FC2ブログ
   
08
1
3
5
7
9
12
15
17
18
21
22
27
28
29
30
   

綿花の成長

ナメクジにやられた綿花もあるけれど
がんばって生き残った綿花たちは、
ぐんぐん成長しています。

去年は、手入れをせずに放置していたら
全然育たなくて、綿花栽培の大変さを知り
今年こそは!と挑み、雑草をこまめに抜いたり
水やりをしっかりしていたら、見事に成長しました。

そして、毎日花を咲かせるようになりました。
CIMG5448.jpg
黄色くて、中心部分だけが濃い紫。
この花を見たくて、毎日、水やりしています。

この花を見ていると、
「今まで、丁寧に育ててくれて、ありがとう」
って言われているような気持ちになります。
それくらい、この花は貴重な花。

夕方から翌日には、こんな状態になるけど。
CIMG5453.jpg
1日だけの花。

数日後、
CIMG5450.jpg
小さい実ができてきます。

CIMG5451.jpg
少しずつ大きくなって、、、

CIMG5449.jpg
ここまで大きくなりました。

この実をつけているのは、一番先に咲いた花だから、、、
開花から、おそらく2、3週間経っています。



てことで、綿がパーンとはじけて出てくるのはいつの日か、、、。
まだまだ先は長いです。。。無事、はじけてくれますように☆

駄菓子屋*逆立ち*かくれんぼ*ピザとゼリー

戻ってきました。

セミさん。

「シマトネリコの木は、落ち着くな、、、」

と思ったかどうかは、わかりませんが。

戻ってきてくれて、ありがとう。


***

昨日、イオンに行きました。

子どもたち、念願のイオンです。
夏休みにどうしても行きたかったイオンです。
イオンに行く、というだけで、大イベントです。

で、イオンで何をしたか、というと。

「イオンに入っている駄菓子屋でお菓子を買った」

たったそれだけのことなんですが、
たったそれだけのことに45分を要しました。
駄菓子1人300円分を買うだけで、45分。

あ、ちなみに、うちの3姉妹。
遠足のお菓子150円分を買うために
コンビニに入っても15分以上出てきません。
ビックリするくらい時間がかかります。
お店の人もビックリします。
通りがかりの人もビックリします。
しげおも以前はしびれを切らしていました。

てことで、帰宅後、それぞれ選んだお菓子を
見せ合いっこして、おしゃべりして。

駄菓子屋に行くだけで、これだけ楽しめるなんて
なんて素晴らしき人生!!!

「お母さんも昔、駄菓子屋で、うまいぼうをたくさん買ったよ。
 お母さんのときは、遠足のお菓子は100円だったけどね」

そんな話をしつつ。

「また行こうね」
「うん。今度は、お母さんも選ばせて」

駄菓子屋の思い出は、親と子の共通の話題。

うまいことやるよな、イオン、、、。

***

先日、市民プールで逆立ちにハマった3姉妹。
プールの中だと、簡単に逆立ちできて、
そのままくるりんと回れるのが面白くて、
ひたすらずっと逆立ちをして遊んでいました。

今日も、家のプールで逆立ち祭り。
市民プールと違って、水深10センチ程度のプールでは
浮力には頼れないのですが、果敢にチャレンジしていました。

CIMG5431.jpg
CIMG5432.jpg
CIMG5434.jpg

スミレも、コウメも、以前は、全く足があがらなかったのですが
練習の甲斐あってか、だいぶ上にあがるようになり
あと一歩というところまで、できるように。
日々、練習したら、もっと上手くなると思うよー。
腕力を鍛えるためにも、がんばれーーーー!!!

***

逆立ちの練習のあとは、かくれんぼ。

家の中、どこでも隠れてOKなのですが、
厳しかった。。。今日は。。。

なにが、って。暑さ。熱さ。

しげおの仕事部屋だけクーラーをつけているのですが
それ以外の部屋は、サウナ状態。

しかも隠れる側は、押し入れとか、
狭いところに隠れないといけないから
早く見つけ出してほしくて、
簡単に見つかるところに隠れているのに
それでも、見つけてくれない娘たち。

熱中症になるんちゃうかな、と思いつつも
「もっとやりたーい!」と言うので
かなりの時間、付き合ってあげていましたが
疲労度は半端ありません(撃沈)。

この夏休み、お出かけもしていなければ、
日中出歩くこともしていないのに、
夜は、激ねむでございます。
バタンキューでございます。
既に眠いです。20時現在。
朝も4時半に起きれずに5時半起きになっています。
それでも、シジューの身体には、
子どもと過ごす猛暑はキツいです。とほ。

***

夏休みは、いつも、子どもたちメインで
お料理を作ってもらう機会を作っているのですが
今回も、ピザとゼリーを作ってもらいました。

ま、用意とか、かなり私がやっているんですけどね。
それでも、材料を切ったり、混ぜたり、片付けたり
自分たちでできることも増えてきて
かなり助かっています。

ちなみに今日焼いたピザの枚数は5枚。
1人あたり1枚を食べる計算でございます。
スミレ姉さんの胃袋だけは、なぜか小さいようで
「なかなか減らない、、、」の名言が出ました。

姉さん、丼ものとか、ピザとか、がっつりしたご飯になると
食べるのが、とーーーーーーーっても遅いです。
遅いことを見越して、少なめに入れてあげるのですが
それでも、食べ終わるのは一番最後です。

ピザも、かなり私が食べてあげて、
なんとか面目を保ったようです(笑)。

ゼリーは、オレンジを絞って作ったもの。
チョコペンで絵を描く方が楽しかったようで
最後は、チョコまみれになっていました。
オレンジの味は、、、いずこへ、、、。
CIMG5444.jpg
CIMG5440.jpg

「夏休みにやりたいこと」も、
半分くらいは叶えている娘たち。

あとは、お風呂の掃除やベランダの掃除、
新しいお料理を教わることなど、
お手伝いがらみのことがたくさん(笑)。

もう少し涼しくなったら、お掃除、頼みますぜ。

スミレ9歳4ヶ月*コウメ7歳5ヶ月*ユリ5歳2ヶ月の成長記録

夏休みも後半戦突入。

小学生チームに、
今まで過ごした夏休みの日数と、残りの日数を計算させました。

残りは、今日を含めて15日です。

コウメが「げげっ。宿題終わらんかも、、、」と言っていました。

そうです。その「げげっ」を聞きたかったよ、かあちゃんは。

ここ数日、やばい、と思ったのか、
毎日1ページしかやらなかった宿題を
2、3ページに増やしているようです。
計算カードも、毎日やっていないので、
たまりにたまって(爆)、毎日2日分をこなし
それでも、やっぱりさぼるので、さらに困っている状態です。
コウメらしいぜ。

CIMG5423.jpg
夏休みの、あるある、風景、、、我が家。
ちらかった和室で、それぞれに好きなスタイル(?)で
読書タイムーーーーーーーーーーーーーーー。

昨日は、午前も午後もずーっと、
家のプールで過ごしていた3姉妹(+しげお)。
夕方、しげおが「古本屋に行きたい!」と言い出し
娘たちは、それぞれ古本屋で、マンガを買ってもらっていました。

てことで、今日は、昼から市民プールで遊んだあと
(午前中は家のプールで散々遊んだけどね)
和室で、それぞれ、好きな本、、、いやマンガを読んで
のんびり、、、、。ま、ユリは、他の3人に付き合って
がんばって本を開けているけど、字が読めないので辛くなってきて
この後、折り紙で遊んでいたけどね(笑)。

この夏は、今までにも増して、
「お金を極力使わない」ように心がけています。

お友達は、USJ に行ったり、いろいろ遊びに行ったり
いろいろなものを買ってもらったり。

スミレは、そんなお友達を
ちょっと羨ましく思っているみたいだけど、
我が家の経済事情もわかっているようで
(子どもの前で、しげおと大喧嘩したしな)
ひらパーに行きたかった思いも、
ものすごい勢いで塞ぎ込んでいました。
(涼しくなったら、行こうね〜)

でも、家族でのんびり家で過ごすのも
ひたすら家のプールで遊ぶのも、
海やキャンプで遊ぶのも、
夏休みの楽しみ方の1つ。

「うちは、こんな夏休みだったよ〜。楽しかったよ〜」

と、堂々と言えるようになってほしいなー。

あ、でも、来年は、淀川の花火大会の席取り、がんばりますっ。

***

スミレ9歳4ヶ月

初めて(!)独りオセロに挑戦していました。
ゲーム系のものが少し苦手で、動物将棋もオセロも
いつもコウメにリードされてしまいます。

コウメは、自分がゲームが得意なのをわかっているので
スミレが泣かないように(爆)わざと負けたり
自分の動きを教えてあげたりしています。

だから、スミレが自らゲームボードを出してくることは
滅多にないのですが、昨日はなぜかオセロにハマっていました。



夏の課題(笑)水泳も、だいぶ泳げるようになっているようです。
といっても、まだ12メートル泳げるか否か、、、という段階だけどね。

息つぎも、横を向けるようになってきたし
このまま夏が終わってしまうのが、もったいないくらい。
もっと続けて練習できるといいんだけどねー。




宿題とは別に、算数の問題を、時々取り組ませています。

クイズっぽいものから、ちょっと考えないといけないものなど
難易度はさまざまなんですけど、学校で取り組むものは
割と「考えなくても答えが出せる」モノが多くて、
それでは勉強とは言わんやろ、と思ってて。。。

今までは、すごく嫌がっていたし、わからーんといって
丸投げすることもあったのですが、
最近は、わからーんと言うものの、
「絵を描いてみたら?」
「全部書き出してみたら?」
と言うと、めんどくさいことでも、地道に書き出したり
絵を描いていくうちに直感で、いろいろ思いついたりして
なんとか答えを導き出せるようになってきました。

4年生以降になると、考える問題も少しずつ出てくるだろうし
中学、高校、そして、社会人になったら、
絶対に「じっくり考える」ことが大事になってくるはず。

考えることを嫌にならないように、、、
めんどくさいと思わないように、、、
むしろ、考えることは楽しいことだと思えるように、、、

考えることを習慣づけられるように、
私も、がんばります。。。


***

コウメ7歳5ヶ月

「コウメのクラスのみんな、コウメ以外、
 お手伝いしたらお金もらっているねんで。
 コウメもお手伝いしたら、お金ちょうだい!」

1年生の頃から、度々、コウメから聞いていた
「お手伝いしたら、お金をもらえる子がいる」という話。

とうとう、出ました、このフレーズ。

「クラスのみんな」
「コウメ以外」




んなわけないやろーーーーーーーーーーー!!!



コウメ以外、みんな、なわけないやろーーーーーーー!!!



あほかーーーーーーーーーーーーーーー!!!




我が家では、お手伝いは、やって当たり前のこと。
人を手伝うからといって、お金を請求するのは間違っている。
お金を請求するなら、やらなくてもいい。

と、常々言っています。

先日も、切った枝の処理をコウメに頼んだら
「お金をくれるなら、やるよ」と言ってきたので
きっぱり「やらなくていい!」と言いました。

でも、なんだかんだで、途中から手伝ってくれて(笑)。

「ありがとうねー。助かるわ〜〜〜」

私ができることは、感謝の気持ちを伝えることだけ。

でも、お手伝いって、本来、そういうもんなんだよ。
お駄賃、、、という制度は、合理的で、よく取り入れられがちだけど
家のことをするくらいで、お金が発生するのは、
オカシイ、、、と思うんだけどなー。

「おつかいに行って、余ったお金でお菓子を買っていいよ」

というのであれば、計算の勉強にもなるし、アリかなーとは思うけど。



ゲーム名人のコウメ。
動物将棋も、先の先をよめるようになってきて
なかなか面白い戦いができるようになってきました。

この夏は、もっぱら読書ばっかりで、
暇さえあれば、本棚からいろいろな本を持ってきて
読みふけっています。

先日は、私が購入したばかりの「母の友」を持ってきて

「このページとこのページを読んで」

と言ってきました(笑)。

完全に大人向けの話だったのですが、
しっかり聞いていました。
(どう感じたのかは、謎、、、)

コウメは、好きなことには、すごく前向きで
素直に突進していくので、見ていてオモシロイです。
大人向けの本も、読めるようになるといいねー。



コウメも、考える問題に時々取り組ませています。

といっても、残念ながら、コウメさん。
学校のプリントでの間違いが、多い。多い。めちゃくちゃ多い!
ので、主に、間違ったところを復習する勉強で精一杯な状態。
でも、クイズ系の問題など、取り組んだり、
絵を描いて考えるものも、根気よく考えられるようになりました。

将棋やオセロなどのゲームが得意なんだったら
考えることも、嫌じゃないはず。
久しぶりに、コウメとオセロで対戦してみたいな。


***

ユリ5歳2ヶ月

ああ、ほとんど、手をかけてあげられていません。
ごめんねー。

でも、夏休み。ユリは、とっても楽しそうです。
普段、なかなか一緒に遊べない姉さんたちと
思う存分、遊べているので。

しょっちゅう泣かされてはいるけど、
姉さんチームに入って遊べることが、
心底楽しいようです。

ときどき、姉さんチームだけで、遊ぶことになって
ほったらかされて、ギャンギャン泣いているけどね。

水泳も、なんだかんだで、泳ぎまくっています。
全然浮いていないのに、じゃぶんじゃぶん水の中に入って
バタ足しています。

スミレもコウメもクロールを泳ぐようになってからは
ユリも、クロールを泳いでいます。
私がスミレに指導していたのを、よく聞いているのか
めちゃくちゃ上手に手を動かすし、
身体のひねりもすばらしい!
ただ、どうしたもんだか、全然浮いていないんだけどね(爆)。
(沈んだ状態で、クロール。かなり笑える、、、)

姉さんチームの学校が始まったら、ゆっくりのんびり
2人でいろいろなことをしていこうと思います。

それまでは、姉さんチームの中に入って、たくさんいじめられて
たくさん戦っておくれ。


***

てことで、夏休み、いろいろです。
成長も、いろいろです。

おでかけはあまりできないし、
外食もほとんどしていないけれど
私は、楽しいです。

夜は、和室にエアコンつけて
レジャーシート敷いて
子供用の机を出して、
晩ご飯を食べています。

普段にも増して、おしゃべりに花が咲いて
なっかなか晩ご飯が終わらないけれど
それはそれで、楽しい時間を過ごしているようです。

子どもの頃の思い出というのは、
大人になって、子どもを育てるときに、
必ず呼び起こされるもの。

いい感情を持っていた出来事もあれば
悪い感情を持っていた出来事もあるけれど
こんな過ごし方もしたな〜、楽しかったな〜
こんな過ごし方は、面白くなかったな〜
いろんな感情があってこそ、
自分の子育てに活きてくるものだと思っています。

すぐに忘れてしまうものではあるけれど、
時々、思い出してくれたら、
親としては、それが一番嬉しいことだな〜。


てことで、ああ、もう7時20分。

娘たち、誰一人、起きてきませんっ!
いいのか、これで!
うん。これも、夏休み!

CIMG5427.jpg
2年前にスミレとコウメが取り組んだ
切り紙×トランスペーパーの作品。

ずっとインテリアとして、部屋に飾っていたのですが
なんだか飽きてきたので(笑)
ノートに貼ることにしました。

切り紙は、よくやるけれど、作ったものを
どう残していくか、少し迷っていたんだけど
ノートに貼ると、省スペースで保存できるし
きれいなまま残せるし、大きくなったときに
見直せるし。ただ、人別には残せないけどね(ごめんね)。


腕、がっちがち*オズの魔法使い

庭のシマトネリコの剪定作業をしました。

ビフォー
CIMG5162.jpg

アフター
CIMG5422.jpg

比較しづらい写真ですみません。。。

いやあ、かなり切ったんですよ。かなり。
特に上の方。あ、写真、写っていないね。
デジイチでいつも撮影しているのですが、
もうね、デジイチ持つ腕も手も肩もなにもかも
ガッチガチでね。ロボット状態ですわ。
あ、最近のロボットは、関節の動きが柔らかいから
こういう表現は、合わないか。

あ、どうでもいいけど、
ここに引っ越してきた当初のブログがこちら。
シマトネリコの小ささに、ビックリしてください。
小さかったシマトネリコ

いつもは、お隣さんに高枝切りばさみをお借りしているのですが
なんだかんだで、年2回くらい剪定しないといけなくなり
しかも、お借りしているはさみでは、太い枝が切れなくて
必要以上に力がかかってしまい、これまた毎度、筋肉痛に。

てことで、今後のことを考えて、こんなものを購入しました。

いやあ、切れる、切れる。
太い枝も、バッサバッサ切れて。
細い枝も、全然力を入れなくても切れて。

我が家のシマトネリコは、2階の屋根に届きそうなくらい
ぐんぐん伸びているので、いつも剪定作業は
2階のベランダから。
ベランダにイスを置いて、身を乗り出して、、、
の作業に、しげおは「死亡フラグ立ってるで」と
言ってきます(心配してくれるなら、やってくれ)。

でもまあ、2階から作業しない限りは、
伸びに伸びた枝は伐採できないので、恐怖と闘いながらも
バッサバッサ切り落としました。
しげおと結婚していなかったら、
こんなこともしなかっただろうけどな(爆)。

それでも切り落とせなかったものは、
子どもたちと同様、木に登ってから
鋏を持って、バッサバッサ。

一応、この高枝切りばさみ、1、5キロほどの重量があって
なんだかんだで利き腕の右手に
ほとんどの負荷がかかるので、かなり重いです。はい。

午前午後、2回作業して、あと1枝残して、終了。

剪定作業は、私、なんだかんだで大好きなのですが
切り落とした枝を、ゴミの日に出す、、、という作業が
めちゃくちゃめんどくさくて。。。
だって、普通のゴミ袋に入らへんし。
そのために、わざわざ、折ったり、また切ったりせなあかんし。
葉っぱのゴミは、そこらじゅうに散らかって、
ご近所さんに迷惑をかけないように、掃いて、集めて、、、
を繰り返さなあかんし。ほんま、気が遠くなる作業で。

そんなことを考えると、植木屋さんに頼めば良かった、、、と
毎回思うのですが、自分でできることは、自分でやらないと、、ね。
子どもたちも手伝ってくれたり、葉っぱや花で遊んだり
なんだかんだで、そばにいてくれて、心強いです。

お母さんって、こんなこともやっていたな〜、
あんなこともやっていたな〜、
そんな記憶が、残ってくれれば、嬉しいな。

今は、なんでも外注化が当たり前の時代。

でも。

自分でできることは、自分でやる。
DIYや手づくりにも繋がるけど、
自分でできるなら、やったほうが楽しい。
自分の好きなようにできる。やってみるからこそ、学ぶこともある。

あ、そうそう。我が家のシマトネリコ。
この夏もセミがたくさん訪れてくれてて、
毎朝、ものすごい音量でジージー鳴いていたんですけどね。

今朝は、1匹たりともおりませんでした。。。

スッキリしすぎた木は、好みじゃないんだよね。
今まで、葉っぱで日陰になっていたはずなのに
日陰部分がなくなって、涼めなくなったんだよね。
ごめんね。。。
夏が終わってから剪定すればよかった、、、かな。

でも大丈夫。1年経てば、もっさもさの木に戻るから(笑)。

とりあえず、次の春は、剪定作業しなくてもいい、、、はず。
次の剪定は秋、、、になりますように。。。
1年に1回で、間に合う木になりますように。。。

さてさて。今日は、まだ袋に入れていない枝葉を集めて、
お掃除作業しますか、、、。とほー。大変ーーーー。


***

そうそう。剪定作業の合間に(!?)
子どもたちとカゴメ劇場に行って
オズの魔法使いの劇を観てきました。

家にある本

と、劇の内容が少し異なっていたのですが
どんな部分が違っていたのか、それに対してどんなことを思ったのか
今日の日記に、スミレもコウメも書いていました。
2人とも、それぞれ少し違うところを指摘していて
なかなか面白い作文になっていました。

ユリは、どう思ったのかなー。
この夏休みは、姉さんたちの対応で精一杯で
ユリと向き合って、遊んであげられていないなー。
来年には、少しでも日記が書けるように
今から、自分の気持ちを言う練習しておかないとな。

あ、そうそう。劇を観に行ったあと、
着替えるのが面倒で、午後の剪定作業は
それなりにきれいな服で、スカート履いて行いました。
スカート履いて、木に登り、バッサバッサ。

暑くてご近所さんも誰も外に出ていなかったのが幸いです(爆)。

お手伝い満載の帰省

3日ほど、私の実家に帰省してきました。

帰省といっても、ゆっくりのんびりが目的ではありません。

両親は高齢なうえに、
父は認知症と診断され(軽いけどね)
母は去年、今年と2度も腰を骨折し
今もリハビリ中。

なので、子どもたちにも

「遊びに行くのではなく、
 おじいちゃんおばあちゃんのお手伝いをしにいくんだよ」

と、あらかじめ伝えておきました。

おかげで、
初日は、グラタン、サラダ、春巻きを娘3人だけで作り
翌日は、リビング〜台所〜廊下の掃除(掃除機かけ〜床拭き)
3日目は、使っていた布団を2階に持っていって片付ける
という仕事を、意欲的にこなしてくれました。

私は、ご飯作りや、病院の送り迎えや、
買い物の付き添いを担当。

その他、要らないものの処分も。

実は、昨年の秋に、母が入院したときに
姉と一緒にパントリーを片付けました。
栓をあけていないのに、からっぽになっていた
缶のコカコーラ、
中身がしみ出して、缶と棚がくっついていたものを
取り外したり(取り外せなかったものも)
どう考えても食べられない缶詰めや
食材を処分しました。

が、それを知った母が
入院先から、怒りのメール。

「大事なものなにの、捨てないで!」
「(食べられないけれど)上等だから、捨てないで!」
「人の家(一応、実家ですけど、笑)のものに、手をつけないで!」

と、散々に言われまして。

なんたって、うちの両親は、
捨てられない世代の代表格。特に母はすごい。
ビニール袋、スーパーの袋、トマトが入っていた袋、
食パンの袋に至るまで、全部取っておいています。
紙袋も然り、包装紙も然り。
全部あわせたら、1つの部屋が埋まるほど(笑)。

そういう世代の人だから、仕方がないとは思うけど。

てことで、今回も、一応、母に確認しながら
腐っていた梅干しを何キロも処分しました。
(まだ何キロも残っているけどね!)
その他に、こっそり捨てた物もいっぱい!

この世代の人の片づけ、というのは、なかなか難しいです。
そもそも価値観が違う。そして、簡単に変えられない。

とはいえ、とりあえず3日間でできることは
済ませてきました。
娘たちも、意欲的にいろんな仕事をしてくれて
その働きっぷりに、両親も喜んでくれたし、
できることは、やったかな、という感じ。

ただ、たった3日間。
しかもお手伝いしたのにも関わらず
両親の疲労は半端なかったようで、
ぐったりでした。
(母は、人に頼むのが苦手なので
 手伝ってくれるのは嬉しいが
 思い通りにならないことがストレスらしい)

なので、次は、いついけるやら、、、。

ちなみに、私は滅多に実家には帰りませんでした。
(しげおの実家より断然近いのにね)
子ども3人連れて帰るのも大変というのもあるけど
子ども3人連れていくと、両親の疲労度も半端なくて
帰省は逆に迷惑になるので。
両親とも、趣味が大事で、そちらの予定が優先されるので
なかなか予定をあわせることができなかったし。

でも、両親も、この先いつまで生きられるか
いつまで今の住処にいることができるか
わからなくなってきたからか、
今回の帰省は、スムーズに決まりました。

とはいえ、今後の予定は、、、なかなか。
1人で行くにしても、そこそこ時間はかかるし
なかなかなかなかな交通費がかかってしまう
自分の実家(笑)。

ぼそっと、私の家の最寄り駅に引っ越そうかなと
言ってくれたけど、できるなら、そうしてほしい。
でもまあ、今の実家の荷物を1000分の1に減らさない限り
引っ越しは、無理だけどね。
その覚悟さえできれば、なんとかなるけど。
まだまだ元気な状態に戻れると信じている両親の気持ちも
大事にしてあげたいから、この話は、2度としないけど(笑)。


ま、そんなわけで、いろいろあった帰省。
私としては、娘たちが意欲的に働いてくれたのが嬉しくて。
ちゃんと人のために働ける人に育っていることが
今、一番、自慢できることかな。

てことで。

久しぶりに夜更かし〜。

ちなみに、しげおは、仕事だったのでお留守番。
CIMG5272_20150806215918924.jpg
水やりだけは、ちゃんとやってくれたらしい。
(ひまわりちゃんは、息絶えていたけどね、、、)
ちなみに、この写真は、帰省前のもの☆

スケジュール管理

夏休みの過ごし方。

普段は、学校+宿題で、
忙しい(らしい)小学生チーム。
(そうでもないと思うけど、、、)

夏休みなどの長期の休みは、時間がたっぷりあるので
その時間をどう使うか、が、毎回、課題です。

たっぷり遊びたい!
やりたいこと(工作や読書)を、いっぱいしたい!

でもやらないといけないこともある。
(宿題や日記、お手伝いなど)


毎年、いろいろ試行錯誤しながら
うちの娘たちに合った方法を提案し
どうやって、時間を管理したらいいのか
娘と一緒に考えています。

今年は、時間割り、という概念を持ち込みました。
CIMG5421.jpg
1日を1時間単位で区切っていったら、
10時間目、11時間目、12時間目、、、となるのですが
小学校生活でもまだ6時間目までしか
体験していない娘たち。10時間目と聞くだけで
逃げ出しそうだったので、休み時間を多くとってみました。

ちなみに、昨年は、

午前中
お昼ご飯後
おやつのあと
晩ご飯後

の4つの時間の区切りしかありませんでした。

「ご飯を食べたあとすぐに何かをする」

この方法が、子どもたちの行動にはピッタリかな、と思ったので。

今年は、もうちょっと時間を区切ってみてもいいかな。
午前中に、やらないといけないことを
時間軸で管理できるようになってほしいな。
学校のプールの時間も、それぞれだし、それに合わせて
自分の行動を決められるようになればいいな。

そんな思いで、時間割り方式をとりました。


が。



ぜんぜん。。。。。


思惑通りに動かない、、、(撃沈)。


スミレは、この時間割りを少し気にしながらも、
先々のことを考えて行動できるので
毎朝、ちゃんと自分のスケジュールノートに
宿題をする時間などを書き込んで、
その通りに行動しています。

が。

コウメは、、、。

計画を立てることが、めんどくさい。
なんでも「あとでする〜」行動パターン。
あとで〜を引き延ばして、ギリギリになって
できないことに気づいて、泣き叫び、怒られ
めっためたになって、おやつなし生活に突入したり
図書館を2往復することになったり(いろいろあります、、、)
結局、めんどくさいが倍増されることに。

それでもやっぱり、懲りなくて。
めんどくさいことを避けようとして、
めんどくさいことになっているようです。
ええ、懲りていません。全然。。。

こういうタイプの子に、
どうやって時間管理の大切さを
教えていったらいいのか、、、。はあ。

ちなみに、私は、計画を立てるのが好きです。大好きです。
(しげおは、大嫌いですw)

でも、今は、計画を立てること、を、極力やめています。
計画通りに行動できなかったときのストレスが半端ないので。
子どもが3人もいると、計画通りにいかないことのほうが多いしね。

だから、だいたい、○日までにできればいいな〜
できなくってもいいかな〜はっはははは〜

くらいの、ゆるーい計画を頭の中だけで立てて
忘れてもいいや〜くらいの気持ちで、いろいろやっています。

だから、コウメの行動も、わからんではないし、
立てた計画通りガチガチにやらんでもいい、とは思うけど
それでもやっぱり、自分で決める、というところだけは
守ってほしい。。。

でも、なかなか言われないと、いつやるのかを決めることも
決められない、、、(笑)。


てことで、ここ数日は、日中の暑さに耐えきれず
クーラーを解禁。ただし、リビングは解禁せず
6畳の和室のみ。

午後の時間、和室にクーラーをつけるので
その間に、縫い縫い(宿題の作品づくり)をするか
宿題をしましょう。
やらないといけないお手伝いなどは、
クーラーの部屋に入る前に終えましょう。

とりあえず、そんな感じで、提案しています。
一応、なんとか、やっていけているので、
夏休みの後半は、この方式で、
クーラーの解禁時間を数時間だけにして
集中して、何かに取り組むように仕向けていこうと思います。

でもって、なんだかんだ、晩ご飯時も
この和室で食べることに(笑)。涼しいのがいいもんねー。
レジャーシートを敷いて、座卓を出して、
ちょっとしたピクニック気分でご飯を食べています。
夏休み限定の晩ご飯スタイルだねー。
でもって、正座の練習にもなるしねー。


***

時間管理。

次の長期休みに向けての備忘録として。

今年、2日間だけ(午前中のみ)幼児教室のお手伝いに入りました。
仕事、と言えるものではないけれど、
その時間、子どもたちは、お母さんに頼ることができません。
昨日は、訳あって、午後からも1時間半だけ
幼児教室に行くことになったのですが、
そういう日に限って、
子どもたちは私を頼りたいようなことが発生するもんで。

例えば、宿題がわからない、とか、ドリルがわからない、とか。
作品作りも、○○の仕方がわからない、とか、
糸がからまって、次にいけない、とか。

今までは、子どもたちのスケジュールを
子どもと私が把握していれば、なんとかなったのですが、
これからは、私のスケジュールも、
子どもたちが把握できるようにしないとなあ、と思いました。

お母さんに聞きたい、頼りたい時間は、1日に何時間あるのか。
それは、午前、午後、夜のいつなのか。
その時間に合わせて、宿題ややらないといけないことを
こなしていく、、、。
しかも、お母さんがフリーの時間は、
子ども3人とも頼りたいと思うので、
他の子どもたちがお母さんを頼っている間の
待ち時間も計算して、、、。

そんなことを、子どもたちに考えさせていかないといけないなーと。

次の長期の休みのときには、なんだかんだで、
どこかにお手伝いに行ったり、仕事が入る可能性があるので、
今回の2日間のお手伝い経験は、
とても勉強になりました。うん。良い経験したな。

そうそう。午前中のたった2時間程度だけだけど、
子どもたちの学ぶ環境ををサポートさせていただいて
とっても勉強になりました。

その子の発達状況、できること状況、性格に合わせて
サポートすること、声かけ、いろいろ違います。
自宅の手芸教室でも、どうやったら興味を持って
取り組ませることができるのか、
どこまでをフォローしたりいのか、
どんなふうに教えると、忘れないのか、
いろいろ工夫しながら、試行錯誤すること。

自分の子どもたち3人にも教えてきた経験が
活きることもあるし、活きないこともある。
でもやっぱり、3人分の経験値は、大切な財産です。


***

いやあ、それにしても暑い!
今朝はまだ曇りで、ほんのり涼しいけど、
扇風機かけながら、汗だくでブログ更新中。

娘たちとしげおは、クーラーを効かせた部屋で
爆睡中、、、。いいなーーーーーーーーー。



やっぱ疲れるよなー

我が家の3姉妹。がっちゃんとの関係は、こんな感じ。
CIMG5314.jpg
しげおの仕事場から、わざわざがっちゃんを連れて来て。
でも、がっちゃんとは遊ばず、
机にくくりつけて動き回れないようにし
そのそばで、自分の好きなことをして遊ぶ。

そういうスタイルです。
よくわかりませんが、ときどき、遊んであげたり
「がっちゃん、こないで!」と言ったり。
(連れてきたくせに、よく言うよ!!!)

よくわからないけれど、犬との共同生活を
それなりに楽しんでいるようです。


***


小3、小2、年中という我が家の3姉妹。

数年前の状況から比べると、断然、何もかもラクになりました。

昔は、夏でも、公園に連れて行って、遊ばせていたし
おうちプールは、毎日開催。しかも、毎回、私も入って
一緒に遊ばないといけない、、、そんな状態でした。

今は、子どもたちだけで、勝手に遊んでくれることが
多くなったことで、私も家事を集中してできるようになったり
1人で買い出しに行ったり、
1人で庭仕事をしたり(水やりだけだけどね,、、、)
子どもたちに振り回されない時間を過ごせるようになりました。

でも、ね。

やっぱり疲れる(笑)。

庭のシマトネリコを2階のベランダから見るたびに

この木の成長と、私の老化っぷりは、
思いっきり正比例しているな、と、思うのです。


いえいえ、疲れの原因は、老化だけの問題ではありません。

なんだかんだで、自分の好きなことは後回し
ハンドメイドの時間なんて、これっぽちも取れていない
好きな本も全然読めていない、
振り回される時間は減ったけど、それでもやっぱり
喧嘩をすれば、呼ばれ、
「宿題はいつするのか決めたのか」と問いかけたり
「脱ぎ散らかしたパジャマをなんとかせえ!」と怒ったり。
夏休みは、なんだかんだで、忙しいのです。

夏休みこそ、10時過ぎまで起きて、製作し
朝も、ガンガンに取り組むぞ!と思っていたのに
9時過ぎには、ぼーっとして、寝る準備をし
朝も、調子の悪いときが多く、1時間起床時間を遅らせたり
それでも、ぼーっとして、何もできず。
実は、PTAの宿題を、しないといけないのですが
その宿題も全然はかどらず。

あ、そうそう、一昨日は、幼児教室でユリを預けている間
教室に入って、補助のお手伝いをさせていただきました。
(なんせ、ユリ、私と離れたくない〜いうて泣き叫ぶので
 一緒に教室に入ることに、、、)

そんなこんなで、ほんと、身体が休まらない日々でございます。。。
とりあえず、睡眠時間だけは削らないよう、
しっかりとっているんだけど。

てことで、今日は、午前中から、いろいろ製作です。
あ、子どもたちが、ね。
そろそろ宿題の作品も作らないといけないし、ね。

(コウメは、猫のぬいぐるみに決まったけど、
 スミレが、魚の枕を作りたいと言ったのをきっかけに
 ユリも、魚の枕を作るーーーーーーーーーーー!!!と言い出し
 ヤヤコシイことに、、、はあ。枕って、、、はあ)


あ、そうそう、キャンプに行く前の日、
手芸教室3回目を開催しました。
我が家の雰囲気に慣れてきたのか、プール疲れなのか
並縫いに飽きてきたのか(笑)わからないけれど
生徒さんも、うちの子たちも、集中力がなく、
ちょっとダレダレモードでした。。。
カバンを作るはずが、なんだかんだで、
リボンばっかり作ったり、おしゃべりに花が咲いて
なかなかすすまなかったり、、、。

確かに、いつも同じことばかりしていたら、
飽きるよなー。
縫う、だけではない要素も取り入れた
内容にしていかないとなー。

切り紙の飾りにも興味を示してくれたので、
工作系のことも、やってみてもいいかもなー。

やりたいことは、たくさん(笑)。
あとは、時間との勝負。
自分の製作も教室も、同じだね。

てことで、PTAの宿題、今から、がんばりまーす。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす