FC2ブログ
   
07
1
2
4
5
8
9
11
13
15
17
19
20
22
24
26
28
29
30
   

マイナス*テレビ*座学で泳げるように*コウメ話

仕事をしていたときって、
仕事上の付き合いがメインだから、
割と似たような感じの人と、お話しすることが多かったり
成功している人が多い職場だったおかげか
前向きな気持ちを持ち続けている人と
一緒に仕事をさせていただくことが多かったように思います。

でもね。

主婦の世界は、そんな世界じゃない。

今までの職歴、環境、全てにおいて
じぇんじぇんちがーう!人もいれば
ちょっと似たような感覚の人もいたり
子どもを通してだけのお付き合いなら、
浅くその場しのぎの会話で済むけれど、
お互いの子育て観が見えたりすると
その場しのぎでは済まされなくなってきたり。

そんな中での、お付き合いだから、
なかなか難しいところもあって。

でね。
いろんな人がいるなかで、
常にマイナスオーラを放っている人っているなあ、ってことに
ここ数年で、気づくようになって。

暗い、とか、そういうのじゃなくて、
「こんなトラブルがあってね」の話ばかりしたり
うわさ話が異様に好きだったり
ちょっとしたことで文句だったり、斜に構えた意見を言ったり
そういうのが無意識のうちで出てくる人っているでしょ。
(そういうお前が、そうだよ、というツッコミはナシね、爆)

そういう人と、一緒にいると、ね、
すごーーーーーーーーく疲れるなーって。
これまた、ここ数年で、ようやく気づいたんだけどね。

いやいや、人としてはすごく良い人なんだよ。
特に話題がなければ、楽しい話で盛り上がるし、
これからも良いお付き合いをしていきたいな、とは思うんよ。

ま、そんなわけで、昨日は、小学校の1日公開の日。
子どもの様子を見ながら、参観して、その合間に、
いろんな人に会って、少し立ち話をして。。。。。
懇談に出て、いろいろな事実を知り、
そして、当然、マイナスオーラを放つ人ともおしゃべりをし。

おかげさまで、ぐったり、身体も心も(いや身体は元気)
疲労しまくりな状態で、帰ってきました。

いや、マイナスオーラを放つ人って、けっこういるんだね。
いつもは違うけど、ある瞬間からマイナスオーラが
どどーっと出てしまう人とか、
これだけのことで?というようなことに出くわしても
プラスオーラが一気にマイナスオーラに変わっていく人って
いるんだよねー。結構、たくさん。
私も、その一人かもしれないんだけど。

(他人と話す分には、そこらへんマイナスオーラが出ないように
 気をつけてはいるんだけどね。
 でも、しげおには、マイナスオーラ出しまくりかもしれないけど)

なんか、いろいろ考えさせられた学校公開でした。疲れた。

で、その後、スミレの矯正歯科の病院へ。
懇談が思いっきり長引いたので、自転車でびゅんびゅん漕いで
汗だくになっていたら、無事、間に合いました。。。

そんな感じで、一日、ほんと疲労困憊で、終えました。

ただ、唯一、嬉しかったのが、
こんな感じで、参観懇談通院などで、走りまくっていて
ユリのことは、ほったかしだったのにもかかわらず
歯医者さんから帰ってくると、
ちゃんとお弁当箱が洗ってありました。

すごいなー。えらいなー。ほんと助かるなー。

1人でもいいので、こんなふうに
「自ら行動しておく」ことができるようになったら
本当に、ラクになるんだけどなーーーーーーーーーー。

***
先々週、とうとう、テレビを引き取ってもらいました。

リサイクル料は、新しいのを買ったときに引き取ってもらえる金額の
約倍の値段。。。ひぇーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

でも、ブラウン管のテレビがなくなって、
心も空間も全てスッキリしました。

***

こんな本を買いました。
座学で泳ぎ方を覚えるのも、悪くないかな、と思って。
のび太くんの泳ぎ方って、スミレと同じだね~(笑)と言いながら
改めた方がいい部分はどこか話し合いながら、陸トレしています。

***
最後に、学校公開日の笑い話を。

ちょうど同じ時間帯にスミレとコウメの水泳の授業があり
せっかくなので参観してきました。
2人の様子がよく見えるのは
ビート板置き場だったので、そこに終始いました。

スミレは、ちょくちょく私の顔を確認しては、ニヤッと笑っていたのですが
コウメは、何度手を振ってアピールしても、
目すら合わせてくれなくて。
教室での参観のときは、スミレと同じように、ニヤッとしてくれるのですが
プールでは、全くその素振りなし。

オカシイな、、、と思って、
帰宅後、コウメに聞いたら

コウメ「ママが見に来てくれているの、わかっていたよ!
    ほらほら、あそこ、あそこ、目を洗う場所の近くにいたでしょ!」


かあちゃん「え”?そんなとこに、かあちゃん、一度もいなかったよ。。。」


コウメ「いや、いたって!絶対にいた!」


かあちゃん「絶対に、いなーい!第一、そんなところから、
      チビなコウメとスミレの姿って、見えるわけないやん!」


コウメ「はっ、、、(無言)」


てことで、水泳のため、メガネをかけていないコウメ姉さん。
全くのド近眼のせいで、本当のかあちゃんと他のお母さんすら
見分けがつかなかったようです。

来年は、ド派手な色のシャツを着て、
ド近眼でも、見つけられるにようにしないと!


てことで、ああああー眠いーーーーーーー。


今日も一日よくがんばりました。うちの家族みんな。はい。


てことで。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす