02
2
3
10
11
14
16
17
18
19
20
25
27
29
   

あったらいいな

「こんな道具があったらいいな」
CIMG8109.jpg
スミレが考えた道具、だそうです。

「だれにでもへんしんできるリード」
というのは、名前を言うと、その動物になれるんだって。

って、言った本人が動物になるのかよっ!


「わすれものでてくるけしごむ」
というのは、忘れたものの名前を書いて
押して消すとお尻から出てくるんだって。

お尻って言っても、けしごむのお尻だよw


てことで、
ドラえもん大好き。道具マニアのスミレ姉さんでした。

あ、そうそう。

うちの3姉妹。見事にドラえもんにハマっていて。
(しげおが、ことあるごとに、漫画を買ってくる、、、困)

サンタさんからもらったドラえもんのCDも
穴があくんちゃうか?いうくらいよく聞いてて。

特に、誰かが泣いていたり
ぐずっている時には、

「丸い顔の人がいる〜
 三角顔の人がいる〜
 四角い顔の人がいる〜
 泣いて怒って駄々こねりゃ
 泣き虫顔になるけれど
 でも、でも、笑ってごらん。
 みんなみんな丸顔さ〜」

という歌を歌うと、ぐずっていた人も大爆笑。
涙が、スーッと引っ込んじゃう魔法の歌です。
しかも、うちの3姉妹、誰一人笑わずにはいられないくらい
3人に大ヒットした歌でもあります!
ドラえもんよ、ありがとう!


***

そんなわけでー。

明日から、ようやくユリさんも登園できますー。
すっかり浦島太郎気分だけどね!
私も、久しぶりに幼稚園に行きますー。
(仕事があるから、お迎えだけだけどねー)

家の中での遊びも、1対1での遊びも
もうお腹いっぱーい。
一人っ子の御宅って、こんなんなかな。
大人と子供と1対1で遊ぶのって、
かなり大変〜〜〜。
ま、子供達が小さい頃はそれが普通だったんだけど。
姉妹で遊ぶようになってからは、
お母さんとの遊びが面白くない、
と思うようになってきているようで。

とは言っても、一緒に工作したり、ゴロゴロしたり。
絵本もたくさん読んであげたし、
みっちり遊んだよー。

姉さんたちも、いつも以上に
だらけまくっていた週末でした(笑)。

来週は、公園に行くぞー!
しげおは仕事だろうから
(本当、休みなし、、、大丈夫かな、、、)
久しぶりに外食もしたいぞー!

そして、お待たせ〜!
快気祝いも兼ねて、しげおの誕生日のお祝いをします!
お祝いいうても、プレゼントは、
ちょっと一大決心なものなので
慎重にいろいろ決めないといけないんだけど
とりあえず、娘たちはケーキを食べたがっているので
明日は、ケーキでお祝い!イエイ!

私は、ようやくお一人様の時間が持てるので
DIY関連資材の調達に行きまーす。
DIY熱、出てきたので!
とりあえず、庭に置いているベンチが壊れたので
その修理も早急にしなきゃ、だけど。

と思ったら、しげおが、
家にある木材、勝手に切ったらあかんで!と
ダメ出ししてきたー!えー!
新しい木材買ったら買ったで
「家にあるもん使え!」って怒るくせによー。
ていうか、もう、切っちゃったもんねー。へへへ。


春は、やりたいことがいっぱい。
そうそう、ユリがお腹にいる時
切迫早産で入院していたのも2月だったっけ。
あの時も、春が待ち遠しくて、
やりたいことがたくさんあって、うずうずしていたなー。

ちなみに、早急にやらないといけないのは
庭のベンチの修理と、木箱の製作(10箱)と
自分の財布(3年前に作った財布がボロボロで、、)と
冬用の(結局、完成しなかった)スカートを完成させること。

かな。はははー。多いねー。

そして、もう2月もおしまいだねー。
2月前半はPTAの仕事に明け暮れ
後半はインフルと戦った、
生産性のない1ヶ月でした。。。。。
3月も慌ただしいのは、目に見えているけれど
もうちょっと落ち着いて、
いろいろ作っていきたいです。

というか、ワンデーショップに向けた製作に
手をつけられそうになくて。。。
春のワンデーは、あまり品数作れなさそう。
でも、いろんなことに挑戦したいし、
ちょっと売り上げのことは、置いといて
「果敢に挑戦」を目標に頑張ってみようかなー。

ま、そんなことをいろいろ感じた2月。
「調子に乗ったらあかん」という年始のおみくじ通り
調子に乗らない程度に、攻めていこうと思います☆

とにかく健康第一。
はよ寝まーす。
スポンサーサイト

インテリア熱

ユリとの軟禁生活も4日が経ちました。
熱もすっかり下がったユリさん。

ただひたすら暇を持て余しています。
昼間は、なるべく庭で遊ぶように声をかけています。
おかげさまで、草花を愛でる生活を復活させたいと
思うようになってきて
(冬の間は、散々でした。。。水遣り全然しなかったし。。。)
買ってきた草花を植える作業や、
庭の手入れなども、手伝ってもらいました。

そんなユリさんと、一緒に、熱中したのがコレ。
CIMG8187.jpg

CIMG8190.jpg
塗り絵です。

これね。

ハマりました。。。

塗るのにハマったと言うより
私のインテリア熱を上げるきっかけになったというか。

ワタクシ、最近、インテリア熱が全然上がらなくて。
大好きだった「Come home!」も、最近は、
みんな同じテイストで、なんだかなーと思ってて
全然好きになれなくて。

でもね、この塗り絵をしてね。

「あ、私、こういうトーンのインテリア好き。
 やっぱ、花屋さんは、落ち着いた
 ちょっとくすんでて、古臭い雰囲気がいいよね。
 やっぱりイングリッシュガーデンがいいよね。
 私のインテリアにドンピシャな花屋さん、
 久しぶりに訪れなきゃ」
 
てなことを思って。
なんちゅうかね、塗り絵をしながら
心と対話してた、というか。

やっぱ色って大事よな、と思って。
昨今は、黒を取り入れるのがトレンドだけど
私は、黒より茶。
北欧スタイルのインテリアも好きだけど
どちらかというと英国スタイルの方が好き。

そんなことを、思い出せたというか。

そう思うと、最近敬遠してた「Come home!」も
好みのインテリア云々じゃなくて、
普通にDIYを楽しみたい。
工夫しているよそのお家から、
いっぱいヒントをもらいたい!と思うようになって。

ええ。久しぶりに購入しました。
Come home!(vol.43)

Come home!(vol.43)
価格:864円(税込、送料込)



じっくり読んで、久しぶりにDIY熱も上がった、、、かな(笑)。

てことで、家の中のインテリアも見直ししています。

まずは、冬仕様のものを片付けます。

CIMG8194.jpg
CIMG8197.jpg
コウメが「星は、もういいんじゃない?」と言うので、
CIMG8200.jpg
ダンボールに入れて倉庫部屋にGO.

CIMG8212.jpg
CIMG8209.jpg
ダイニングに飾ってあった
子供達の力作切り紙は、階段の壁に移動させ

CIMG8204.jpg
ポスターを貼ることに。
(あんまり目立たないな、、、)

CIMG8208.jpg
塗り絵も階段に貼ることに。
(斜めなのは、気にしないで)

リビングの壁に貼っていた
ウォールステッカーは
CIMG8207.jpg
階段に貼りました。

このウォールステッカー
はじめてのウォールステッカー [ Chiku ]

はじめてのウォールステッカー [ Chiku ]
価格:1,728円(税込、送料込)


本を読みながら、数年前に作ったものです。

今や、100均でもウォールステッカー売っているもんねー。
時代は変わったねー。

他にも色々チェンジしたところがありますが
この話は、また今度。
とりあえず、家の中、外にある毛糸類や
モコモコ系のものを片付けて、綺麗さっぱりです。


***

さてさて、久しぶりにオーガナイズネタです。

1ヶ月ほど前に、料理本を数冊処分しました。

CIMG8213.jpg
というのも、オレンジページの付録に
このような「レシピノート」というのがありまして。
料理本を切り抜いて、貼り付けて、
自分だけのレシピノートが作れるようになってて。

以前もお話ししたと思うのですが、
新婚当初はレシピファイル、というのを作っていました。
雑誌の切り抜きをファイルに入れて保管するというもの。

でもね、私は、ファイルが苦手でした。
ファイリングは嫌がらずにできるのですが
なぜかファイリングしたものを、再度読み直そう!
という気持ちになれなくて。

でもね。

なぜか。

スクラップブッキングは、できるんです。

ファッション誌の切り抜きを
スクラップブックに貼り付けていく作業。
これは、大好き。
で、スクラップブックに貼り付けたものは
読み返すんです。あらふしぎ。本当に不思議です。

ということで、レシピもファイリングではなく
スクラップブッキング方式にしました。
CIMG8215.jpg
こんな感じで。ただ貼り付けるだけ。
メモを書き加えることもありません。

でもね、見るんです。
めちゃくちゃ活用できるんです。
ファイリングした時とは大違いです。

おかげさまで、レシピノート、大活躍でございます。


で。もう一つ、良かったことが、これ。

料理本は、台所にある土鍋置き場の端っこに置いています。
CIMG8184.jpg
レシピノートを作る前、料理本がたくさんあった時は
この矢印のところまで、料理本が並べてありました。
もちろん、土鍋は隅の方に追いやられてて
ぎゅうぎゅうの状態で置かれていました。

でも、今は、こんな感じ。

よっゆう〜〜〜〜。
土鍋も余裕を持っておけます。

快適〜〜〜。調子に乗って料理本、また買いたくなるやーん。

そんなわけで、料理本の整理も終わりました。

生活を整えていくって、気持ちがいい!!!



イチゴ

高熱でうなされていた時、
しげおが買ってきてくれたイチゴ。
(もちろん、リクエストしたが)

あれは、本当に美味しかった!
食欲もなく、でも喉だけが乾く時に
あのみずみずしいイチゴが
喉と胃を潤してくれた!
本当にありがとう!

そして、何も言わなくても(これが大事なんだ)
お皿を洗ってくれた!
嬉しかった!

仕事が忙しくて、休む間もないのに
ユリの送り迎えもやってくれたし、
感謝感激!

のしげおが、昨日、シジューになりました。
(ふふふ、ようやく仲間だ)

だのに。

ケーキを買いに行くこともできず。
(作る気力も湧かない)

お祝いは「全員元気になってから」ということで
しばらく延期です。

幸い(?)何も用意していなかったしwww
ユリの熱は上がったり下がったりで、安定しないので
まだまだお祝いはできなさそうだけど。


そうそう。明日から、私、復帰です。
ノーマスク!久しぶりに!
ノービニール手袋!いえい!

「子供たちにも、しげおにも、思う存分抱きつける!」

と言ったら、しげおが

「怖いから、やめて」

拒否られました。


ついでに、子供達に
「明日から、母ちゃん、鬼ババアに復活するでー!」
と言ったら

「いややー!」
「いい子のままでいるから!優しいママでいて!」
(インフル中、別にいい子にはなっていなかったが)
「でも、ママがいたら、悪い子になるねーん」

と言われました。

誰も「ママは鬼ババアじゃないよ!」
と言ってくれなかったことに、軽くショックを受けつつ。

では、おやすみ。。。

B判定*「頭のよさ」*膝の上で宿題

ユリもB判定でした。
なんだか模試の結果っぽいけど、インフルの結果です。

昨日は、40度の高熱が出たものの
朝には37度台に落ち着き、
タミフルを飲んだ後は、平熱〜微熱をさまよっています。
元気です。

私が、高熱で2日間ほどうなされ、
もがきまくっていたのとは、大違いです。
頓服でカロナールも処方してもらったのですが、
使わなくても、良さそう。ほっ。

週末、散々一緒に遊んでいた姉さんたちは
未だに発症せず。うつっていなければいいんだけど。

ま、そんなわけで、元気すぎて、全然昼寝してくれないので
PTAの仕事が全然できません!!!なぬっ!!!

今日は、ひたすら、オセロと帽子取りゲームとあやとりをしました。
なんぼ回復が早くても、土曜日までは監禁状態なので
あと何回オセロをしないといけないのか、
考えるだけで、おそろしですぞー。

ちなみに、
ユリとのオセロは、私が負けるように仕向けないといけません。
(もしくは、ギリギリいい戦いを
最後の最後までやらなければなりません)
ぼーっとしていると、
ついつい勝ちにいく戦法を使ってしまって、
余裕勝ちしてしまうので、あかんのです。
頭を使って、ギリギリのラインで戦わないといけないのです。
結構大変です。めちゃくちゃ頭使います。


***

ま、そんな話はさておき。

先月読んだ本のこと。


ふら〜と立ち寄った梅田の紀伊国屋書店。
ふら〜っと、いつもは読まないジャンルのものを
探していたのに、気がついたら、
いつもの「教育本」を手に取っていました。
イカンイカン。。。。

人は、認知特性によって、6つのパターンに分けられるそうです。
優位なのが視覚なのか言語なのか聴覚なのか、
基本この3パターンに分けられて、
それによって、得手不得手があるよ、とのこと。

うちの3姉妹で言うと、
コウメは、明らかにスミレやユリと違って
聴覚が優れています。

と言っても、絶対音感があるわけじゃない。
人の話は、無意識にスルーするので、
「ほんまに聴覚が優れているのか!?」と
思われるんだけど。でも、優れています。

そもそも、コウメが絵本を読み始めたのは
2歳の頃。文字が読めない時から
絵本をスラスラ読んでいました。
勝手に話を作る、というより、
ほぼほぼ私が読み聞かせした通りに読んでいましたから
耳で、話の内容を覚えていたのでしょう。

今は、クラスのお友達がしゃべる話を
そのままの口調でスミレやユリに言います。
おかげで
「今年のクラスは、口の悪い子が多いな」と気付いたり
コウメの友達の口癖がハッキリ分かったりします。
新しい歌の歌詞をすぐに覚えますし(音階は全くあかんが)
一方で、自分の嫌いな音には敏感で
人の泣き声を聞くとイライラするし、
雑音にも敏感に反応します。
(ざわざわするところが苦手)

スミレやユリは、まだそこまで際立った特徴がなく
年齢的なことから、視覚優位かな、という感じ。
年齢が上がり、論理的な思考ができるようになると
言語優位にシフトする可能性もありそうです。

ま、そんなわけで、子供達のいいところってなんだろうなー
そんなことを考えながら読んだ次第です。

勉強になります。


***

そうそう。スミレの感情との付き合い方について
一つエピソードを思い出したので、記録しておきます。

だいぶ前のことだけど、
ユリが預かり保育で帰ってくるのが遅く
コウメがピアノのレッスンで不在だったとき、
スミレを膝の上に座らせて、宿題をさせたことがあったんです。

この「膝の上に座らせて宿題」は、
先輩ママ友が、やる気のない子に勉強をさせるときに
使っているやり方だそうで、
膝の上に座らせて勉強させると、
ちょっと頑張ろう、という気になるのだとか。

てことで、うちでも膝の上に座らせて〜を
やってみたところ、スミレも嬉しそうに
宿題に取り組んでいました。
心なしか、いつもより綺麗に書いて
いつもより早めに終わらせていました。

さすが〜!と思っていたところ、
宿題が終わって、しばらくして、一言。


「どーせ、ユリとコウメがいないから、スミレを抱っこしたんでしょ」

と。

しかも、ちょっと斜に構えた表情で言ってて。

「こりゃ、スネとるな。素直に喜べていないな」と思い

「妹達がいてても、お母さんはスミレを抱っこするよ。
 でも、スミレを抱っこしてたら、
 ユリがすぐに膝の上を奪うから、ゆっくり抱っこできないでしょ。
 だから、ユリがいない時を見計らって、抱っこしてあげたんだよ」

と答えたら、ちょっとホッとした顔をしていました。

素直に喜んでよーと思うのですが、
裏を読むところは、さすがスミレだな、と思ったのでした。
人の心を読みすぎて、疲れないんだろうか、、、
いや、読みすぎて疲れているから、
毎日イライラしているんだろうな。。。

ま、そんなわけで、
私も、病み明けで、疲れたわ!
はよ寝よー!

キタね

キタね。うん、キタ。

この季節の、キタね、ネタといえば花粉だけど。

今年は違う。

インフルね。キタね。

私はようやく解熱したんだけど、

その矢先にね、ユリがね、40度。

キタね。バッチリね。なんでこうも時間差なのかね。

でね。

週末ね。がっつり3姉妹で遊んでくれていたからね。

きっとね。

姉さん二人もね。

明日か、明後日には、クルね。

ついでにね。

今日はね、ユリさん。
幼稚園でね、市のゆるキャラと一緒にダンスしたんだって。

てことはね。

幼稚園のお友達だけでなく
そのゆるキャラさんも、、、、


ま、大丈夫っか。

ガード固そうだしwww

そもそも、クワイ、やし!


明日は、ユリ連れて病院へ。
まだ外出禁止な身だけど、
しげおは仕事が忙しすぎて時間取れない言うし
しゃーないよね。

ずっと一緒に遊べなかったので、
解禁前に、一緒にべったりできて
母としては、幸せです。

でも、うつしちゃって、ごめんねー。
いや、でも、かなり慎重に
家の中では、マスク、監禁部屋から出るときは
使い捨て手袋にアルコール消毒液つけて
ドアノブ、電気のスイッチなど、
ありとあらゆるところを消毒し、
朝晩は、思いっきり窓を開けて換気して
子供達全員、私に
1メートル以上近づくことはなかったはずなのに。

なぜ。今。

この7年間。
インフルとは縁がなく過ごしてきたので、
なんとなく「我が家はかからないもの」と思っていたけど。
かかるときは、かかるんだな、と改めて思うのでした。
だから、予防接種はしません。

ああ、明日の耳鼻科も、
翌日のコウメの通院もキャンセルの電話入れなきゃ。

私は、解熱後から、
PTAの引き継ぎ資料を作成中です。
溜まりに溜まっていた仕事に、
ようやく手がつけられた、という感じ。

明日も、ユリの看病しながら、
諸々の資料作成に励みます。頑張るぞ。

スミレ9歳10ヶ月*コウメ7歳11ヶ月*ユリ5歳8ヶ月の成長記録

インフルエンザが流行っています。
コウメの学年は7クラス中5クラスが学級閉鎖。
一気に5クラスというわけではなく、
閉鎖されたクラスが解禁されたと思ったら、
別のクラスが、、、と、微妙に続いている、
そんな感じです。

コウメのクラスは、幸い閉鎖にもならず
元気に過ごしているようです。

私は、どこでもらったのか、
インフルBに感染したけどね。。。

ただいま療養中。。。


てことで、インフル前に書いていた成長記録を
遅ればせながら、投稿。。。



*スミレ9歳10ヶ月

難しい年頃に入ってきたのかなー。
素直じゃなかったスミレが、
ますます素直じゃなくて反抗するようになって。

ややこしいったらありゃしない。

先日、

「あなたが生まれた時、どんなことを思いましたか」
「小学校には入った時、どんなことを思いましたか」
「どんなときにあなたを叱りますか」

という項目を、親にインタビューする、
という宿題を持って帰ってきました。
(道徳の授業らしい)

「どんなときに、あなたを叱りますか」
「どんなことを思って、叱りますか」

そんな質問が書かれていたかと思うのですが

「素直にわがままを言わなかったとき」
「素直になれなかったとき」

と、ワタクシは、素直に答えました。

その日以降、スミレが素直になれなかったときには
「宿題のこと覚えている? お母さん、何て言ってたっけ?」

そんな投げかけをしながら(コウメと一緒に、、、笑)
ちょっと冷静になれるように、声かけをしています。

でも、イライラしているときって、冷静になれないもの。
スミレに「自分がイライラしているときって、いつか知ってる?」
と聞いたら

「スミレは、イライラしたことないもん!」

だと。

えーーーーーーーーーーーーーーー????

毎日、ことあるごとに、イライラしている
イライラ星人が?!

てことで、こんな決まりをつくってみました。
CIMG8107.jpg
まずは、冷静に、客観的に
1、「イライラしているよ」ということと伝えます。

これを伝えないで、イライラを解消しようとすると
本人も「なんでそんなことするねん!」と思うからです。


2、深呼吸をさせます

とりあえず、一呼吸置いてから、
イライラしている事象について話し合いたいので
深呼吸という方法をとりました。

他の方法もあると思います。

モノを投げるとか、地団駄を踏む、とか。
何かを蹴飛ばす、とか、そんなんでもいいと思います。
怪我をしない方法であれば、私は何でもありだと思います。


ここで大事なのは、
「ここからは、お母さんの言うことを素直に聞く」

ということです。

素直になれない子に「素直に聞く」と指令を出すのは
とても難しくて、いつも手こずります。

しかも私は、普段から、
子供には「自分で物事を考えなさい」
「人に言われた通りにするのは、違う」
と伝えているのですが、
この時ばかりは「お母さんの言うことに従う」と
伝えていますので、これも、手こずります。

でも、時には人の指令に従わないといけないこともあるし
この約束を守らない限り、次に進めないので仕方ありません。


でも、一緒に深呼吸をすると
だんだん、カチンコチンの身体がほぐれていきます。
みるみるうちにほぐれていきます。
大きく吸って、吐く〜というのは、本当に大変なようで
ちょっとでも素直になれたら、
深呼吸をしている間に、笑いが起きます。

特に、この深呼吸をしている絵が
sumire.jpg
面白くて、笑えるらしいです。
「こんな顔にならへんわ!」
と、母の描いた絵を大絶賛(見下しているとも言う)してくれます。



3、抱っこしてもらいます

素直じゃないスミレ姉さんは、
昔から甘えるのが下手。

「抱っこして」と言えないし
「抱っこしてあげるよ」とこちらが言っても
素直に従ってくれないことも多いです。

だから、無理やりでも
抱っこする機会を設けなければなりません。

てことで、深呼吸が終わったら抱っこ。
まだこの段階でも、体がカチンコチンで
力が入っているなー、硬いなーと思ったら
背中をさすってあげたり、
ちょっと強めに指圧しながらマッサージしたりして
体をほぐしてあげます。

1〜3が終了するまで、めちゃくちゃ時間はかかりますが
これをやらない限り、他の人に迷惑をかけるほど
すごく荒れ狂うので、やってあげます。

妹たちが「ズルイ」と言っても、やってあげます。

「やってあげないと、あなたたちのことを叩いたり
 意地悪したり、ひどい目にあわされるよ」

と言うと、納得して(何度も痛い目に遭っているからね)
見守ってくれます。


そんな感じで、親子で子供の感情との付き合い方を
模索しているところです。
どうしても、学校生活で我慢しちゃう子は
どこかで息を抜かないといけない。
息の抜き方を知らない子は、
暴力や自分を痛めつける行為に出る。
そうならないためにも、息の抜き方を知り
親に甘える方法を教えていかなければなりません。

なかなか難しいけれど、
スミレは、幼い頃から、感情との付き合い方が
うまくないことはわかっていたし、
なんとかしてあげたくて
いろんな本を読んで、ようやく今、実践が始まった、
という段階です。

感情との付き合い方が苦手な子供をお持ちの方の
参考になれば幸いです。


***

*コウメ7歳11ヶ月

前回、インフルに罹ったのは
コウメが0歳10ヶ月の頃。
入院先で院内感染したインフル。
あの頃は、豚インフルが出てくる前で、
特効薬と言っても、
タミフルとかリレンザとかはなく
ま、そもそも授乳中で、
カロナールだけで凌いでいました。

ああ、懐かしい。。。

CIMG8173.jpg
先週のとても暖かい日曜日。
がっちゃんとしげおと向かった先は
CIMG8179.jpg
サッカースタジアム!

もちろん!
チケットなど購入してへんし
お上りさん状態で
周りを一周してきただけだけどね!


さて、コウメさん。

相変わらず、男子街道を走っています。

服。汚れていても気にしない!
机。汚れていても気にしない!
ゴミが机の上にあるっても、見えない!
部屋にゴミが落ちていても、見えない!
部屋に、自分のジャンパーや靴下が落ちていても、見えない!
時計は、インテリア。
一応、時間を示すものだとはわかっている。
あと○分で▲時になる、というのも算数で習ったのでわかっている。
でも、全くもって、時間に対する危機感がない!
遅れたっていい!
たったちょっと(5分でも10分でも、ちょっとらしい)のことだから!


先週は参観日でした。
「成長した自分」の発表で、相変わらず
「自分の発表は見ないで」というので
コウメの発表の時だけ、退出してきました(笑)。

週末、私がぶっ倒れている隣の部屋では
「成長した自分」を発表するぬいぐるみ達の声が
聞こえてきました。
30人分くらいかな、延々と演説が聞こえてきていました。
一緒に遊んでいたスミレもユリも呆れていました。。。

コウメは、理想が高いんです。

コウメは「レイカ」という名前に憧れているので
「山本レイカちゃん」の発表の時は
(ぬいぐるみの演説ですよ!あくまでも)

「レイカという名前は、しっかりした子に育って欲しい。
 学級委員をやるようや子になって欲しいと思ってつけたそうです」

と言っていました。ほう。なるほど。

遊びの中に、時々、本音が見え隠れするので
私は、こっそり子供達の遊びを観察するのが好きです。


ま、そんなわけで、我が子の発表内容は
全く知らないんだけど、
30人分のぬいぐるみ達の名前の由来や
小さい頃のエピソードは、たっぷり聴かせていただきましたよ!
(ま、半分以上は、寝てて聞いていないんだけどねwww)

***

*ユリ5歳8か月

外で遊ぶのが楽しい年頃です。
園庭開放で、ぼーっと遊んだ後は、
家の前でひと遊びしてからでないと、
家に帰してくれません。

姉さんたちは、外で遊びたがらないけれど
ユリは、公園に行きたいし、遊具でも
崖登り遊びでも、なんでも楽しめます。

本当申し訳ないなーと思うくらい
ユリとは外遊びに付き合ってあげる時間が短いので
できる限りできる限り、一緒に遊ぶようにしています。

もっと料理も一緒にできたらいいなーと
思っていた矢先に、インフルでなんもできないのですが
インフルが明けたら、一緒に料理、も楽しみたいと思います。
CIMG8180.jpg
先週の日曜日は、暑すぎて
半袖で過ごしました。

ひらがなを読めるようになってからは、
家の中にある文字を、拾っては読んでいます。

先日は、アルゴを使って遊びました。
アルゴ

アルゴ
価格:1,543円(税込、送料込)


もちろん、姉さん2人に助けてもらいながら。。。
子供チームvs母ちゃん
というのは、とても戦いがいがあるようです。
姉さんたちも、鼻息荒くして戦っていました。

子どもの環境を整える〜その5〜ランドセルの仮置き

お片づけブログで、よく話題にされているのが
自分のカバンの仮置き話。

本当はクローゼットに持って行きたいけど
帰宅後、とりあえず置く場所を設けておけば
部屋の中が乱れない、、、

そんな理由で、自分のカバンの仮置き場所を
設けられている方がいます。

私は、、、毎日同じカバンを使うので、
中身を入れ替える必要もないし、
クローゼットに片付ける理由もないし(爆)
帰宅後すぐに置ける場所で、
出かける時に、すぐに取り出せる場所に置いています。

だから、仮置き場ちゃうの?という場所が
私のカバンの置き場所です。

とりあえず、玄関には放置しないように
気をつけています。


一方、子どもたちは、、、

玄関に放置することが多かったんです。
だって、帰って、靴を脱いだら、
すぐにカバンを置きたくなるでしょ。
ポイーッと。

わかる。その気持ち。

そんで、一気に遊びモードになってね。
リビングにいって、遊びたくなる(遊んでいる)。

わかる。その気持ち。

だからね。

「玄関には置くな!」

と口を酸っぱくして言っています。

そしたらね。

玄関にランドセルが放置される割合は
だいぶ減りました。

で、どうなったか、というと。
CIMG8028.jpg
玄関から数歩入ったリビングの入り口に放置!

んでも、これでも、玄関に放置されるよりマシ!
数歩中に入れたんだから、褒めてあげなきゃ!

でもね、ランドセル置き場までは、
まだまだ遠いです。
CIMG5701.jpg
相変わらず、きちゃないなー。

玄関からここまで、歩数で言うと15歩程度だけど
棚に入れないといけないから、これは大変。
宿題や手紙を出さないといけないから、
棚に入れてしまうと、
中身を取り出しにくくなって、非効率。

だから、翌日の準備が終わるまでは
棚に入れなくても、いいと私は思っています。
(子どもたちも、同様。非効率なのは嫌いだからね)

だから、やっぱり、子どもたちのランドセルにも
仮置き場が必要になってきます。

で。

できたのが、これ。
CIMG8036.jpg
リビングに簡単に入れない環境を整えた後
立ち入り禁止の城壁で使っている椅子を
CIMG8170.jpg
ランドセルの仮置き場にしました。

しました、と言うより、
気がついたらこうなっていた、というか。

ランドセルをおろしやすい高さだったので
自然と、ここが仮置き場になったというか。

CIMG8169.jpg
宿題を出したりしなあかんから、
明日の準備が終わるまで、この状態やけどね。

でも。

床に放置されるより、断然いい!
私は、床に置きっぱなしにされている状態が
一番嫌いやから、ほんまに、これだけでも
すごーく気持ちが良くなりました。イライラが減りました。


てことで。

ランドセルにも仮置き場が必要だねー。

そんな話でした。

人との出会い、お付き合い

先週、久しぶりに。
いや、約30年ぶりに
小学校の恩師を訪ねてまいりました。

小学校5、6年の担任だった中村先生は
今、画家として活動されています。

何年も前から、個展があるたびに
お知らせをいただいていたのですが、
子連れでは、なかなか行けず、
今回、ようやく先生の個展に伺うことができました。

先生の絵やプロフィールはこちらから。
中村宗男先生

画廊に足を踏み入れ、
「先生、、、」と話しかけた途端
「ああ、○○さん!」と旧姓で呼びかけて下さって。

実は、年賀状のやり取りは、小学校を卒業してから
ずっと続いていたのですが、結婚して2年後には
旧姓を明記しなくなっていたので
先生に会ったら、まず旧姓から名乗らないと
思い出していただけないだろうなーと思っていたのですが
杞憂でした。よく覚えてくださっていて、
本当に嬉しいかったですーーーーーーー!!!

担任してくださっていた時は、34、5歳だったとか。
でも、私の小学校時代の記憶では、
しっかりしたベテランの先生でしたwww
優しい声で、しっかり落ち着いて、
いろんなことを受け止めてくださる先生だったので
30年経った今、お会いしても、同じ印象でした(笑)。

学級通信には、必ず先生の絵が描かれ
版画や本づくりなど、
図工の域を超えた授業もしてくださり
絵を描いたり、何かを作る、ということが
4年生までより、たくさん増えたな、と
子供ながらに思っていました。

そして、私が一番好きだったのは、
先生が読み聞かせをしてくれた「冒険者たち」の話。
耳で聞く物語が、こんなにも面白いなんて!
ガンバの世界に、どっぷりはまった2年間でした。

そんなガンバの話を、先生に伝えたら
「あの頃は、好き勝手やらせてもらっていたなー」と。

先生が好き勝手してくださったおかげで
私たちは、いろんなことを体験できて
自由に生き生きとした小学生時代を送れて
そのおかげで、生き生きとした40代を
送れそうです。人生を楽しめることができているのは
自由で余裕のある小学生時代を
送れたからかなー。そんなことを思いつつ。

今の子どもたちが経験できないことを
私たちは、たっぷり経験させてもらってきました。
本当なら、自分の子供たちにも、
同じようにあの頃の自由な環境の中で
育てたいなーと思っていたけれど
なかなかなかなかそれは、難しいね。

ま、そんなわけで、おしゃべりをしつつ
先生の絵の解説を聞きつつ、
同級生たちの近況を先生から教えていただき
(普通、逆ですよな。。。でも、私は、
 小中時代の友人たちとは
 もう今や、ほとんど交流がなくて、、、、)
次の個展の際には、娘たちを連れていく約束をしてきました。

私が、ものづくりが好きなのは、
中村先生のおかげです。

うちの娘たちも、
いい先生との出会いがあれば、
生きていくときの糧になるんだけどな。
1年間じゃ、先生も生徒も人間関係を築くのは
難しいよね。。。ね。




***


昨日は、PTAの仲間と子連れ飲み会☆

久しぶりにスパークリングワインを
空きっ腹に一気飲みしたので、
めちゃくちゃ酔いました。。。
しばらく立てませんでした。。。

いろいろおしゃべりして
いっぱい食べて。
子供たちは、子供達同士で遊んで、騒いで。

いい仲間に出会えたことに感謝感謝。

「最後のイベントが終わったし、打ち上げ〜」
って言われたんだけど、私は部長を務めている関係で
来年度の部長に引き継ぐまで、まだ全然気が抜けなくて。
第一、まだ配布物もあるし、総会もあるし、
いろんな提出物もあるし、、、はあ。

でも、みんなスッキリしていたので、
それはそれでいいっか(笑)。

てことで、30年ぶりの恩師との出会いと
仲間たちとの出会い。二つの出会いに感謝しつつ。


ていうか、今日の仕事は、辛かった!!!
二日酔い、、、というほどでもないけれど
頭は重いし、寝不足だし(6時間は寝ているけどね!)
だるーい気分の中、頑張りましたよー。

明日も、仕事ぜよー。毎日仕事ぜよー。

ついでに、しげおも休みなしぜよー。
当然のごとく、私が子供たちのわがままを
一手に引き受けて、へとへとぜよー。

かあちゃん、休ませてほしいー。

今日も、一発ガツンと!!!やりましたよ。ふふふ。
お母ちゃんの、本気、見せたりましたよ!
それでも、なかなか響かないコウメ姉さん。
あれだけ泣いたのに、、、号泣しまくったのに。
1時間後には、ケロッとして、
同じ過ちを犯そうとしている。。
ほんまに、懲りひんな!!!


てことで、ああ、はよ寝よー。
シンデレラ時間〜おやすみ〜/

子どもの環境を整える〜その4〜

子供の環境を整える〜その4〜は
こどものスケジューリングの話です。

以前、お母さんの予約制
という話をしました。

あの時に使っていたホワイトボードなんですが、
実は今は使っていません、、、(笑)。

もともと、ホワイトボードで管理しようと思ったのは

⑴子供たちが自分で放課後のスケジューリングできるようになってほしい

⑵お母さんも時間が限られているから、予約制を取ってほしい

そんな思いでホワイトボードを使っていました。

が。

なんだかんだ言うても、
うちの子たちには、いや、コウメとユリには
ちょっと難しかった、、、んです。

3人中2人にとって難しい課題でしたから
ホワイトボードでのスケジューリングは
あんまり機能していませんでした。
(頑張ったんだけどね。
 スミレ姉さんの主導で
 なんとかうまくいっていた時期もあったんだけどね)

で。

とりあえず、
⑴の自分で放課後のスケジューリングに関しては
3人に同じことを求めるのは、諦めることにしました。
(ユリが小学生くらいになったら、再開してもいいかな)

⑵に関しては、5時以降、
なるべくご飯を作る作業をしないようにして
いつでも対応できるように、
私が子どもたちに、歩み寄ることにしました。

一方、子どもたちは
「ママ、今、ピアノ聴いてもらえる?」とか
「ママ、ご飯の準備が終わって、時間が空いたら、来てください」
と、こちらの状況を聞いたり、
空いた時を狙って、自分のしてほしいことを
言ってくるようになりました。

お母さんの予約システムは、前ほど機能していないけれど
お母さんの時間も限られているということが
少しずつ分かってきたようです。

よかったよかった。


で。

どうしているかというと。


1週間のスケジュールを表にしています。
以前から、これはやっていました。
ブログでも話題にしたかな。。。
スケジュール表。←これね。


1週間の間に、
音読や縄跳びの課題を毎日1つずつ
こなしていいます。

1週間のうち、どの曜日に何をするかを決めるのは
子供達自身です。6時間目があるときは、
数分で出来る課題にしようとか、
通院があるときは、簡単なのにしよう、とか
自分の状況に合わせて、予定を決められるようになりました。
CIMG8103.jpg
このスケジュール表は、コルクボードに貼ることにしました。

楽しく1週間のスケジューリングをしてほしいと思ったので
塗り絵ができるようにしています。
裏にも、塗り絵のコピーを印刷しています。

ちなみに、子供達ように買った塗り絵は、この2冊。
花と猫とどうぶつの物語 [ 竹脇麻衣 ]

花と猫とどうぶつの物語 [ 竹脇麻衣 ]
価格:1,300円(税込、送料込)


憧れのお店屋さん [ 井田千秋 ]

憧れのお店屋さん [ 井田千秋 ]
価格:1,188円(税込、送料込)


大人用の塗り絵ではあるけれど
子供用の塗り絵じゃ、もう物足りないなーと思って。

しかも、可愛い!!!塗り絵じゃないと、
姉さんたちは、飛びついてくれないしー。
とりあえず、絵は、めちゃくちゃ可愛いです。

でも、塗るのも、めちゃくちゃ大変で
しばらくは飽きない感じ(笑)。

スケジュール表の置き場所は、こちら。
CIMG8104.jpg
玄関に限りなく近いところに置いています。
帰ってからすぐに見れる場所で、
かつ、本などの誘惑から遠い場所です。

できたら、シールをペッタン。
CIMG8103.jpg
ちなみに、毎日やらないといけないことは
(なわとびとか、プリント音読とか)
「ミッション」と名付けました。

なんだかワクワクする名前にしたいな〜
と思っていたので、してやったり顔で
子ども達に発表したら

「えー?全然かわいくなーい」

だと。

やらなあかん課題に、可愛さを求めるか?!


ま、そんなわけで、
今は、このスケジュール表で運用しています。


時間を管理するのって、難しいです。
大人でも難しい。でも、私は好きです。
ライフオーガナイザーの方のブログを見て
ハッと気付いたのですが、
時間を管理したがるのは、左脳タイプの特徴のようです。

右脳タイプの人は、

「考えなくても、なんとなくできる」

ですってよーー。
ヘぇーーーーーーーー!!!!

私も、実は、そんな右脳派に憧れて
時々、あんまり考えずに行動するのですが
時間どおりに終えられなかったり、
効率的に動けなくて、すごく辛くなりました。

だから、私の場合は、きっちりかっちり
やることを洗い出して、時間配分して
日々の仕事をこなしていく方が合っています。

うまく時間内に終われば、
私も子供たちに、細かく要求しないのですが
時間内に終わらないからこそ、
スケジューリングの力をつけさせたいなーと思ってて。

なかなかどうしたもんだか。
難しいねー。


ま、そんなわけで、
子どもの環境を整える〜その4〜は
スケジューリングの話でした。

ちゃんちゃん。

子供の環境を整える〜その3〜

子供の環境を整える〜その3〜は

「どうやったら、学校から帰ってきてすぐに宿題が出来るか」

の話です。


学校から帰ってきたら
すぐに宿題をして
宿題が終わってから遊ぶ。


親に言われなくても、
こんなことができる子に育ってくれたら
嬉しいですよね。

ええ。嬉しい。


でもね。


親に言われなくても、できる子って、
あんまりいないんですよね。。。ははは。
いないよねー。滅多にねー。

ついついねー。

遊んじゃうよねー。

友達に誘われたら、
そのまま公園に行っちゃうよねー。

妹や弟が遊んでいたら、
つられて遊んじゃうよねー。

漫画が、そこらへんに転がっていたら
(転がっている時点で、もうアウトなんだけど)
読んじゃうよねー。

だよねー。

そんなもんだよねー。


我が家の小学生チームも、
誘惑には、とことん負けちゃいます。

スミレだけであれば、多少の声かけで
なんとか動いていたのですが、
コウメは、多少の声かけでは、動きません。
ええ、本当に、この人の場合は、
とことん仕組みや環境を変えない限り
行動は変わらないのです!

で。先日、あまりにも酷い日が続いたので(3人とも)
ドカンと一発叱り、今度どうしたらいいかを
考えさせました。

と同時に、私もあるアイデアを思いつきました。


我が家は、玄関からすぐにリビングがあり、
そこには本や漫画、遊ぶものがたくさんあります。

本棚の前に座っただけで、すぐに本に届きますから
ちょっと座っただけで、ついつい本を読んでしまい、、、
本に飽きたら、絵でも描こうか、、、という雰囲気になって、、、
絵を描き始めたら、盛り上がってきて、
おしゃべりに花が咲き、、、
喧嘩もして、、
ごっこ遊びが始まり、、、

そんな誘惑たっぷりのリビングが
帰宅した娘たちを待っています。

そこで、学校から帰ってきても、
リビングに入れないようにしてはどうか、と考えまして。
そうだ!リビングに入れないように、壁を作ろう!

で、作りました。
CIMG8036.jpg
ギコギコDIYしたわけではありません。。。
壁に見えないけれど、これが、壁です。
椅子を並べて作った城壁です(爆)。
念のため、こんな貼り紙もつけました。
CIMG8037.jpg
これで、誰が見ても、立ち入り禁止の壁です(言い切った!)。


ちなみに、娘たちが考えた今後の作戦は
CIMG8108.jpg
「壁の向こうがわ(リビング)に行くには
 今日やらないといけないことをすべて終えてからにする」
と、決めていました(コウメとユリ)。

スミレ姉さんは、声かけさえあれば
誘惑に負けずに宿題に取り掛かれるので
壁対策の必要はありません。
なので、今後の作戦に関しても、
違う観点で対策を考えています。

さて。こんないい加減な壁ですが
実は、うまく機能しています(2週間ほど経っています)。

というのも、ここ数日、忙しくて
壁を作り忘れていたら、
見事に、壁の向こう側にいって、ぐうたらしていました!

「なんで?」とコウメに聞いたら

「だって、壁がなかったから、簡単に入れてたんやもーん」

だと!


椅子を並べるだけの簡単な壁ではあるけれど
掃除をしたり、食事をするときに椅子も使うので
その度に、移動させるもの大変で。。。。。

でも、壁を作っていないと、簡単に出入りしてしまうし
そうなると、誘惑から子どもたちを遠ざけることができません。

やっぱり、重い腰を上げてでも、
地道に壁を作っていくしかないんだなーと。
とりあえず、毎日壁を作る仕事も、
「日中の仕事」の紙に書いておかなきゃな。


***

今日は、私の小学校の恩師に
会いに行ってきました!!!
先生は、まだまだ若かった!
(すでに小学校は退職されていますが)

この話は、長くなるので、また後日。。。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす