FC2ブログ
   
02
2
3
6
7
8
11
15
16
17
21
23
24
28
   

時間管理術

先月中頃、ワタクシ、どっかーんと、雷を落としまして。

理由は、

朝、目覚ましを使っても、起きられないこと。
朝、ずっと眠い眠い言うていること。
原因は、就寝時間が、日に日に遅くなっていっているから。


で、ま、いろいろありまして。

CIMG3504.jpg

という、手荒な罰則を与えることに。

(ちなみに、我が家の就寝時間は8時です。
 8時までに布団に入ることにしています。
 3人とも、寝落ちまでの時間が異なりますから
 8時という早めの時間設定をしています)


最初は、1週間おやつ禁止。
その後、1日でも8時を守れなかったら
1日ずつ禁止日が増えていく、、、という仕組みです。

なので、1月中旬から2月に入っても、
おやつを食べられた日は、数えるほど。
CIMG3505.jpg
おやつを食べられるようになったのに、
ふたたび、時間を守れない日が出てきたら
連続3日間のペナルティ。

CIMG3506.jpg
おかげさまで(!?)
家のおやつ、ほとんど減りません。
というか、元々、家におやつを常備していなかったので
おやつを買いにいく必要もなく、
とっても経済的☆

なにより、晩ご飯をモリモリ食べるようになって
かあちゃん、嬉しい☆☆☆

このまま、おやつなし生活をずっと送りたい!!!


なーんて思っているのですが、
子供たちの気持ちは、反対のようで(当たり前)
おやつのために、必死こいて、片付けをしたり
ユリの片付けを手伝ったり、協力し合ったりしています。

いいことだー。姉妹が仲良くなることが、一番嬉しいのだー。
お互い様、という感じで、協力し合える関係になることって
とってもいいことなのだーーーーーーーー。

ま、そんなわけで、今日も、無事セーフで、
明日のおやつも確定されました。よかったね。




時間を守れるようになるためには、どうすればいいのか。

かあちゃん、悩んでいます。

スミレは、、、、守れます。

なにしろ、
時間に対して、やるべき仕事が多すぎるとわかったときには
「キャパオーバー!!!!!」と頭の中がパニックになり
できいないと早々に判断して、号泣します。

そんなわけなので、
とにかく、余裕を持って行動するようにしています。

だから、私が以前、子供たちと一緒に作ったスケジュールでは
「7時50分から歯みがき」としていたのですが、
8時に就寝するには、
10分で歯みがき&仕上げの歯みがき3人分は、
どう考えても難しいと判断したようで、
こんな表を作っていました。
CIMG3508.jpg
35分から歯みがき!!!

なんと当初の時間より15分も早い!!!


いやいや、私だって、これくらいのこと、気づいていましたよ。
10分で3人分の歯みがきは無理だって(笑)。

でもね「もっと遊びたい、遊びたい、遊びたい!!!」と
一日中騒いでいる3人に、
「遊びを終える時間を繰り上げよう!」と言っても
聞き入れてもらえないだろう、と思っていました。

だから、私は何も言わずに、見守っていただけ。


そんなわけで、一番、時間に厳しいスミレ姉さんが
このような提案をしたおかげで、
妹たちの行動も、がらっと変わり、姉さんの言う通り
35分になったら、歯みがきを開始するように!!!

すごいです。さすがです。スミレ姉さんの力は偉大だ!!!


ま、そんなわけで、スミレ姉さんは、大丈夫です。

登校も、ギリギリな日もあるのですが、なんとか間に合っています。
朝の起床も、ガッツリ目覚ましを止めて、2度寝していますが
なんとか、間に合う範囲で起きてきています。

問題は、、、ええ、コウメさん。

そもそも、朝、起きてこれません。

目覚ましも、ガッツリ止めます。
そして2度寝します。2度寝というより、
2度と起きてきません。

「どうしたら起きられるようになるかな?」と問うと

「6時に起きないといけないけど、
 うちだけ、5時半に起きるように目覚ましをかける」

という返答をします。

しかし、その通りに、目覚ましをかけても、

もちろん!!!ですが、起きてきません。

最近では、目覚ましを2つに増やしました。
3つ目も、実は購入しており、出番を待っています。ぐひっ。
さてさて、コウメの枕元に何個目覚ましを置けば、
1人で起きてこれるようになるでしょう!!!
乞うご期待!!!

てなわけで、今は、
時間になっても起きてこれない姉さんたちのために

部屋の電気をつけ、
「朝だよ」と声をかける。

この2点だけを、私の仕事、と思って、やっています。

実は、これ以前は、
起きてこないコウメの布団をはぎ取り
ベッドから引きずりおろすところまで、
私がやっていました。

でもね、ここまでやっても、ぐったらぐったら起きてきて
ご飯の時間になっても、スミレ姉さんと喧嘩して
そのあとは、ユリと喧嘩して、
登校時間になってようやく焦って登校するもんだから
いろんなものを忘れていきます。
(いうても、ハンカチとか、水筒とか、傘とか、そういうもんやけどね)

でね。

私ね、さすがにね。

これがね、毎日続くとね、イライラしてきてね。

朝の忙しい時間帯にね、コウメのために
体力使って起こしているのに(引きずりおろさあかんしね!)
スミレとコウメが喧嘩する様子を、毎日聞くのは
身体に悪い!!!悪すぎる!

と思い、コウメに

「スミレと同じ時間に行かなくてもいいです。
 自分の好きなように朝の時間を過ごしていいです。
 そのかわり、お母さんは何も言いません。
 自分で、がんばってください。遅れてもいいですから」

と言い渡しました。

おかげさまで、先々週、先週は、
数日、思いっきり遅刻しました。
(2時間目が始めってからの登校、、、)

で、今週に入って、ようやく遅刻せずに
(でも、ギリギリセーフな時間に)
教室に入れるようになりました。

徐々によくなってきている、、のかな。。。

でも、コウメの場合、
スミレと一緒に行かなきゃ!と思うと
焦って焦って、冷静に行動できないのですが

スミレと一緒に行けなかったときのほうが
よく考えて効率よく行動していたりします。

もう、これからずっと
1人で行っていいよ、、、と思ってしまう今日この頃。




そんなコウメですが、
先日から、スミレ姉さんと、時間を計るという遊びを始めました。

CIMG3503.jpg
洗濯物を、人別のカゴに入れる時間を計っています。

CIMG3507.jpg
先日は、スミレのお皿洗いの時間、
掃除の時間、お風呂に入っている時間を計っていました。

今日は、ご飯を食べ終わる時間、
洗濯物をたたむ時間も計っていました。

ちなみに、
スミレのお皿洗いは10分34秒
掃除は51秒
お風呂は20分
洗濯物をたたむのは4分
たたんだものを、人別のカゴに入れるのは2分

だったそうです。

あ、そうそう、ご飯は、
一番早かったコウメで50分かかりました(ぎゃっ!!!)。


ま、そんなわけで、1つ1つの行動に
どのくらいの時間がかかるか、わかったかな。
これが、次の行動へのステップになるといいんだけど。

とにかく、時間管理とか、面倒なことは
みんなで楽しく!!!が基本。

無理矢理、とか、強引に、というやり方は
出来る限り避けたい。
でも「おやつなし」の罰則は、予想以上に
効いています。。。ぐひっ。

目覚まし時計の数を増やしていく作戦も、
子供たちにはオオウケ。
部屋中が目覚まし時計になったらどうしよう!?
なんてことを想像しながら、楽しみながら
解決策を考えていっています。


子育てって、知恵を絞ったり、工夫したりの連続。
でも、だからこそ、面白い、と思えます。



てことで、ギャンギャンにコウメを叱った日に
ズキュンで買ってきた本

読んで、泣きました。

コウメ、ごめんね。。。

その日の夜、

「コウメは、コウメでいいんだよ。
 コウメは、コウメでいいんだよ」

と伝えると

「コウメは、コウメじゃないよ。
 コウメは、うっちゃん(呼称)だよ」

と、訳の分からん返答をされました。

私の気持ちは、きちんと伝わったのでしょうか。。。(謎)

試作期間

春のイベントに向けて、試作品を作ったり
こんなんどうやろう、、、と悩んだりしています。

なので、全くもって、作品は、できておりませんっ!!!

むほー。試作期間が、けっこー大変なんだけどねー。
こんなんいいなーと思って、すぐに作れるほどの技量とかないし
この試作期間がないと、前に進まないんだよなー。


てことで。

CIMG3502.jpg
リリアンニッターと、4本針リリアンで作った
「編めない私でも作れる毛糸のカバン」(タイトル長っ!)



軍手で作ったうさぎさん。


冬なので、編み編みしたくて、
リリアンニッターや、リリアンで、いろいろ作っています。
アームウォーマーも作ったけど、見た目、全然可愛くないので
写真は撮っていません。

ぬいぐるみ系のものを、
次のイベントでも登場させたいなーと思っているのですが
なっかなか難しい。。。でも、なにか1つは作りたいな。



***

作品には関係ないのですが、
もうすぐバレンタインだしー。
こんなん作りました。

CIMG3404.jpg
ハートの飾り。うふっ。

CIMG3402.jpg
スミレ姉さんも大量に作っています。

トイペの芯と赤のスプレーで作った
お手軽インテリア作品。

立春も過ぎたし、そろそろお雛様を出さないとねー。

お雛様ようのスペースを空けるところから、
仕事が始まる、、、、ああ。。。。。。気が遠くなるぜよー。

クルミボタン作り

娘たちが作ったクルミボタン。

CIMG3498.jpg
ダイソーのクルミボタンキットと、
家にある大量の端切れの中の
厳選された(!)端切れを使って。


CIMG3497.jpg
3人で作ったので、量も半端ありません。
ほんとは、もうちょっと作るつもりだったのですが、
時間オーバーで、これで終了。

にしても、ユリさんの作ったの、
「全部ヘアゴムにしてくれ」
って言われてゴムを通してみたんだけど

いったい

そんなにたくさんの

ヘアゴムを

髪に

つけることが

あるのだろうか




と思い悩む母でございます。

第一、ヘアゴム置き場、もう、限界やねん!!!




こういうチマチマ製作は、
スミレが圧倒的にうまくて作業も早くて。

ユリも、手先は器用なほうなので、
さくさく作っていって。

なわけだから、当然、コウメが
2人に遅れをとって、イライラして、
ちょっとしたことで、爆発して。

実は、毎週、週の終わり頃になると、
「週末、何をしたいか」というテーマで
各自、発表することにしてて。

私はたいてい
「公園に行きたい」
「図書館に行きたい」
「○○を買いに行きたい」

てな話をするんだけど、

先週は、コウメが珍しく
「ママと一緒に工作したい」と言い出して。

(いつもは、
 パフェを食べたいだの、ケーキを食べたいだの
 自分の好きな料理が食べたいだの、
 食べたいづくしなんだけどね(爆))


でもって、しげおは、仕事だし、
(仕事じゃなくても、たいてい、ゴロゴロ寝ている)
コウメの工作を、私1人でつきっきりでやるのは
厳しいなーーーーーーーーーーーーと思い、
クルミボタンを作ることにしたんだけどね。

去年も1回作っていたし、作り方も簡単だし、、、

と思っていたんだけどね。

手先が不器用というのは、仕方がない。
といっても、たぶん、幼い頃から
手先を使った遊びを、たーーーーーーーんとしてきたから
「経験が少なくて不器用」という感じではなくて。
ほったらかしにしていたから、
コツがつかめていなかったりするだけ。

でも、学校や家でみんなで工作をするとなると
他の人のスピードが気になるらしくて、
それで、「どうしよう、、、」と思ってしまうみたいで
コウメの根気強さが発揮できなくなるんよね。

といっても、コウメと2人っきりで工作できる機会はないし
もし、2人っきりになったら、コウメ、きっと、、、

「本、読んで」

って言ってくるし(爆)。

絶対、

「ママと一緒に本を読みたい」

って言うし。

「工作よりも本がいい」

って言うし。


なかなか難しいねー。とほほ。



***

ま、そんなわけで、なんだかんだで、
週末は、しげおが仕事ORゴロゴロで
頼りにならなくて、ストレスたまりがちー
なのですが、久しぶりに、ママ友たちと
「夜の会合」に行ってきました。

しゃべったー。

私、そんなに社交的じゃないし、友達少ないし、
基本、家の中で、チマチマやっていたいし。
井戸端会議好きじゃないし。

だから、最近、ぜーんぜん「ママ」という人種の人と
しつこくしゃべる、っていうことをしていなかったのですが
夜の会合では、しつこくしゃべりましたー。

はあ。スッキリ。

子供のことも、大人同士の付き合いも、
旦那さんのことも、ある程度知っている間柄。
共通の話題が多いって、安心できるねー。


てことで、今週もがんばりますだー。

ユリも、3月で幼児教室を卒室します。

スミレのときから数えると約6年間お世話になった教室。

卒室という感覚が全然なくて、
学校行事や仕事や春のイベントのことで
いっぱいいっぱいで、ヘトヘトーと思っていたら
先生方に向けた、メッセージ集も作らないといけなくなり。

3学期は、ほんと、バタバターーーーーー。
でも、がんばるぞよー。
踏ん張りどころぜよー。


***

週末は、比較的暖かかったので、
徒歩や自転車で、公園やら図書館やらに出かけて。
帰ったら、家の前で、大縄跳びをして、、、。

の日々を過ごしています。

そして、ようやく、ユリも参加して

「たかおに」

ができるようになりました!

(コウメの念願の遊び!)

おかげさまで、私も、汗だくで遊びました。

鬼ごっこって、体力使うねーーーー。

働くママと専業ママは敵なのか

楽しい話題ではありません。すみません。


今日、用事があって、おもちゃ屋さんを訪れたのですが
お客さんとして来られていた方と、
仕事で来られていた方の会話が気になって仕方がありませんでした。

上記のお二人は、どちらも働くママさん。
来年上の子が小学1年生にあがるので、
学童保育に入れるか、入れないか、という話題になっていて。

一方のお母さん曰く

「私は、幼稚園あがりの子供とは、
 一切関わりたくないの。
 だって、レベルが違うし」

「レベル」っていうのは、たぶん文脈からして
成績とかそういうんじゃなくて
体力とか、タフさとか、そういうことを
意味していたんだとは思うんだけど。

その後も、いろいろ話が変わっていきながら
働くママたちの、あるある発言(!?)

「幼稚園のお母さんって、暇だしねーーー」



うーん。どの発言も、間違いじゃないと思うよ。
幼稚園のお母さんが暇、というのは
「まさにその通り!」だし。

こどもが小学生にあがると、多くのお母さんは
働きに出るし、昼間の時間を自由に過ごしているのは
幼稚園のお母さんです。確かです。ご名答です。

でもって、働くママが、専業ママたちを
毛嫌いしているのも、知っています。
わかっています。わかっています。

保育園時代は、接点がなくて幸せだったけど
小学校にあがると、子供を通して、だったり
PTAの活動を通して、専業ママと付き合わないといけなくて
価値観が合わなかったり、時間の概念が違っていたり
いろんなカルチャーショックを受けたり、
「なんで、働いている私が、専業ママより
 大変な思いをしないといけないの」
と思う場面も、多々あって、辛くなるときもあると思います。

私だって、朝っぱらから、
昼間っぱらから、夕方から夜にかけて
ずっと井戸端会議しているご近所の奥さんたち見ていると

イラッとするからねー(笑)。
ムカッとするからねー(笑)。
「時間泥棒めっ!」って思うからねー(笑)。


働くママと専業ママが、子供やPTAを通して、
無理に仲良くする必要はないと思います。
もちろん、気が合えば、問題ないんでしょうけど。

でもね、子供は関係ないでしょ、と思うのよね。
確かにね、幼稚園あがりの子って、へにゃへにゃしてるし
甘えん坊な感じもするだろうし、
すぐにへこたれるイメージもあるだろうし、
喧嘩慣れしていないような気もするし
保育園ママからしたら、一喝したい気持ちも
あると思います。

でもね、だからといって、
関わりたくないって、、、
それは、、、ね、、、

でもね、少なからず、
そう思っている人もいるんだなーって、わかりました。

働くママは専業ママのことを嫌うのは仕方ないけど
専業ママの子供のことも嫌いだと思っているんだね。

もちろん、みんながみんなじゃないよ。
上記のような人は、一握りだよ。
それも、わかっている。


でもね、やっぱりね、ショックだったなー。

聞きたくなかったなー。

お友達同士でおしゃべりする分にはいいけど
お店の中とか、レストランとか、病院内とか
スーパーの中とか、立ち聞きされている場所で
そういう話は、避けないとなーと。
自分がしゃべるときは、気をつけないとねー。

見ず知らずの人の発言だけど、
心が痛くなるセリフもあるからね、、、。

ここのブログもねー。
発言には、十分に気をつけているけど
心を痛めてしまうようなことがないように、
もう一度、心を改めないとね。

「時間泥棒めっ!」も、

一応

「(笑)」

だけどね。

傷ついたら、ごめんなさい。

コウメの縄跳び*鬼退治

探偵ナイトスクープを見て
「コウメと同じように、ジャンプが出来ない子がいた!」と
コーフンしてお伝えしたことが、あったかと思います。
日記の最後あたりに書きました。

でね、あの放送を見てから、
一念発起して、コウメにジャンプとはどういうものかを
教えることにしました。

で、今までのジャンプと、本当のジャンプの違いを
実演したり、力の入れ方とか、どこに重心を置くかとか
そういうのを、いちいち細かく教えました。

そしたら。

そしたら。

そしたらーーーーーーーーーーーー。


跳べるようになりましたーーーーーーーーーーー!!!


なわとびも、今までの癖が抜けきれなくて
最初は、とっても苦労したのですが、
きれいな跳び方に変わりましたーーーーーーーーー!!!

すごいーーーーーーーーーーー!!!


ちなみに、昔の跳び方を、再現して!と頼んで
何度もシャッターを切ったのですが、上手く撮れなかったので
別の写真で説明します。


実は、コウメのジャンプは、
全く上に上がらないジャンプでした。

しげおは「お尻が重たいから仕方がないねん」と
はなっから、諦めていたのですが、
今まで、竹馬やらフラフープやら、のぼり棒やら
スミレが苦労してもできなかったことを
さらっとやり遂げるコウメを見ていると
「お尻が重たいからなんもできへん」とは思えなくて。

少なくとも、新しいものを習得する力は
スミレ姉さん以上だろうと思っていたので、
私は諦めることができずにいました。

で、今回も、スパルタ覚悟で(笑)指導開始。

そもそも、コウメは、跳ぶという行為を
「足を後ろに振り上げる」ものだと思っていたようで
CIMG3381.jpg
こんな感じで足がお尻につくくらい、
目一杯後ろに振り上げていました。

だから、ジャンプしても、身体の位置が変わらなかったんです。

私も、説明するために、このような跳び方をしてみたのですが
かなりキツかったです。めちゃくちゃ太ももが痛くて
着地するときの足の裏の負担が、めちゃくちゃ強烈で
翌日、見事に、筋肉痛になりました。。。ほんまに。噓やないで。

てことで、足を振り上げることを止めさせ、
とりあえず、縄跳びの縄の直径分だけ
ジャンプできたらいいんだよ、と教えることに。

「え!?」と、最初はビックリしてて。
だって、縄跳びの縄の直径って、
ビニールの縄だったら、1センチにも満たないでしょ。
それだけでいいの!?ってな感じで。

それから、

「着地したとき、足の裏が痛くなるから
 かかとを付けずに、そーっと静かに跳んでごらん」

そんなふうにアドバイスしたら、
ももの数十分で、きれいな跳び方に変わりました。

これには、コウメのビックリ!!!

「足が痛くない!」

だと。

そりゃそーだ!!!

てなわけで、その後、縄跳びも上手になり、
今年の目標だった60回も、余裕で跳べるようになり
今は100回を目指して、日々、がんばっています。

しもやけ対策として始めた
「毎日縄跳び200回」の活動のおかげで
スミレもコウメも、縄跳びが上手になりました。

ちなみに、ユリさん。

先日、幼児教室の参観日があって
見に行ってきたのですが、
「おおなみこなみ」が跳べていました。

いや、跳べていることは、
以前から、先生からも伺っていたのですが、
家では、まーーーーーーーったくやらなくて。
なんぼ誘っても「いや、できない」と言うので
ほんまに出来へんのやと思っていたのですが、
余裕でできていました。
なんなら、コウメより上手にジャンプできていたくらいです。がはっ。

参観日後も、
「上手にできるところを、姉さんたちに見せてあげて」
と促してみたのですが、頑なに断られました。

気難しいねー。とほ。


***

昨日は、節分。

関西出身の私にママ友が
「今日は、やっぱり、恵方巻きを作るの?」なんて
聞いてきたのですが、

ワタクシ、作りませんでした。
あはははー。

買いませんでした。あははー。

だって、恵方巻きを5人分買ったら、
けっこーな、けっこーな、
けっこーーーーーーーーーーーーな金額になるでしょ。
ひょえーーーーーーーーー!!!でしょ。
しかも、晩ご飯、恵方巻きだけっていうのも、
普通に足りないし。

てことで、昨晩は、100グラムあたり63円の
鶏ささみの料理を作りました。安上がりー!

ちなみに、豆まきは
コウメとスミレが鬼役をかってでてくれたので
女子女子な感じになりました。
CIMG3494.jpg
スミレが作った鬼。
お面だと、前が見えないし、
角や髪の毛を、輪ゴムで頭に縛り付けると
すぐに取れてしまうので、
帽子に取り付けることにしたそうです。

ナイスアイデア!



ちなみに、
「心の中にいる鬼を追い払うんだよ」
という話をすると

ユリは
「だっこだっこ鬼よ、出ていけー」

コウメは
「寝坊鬼よ、出ていけー」
「なんでも手で食べる鬼も、出ていけー」

スミレは
オッサンみたいな汚い言葉遣いをしたり
ヤンキー座りをして食事をするので
「おじさん鬼よ、出ていけー」

(オッサン、という言葉も、汚いので
 おじさん、にしたそうです)

と言っていました。

ほんと、これらの鬼が出ていってくれたら
我が家は、平和なんだけどなー。

と思っていたら、
今日、早速、スミレに、汚い言葉で悪態をつかれました。


オッサン鬼、全然、出ていってへんやんかっ!!!

いちご狩り

CIMG3452.jpg
いちご狩りに行ってきましたー。

めちゃくちゃ寒かったけど、
ビニールハウス内は、とーっても暖かくて
外に出たくなかったーーーーーー。

普通、いちご狩りって、制限時間30分程度だけど
今回、行った農園は50分と、
ちょっと長めの設定だったので
途中でトイレに行くこともできて、
時間を気にすることなく、のんびり食べられて
これでもかー!っていうくらい食べられて
満足しましたーーーーーーーーー。

美味しかったーーーーーーー!!!

子供たちは、とにかく大きいのばかり食べていたので
CIMG3475.jpg
この品種が好きだったみたい。

CIMG3491.jpg
でかいのばかり食べるユリ。



大人は「紅ほっぺ」の方が好み。
ショートケーキの上に乗っているいちご、だそうで
「ああ、あれね」と、子供たちもわかっていたみたい。

(でも、うちの子たち、
 ショートケーキ、そんなに食べたことないはずなんだけどな)

甘さがぎゅっと詰まった感がして、
とーっても美味しかったです。

違う品種のいちごを食べ比べられるのも
ここの農園のウリ。勉強になりましたっ!

CIMG3474.jpg
蜂の巣箱もありましたー。
本当に、蜂が、たーっくさん入っているー!!!
動いているー!出てきたーーーー!
きゃーーーーーーーーー!!!


ちなみに、スミレ姉さんは、
「はちみつ」には、砂糖がふんだんに入っていると
思っていたようです。

砂糖を入れなくても、甘いだなんて、
信じられなかったみたいです。

CIMG3450.jpg
そうそう。いちご狩りって、
ハサミでチョッキンするのが普通だと思っていたけど
ここのいちごは、手でもぎ取る方式でした。
ちょっと持ち上げて、くるんと手首を手前に倒すだけで
キレイに取れて、ちょっと感激☆☆☆
子供たちも、ぷつんぷつん、調子良く取っては
お腹に入れていました☆

にしてもあれね。

いちごって、すぐにお腹が膨れちゃうねー。
ものの10分程度で、うううっ、、、となり
あとは、無駄に歩いたりして、お腹を減らして、、、(爆)。

子供たちも「100個以上食べるぞ!」とか
「50分じゃ足りない!50時間食べたい!」
なんて言っていたけど、
結局100個も食べることはできなかったようです。
(というか、数える気力もなかったようで)


てことで、やっぱりもぎたていちごは最高に美味しい!!!
スーパーで買うのとは、やっぱ違うねー!


***

そんな週末。

今週末は、とーっても寒いけど、
家の前で遊んだり、公園めぐりをしながら散歩したり
途中ガンバの選手がバスの中から手を振ってくれたけど
誰かわからず(爆)。もちろん、娘たちも興味なしで
総無視してしまいました。スミマセン。。。

てことで。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす