FC2ブログ
   
06
1
3
5
6
11
13
14
18
19
21
23
24
26
27
29
   

父の日のプレゼント*こどもスペースが変わりました

母の日。

先日、参観の際、コウメのクラスの掲示板に
「母の日のプレゼントは何?」
というポスターが描かれていました(学級内新聞!?)。

第1位は「カーネーション」。
第2位は「何もしていない」。

一緒に見ていたしげおが
「ほうら、うちの家は、第2位やぞ。どや!」
と、自慢していました(むきゃ!)。

で、父の日。

仕返ししてやりたい気持ちでいっぱいでしたが、
私は、大人。大人ですわ。
ここで意地張ってはみっともないですわ。

てことで。子どもたちにブローチを作らせました。

CIMG5042.jpg
ファンキーな父ちゃん!!!

うちの父ちゃん、残念ながら、こんなファンキーじゃないけど!!!

CIMG5044.jpg
ユリ作。
可愛い要素も、なぜか入っている。

CIMG5043.jpg
スミレ作。
どー見ても、テントウムシにしか見えないけれど
緑のところは、泥棒の風呂敷だそう。
つまり、これ、泥棒を表現したのだとか。

父の日とは何かを理解した上で作ったのか、9歳女子。

CIMG5045.jpg
コウメ作。
ファンキーすぎる。
そして、コウメも「スパイダーマンを作ってん!」と嬉しげ。

父ちゃんのために、メガネのパーツを3つも用意したのに!
どうして、こんなブローチができたのか、謎。

才能がありすぎるのか、うちの子たち。
それとも、変な作品を作ることに、長けているのか。

どうでもいいけど、
「お仕事、いつも、ありがとう」
と、娘たちから、肉声のメッセージも届けて
無事、父の日が終わったということで。

はあ。

来年の母の日は、どんなことしてくれるのかなー?
期待しとこーーーーーーーーーー(笑)。

ちなみに、我が家のファンキーな人はこちら。
CIMG5040.jpg
アフロ犬???



***

オーガナイズ講座から帰ってきてから、
頭の中、片付けのことで頭がいっぱい。

まずは、普段の生活の何にイライラするのか、
何が原因なのか。どこをどんなふうに変えたら
イライラがなくなるのか、、、を、考えることに。

2日間、じっくり考えました。

その間、しげおが、急に、娘たちの勉強机を
リビングから、しげおの仕事部屋に移動させたので、
一気に、私の心も動きました。

てことで。

こんな棚を作りました。
CIMG5048.jpg
本当は、ボードゲームやカルタだけを並べるつもりが
そこらへんに転がっていた(爆)パターンブロックや、
積み木や、コマなども入れていくと、
なんだかんだで「おもちゃ棚」に。。。

よかったのか、悪かったのかはわかいらないけれど
ここも、もう少し整理して、使わないものはないか、
確認していく予定です。

そして、できれば、ラベリングしたい。。。
見た目でも、わかるけれど、文字で
おもちゃの住所を書いておいておきたい、、、です。
ひらがなで書けば、みんな読めるもんね。

一方で、ざっくり収納も試みてみました。
CIMG5049.jpg
先日のイベントで、売れ残ってしまった(爆)プランターカバーを、
こどものおもちゃ入れとして使うことに。

これは、工作道具入れ。
鉛筆削りは、違うところに入れたほうがいいね。うん。
写真を見て、ようやく気づいた。
ていうか、誰が入れたんや!!!

CIMG5051.jpg
こちらは、お絵描き道具入れ。
大きいサイズのお絵描き帳が入らない、、、
という難点はあるけれど(笑)。

はさみや、糊は、今まで、引き出しに収納しており、
子どもたちにも、しっかり定着していたのですが
「ない!」「どこ?」という質問も
相変わらず多くて。

このプランターカバースタイルなら、
中身が見えるので、「ない!」とは言わせない!
「どこ?」の質問も、一切受け付けない!!!

でまあ、そんなこんなで、机がなくなったのに
新たに棚を設けてしまったので、しげおが怒ってしまい
IKEAのトロファストも解体してやる!!!と言い出してしまいました。

でも、なんとか阻止。
トロファストの中には、まだまだ娘たちのおもちゃが満載。
そんな簡単には、捨てられへん〜〜〜!!!

でもね、部屋を見渡してみたら、
やっぱり要らんかも、、、と思うようになり(笑)。
とりあえず、子どもたち一人一人の引き出しは、必要だし、
残しておきたいので、1列だけ残して、あとは解体☆
CIMG5047.jpg
ほうらスッキリ、、、???

スッキリスッキリーーーーー!!!

IKEAで買った、木のレールとか電車ものの箱と
その他もろもろのものが入っていたものの処分を娘たちに聞いたら
全員一致で「要らない」。

デュプロブロックは、未だに楽しく遊んでいるので
「残しておく」。

我が家のトロファストは、階段状だったんだけど、
1列だけにしていい?と聞くと
「いいよ〜」とのこと。

この階段で、たーくさん遊んだな〜。
いっぱいジャンプして飛び降りたな〜。
3人まとめてのぼろうとして、喧嘩したな〜。
第一、はじめは、誰ものぼれなかったのにな〜。

いろんな思い出のある階段だったけど
子どもたちの年齢も確実にあがってきているし
(トロファストを買ったのは、スミレが2歳、コウメが0歳の頃)
もう7年も使い込んだんだな〜〜〜。よくがんばったな〜〜〜。

そんなことを思いながら、解体しました。


さて。

今回のレイアウト変更で私がやりたかったことは、
子どもたちの作品を飾る場所を作る、ということ。

いやいや、うちの子たちの作品は、いつも
どこかに飾っていたんですけどね。
絵などの平面的なものは、ダイニングに作った板壁に。
でも、それ以外のものは、そこらへんに飾っているだけで
ルールも一切ありませんでした。

でもね、最近、娘たちが作る物は、立体的な物がほとんど。

しかも「作品」というより「おもちゃ」を作るので、
作って終わり、でもなく、作って飾れば満足、でもなく
日々使うものなので、どうしても、娘たちは、
「床」に、これらの作品を置きたがるんですよね。

これが、ストレス!!!

床は、スッキリさせたいのに!
床に置いているから、誰かに踏まれたり、壊されたりするの!
その度に、ぎゃーぎゃー泣かれたり、
直して!と無理難題ふっかけられたり(笑)。

うーん、このストレス、なんとかしたい!と思っていまして。

で、先日のオーガナイズの講座で聞いてみたところ
「こどもそれぞれの作品を飾る飾り棚を用意しています」
という方がオーガナイザーさんの中にいらして。

うん。それだ!

「作品を写真に撮って残す」という方法を
提案してくださったかたもいたのですが、
私が悩んでいるのは、立体で、日々遊ぶもの!
写真に撮ったからといって、満足できないもの、なんです。

てことで。飾り棚も作りました。

CIMG5052.jpg
夜に撮影したからか、パッとしない画像でスミマセン。。。

こどもたちの作品を実際飾ってみて、気づきました。

この飾り棚



見栄えが、悪い、、、




(撃沈)





ええ、仕方がないんですよ。わかっていますよ。
小学校や幼稚園で仕上げたような作品ではないので、
完成度は低いです。見栄えを重視して作ったのならともなく
あくまでも家で使うものを作った、のですから。

でもね、この場所ね、ダイニングの近くでね。
以前は、子どもたちの勉強机が置いてあったところでね。
ダイニングに座ったら、否応無しに、ここが目に入りまして。。。

うーーーーーーーーーーーん。
私は、子どもたちの作品が大好きなので、問題ないのですが、
お客さんがきたら、、、どう思うんでしょうね。。。
ただでさえ、ごちゃごちゃゴミゴミの家なのに。。。

うーん、でも、でも、でも、私は、幸せ!

オシャレなブログやインスタなどで見る
子どもたちの作品スペースって、ほんとステキ。
完成された絵が、オシャレに飾ってあって、
ステキだな〜と思うけれど、今の私は
子どもたちが作る未完成の作品が好き。
ならば、これでもいいよね。


お客さんには、飾り棚が見えない位置に座ってもらうなどの
対策をすれば、何ら問題ないし!!!


うん、これでいこう!


てことで。


ちなみに、飾り棚を2段にできるよう、木材も購入していたので
娘たちに「もう1段要る?」と聞いたら、
「要らんわ、これで十分やで!」と言われてしまいました。

どうも私は、収納を増やしたがる傾向にあるようです。
娘たちの方が、適量を知っているようですな。ははは。

1つうまくいく仕組みが作れると、もっともっと!と思ってしまいます。
今回作った2つの棚も、半分解体したトロファストも、
もうちょっとだけ整理してみようと思います。
うまくいくかなー。。。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす