FC2ブログ
   
02
2
3
10
11
14
16
17
18
19
20
25
27
29
   

遊びほうけました*子どもの環境を整える〜その2〜

金曜日は、ユリの幼稚園の参観日。

「ゆうびんうさぎとおおかみがぶり」
という絵本を題材にした劇あそびです。



幼稚園児の演技は、可愛い〜。
素朴でいい〜。楽しかった〜。
ユリは、竹馬も披露していました。
頑張って練習していたもんねー。
挑戦させてくれた先生にも感謝感謝。


で。土曜日。
しげおが久しぶりに仕事を休みにしてくれて
子どもたち念願の、ひらパーに行ってきました!!!

今回のひらパーは、記念すべき日となりました。

なんてたって、

「スミレ、コウメの身長が120センチを超え」
(ギリギリラインだけど)

「ユリが5歳、身長110センチを超え」
(ギリギリラインだけど)

おかげで、乗れるアトラクションが一気に増えましたっ!!!

スミレは、絶叫系が大好きで、

(絶叫はできへんけど)
何度もジェットコースターに乗り
興奮しまくっていました。
CIMG8153.jpg
ジェットコースターや
CIMG8160.jpg
ゴンドラのようなオエオエ系の物にも
果敢にチャレンジ。。。
(そのチャレンジ精神を、
 普段の学校の活動にも見せて欲しいが、、)


コウメはスミレの絶叫系には、
ほどほどに付き合いつつも
CIMG8154.jpg
自分の好きなアトラクションを見つけては
しつこく乗ったり、
ユリの好きなアトラクションに
付き合ってあげていました。

ユリも乗れる遊具が一気に増えて
CIMG8142.jpg
コーヒーカップも、姉さんたちと一緒に
乗れるようになり、しげおもかあちゃんも大助かり。
(三半規管が弱いオッサンと
 めまいが持病のオバハンには辛い乗り物ですから)

しげおも
CIMG8156.jpg
楽しんでいましたよ。
三半規管が弱くなっているけれど 
娘たちに付き合って、ジェットコースターも
ブランコも楽しんでいました。
shige.jpg
ほらね。

で。一人でフリーフォールにも挑戦して。
ま、その代わり「帰りの車の運転よろしく」言うてきたけどね。
脳みそおかしくなったらしい。

私は、めまい患者なので、
極力、三半規管に負荷がかかるようなものは
乗らないようにしたし、
ユリの相手役だったので、
メリーゴーランド系の物をたくさん乗って
楽しみましたよ。ははは。

娘たちにも「ママは、なんで乗らないの?」
って聞かれたけど
かあちゃんは、ぶっちゃけ子どもの頃、
エキスポも枚方パーク(ひらパーという愛称がなかった時代!)も
飽きるほど行ったからね!
散々、ジェットコースターも絶叫系も乗ってきたからね!
だから、いいの!!!!!

てことで、散々遊んだひらパー。

ただ、帰宅時、スミレ姉さんだけが
非常にイライラ。

どうも、「もっと遊びたかった」らしく
「夜まで遊びたかったのに!!!」と。
さらに「1週間ひらパーに泊まって遊べたらいいのに」だと。

ほんと、そんなことができたらいいね。

でもね。

「もっと遊びたかったー!」と思うくらいで
帰る方が、次を楽しめるし、ずっとずっと飽きることなく
ひらパーを満喫できるんだよ。

ま、そんな話も、寝る前にさらっと伝えて。

遊園地は刺激のある遊び場。
たまーに行くから、楽しいところ。
普段は、やっぱり公園で充分です。


てことで。今日は、
近所の公園で崖登りをしてきました。
(先週に引き続き、、、でございます)
木の枝を拾って、秘密基地を作ったり
持っていった縄を使って、崖を登ったり下りたり。
草のトンネルを見つけて通ったり
2時間半たっぷり遊んでいました。
たくさん登り、たくさん滑り、
たくさん尻餅をつき、たくさん手足に擦り傷を作って
たくさんたくさん楽しみました。


ひらパーも楽しめるし、
普段の公園も楽しめるうちの三姉妹。
ほんま、ええ子やなーーーーーと思います(笑)。


とりあえず、連日、いっぱい遊べて
娘たちの心も満タンになったみたい。


よかったー!


***
さてさて、子どもの環境を整える話。
その2は、集中して勉強できる空間作りについて。

うちの小学生チームは
昨年から、しげおの仕事部屋で
宿題をすることになりました。

でも、面倒くさくて仕事部屋まで行けない日や
本や漫画、オモチャの誘惑に勝てずに
リビングで宿題をする日も増えていました。

でもね。

そもそもリビングから離れられないってことはね
宿題をする気になれていないってこと。
そんな状態で机に向かったって、
本や漫画の誘惑に勝てるわけがない。
そう。宿題を少ししては、漫画を読む、、、
そんなことを繰り返して、
結局、何にも時間内に終われないんです。

てことで。作ったのが、勉強ブース。
CIMG8043.jpg

これは、

この本に書かれていた「ついたて」のアイデアを
参考に作ったものです。

著者の大場さんとこのお子様たちも

「テレビやゲームやマンガの刺激と、
 他の兄弟妹からの遊びの誘惑に溢れていて、
 やっと宿題に取りかかったと思っても、子供はついつい目移りします」

だそうで。まさに、我が家と同じ!!!

ちなみに、我が家の勉強ブースは、
見ての通り、段ボール製。
CIMG8044.jpg
ユリが話しかけないように、
注意書きもしておきました。

リビングで宿題をするときは、
これを使うように伝えているので
一人1台持ってきて、ブースの中で
静かに宿題をするようになりました。

ただ、宿題が終わった後も、
このブースの中で、本を読んだりするもんだから
「ごはんですよー」と声をかけても
全くもって、耳に届かない模様。
結局「こら〜!」と言って、
ブースを取り上げる日々でございます。

でもまあ、勉強するときは、集中するようになったので
とりあえずこのブース作戦は、成功かな☆

先述した「108の子育て法」の本は、
本当にいろんなアイデアが満載です。

この方のスタンスも、環境を整えることがベースになっているので 
「子どもに合わせて環境を整えるって、
 こういうことか!なるほど!」と
とても勉強になります。

是非是非本屋さんで、ご覧ください。

それでは、おやすみ〜。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす