FC2ブログ
   
09
1
4
5
7
8
9
12
13
16
18
19
21
23
24
26
28
29
   

インテリアは盛り盛り*福井県民はゆるい*本棚のオーガナイズ

One's placeさんで購入させていただいた
ミニシサスアイビー。
以前は、丸く輪っかにして玄関に飾っていたのですが
今は、こんなふうに垂らしています。
CIMG5704.jpg
垂らすディスプレイ、憧れていましたが、
ようやくできましたっ!

玄関も、いろいろ、飾っています。
飾り過ぎ、、、ですが、気にしません。
シンプルな玄関にも憧れますが、
ごちゃごちゃ街道走り抜けますっ!
CIMG5706.jpg
てことで、セリアで購入したマグカップに
(底に穴があいているので、鉢として利用できます)
転写シールを貼って、収穫した綿を飾ってみました。

あ、そうそう。ただいま、綿、絶賛、収穫中ですっ!

そんなことをしていたら、なんとなくリメイクしたい気持ちになり
CIMG5692.jpg
セリアで購入したアイボリー色のペンキを使って
CIMG5693.jpg
瓶を塗りました。今回は、ビニール手袋を使ってペイント。
ビニール手袋を着用して、手でペイントしていく感じは
なんとなく(なんとなく、、、ね)こなれた感じがして
濃淡も自然について、楽しいです。

CIMG5713.jpg
2度塗りしたあとは、ブライワックスで汚し加工をして
転写シート&麻ひもで、おめかし。
鉢植えで育てているユーカリを挿したら、サマになる。


楽しいーーーーーーーーー。
ワンデーショップに出してもいいかもー。
ウートゥルメールのメンバーには、
こういうテイストのものを出品する人いないから
ありかもーーーーーーーーーー。

ただ、適当な大きさの瓶が、、、ない。。。

オイスターソースの瓶、この前、大量に捨てたしな、、、。ああ。

瓶集めから、始めないと、、、、ね。
とほ。間に合わない、、、。とほ。

毛糸玉、いろいろ。
CIMG5710.jpg
ワンデーショップに出品するキットの内容を検討しています。
発砲スチロールの玉に、毛糸を巻き付けて
いくつかつないで、ガーランドっぽいものを作れないかな、、、と思っていて。

とりあえず、大、中、小を作ってみました。

糸もアヴィリルのものを使ったりして、
おしゃれな、冬のガーランドを作っていただけるように
作り方や、材料を仕入れていこうと思います☆

***

今日は、outremer(ウートゥルメール)のメンバーと
我が家で、製作の会を開きました。
ワンデーに出品するものを作る、それだけなんだけど、
作品をつくっているところを直に見せてもらえたり、
いろんな構想を聞かせてもらったり、
手づくりへの熱い話を語り合ったりできるので、
とても楽しいです。

いつもは、独りで、悶々と作っていて
ほんと、嫌になっちゃう〜な気持ちになることも多々あったり
ウートゥルメールのメンバーの進捗状況や
意気込みがわからなくて、独りで空回りしているんじゃないか?
とか、いろいろ不安になることも多くて。

だから、メンバーと、おしゃべりしたり
製作物を見せ合ったりするのは、
すごくいい刺激になるし、独りじゃない!
みんなで作り上げるイベントだ!と思って
すごく勇気をもらいます。

ロハスなどのイベントで、
独りで出品されている作家さんたちは
その孤独感と、どうやって向き合っているのだろう?
私だったら、その孤独感と闘えるだろうか?

なんて思うと、
みんなで一緒にできるイベントって、
ほんとありがたいです。

ちなみに今回のメンバーは
「旦那が福井県出身」という共通項目で集まりました。

「福井県民は、ゆるい」

というのが、全員一致した意見でした。

ゆるい福井県民の旦那を縛り付けるのが、
私の役割だな、と
勝手に思いました。はーっはははは。


***
さて、オーガナイズネタです。

秋ですし、ハロウィンな飾りもしたいし、
夏のインテリアとは違うテイストで
部屋の中を盛りつけたい!!!
(インテリアは盛る!が基本の我が家)

てことで、以前、娘たちが作ってくれた
三角のガーランドと輪っか飾りは
こんな感じに飾り付けました。

CIMG5702.jpg
ごちゃごちゃしすぎです。
盛りすぎです。
5時です。朝です。
撮影のタイミングとしては
あまりよろしくありません。

本来ならば、東向きの窓があるので
朝の7時くらいが、一番撮影に向いているのですが
7時は、超多忙な時間なので、撮影している場合ではありません。
なので、5時です。撮影時間、なんとかしたいなー。

あ、そうそう、椅子の座面って、
取り替えられるかな?と思って
ビスを外してみたら、案外簡単に外れたので
CIMG5691.jpg
布を張り替えました。
子どもたちの分は、また後日。
家にある柄は「かわいくない」んだそう。
第一、60〜70センチくらい必要なのですが
そんな長さで余っている生地なんて、滅多にありません。

てことで、子供用のものは、新たに購入、予定です。

ちなみに、普段は、
無地の茶色の帆布で作ったカバーをかけています。
座面を替える意味ないやん!と言われそうですが
カバーを洗っている、1、2日間を楽しむために
座面を張り替えました。
贅沢だけど、こういうのも、大事☆

さてさて、なかなかオーガナイズ話になりませが
今度こそ。

これ、なーんだ。
食卓テーブルに、フックと紙袋。
CIMG5689.jpg
スミレの座る場所に取り付けました。

これは、スミレ専用の使用済みティッシュ入れです。

スミレはアレルギー性の鼻炎を患っています。
しかも、かなり酷いです。
春はもちろん、この秋の季節も、常に鼻水が出ています。
もちろん、鼻がかゆくて、常にむずむずしています。
しょっちゅう、鼻をかみます。

かんだあとのティッシュを、
すぐにゴミ箱に持っていける人ならいいのですが
彼女は持っていきません。
気がついたら、机の上が、
使用済みのティッシュでいっぱいになることも多々あります。

いつもは、ティッシュ入れに、ゴミ袋をつけているのですが
よりゴミ箱に入れやすいようにするため、
このような形になりました。

みんなのゴミ箱は、ゴミ箱として利用する。

でも、困った状況、使いづらいと感じている人がいるなら
その状況を改善するために、1人のゴミ箱を作ってもいい。

そういう柔軟な発想もOKとしてくれる
オーガナイズの考え方が、私は好きです。

あ、そうそう、以前、
子どもたちのカバン類が多くなってきて
困った困った、、、という話をしましたが、
CIMG5701.jpg
その後、どうしたかというと、、、。

棚を作りました!
CIMG5700.jpg
1人、1箱を与え、
この箱の中に、自由に入れています。
コウメとユリは、自由に上から上へと入れていますが
スミレは、箱の中を、きちっと区画割りをし、
定位置を決めていました。



本当なら、新たに余計なものを作りたくなかったのですが
女子にとって、カバンは命。
(私も、カバン、大好きだし)
イマドキなカバンは買ってあげられないけど
私が作ったいろいろなカバンを大事にしてくれるのであれば
その気持ちを、私も大事にしてあげたいな、と思って。

とりあえず、これで、カバン問題も解決☆

私の心もモヤモヤも晴れました☆




もう1つ、オーガナイズ作業した場所は、こちら。

本棚。
CIMG5699.jpg
5段のカラーボックスを横にし
その上に自分で作った木箱を乗せた、
我が家の中で一番大きい本棚です。

(我が家には、本棚がたくさんあって
 トイレの前の廊下や、1階の廊下、
 洗面所、2階のトイレの中、倉庫部屋、
 しげおの部屋にも、あります)

基本的に、子どもたちの本を収納しているのですが
これから読んでほしい本
(「冒険者たち」「魔女の宅急便」など)も入れていたり
工作本もたくさん並べているし、
絵本MOEも、ここに並べています。


子どもたちは、朝起きたら、真っ先に
この本棚に向かい、本を選んで、和室で読みふけます。

注*本だけでなく、マンガも入っているので、
「お宅のお子さんは、本をよく読んでいてえらいわね」
というのは、我が家には当てはまりません。あしからず。


で、読みふけたあと、そこらへんに、本を放置して
朝ご飯を食べます。放置された本は、
学校や幼稚園から帰ってきたあと
もう一度読み直されるか、寝る時間まで
そこらへんに放置され、寝る直前に慌てて
片付けられる運命にあります。

なので、本棚は、いっつも、ぐちゃぐちゃです。
めちゃめちゃです。
「立てて片付ける!」と、口を酸っぱくして言っているのに
立てられないとわかると、横に寝かせて収納して
ますます立てられなくなって、入りきらなくなって
そこらへんに、本が放置されている状況が続きました。

そこで、かあちゃん、提案しました。



どうやったら、本棚をキレイに片付けられるかな?
いい方法はあるかな?



スミレ、コウメ、ユリ「うーん」


スミレが本棚を片付けてくれたときは、
本の大きさ別に片付けてくれたよね。
お母さんは、その方法がいいなーって思うんだけど、どう思う?


スミレ、コウメ、ユリ「うーん。それもいいんだけど。。。」



じゃあ、図書館みたいに、あいうえお順っていうのは、どう?



スミレ、コウメ、ユリ「うーん。。。」


コウメ「いいこと考えた!人気のある本をまとめるのは、どう?」



どうして、そう思ったの?



コウメ「だって、人気のある本を集めておいたら、
    すぐに読みたいものが探し出せるもん!」


そうね。それもいいね。
でも、コウメは、以前、読む本を選ぶとき
適当に本棚から見つけて、読んでいる、って言っていたよね。
人気のある本を集めたら、人気のない本を選ぶこともなくなるし
適当に本棚から見つける楽しさもなくなっちゃうよ。


コウメ「そうか。。。」

スミレ、コウメ「やっぱり、大きさ別にしようかな」


うん。じゃあ、やってみようか。


☆作業開始☆


スミレ「あ、これ、かがくのとも、って書いてある」

コウメ「あ、これも!」

スミレ、コウメ「じゃあ、かがくのともだけを集めよう!」



スミレ「シリーズものは、まとめておいておかない?」

コウメ「いいね!」


スミレ「まんがや、なぞなぞは、ここに置こうよ」

コウメ「うん!」


☆作業終了☆




ところで、この本は、どこに片付けたらいいか、わかる?
ユリでも、片付けられるようにするには、どうしたらいいかな?



スミレ「うーん、例えば、マスキングテープを貼って、目印にする、、とか?」


それ、いいね。マステは種類ないけど、
丸いタックシールなら、たくさんあるよ。



コウメ「あ!学校みたい!これにする!」







てことで、シール貼りも。
「学校と同じ!」というところが
共感ポイントだったみたい。
でもって、本にシールが貼れる!というのも
楽しい作業だったようで、
スミレもコウメもユリも「疲れた、、、大変だった、、、」
と言っていた割には、とても楽しい作業だったようです。


今回は「見た目がきれいか」というより
「本が立てられていなくて、ぐちゃぐちゃ」を改善したかったので

誰でも「片付けられる(元に戻せる)」ことを
優先させました。

子どものものを片付けるときは、これが基本かな。
見た目を重視したいのは、きっと大人の都合。

私は、見た目はどうでもいいので(がっつり左脳タイプなので)
「戻しやすい」「探しやすい」が、一番優先されます。

ちなみに、自分の本棚は(1階の廊下と、洗面所にあります)
カテゴリー別に片付けています。
なぜなら、自分の本棚なので、片付けやすい、よりも
「探しやすい」ことを重視しているからです。
必要な情報を、すぐに取り出せることが目的だし、
片付けるときには、何の本を持っているのか
片付けたい本のカテゴリーは頭の中に入っているので
ラベリングなどしなくても、大丈夫なのです。


てことで、子どもたちの本棚がどのようになったかというと
CIMG5696.jpg
私の大好きな「かがくのとも」のコーナー。

図鑑のコーナーは、こちら。
CIMG5695.jpg
大きさの関係で、アンガー系の本とアナ雪の本がここに入っていますが
この2冊に関しては、見直す必要があるかもしれません。


CIMG5694_2015092520512030e.jpg
赤ちゃん〜幼児〜小学生低学年向けの本置き場です。
もっとたくさん持っていますが、2階の倉庫部屋に移動させ
1階に降ろしている本は、これだけになりました。
ずいぶん、少なくなっちゃったな。。。

「いやいやえん」「エルマーの冒険」などは、
小学生が読む本のコーナーに。

コウメに
「これから増えていく本は、どんな本かわかるかな?」と聞くと

「こどものとも!」

という返答がきたんだけど(笑)。
ま、確かに、今でも、時々買っているし、
大好きなんだけどね。

「でもね、これからはね、小学生向けの
 ハードカバーの本を買っていきたいな、って思っているんだよ」

という話をすると、納得していました。

我が家の本棚も、児童書や童話を、もっと増やしていかないとね。


***

てことで、オーガナイズ話でした。

我が家のインテリアは、盛り盛りの、ごちゃごちゃ〜

だけど、持ち物は、できる限りシンプルに、スッキリ

を心がけています。

本やカードゲーム、ボードゲームは、確かに多いけど
その他のおもちゃは、できる限り少なく。
レゴも娘たちの中では、すんごいブームですけど
ある程度の量だけで、がんばって使いこなしています。

台所も、ちょっと、片付けたいなと思う場所も出てきたので
また週末、ちょいちょい、がんばります。

片づけは、楽しいです。

毎日、いろんな課題が降り掛かってきます。
子どものこと、大人のこと、旦那のこと
それぞれの両親のこと、友達のこと
仕事のこと、健康のこと、お金のこと。

仕事のこと、健康のこと、お金のことなどは
すぐに解決できるもんでもないし、
長期的に考えていかないといけないこと。

でも、家の中の、小さな課題に関しては
片付ける方法を変えたり、
新たな視点でモノを導入したり、減らしたり、
やり方を変えることで、
解決できることがたくさんあります。

私が、専業主婦になって、子育てで行き詰まったのは
今まで仕事で当たり前にしていた「成果」が
全く見えなくなったことが原因でした。

でも、今は、家の中の仕組みを少し変えるだけで
「成果」が見えるようになり、
いろんな問題を解決できている、その達成感を
味わうことができるようになりました。

専業主婦としての仕事も、充分できるようになった、と思います。
感情論ではなく、ロジカルに、変わっていっています。

ま、相変わらず、掃除は苦手だけどね!
掃除と片付けとは別だからね!

はーっははははは。

スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす