FC2ブログ
   
12
4
6
8
11
12
13
17
20
21
23
25
29
   

スミレ9歳8ヶ月*コウメ7歳9ヶ月*ユリ5歳6ヶ月の成長記録

慌ただしい毎日を過ごしております。

つい最近、仕事を始めました。
1日3時間の短時間労働ですが、それでも、ヘットヘト。
でも、制服(ジャンパーだけだけどね)姿で帰宅したら
娘たちが「ママ、すごーい!」と、大盛り上がり。

そういや、しげおは、制服やスーツなしの仕事だし
私も、子どもが生まれてからは、
家でやる仕事がほとんどだったので、
子供たちには、わかりづらかったのかも。

改めて、制服の威力に驚かされました。

制服仕事って、いいね!

いつまで続けられるかわからないけれど(笑)
がんばりまーす。


***

*スミレ9歳8ヶ月

小学校での図工展で、お店やさんを作っていたスミレ。

廃材を集めているときに、
「ガラスの向こうにドーナツを置きたいから
 透明なトレーのようなものが欲しい」
と言われただけで、進捗状況も何も聞いていなかったのですが
出来上がったものを見たら、とても細かく、丁寧に
いろいろ工夫して作っていました。

透明なプラスチックの物も、うまく工夫して
素敵なお店(ドーナツ屋)が出来上がっていました。

スミレの作品は、見ていて安心します(笑)。
工夫しているところもよく分かるし
細かいところまで、表現できているし、
見ていて楽しい!


でも、姉さん、自己評価が低い!

「作品見てきたよ〜、上手だったよ〜
 細かいところまで、工夫していたね〜」

そんな感想を伝えても

「全然うまくないし、、、」と言う。


レゴで作品を作っても

「一番下手、、、」と言う。


「そんなことないよ〜。スミレちゃんの上手だよ〜」

と、妹たちが言っても

「え?コウメの方がうまいって」と言う。


これって、どういうこと?

自己肯定感がなさすぎる?

ただ単に、ひねくれているだけ?

何?

わけわからん、、、。

今流行りの(?)「自己肯定感の低い子」ってやつ?

かあちゃん、スミレの育て方、間違えた?



てことで、学校の個人懇談でも、この話で、終始しました。

こういう子って、確かにいる。
なんでも心配性で、自分なんて、と思う子。
それは大人にもいる。謙遜なのか、本気なのかよく分からない人。
私は、そういう人が苦手だけど
「謙遜できる人」として、受け止められて
いい評価をもらえることもあるかもしれない。
これはこれで、個性なのかな。

一方で、もっと自分に自信ができたら
お友達とのコミュニケーションも円滑になるのに。

いろいろ思うけれど、
親としては、見守るしかない。

「とりあえず、いっぱい褒めましょうか!」

ということで、先生と合意して、懇談を終えました。

ちゃんちゃん。



***

*コウメ7歳9ヶ月

一方のコウメ姉さん。

図工展ではスイミーの絵を描いていました。

一生懸命描いたと思います。
うんうん。

でも、やっぱり、絵が小さいっ!
何を描きたかったのか、、、コウメの思いが伝わってこない!

うーーーーーーーーーーーーーーーんっ!

立体の作品は、教室に飾ってあったので、
懇談の際に見たのですが、これも、、、
「時間がなかったの?」というくらい、作り込みが甘い、、、。

うーーーーーーーーーーーーーーーーんっ!


で、まあ、その辺りのことは、ずいぶん前から気になっていたので
個人懇談の時に、書き順や忘れ物のことも併せて
相談したのですが、、、
担任の先生の返答は、、、
「わかりました!気をつけて、見てみます!」

うーーーーーーーんっ!そういうことじゃないね〜ん!


忘れ物にしても、書き順にしても、作り込みの甘さにしても
どれも「注意散漫」とか「じっくり取り組めない」とか
「忘れやすい」のが原因だと思うのね。
その話も、ちゃんとして、
その上で「私は親としてどうしたらいいのでしょうか?」
と聞いているのね。先生にどうにかしてほしいわけじゃないのね。

いや、新任の先生に、そういう意見を求めるのは
過酷じゃないか?とも思うけどね。
でもね、先生なんだから。子供を預かる先生なんだから。
プロなんだから。親に「こんな工夫をしてみてはどうですか?」と
言えるようになってほしいなーと思ってて。

でも、伝わらなかった。。。
そして、別のことでも、伝わらなかった。。。
コウメのことを過去も含めて、
長い目で見てくれる先生に担任してほしい。。。
先生との相性って、ある。確かに。
それは、先生と子供の相性もあるけど、
私は、今回、先生と自分との相性の悪さに
すごーく落ち込んでおります。。。

はあ。個人懇談は、ほんと、辛い。。。
意思疎通が取れなかった時は、ほんとしんどい。
逃げ出したいよ。。。とほ。

***

*ユリ5歳6ヶ月の成長記録

こちらも、いろいろあります(笑)。

できることも増えてきて、
でもやりたくないことも増えてきて。
ぐうたら星人も出てきて。

いろいろ複雑です。

そして、ユリさんの一番好きな会話は
「何を飼う?」話。

「うさぎがいい〜」
「でも、うんちしないうさぎがいい〜」

(うさぎは、うんちするもんだよ)

「じゃあ、猫にする!」

(猫だって、うんちするよ。
 この前、泊まりに来ていたレスリーのうんち見なかった?)

「見なかったよ!」

「あ、でも、ハムスターがいい!」

「あ、猫はネズミを食べちゃうから、猫はいらん!」


そんな話をことあるごとにしています。

上記の会話を要約すると、
一番買いたいのは、ハムスターのようです。


そんなユリさん、幼稚園の園庭開放の時に
竹馬に乗れるようになりました!
楽しそう!

ここ2、3週間は、園庭開放に誘っても行きたがらず。
理由は、全くわからなくて(教えてくれないし)。

もしかして、
竹馬練習の時に「一人で練習してみたら。お母さん、手、離すよ」
と言ったのが、あかんかったのかな。
プレッシャーに弱いからなあ、とか思っていて。

担任の先生とも相談してたんですが
何が原因なのかわからず。

今日は、竹馬に乗れるようになって、
久しぶりにずーっと園庭開放を楽しみました!

また明日も練習できるといいねー。
ていうか、明日は、耳鼻科の日やった。。。とほ。

***

ま、そんなわけで、えーっと、もう眠いです。

先週は、仕事始めやら、パン作りやら(食べる専門だったが)
幼稚園のクラスのPTAの会合やら(忘年会とも言う)
法事やら(これは、本当の)いろいろあって、
ほんと慌ただしく過ごしていました。

1日3時間、週3〜5のペースではあるけれど
それでも、家のこと、
子供のことを、こなしていくのは大変!

今までにも増して必要とされているのが

「段取り力」

私が社会人の頃、散々、上司から、
段取りができていない!と怒られたけど、

今、求められているのは、その段努力。

でも、段取りさえうまくいけば、
仕事の7割は終わったようなもの、と、思う。

子供たちに頼むことは、
今まで、たくさん家事の手伝いをさせてきたから
なんとかなる。

しげおには、最後の砦やら
子供たちのフォローを頼んでいたけど、
今の所、子供たちも頑張っていて
しげおの出番もないのだとか。

でも、これから、気が緩んできたら
いろいろ問題も出てくるだろうし
しげおの出番も増えるかな。。。

とにかく、自分以外の人に、
家の仕事を頼むことが増えました。
だから、段取り良く家事労働をしやすいように
これまた、考えることもたくさん。

ここら辺の話は、また今度。

とりあえず、もうね。夜の8時の時点で超眠いからね。

そろそろ寝ます〜。

今日は、画像一切なし。だって、めんどくさいもん!
スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす