FC2ブログ
   
07
1
3
6
7
9
10
15
17
20
21
23
25
26
29
30
31
   

子供部屋を作ろう計画〜その3〜

連日、PTA仕事に明け暮れておりました。。。
来週も週5日は、PTAでございます。
仕事と同じくらい働いておりますな。。。

でも、平日、唯一空いていた日に、
お友達が「ランチしよー」と言ってくれて、
かあちゃん、涙ちょちょぎれるくらい嬉しくて。
「うん!もちろん!」と即答。

のくせに、お店を予約するのを忘れてしまった夜8時。
明日な。明日、予約、な。忘れんとこ。


PTAの仕事は、今は、ほとんど夏まつりのこと。
子供たちに配るおもちゃが、先日届いて、
確認していたら、なんだか、ウキウキ。

「これ、かわいいなー」
「うちの子、これが当たってくれたらいいのにー」
「これは、喜ばれるでー」

そんな感じで、自分たちが選んだものを
自画自賛しながら(爆)、気持ちをアゲております。。。

さてさて、そのPTAの間に、小学校チームの
1日公開日があって、参観&懇談も出席してまいりました。

スミレに関して言えば、
「担任の先生に連絡帳を見てもらえない」というのが
ここ1ヶ月の最大の問題でして(笑)。

同学年のママ友、高学年のママ友、
同じクラスのママ友に相談した結果、

「高学年になったら、先生は連絡帳をチェックしない。
 親から伝えたいことがあるなら、その時は
 子供が先生にきちんと見せに行かなきゃいけない」

という結論に到達。

でもね、うちの子が、先生に「見てください」なんて
言いに行くなんて、バンジージャンプよりも
もっと勇気のいる行為です。
しかも、親が先生に連絡帳で伝えたいことなんて、
本人にとってみれば、「お願いだから止めて」と思うような内容で。

正直、別に電話で話すような大した話でもないし、
時が経ってから読んでも「はあ?」と思うようなこと。

ま、そんなわけで、先生と、そのことについて
相談してきました。先生も、スミレが持っていけない理由や
気持ちの面なども、少しはわかってくれたようで、
ちょっと一安心です。


一方のコウメの場合は、先生に

「お母さん、学校でのコウメちゃんは、
すごくよく頑張っていますよ!!!心配ありませんよ!」

と言われてしましました。。。

いやいや、その分、家では、心配行動が沢山なんですけどね。。。
難しいですなー。3年生。
気を抜きたくなる親ごころ。気を抜けない目の前の惨状。
でも、先生には「もうちょっと放っておいていいと思う」と言われ。
うーん、駆け引きが難しい!

***

で。今日は、朝から幼稚園の夏まつり。
小学生チームも一緒に、缶積みや、魚釣り、
スーパーボールすくいを楽しみました。
ユリの幼稚園なのに、姉さんたちのお尻にくっついていく姿を見て
ああ、3番目って、、、と思うのでした。はあ。。。
案の定、みんなの前で、感想を言えなくて、半泣き。。
しっかりしてくれや。。。

***

てことで、夏まつりの後は、家でご飯食べて、
昼寝させてもらって(10分程度だけど)復活した後は
子供部屋を作ろう計画〜その3〜を実行しておりました。

本日の課題は

①子供部屋に置いてある3つのベッドのうち1つを
 夫婦部屋に持っていくこと。
②子供部屋のクローゼットの扉を外すこと
③そのクローゼットに、1階に置いてあるタンスと
 夫婦部屋に置いてある季節外のタンスを入れること。

この3つを終わらせることを目標にしていました。

で。

炎天下、いや、蒸し暑い2階の部屋で、
頑張りましたよ。。はい。
①はとりあえず母ちゃん1人で。
子供たちとしげおは、隣の部屋で
エアコンかけて、モンスターズインク見てましたけどね(羨)。

②以降は、しげおや子供たちにいの手伝ってもらって
なんとか夕方には、③を終えることができました!ふう。

After
heyadukuri.jpg
大人用のクローゼットなので、ハンガーポールが
とても高い位置にあります。姉さんたちはかろうじて
ハンガーの取り外しができるけれど、ユリには厳しいので
洗面所で使っていた台を持ってきました。

ちなみに、もともと、ここには、
扇風機や一人用コタツ、暖房器具、電気絨毯など、
季節外の電化製品が置かれていました。
今までは滅多に開けないクローゼットだったけれど
なんだかんだで、ものすごいホコリと汚れで
雑巾は、何度洗っても真っ黒け。。。ひゃー。

CIMG9404.jpg
こちらは、季節外の衣類置き場です。
季節外のタンスの上に、余白があるので、
ここに、子供部屋で使う掛け布団を仕舞う予定です。

引いて撮ってみた。。。
CIMG9411.jpg
クローゼットの扉を全部取ると
片付けもしやすいし、部屋を広く使えるようになりました。
でも、一方で、やっぱり、布団類が見えると
なんだか、きちゃない、、、イメージも歪めません。
(高い位置にあるので、綺麗に仕舞えないんです、、、正直、、、)

ま、子供部屋だから、別にいいっか、とも思うんだけど
隠すためのカーテンをつけてもいいなーと思っているところです。
また色々考えようっと。

タンスを運んでくれたり、
色々手伝ってくれた娘たち。
洗面所から持ってきた台に上って、背比べ。。。
CIMG9405.jpg
「子供部屋を作るって、大変だねー」(コウメ)
「ガンバレー」(ユリ)
「、、、、、」(スミレ)

コウメは、いっぱいおしゃべりで励ましてくれます。
「ママってすごい。子供部屋を作るのが
 こんなに大変なことなんだね。
 うわーこの部屋も、変わった〜
 すごーい、すごーい。広くなった〜楽しみ〜」

ユリは、新しい部屋に興奮しまくっています。
「うわ〜これ、なに?」
「お手伝いした〜い」
「ここ、ユリの寝るところ!」

スミレは、励ましの言葉や、興奮することはないのですが
とにかく体を動かして手伝ってくれます。

三者三様、でも、みんな、子供部屋を楽しみにしてて。
みんな、それぞれの思いで手伝ってくれるのが嬉しいです。

ま、ここまで頑張ったけれど、
まだまだ序盤戦です。まだまだ山があります。
大きな家具の移動も、
そして、まだまだ処分しないといけないものの選別も。

来週はPTA仕事に没頭するので、
作業は再来週に再開予定。それまでは、妄想しまくりまーす。
スポンサーサイト



娘たちの金持ち理論

「お金持ちになりたいねー」

そんなことを言うようになった、うちの3姉妹。

娘たちの言うお金持ちとは
近所にある真っ白なお城のようなおうちのこと。

真っ白すぎて、通り行く人、皆、
「お城だ〜」と言っているので、
うちの娘たちも「お城なんだ」と思うようになったらしい。

そして、
「(お城だから)お部屋も、きっといっぱいある」と思っています。

そして、何より
ハロウィンのとき、お城のお家からもらったお菓子が 
めちゃくちゃ多かったことが、うちの3姉妹の中で、
一番のインパクトだったらしく

コウメ「あんなにたくさんのお菓子を、
    たくさんの子供達に買ってあげられるなんて
    すごいお金持ちに決まっている!
    普通は、そんなにたくさん買うお金はないで!」

スミレ姉さん、すかさず
「買うお金はあるけど、買わへんだけやねんで、、、」
と言っていましたが。。
さすがですね、4年生。母たちの心理、知っとるね。


とにかく、ハロウィンのお菓子から、金持ち理論が展開されるとは、、、。

ちなみに、真っ白なお城のおうちは、うちと同じハウスメーカー。
大手のハウスメーカーではないし
ぶっちゃけ、メープルのフローリング材をいただいたお家の方が
超大手のハウスメーカーで、価格的にも、いっちゃん上なんですけどね。
外観見たり、使われている資材見たら、
どこのうちが、お金かかっているか、大人なら、わかるんですけどね。

とりあえず、子供達は、身近なモノ、見た目のインパクトから
金持ちを判定する、ということがわかりました!

それじゃあ、今年のハロウィンのお菓子、豪華にしてみよっかな。
みんなうちを「お金持ち」だと、勘違いしてくれる、、、かな(笑)。

ていうか、うちは、
お菓子をたくさん買えるお金は、ほんまにないねん!
(我が家の場合、コウメ理論が正解)

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす