FC2ブログ
   
08
1
3
5
7
9
12
15
17
18
21
22
27
28
29
30
   

腕、がっちがち*オズの魔法使い

庭のシマトネリコの剪定作業をしました。

ビフォー
CIMG5162.jpg

アフター
CIMG5422.jpg

比較しづらい写真ですみません。。。

いやあ、かなり切ったんですよ。かなり。
特に上の方。あ、写真、写っていないね。
デジイチでいつも撮影しているのですが、
もうね、デジイチ持つ腕も手も肩もなにもかも
ガッチガチでね。ロボット状態ですわ。
あ、最近のロボットは、関節の動きが柔らかいから
こういう表現は、合わないか。

あ、どうでもいいけど、
ここに引っ越してきた当初のブログがこちら。
シマトネリコの小ささに、ビックリしてください。
小さかったシマトネリコ

いつもは、お隣さんに高枝切りばさみをお借りしているのですが
なんだかんだで、年2回くらい剪定しないといけなくなり
しかも、お借りしているはさみでは、太い枝が切れなくて
必要以上に力がかかってしまい、これまた毎度、筋肉痛に。

てことで、今後のことを考えて、こんなものを購入しました。

いやあ、切れる、切れる。
太い枝も、バッサバッサ切れて。
細い枝も、全然力を入れなくても切れて。

我が家のシマトネリコは、2階の屋根に届きそうなくらい
ぐんぐん伸びているので、いつも剪定作業は
2階のベランダから。
ベランダにイスを置いて、身を乗り出して、、、
の作業に、しげおは「死亡フラグ立ってるで」と
言ってきます(心配してくれるなら、やってくれ)。

でもまあ、2階から作業しない限りは、
伸びに伸びた枝は伐採できないので、恐怖と闘いながらも
バッサバッサ切り落としました。
しげおと結婚していなかったら、
こんなこともしなかっただろうけどな(爆)。

それでも切り落とせなかったものは、
子どもたちと同様、木に登ってから
鋏を持って、バッサバッサ。

一応、この高枝切りばさみ、1、5キロほどの重量があって
なんだかんだで利き腕の右手に
ほとんどの負荷がかかるので、かなり重いです。はい。

午前午後、2回作業して、あと1枝残して、終了。

剪定作業は、私、なんだかんだで大好きなのですが
切り落とした枝を、ゴミの日に出す、、、という作業が
めちゃくちゃめんどくさくて。。。
だって、普通のゴミ袋に入らへんし。
そのために、わざわざ、折ったり、また切ったりせなあかんし。
葉っぱのゴミは、そこらじゅうに散らかって、
ご近所さんに迷惑をかけないように、掃いて、集めて、、、
を繰り返さなあかんし。ほんま、気が遠くなる作業で。

そんなことを考えると、植木屋さんに頼めば良かった、、、と
毎回思うのですが、自分でできることは、自分でやらないと、、ね。
子どもたちも手伝ってくれたり、葉っぱや花で遊んだり
なんだかんだで、そばにいてくれて、心強いです。

お母さんって、こんなこともやっていたな〜、
あんなこともやっていたな〜、
そんな記憶が、残ってくれれば、嬉しいな。

今は、なんでも外注化が当たり前の時代。

でも。

自分でできることは、自分でやる。
DIYや手づくりにも繋がるけど、
自分でできるなら、やったほうが楽しい。
自分の好きなようにできる。やってみるからこそ、学ぶこともある。

あ、そうそう。我が家のシマトネリコ。
この夏もセミがたくさん訪れてくれてて、
毎朝、ものすごい音量でジージー鳴いていたんですけどね。

今朝は、1匹たりともおりませんでした。。。

スッキリしすぎた木は、好みじゃないんだよね。
今まで、葉っぱで日陰になっていたはずなのに
日陰部分がなくなって、涼めなくなったんだよね。
ごめんね。。。
夏が終わってから剪定すればよかった、、、かな。

でも大丈夫。1年経てば、もっさもさの木に戻るから(笑)。

とりあえず、次の春は、剪定作業しなくてもいい、、、はず。
次の剪定は秋、、、になりますように。。。
1年に1回で、間に合う木になりますように。。。

さてさて。今日は、まだ袋に入れていない枝葉を集めて、
お掃除作業しますか、、、。とほー。大変ーーーー。


***

そうそう。剪定作業の合間に(!?)
子どもたちとカゴメ劇場に行って
オズの魔法使いの劇を観てきました。

家にある本

と、劇の内容が少し異なっていたのですが
どんな部分が違っていたのか、それに対してどんなことを思ったのか
今日の日記に、スミレもコウメも書いていました。
2人とも、それぞれ少し違うところを指摘していて
なかなか面白い作文になっていました。

ユリは、どう思ったのかなー。
この夏休みは、姉さんたちの対応で精一杯で
ユリと向き合って、遊んであげられていないなー。
来年には、少しでも日記が書けるように
今から、自分の気持ちを言う練習しておかないとな。

あ、そうそう。劇を観に行ったあと、
着替えるのが面倒で、午後の剪定作業は
それなりにきれいな服で、スカート履いて行いました。
スカート履いて、木に登り、バッサバッサ。

暑くてご近所さんも誰も外に出ていなかったのが幸いです(爆)。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす