子と遊ぶのって、
ほんまに楽しい!おばちゃんも、いっぱい楽しませていただました!

また機会を見つけて、遊びに来てもらわないと!

台所の一等地には

さぶいです。。。

この寒さを理由に、
「コンタクトレンズを交換しに行く」
という大事な自分の仕事を、先々週からずっと
先送りに先送りにしています(先送りしすぎです)。

今日こそ行くぞ!と思っていたら、
思いのほか、仕事が忙しくて
しかもなんだか体がだるかったので
「今日は、大事をとって休もう」と決め、
行くのをやめました。

はてさて、いつになったら行けるんだろうか。
今週に行けたら、、、いいね。。。いいね。いいね。。。
ああ、そんなこと言うてたら、来月になりそう。。。

あと、今年こそ!と思っていたマッサージや
右手の薬指と小指が、痛くて仕方ないのもなんとかせなーと思いつつ
なんとかできていません。。。先送りしまくりです。

寒いから仕方ないよね。
仕事忙しいから仕方ないよね。
幼稚園のお迎えあるから仕方ないよね。

いっぱいいっぱい言い訳して、先送り。


さて、次の話題は、先送りしなかったこと。
先週、先送りして家に引きこもった時間を利用して、
片付けをしました。
<before>
CIMG6647_2015120105070003c.jpg
台所の流しの下の引き出しです。
1年前のブログではこのように紹介していました。
台所の一等地にしまっているもの

あれから1年。
姉さんたちも私も忙しくなり、
工作をする機会がずいぶん減りました。

また、忙しくなるにつれて
「料理をするのに、時間をかけたくない」
という欲求も、以前にも増して大きくなりました。

この配置だった頃は、
鍋もフライパンもボウルもザルも蓋も全て
コンロの下の引き出しに入れていたのですが、
ごちゃごちゃして、使いづらい状態でした。

この使いづらいの、なんとかしたいわ、、、と思っていたら
整理収納関連のブログに
「ザルとボウルは、流しの下。フライパン類はコンロの下。
 使う時の場所に一番近いところに、収納しています」
というような内容のことが書かれていて。

うわああ!それだ!それ!
フライパン類は絶対にコンロの下じゃないと!と思っていたけど
ボウルやザルは、コンロの下じゃなくてもいい!
むしろ、流しの下のほうがええやん!

てことで、急遽、場所を変えることに。

久しぶりに、コンロの下と流しの下の引き出しの中身を
ぜーんぶ出して、掃除して、いざ配置。
<after>
CIMG1320.jpg
本当は、ボウルとザルを分けて置きたかったけれど、
調味料などの置き場所も確保したかったので、
ボウルもザルも一緒くたにして置いています。

右の方には、お米を。
CIMG1321.jpg
ゴミ袋などの袋類が、パンパンに膨れ上がっていますが
気にしないで(笑)。

ストックを置く場所を確保したくないから、
我が家では、洗剤も調味料も袋類も
基本的には、なくなりそうになってから買いに走る、が基本です。

でも年末に入る前、
「お正月にゴミ袋や
 三角コーナーのネットを買いに走るのは嫌だ!」
と思い、たくさん在庫がある状態で、さらに買ってしまった、、、
というわけです。だから、パンパン。ありえないくらいパンパン。

ちなみに、これらの袋類はケースに入れても自立しませんので、
CIMG1322.jpg
ヘアゴムに使うゴムを、引き出しの端っこに結びつけ
ゴムの力で止めて自立させています。

なお、この一等地にあった工作グッズは、
食器棚の中に移動しました。
子供達が使いやすい低い場所に、置いています。

まだまだ工作してほしいもんね。
でも一等地は、料理をする人のために譲ってね。

そんな思いの、今回の収納見直し。

今の優先順位は何かな?を問うと、
ものの置き場所も変わってきます。

ザルやボウルを取るのに
鍋を持ち上げて、、、移動させて、、と
面倒なことをしていた手間暇が、
今はなくなりました。快適っす。

***
余談。

ぴあのちゃんの誕生日の翌日、
コウメが、お野菜ケーキを作っていました。
どんなものを作るんだろう?と見守っていると、、、
CIMG1318.jpg
ん?文字?
CIMG1319.jpg
ピ?

「ぴあのちゃんのピ」なの。

そうですかー。
にしても、ずいぶんあっさりしてるね。。。

で、一瞬で無くなりました。

(魔術ではありません。ぴあのちゃんが一気食いしただけです)

インテリアに遊び心を

アニマル&カラフルなインテリアを目指すことにした
2017年。早速やりまっせー。

遊び心を持って、動物たちの居場所を
考えてみました。
CIMG1202.jpg
ぞうさんは、あえて壁に向かって座らせて
アンニュイな感じに。

CIMG1204.jpg
もともと、斜めに作られているシカさんは
影からこっそり覗いているように。
(斜めな壁掛けは、非常に使いにくい。。。
 だから半額セールだったのかな、niko and...にて)

CIMG1206.jpg
虹色アオムシ君の居場所は、色とりどりのペンキの上!
ぴったりの場所が見つかって、良かったね!

CIMG1207.jpg
玄関への通り道には、お猿さんを。
「イッテラッシャイ」
「オカエリナサイ」
私が子供達に言ってあげられない時には、
お猿さんが、代わりに言ってくれている。

CIMG1215_20170120093527375.jpg
マッチョくまさんは、洗面所で
「しっかり歯磨きしろよー」と言ってくれている。

動物を配置すると、そこにはストーリーが生まれます。
そのストーリーを考えるのが、とても楽しい。

そう。思い出した。
私、ハンドメイドの作品でも「ストーリー」を
大事にしたかったんだ。
自分が作るものを通して、子供と会話ができたり
家族やお友達との会話のきっかけになってくれたらいいなー、
そう思って、作っているんだった。

春に向けて何を作ろう、、、と悩んでいるけれど
大事なこと、思い出したよ。うん。

ま、そんなわけで、インテリアに遊び心を加えながら
部屋の片付けを楽しんでいます。

ちなみに、今、読み進めているのは
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【バーゲン本】パリのかわいいインテリア [ 滝浦 哲 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウォールカラー・インテリアレッスン [ 久保田由希 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)


やっぱ、カラフルな世界観は、ええなー。
ウキウキしちゃう〜。


***
昨日、人生で初めて、いちご大福を作りました。
意外と簡単で、美味しくて、娘たちも大絶賛。
20個の、どでかい大福が半日でなくなりました(爆)。

ぴあのちゃんの誕生日

昨日は、ユリの幼稚園のお別れ遠足。

「なんでお別れなの?」
「なんで最後の遠足なの?」
「◯◯ちゃんが、手をつないできてん」
「去年はなかったもので、新しいものがあって、
 地球があって、アメリカがあって、そこから声が聞こえてきて」

(3姉妹の中では、一番よく、今日の出来事を話してくれます)

そんな話をしながら、
集合場所の駅まで走って行き(爆)
帰りは、のんびり歩いて、途中の公園で遊び
のんびりのんびり帰ってきました。

駅までは、車で行く人もいれば、自転車で行く人もいます。
我が家も、お出かけの際は、車を使うこともあれば
自転車を使うこともあるけれど、基本、駅までは徒歩。

子どもたちが小さかった頃は、
駅まで1時間かかっていましたが、
今は30分あれば、到着できるようになったし、
昨日なんて、走ったから(笑)15分で着きました。

早く歩ける(走れる?)ようになった、、、というのもあるんだけど
こうやって歩いていくことを、
ちゃんと大事にしていきたいなーと改めて思って。

早く着けばいい、というのではなく、
歩く道中を楽しむというか。
春には1年生になるユリ。
今まで、私やしげおと一緒に歩いて通った幼稚園までの道のりを
春からは一人で(姉さんと一緒だったりするが)
歩いていくことになります。

私の仕事も忙しくなりそうだし、
(人手が足りなくて、ギュウギュウ仕事詰められている、、、)
一緒にすごす時間も、減っていくことが目に見えていて。

だからこそ。
幼稚園時の今、目一杯
一緒に過ごしたいなーと思って。

ま、そんなわけで、最後の遠足も
徒歩で帰ってきました。よくがんばった。

にしても、途中の公園で、かくれんぼをしたのですが
ユリの「探す力」が、半端なく弱くて、
かあちゃん、いろんな人に見られながら
長い時間、しゃがんで隠れているのが、超はずかしかったです。。。
はよ見つけてくれ!!!

***
さてさて、本題。

昨日はぴあのちゃんの1歳の誕生日でした。

プレゼントは

「一人ずつ、ぴあのちゃんの大好きな食べ物を
 ケーキみたいにデコレーションして渡す!」

と、娘たちが言うので、まずはかあちゃんから。
CIMG1216.jpg
ニンジン、水菜、りんごを使って、ピアノちゃんを描いたつもり、、、。
「さあ、どうぞ」
CIMG1217.jpg
かあちゃんの顔なんか見ないで、必死で食べる。
CIMG1227.jpg
食べる。
CIMG1234.jpg
食べる。
CIMG1241.jpg
休まず食べる。
CIMG1245.jpg
まだまだ食べる。
CIMG1251.jpg
下からのアングル。ほっぺたが可愛い。
意外と下膨れ顔だね。
CIMG1254.jpg
「ニンジン、もうないんか?」(ぴあのちゃんの心の叫び)
CIMG1255.jpg
ええわ。水菜食べるわ。
CIMG1267.jpg
水菜を食べる姿も可愛い。
CIMG1270.jpg
口がこんな状態に成っているのは、むしゃむしゃ噛んでいるから。
CIMG1284.jpg
我が家のアイドルだけど、意外と写真を撮ってあげられていないので
今日は、バシャバシャ撮りました。
CIMG1286.jpg
出たー!顔を洗っている瞬間!これがめっちゃ可愛いねん!
CIMG1290.jpg
さすがに、ちょっとお腹が膨れてきたかな。。。

と思ったら、次は、スミレ姉さんのケーキが完成!
CIMG1291.jpg
なんと!ぴあのちゃんの大好物のアルファルファ(牧草)がたっぷり!
CIMG1292.jpg
「くんくんくん。こりゃアルファルファだ!」(ぴあのちゃん心の叫び)
この後、アルファルファを必死に食べ続け、
そして、明朝には、お皿が空っぽになっていました。
今日は、コウメとユリが、ケーキをプレゼントする予定です。

カゴ4つ

先月、我が家に新しいカゴがやってきました。

1つ目のカゴは、めちゃくちゃ大きいカゴ。
家族のバスタオルを入れています。
CIMG1188.jpg
1回使ったら洗濯、、、ではなく、
「何回か使ってから洗濯」派なので

使ったら、とりあえず干して
乾いたら、ここに入れておく

という決まりになっています。

本当は、ちゃんと畳んでほしい。
いや、自分もちゃんと畳みたい。

でも、子供はもちろん、私も
「畳むの、めんどくさ〜い!」

だから、こうやってポイポイ投げ入れる方式の
カゴ収納となりました。

ちなみに、以前は、上の方の棚にバスタオルを入れていましたが
綺麗に畳めずにしまっていたので、よく雪崩が起きていました(笑)。
CIMG1190_201701171108123e0.jpg  
カゴ収納は、雪崩が起きないから、嬉しい。

そして、右側にあるホーローの入れ物は
もともと「梅干しを作るぞ!」と思って買ったもの。
梅干しは1回しか作らずに、断念したので
今は、雑巾のストックと、
これから雑巾になる運命のタオルたちが入っています。

実は、昨日が、今年の縫い初めだったのですが(おそっ)
「まずは雑巾でしょ」てことで、この中のタオルを数枚取って
雑巾に仕立て直しました(こう言うとかっこいい)。


2つ目のカゴはこちら。
CIMG1187.jpg
階段に置いてあります。

「2、3階建て住宅に住んでいる人あるある」話なのですが
1階の物を2階に運ぶのって、
めちゃくちゃ面倒くさいですよね。
(1→3なら、なおさら?)

2階に持って行こうと思うものは、
大抵この1階の一番下のところに置いておくのですが
忙しい時なんて、ここに物がいっぱいで
「階段、登れません!
 通れません!どうにかしてください!」な状態になってて。

1階から2階に上がる行為自体は、
1日に何回もやっているわけですけど、
その時に「気づいて持っていく」
ってことができなくて。

持ち運びしやすいように
プラスチックのカゴを用意したこともあったのですが
「見て見ぬふり」をしてしまい、
持っていかない。。。。

こんなに気乗りしない、
「面倒くさい」と思えるようなことは
気持ちから変えていかないと!

てことで、気持ちがアゲアゲになる
可愛いカゴを探しました。ええ探しましたとも!
ある程度、容量があって、軽くて、テンションの上がるカゴ。



おお!見つかった!

3つも?!要らんわ!
と思ったけど、やっぱり要る!
CIMG1191.jpg
1つは、こうやって、
2階から洗濯物を下すために使っています。
(もう1つも、予備で使います。
 タオルの量が多い場合などは、2つ使うことも)

ちなみに、洗濯物は2階のベランダに干しており
「取り入れる」「たたむ」「分ける」
この3つの作業は子供たちの仕事です。

洗濯物の中、タオル類と私の下着だけは
1階に持ってこないといけないので、
このカゴを使っています。
このカゴの中に入れるだけで、ルンルン気分で
洗濯物の移動ができます。

で、中身が空っぽになったら、1つは階段下に。
もう1つは、洗濯物をたたむ子供部屋に持っていきます。

さて、最後の1つは、こちら。
CIMG1179.jpg
カバン置き場に使っています。
大きなカゴは一人暮らし時代に購入した物なので
ン十年選手の物。
そのカバン置き場の中に、もう一つカゴを入れて
「カバンの中身を全部出す」ために使っています。

そう。私は、なんてったって、コウメの親です。
「ないないなーい!」と叫んでいるのは
コウメだけではありません。私も毎日
「ない、、、ない、、ここにあったはずなのに、、、ない」
を繰り返しています。
財布、ティッシュ、ノート、ハンドクリーム、リップクリーム、、、
いろんなものを、出かけるたびに探す日々でした。

これじゃあいかん!

てことで、この「カバンの中身を全部出す」習慣を作ることに。
そのためには、テンションが上がるカゴを使わなくっちゃ。
CIMG1180.jpg
毎日できているわけじゃないけれど、時々、
どばーっと入れて、要らないものを選別して、、、を
繰り返しています。なんとなく(笑)失くし物が減った気がします。

そんなわけで、我が家にやってきたカゴ4つ。
1ヶ月経った今も、めちゃくちゃ大活躍です。

カゴを使うと、どうしてこんなにルンルン気分になるんだろうねー。
それは、私の心が乙女だからかな。うふ。
(ツッコミなしで、読み終えて下さい)

では、また!

寒波到来*子供部屋のDIY*スケート*やらないこと探し

寒いです〜。びゅう〜。
週末は、寒波到来、とのことだったので、
金曜日、幼稚園のお迎えから帰った後、
ユリと一緒に、たらいや洗面器に水を張ってみました。
今日の朝、見事に氷になってて、
ウハウハでございます。
ついでに、昨晩から雪も降って
朝から、久しぶりにテンションの高い娘たちを見ました。
CIMG1158.jpg
ホースの中の水も凍っていたようで、水を出したら、
とっても綺麗な氷の長細い塊が出てきました。
宝物〜言うて、大騒ぎになりました。

 CIMG1160.jpg
雪をかき集めて、雪だるま作り。
CIMG1162.jpg
かき氷みたい。

 CIMG1174_20170115210335bda.jpg
ハロウィンの時に使ったこのアイテムが
今回、大活躍しました。
yukirdaruma.jpg
2体完成。
完成した頃には、あたりの雪も溶けてしまっていました。

ま、その後も、断続的に
さらさらっと雪が降っていたようで
夜、確認しに行ったら、多少溶けてはいるものの
ほぼほぼこの状態でした。

明日の朝は、どうかな、、、。

***
さてさて、昨日は、
朝から仕事、
帰ってすぐにPTAの会議
帰宅後、昼ごはんを作って食べて
小学生&幼稚園生の作品展を見に行き
その足で淀川の河川敷へ。
(よく頑張っているな、と思う。我ながら)

なぜ河川敷かというと、
CIMG1154.jpg
インラインスケートをするため。
ここは、スケートが自由にできる場所です。
人も多くないし(ていうか、我が家以外は、おじさん1人だけ)。

ていうか、河川敷やから、めっちゃ風吹いてるしー。
そうやん。寒波到来言うてたやーん。
雪も、チラついとったやーん。

でも、せっかく娘たちもスケート靴を買ってもらったので
やるっす!どんだけ寒くても、やるっす!
風がきつくて、めっちゃ走りづらかったけどやるっす!
でも、かあちゃん、初めて、ええ人生で初めて
しげおに褒められました!
嬉しいっす!!!!感激っす!


でも、いつもは元気なユリが、
今回はションボリ。
何度もこけた上に、寒すぎてブルブル震え始めてきたので
今日のユリの限界点やなー、ということで、リタイア。
その後、車の中で、のんびり過ごしました。
CIMG1157.jpg
姉さんたちは、相変わらず元気で
しげおとその後も滑っていました。

冬の河川敷は辛いけど、
ここなら、使用料もかからないし、
人も少ないから、いっぱい練習できそう。
私も、もっと褒めてもらえるように
頑張って練習しようと思います!
寒いのは、かなわんけどね(泣)。
(かなわん<関西弁>=もう勘弁してほしいわ、な感じ)


***
DIYしました。
何を作ったかというと。
こちら。
CIMG1144.jpg
子供部屋に作ったこれは、なんでしょう。
なんでしょう。なんなんでしょう?

秘密基地?

いえいえ違います。

答えは、こちら。
CIMG1148.jpg
布団置き場です。

すのこパレットの上には、敷布団を。
今回作った棚のようなところに、
掛け布団を置く、というものです。

以前は、別の場所に、この高さの半分くらいの
布団置き場を作っていたのですが、
敷布団と掛け布団を同じ場所に置けたら、
部屋をもっと有効活用できるのになーと思って
このようにしました。

有効活用したい理由の一つに
「そろそろ一人用の勉強机を買った方がいいのかな、、」
と思い始めたことがありまして。

我が家の今の勉強机は、イケアのベッドサイドテーブル。
4年前に購入したものを、今でも使っています。

①ベッドサイドテーブルを選んだ理由
②買った当初はこんな感じでした。

奥行き30センチでも、全く問題ありません。
CIMG1152.jpg
ただ、このベッドサイドテーブル。
横幅が200センチなので、3人で使うのは
ちょっと問題があって。
今は、スミレとコウメだけで使っているので、
一人当たり80センチくらいを使って
宿題をやっているのが現状で。

4月にはスミレも5年生やし自主的に勉強や
調べ学習をして欲しいな、なんて思ってね。

机を3台置くなら、布団の置き場所を
変えていかないと、てことで、今回
布団置き場をDIYしました。

机を買うのは、まだまだ先の予定だけど
その時、慌てないためにも、
早めに作れて、よかった。よかった。

***
土曜日は、ユリの作品と小学生の作品展に行ってきたのですが
(姉さんたちが選ばれたわけではないのですが、
 我が家では、毎年行っています。勉強になるので)
いやあ、いっぱいいい刺激をもらいましたよ。

やってみたいな、と思ったのは、

マーブリング、
ちぎり絵(キラキラ折り紙を使ったものもあった)
点描画(ストローの先か、何か円状のものを使って)
ステンドグラス(アルミホイルとペンを使って色付け)
網の上からシャッシャ(歯ブラシを使うアレ、ね)
あと、もう一つは、、、説明が難しいので、割愛。。。

たくさんあるー。
いろいろ作りたいー。
そういや、娘たちとこう言う工作って、
最近、全然していませんでした。

今年の目標には書いていないけど、
今年もいっぱいいろんな工作をしていきたいと思います!
これは、やるぞ!必ずやるぞ!

でもね。

一方で、
何かをやめることも
積極的にやっていきたいな、と思っています。

自分の時間が増え「◯◯したい」という思いがつのり
実際、ユリが幼児教室に行ったり、
幼稚園に行くようになって
「したかった◯◯ができた」経験も増えました。

「したかった◯◯」も、仕事だったり
ハンドメイドの製作だったりすると
一回限りのことではなく、継続的なものになっていきます。

すると不思議。
またさらに「もっと時間があったら」と
思うようになるのです。

4年前には、一人でコーヒーを飲むことすらできなくて
「一人の時間が持てたら、コーヒーをゆっくり飲みたい」
なんて思っていたのに。
今、ゆっくりコーヒーを飲む時間があるのに
それでもまだ「もっと時間があったら」って思うんですよね。

多分、この調子でいくと、
ユリが小学校に入学して、今までより自分の時間が持てたとしても
「もっと時間があったら」と思うに違いありません。

「やりたいこと」はたくさんあるし、たくさん挑戦したいし
どれも「今」だからこそできることだし、
「今」を逃したくない。

でも、どこかで「やらないこと」も
きちんと見極めていかないとな、と。

お友達とのおつきあいも、
終わりの時間を早めるようにしてみたり、
最近は、仕事後、家に帰ってからのコーヒーを
やめてみました。

コーヒー飲まな
体がやってられへんわ!

と思っていたけど、飲まなくても、平気だったし
飲んだら必ずネットしていたその時間が
省かれるようになって、そのおかげで
今回布団置き場をDIYすることができて
心も満足することができました。

これからも、積極的に「やらないこと」を
探っていきたいな、と思います。
とりあえず、来年度は PTAやらないぞ!

絵本作家のアトリエ

ズキュンドキュン。

久しぶりに、きました。

この本、ズキュンドキュンです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵本作家のアトリエ(3) [ 母の友編集部 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)


インテリアの本と一緒に
「アトリエなんだから、インテリアの話でしょ」と思って
図書館で借りたら、全然違ってて。

「アトリエ」にお邪魔して
「絵本作家」さんにインタビューしました、な話で

「母の友」に連載されていたものを
「絵本作家のアトリエ1、2、3」の三部作として
まとめられたようです。

私はまだ「絵本作家のアトリエ3」しか読んでいないのですが
3に出てくる絵本作家さんたちのすごいこと。
いや、五味太郎さんとか、林明子さんとか確かにすごいよ。
でも、五味さんは有名な人だから、
こういうインタビュー記事を読んでも
「あ、この話、聞いたことあるかも」な感じで、
あんまり感動がなくて。

でも、今回は、
片山健さんに、平山和子さんに、甲斐信枝さんだよ。
最初に、この三人読んで、ぶっ飛んだよ。ズキュンだよ。
いやもうね、この三人だけで、ズキュンドキュン。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コッコさんのおみせ [ 片山健(絵本作家) ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)


親しみを持たずにはいられない、コッコさんといえば
片山健さん。
でも、私が幼少の頃読んだのは、こっちの方。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゆうちゃんのみきさーしゃ [ 村上祐子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)


そして平山和子さんといえば、こちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くだもの [ 平山和子 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)


赤ちゃん絵本だけれど、
赤ちゃんに、こんな綺麗な絵を見せていいの?
と思うくらい衝撃だった「くだもの」。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おにぎり [ 平山英三 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)


インタビューでは、「おにぎり」の話が出ていました。
そして、このインタビューの時には、
「落ち葉」を描き続けている話が出ていて、
その話にも、ズキュンしました。

そして。そして。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雑草のくらし [ 甲斐信枝 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)


図書館に行くたびに、毎回、読んでしまうこの絵本。
1冊の絵本を作るのに、
こんなにも年数をかけているものがあるのか、、、。
と衝撃を受けました。だからこそ、の価格。
「絵本」という領域から逸脱している、とも思う。

そんな甲斐さんが、五味太郎さんと同じように
「母の友」にインタビューされているなんて、めちゃくちゃ嬉しくて。

その他にも、西村繁男さんや
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がたごとがたごと [ 内田麟太郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)


レイモンドブリッグズさんのインタビューも載っていて。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さむがりやのサンタ [ P・ブリッグズ ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)


私は、こちらの本(映画)の方が、印象が強いけど。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

風が吹くとき [ レーモンド・ブリッグズ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/12時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

風が吹くとき デジタルリマスター版 [DVD]
価格:37800円(税込、送料別) (2017/1/12時点)


「ヒロシマ」「ナガサキ」じゃない
「イギリス」での原爆の話が新鮮で。
(もちろん実話ではないが)
でも、小学生のときに映画館で見て
ゾッとした記憶があります。


そんなわけで、自分が子供の頃から知っていた
五味太郎さんや、さとうわきこさん、林明子さんだけでなく、
子供が生まれてから知った作家さんも多数掲載されていて
めちゃくちゃ面白かったです。
ああ、こういうつながりで、文がこの人で、絵がこの人なんだ!
っていうのが、よくわかって、勉強になりました。

「絵本作家のアトリエ1、2」も借りて読まないと!!!

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす