01
2
3
5
9
11
13
15
18
21
22
23
24
   

繋がっている*商店街をつくりたい

コラムの原稿を書くために、
スミレの小さい頃のブログを読み返していました。

懐かしい。。。

大変だった。。。

というか、めちゃめちゃだった。。。

スミレが産まれてから、ひとときも休む暇なく
コウメを産み、バタバタしている間に
ユリが産まれ、バタバタしている間に
8年以上の日々が経ち、
ようやく昨年頃から、人間らしい生活ができてきたな、と
自分でも思えるようになりました。

ほんと大変でした。

いろんなものを無くしました。
大事なものから、どうでもいいものまで
たくさんのものを紛失しました。
(本当に、いろんな物を無くしました)

今は、少し探せば、出てくるものも多くなりました。
(未だに出てきていないものも多々あるけど)
きれいな家、整理整頓された家、とは、ほど遠いけど
あの昔の惨状を考えれば、マシです。
マシというより、天国です。まともな暮らししています。

でもね、その中でも、いろいろ出かけては、
いろんな人に出会って、いろんな刺激を受け、
子育てに活かしてきていたみたいです。(忘れていたけど)

そういえばーーーーーー、
絵本作家の、さいとうしのぶさんの講演会にも行っていました。
初めて作った絵本は、さいとうさんの講演会で作った
即席絵本でした。(忘れてたー)

当時は、仕事の復帰時期も悩んで悩んで悩んだうえで、
「今はやらない」と決めていました。
そのかわり、
「子育てや教育のスペシャリストになってライターとして復帰する」
と宣言していました(笑)。
昔から、言うこといっちょまえやなー、わたし。

でもね、まだスペシャリストではないけど、
いろいろ勉強して、自分の子供を通して実践もして
子育てや教育について、ほんの少し語れるようには、なってきました。

おかげさまで、コラムの原稿も、ネタが尽きません。
まだまだどんどん書けそうです。

「スペシャリストになって〜」云々のことは、
すーーーーーーーーーーーーーーっかり忘れていたのですが
(だって、8年前に宣言したことやもん、覚えてへんわ)
ふと振り返ってみると、ちゃんと道は繋がっているんだな、と。

絵本の読み聞かせをしたいだの、
読み聞かせサークルを作りたいだの、
まだまだ実現できていないこともたくさんあるけれど、
子育てというフィールドは、思った以上に面白い!

大変な時期も多かったし、
3人それぞれ「育てにくさ」を少し抱えた子供であるし
私の子育ても、ぜーんぜんあかんたれで、
怒鳴りまくったり、外に放り出したり、散々怖がらせたり
いっろいろ親としてあかんことをやってはいるし、
将来、子供たちから
「お前の育て方が悪いから、こうなったんじゃ!」と
刃物を突きつけられる可能性だって、あるだろうけれど。

それでも、やっぱり、子育てとか、教育という分野は
とーっても奥が深くて、学べば学ぶほど、面白くて。
ますます子供のことが好きになってきてしまうなあ、と。

もちろん、教育関係の仕事をしていたことが
どこかで私のベースになっていて、
だからこそ、親になって勉強した今、
何かをしたい、という想いも強くて。

想いだけじゃあ、ダメなんだよ、と、よく言われるけど
この8年、想いと、ほんのちょっとの行動で
ここまでこれたのだから、継続は力なりというか
ちょっとでも行動する、ということの大切さを
身にしみて実感しているところです。


そんなわけで、繋がってきたご縁、チャンスを大切にして
これからの活動につなげていきたいと思います☆


***

そうそう。昨日行ったYogi Yogiさんって、
駅前の商店街の中にお引っ越しされまして。

3年間通った高校が近くにあるにもかかわらず
私がその商店街に足を踏み入れたのは、
昨日が初めてでした。がはっ。
だって、学生って、商店街なんか、行かへんもんー。

でね、この商店街、商店街らしからぬというか、
オシャレなカフェとか、おしゃれなパン屋さんや
フランス料理のお店があってね。
聞く所によると、2年前くらいから、
商店街も頑張り始めて
オシャレなお店が増えてきたのだとか。

そういや、私、小さい頃から、商店街が大好きで。

(あ、一番好きなのは、おうち。
 毎朝、マンションの広告のチラシを見て、
 端から端まで、読みふけって、
 妄想しまくっていたからねー。
 だから、商店街は、2番目に好きなものでした)

チラシの裏に、妄想商店街を作っていて。

肉屋さんの隣は、八百屋さんで、
その隣が文房具屋さんで、美容院もあって、
ゴキの出ない大きな本屋さんも欲しいなー。
(近所の商店街の本屋には、ゴキが出たことがあるので)
そんなことを妄想しながら、何度も何度も
妄想商店街をチラシの裏に描いていました。

もちろん、近所には商店街があったし、
初めてのおつかいも、どんなおつかいも、
両親不在で(単身赴任)
買い物担当だった高校生時代も
いつも訪れていたのは、商店街でした。

商店街がない、新興住宅地に引っ越してからは、
味気ない生活を送っていたけれど、
ずっと住み続けたいと思った土地には、
必ず商店街があって、引っ越したときには
何度も何度も商店街の中を行き来しては、
ムホムホーーーーーーーーと鼻息荒くして
お店を見て回った記憶があります。

神戸の元町商店街も、
当然、大丸側より、西元町寄りの方が好き。

個人的に取材を申し込み、
初めて「人」の記事を書かせていただいたのは
売れても占い商店街の会長さんでした。

やっぱり、商店街好きやわーーーーーーーーー。

そんな私の夢は、

もちろん

「商店街をつくる」こと。

がはー!言ったー。言ったったーーーーー。

言ったもん勝ちーーーーーーー。

今ある商店街を、変えていきたい、というのも
もちろん楽しそうだけど、
新たに、1つのエリアを
新しい商店街として作り上げていく、っていうのも
面白いんじゃないかなーと思って。

先日訪れた阪急うめだ本店のSOUQも、
小さな商店の集まりで、商店街のような感じで
右見て、左見て、面白そうなお店があったら
ちょっと立ち寄って、また歩いて、右見て、左見て、、、
そんな感じだったんよねー。

できれば、SOUQのように、雑貨屋さんだけでなくて、
しっかりと生活の基盤になるようなお店が中心で
でも、時代に合わせたお店も気軽に参入できるような
そんな商店街を作れたらなーって。

大阪市内の商店街は、閉店しているお店も多いけれど
それでも、商店街としての活気がまだまだあるし
いろんなイベントをして、地域だけでなく
他の地域からのお客さんを取り込んでいるんよねー。

大阪ならでは、という感じがするけれど、
他の地域でも、できんことないんちゃうか?と思ったり。

でっかいイオンモールも、楽しいっちゃあ楽しいけれど
お買い物の楽しみが味わえないよね。
お買い物は、物を買うだけでなくて、
そこに人と人とが介在することで、
いろんな物語や思い出が生まれるもの。

自分の子供たちにも、そういう経験をしてほしいなーと
思ってて。だから、商店街、作りたいなー。

どうやったら、作れるんだろう?

絵本サークルを作るのと、同じノリじゃ、ダメ!?

だよね、、、。


***

最近、ツブヤキブログばかりで失礼いたします。

そういう時期なんです。なんとなく。

あ、そうそう、今日はいちご狩りに行ってきましたー。

美味しかったですー。満足ですー。

食べ過ぎて、お腹が痛くなりましたー。

この話は、また今度ー。
スポンサーサイト

念願のYogi Yogiさん

ずーっと行きたいと思っていたYogi Yogiさん

以前は、私が住んでいるところからは、
交通機関の関係で、気軽に行けない場所だったのですが
お引っ越しが決まり、今日から新しい場所での営業開始!

おかげさまで、電車と徒歩で気軽に行けるようになりました☆

てことで、HPで10時オープンと書かれていたので
10時を目指して行ったら、、、

ダンボールに囲まれた店主さんと、
納品に来られた作家さんが、、どたばた、、と(笑)。

「はじめまして」だったのですが、
Yogi Yogiさんを紹介していただいた方のことや
手づくり絵本を作っている話などをして
いろんな絵本を紹介してもらったり、
たくさんおしゃべりをしてきました。

いろいろ紹介してくださった中から、
私の心にズキュンときたのが、これ。

じんわり、ずきゅん。

最近、いろいろあるもんなー。


てことで、いろんな人の縁から繋がったYogi Yogiさんとの出会い。

人と人は繋がっている〜。
そして、繋がったご縁で、楽しい世界に出会えて
幸せーーーーーーーーーーーーーーーーー。

絵本だけでなく、雑貨や、昔のものや、なんやかんや
いろいろいろいろあって、楽しい空間でした。

また訪れますー。お気に入りの場所が近くにできて、幸せー。

ユリの時代がやってきた

三姉妹の三番目は、最強です。

最近、走って私のところにやってきては、
わざわざ後ろを向いて、お尻を突き出すポーズをとるユリ。


「なにしているの?」



と聞いたら



「おなら」



と。


「え?おならの音しなかったよ」


というと、


「ううん、スーって音がしたはずだよ」



と。


それって、一番臭いおならやーん!!!





てことで、最強です。

わざわざ、わざわざ、走ってやってきます。

笑顔で私のところに到着したら、

くるりと後ろをむいて、プー。


1日に何回も。


そして、たいがい、成功しています。


すごいです。




「ほんまに、ユリは、女の子なん?男の子ちゃうの?」


と聞くと


「スミレはオトコオンナクッサイ、
 コウメはオトコクッサイ、
 ユリはオンナでがっちゃんと遊ぶの」

と、謎の発言。

どうでもいいけど、最近、がっちゃんと遊ぶのが大好きで
暇さえあれば、がっちゃんを連れ出して、
外で走り回っています。

なので、今まで、好きな人ランキングは
スミレが堂々の1位だったのが、
今では、がっちゃんが1位で、スミレは3位に転落しました。
(2位は、かあちゃんよ)


こんなに活動的で、がっちゃん好きで、
オナラのタイミングを調整できる女子は
未だ、我が家にはおりませんでした。

でも、外では、しゅん、です。
大人しくて、誰ともしゃべらなくて、
注目を浴びるのが、とっても苦手です。

はてさて、4月からの幼稚園生活、
どうなることやらーーーーーーーーー。
一番の泣き虫野郎だったりしてー。
手こずったりしてーーーーーー。

それって、ありがちー。

私も3番目。しげおも3番目。
でも、二人とも、とーっても大人しかったよ。
姉さんたちに押さえつけられて育っていたよ(爆)。
幼稚園で泣いた記憶も、ないなー。
第一、親の記憶に残っていない子供だもんなー。

てことで。

ユリさんの時代がやってきました。
4ヶ月後には5歳だもんなー。

毎日、姉さんたちと喧嘩して、叩かれて、どつかれて
今日は、故意にドアで指を挟まれて、ギャン泣き。
甘えるのも最強で、姉さんたちが「抱っこー」と私に向かってきたら
持ち前のダッシュ力で姉さんたちの前に割り込み
堂々と、私の抱っこを勝ち取っています。

オソロシイね、三番目。


何も言わない実験*つぼみ咲くプロジェクト

寝る時間のこと
朝起きる時間、学校に行く時間のこと

これら全てのことに対して、私、何も言わないことにしました(実験)。

毎晩、毎朝、あまりにも、このことに対して
あーだこーだ言い過ぎてて、雷落としまくって。

雷落とす、と言っても、

「早くしなさい!!!」なんて言いませんよ。

あくまでも

「今、何時かなー?時計をみてごらんよ」とか

「このままで大丈夫かなー?遅刻しちゃわないかなー?」と

 本人に気づかせて、コウメが自分で「いかんいかん!」と
 思えるような言葉かけをしていたんですよ。


でも、そんな言葉かけでは、何も変わることができなかったコウメ。
第一、毎朝、布団引きはがさないと起きてこないし。

このままだと、私の負担だけが増えてイライラするだけで
なーんもええことありゃせん!

と思い、


「今日から、ママは何も言いません。起こしません。
 時計を見てごらん、とか、ハンカチ持った?とも言いません」

と宣言しました。

で、初日。なんとか、忘れ物もなく、出発できました。

夜も、なんとかギリギリセーフで、布団の中に入れました。

私も「時計を〜」のセリフを何度も飲み込んで
黙ってみました。辛抱です。辛抱です。辛抱ですーーーーーー。

明日からが正念場。

これが継続できるといいんだけど。

どうなるやら。

***

今日は、マザープラスの巽さんに声をかけていただき
「つぼみ咲くプロジェクト」のキックオフ会に出席してきました。

つぼみ咲くプロジェクト、というのは、
女性が自分らしく輝く社会や街を作っていこうというもの、だそう。
広告代理店の方も関わっているようようで
女性がたくさんいる会場の中、1テーブルだけは
真っ黒のおじさま軍団で埋め尽くされていました(笑)。

私自身が、どう関わっていけるのか、よくわからないのですが(爆)
面白いプロジェクトだなーと思っています。

マザープラスの巽さんは、スミレが0歳の頃に出会った
ベビーマッサージの先生でした。

ベビマのレッスンの中で、巽さんの今後の構想話を聞き
「すごいなー」と思う反面、
こういうのって夢で終わっちゃうのかな、と思っていたら
その後の数年で、本当に本当に実現されました。
ベビマでの出会いから約9年。
普通の専業ママだったはずの巽さんが
こんな大きなプロジェクトを推進されているなんて!

私たちの世代は、総合職でバリバリ働いていた人が
専業主婦になっているケースもまだまだ多いです。
バリバリ働いていなくても、潜在的な能力を持っていたり
ある分野にすごく長けている人なんて、ざらにいるし
「作る」という事に関していえば、
主婦になってから極めた人もたっくさん。
ハンドメイドも然り、料理も然り、片付けも然り。

だから、そんなママたちの力を家庭の中だけで
眠らせておくのは、もったいない!

そんな想いで起業された巽さん。

だって、私の同期だって、
あんなにバリバリ働いていた○ちゃんが、
あんなに頭の冴える○ちゃんが、
あんなに行動力のある○ちゃんが
結婚を機に退職し、そして、専業ママになっています。

フルで働きたいか、と言われると、そうでもなく。
子供との時間を優先したくて、この道を選んだけれど
できれば、少しだけでも、昔みたいに仕事ができたらな、
なんて思っていたりもして。

ま、そんなわけで、
一概に、女性にとって幸せな働き方とは、これ!
なーんて答えは、絶対にないんだけど
私は私で、いろいろ考えて、働いていきたいし
子供たちとの関わりも大事にしたいし、
地域ともちゃんと関わっていきたいな、と
改めて、思いました。

てことで、長々と失礼いたしました。

あ、そうそう。
私、人運がすごくいいんです、って話、ずっと前にもしたのですが
子供を産んでからの人運が、すごくよくて。

それまでは、働いていたときの会社のご縁だったり、
その会社のネームバリューで、
繋がらせていただいていたような感じがしていたけど
子供を産んでからは、会社は一切関係なく、
私と○○さん、という関わりだけ。

でも、初めてのママ友が、子育て支援のスペシャリストだったり
初めて行ったベビマの先生が、巽さんだったり、
なんとなくーで行ったスリングの会で辻さんに出会ったり
その後の人運は、ものごく私の人生に直結してる方ばかりで。
出会った方のおかげで、今の私がいて、
今やりたいことが見つかってそれに向かって進んでいけていて。

すごいでしょー。

人の出会い運。最高に恵まれています。

もちろん、最高の出会いは、しげおだけどね(爆)。

てことで、話もオチたので、おしまい。

子供たちのどうでもいい話

さて、これは、なんでしょう。

CIMG3423.jpg

うんち?

ちがいます。

こたえは、、、、、









うんちしゅりけん









でした。






スミレが折り紙で作った、うんち、を
大事にしているユリ。

先日、そこらへんに、ほったらかしにしていたから
こっそりゴミ箱に捨てたら、
こっそり見つけて、救出していました。

そして、放った言葉。

「これは、うんちしゅりけんなの」

どうも、手裏剣として使うようです。うんちの形はしているけどね。

ていうか、うんちでしょ、どう考えても。


**

先週末は、暖かい日和だったのに
遠足の予定を立てておらず。
仕方がないので、近所の公園で、久しぶりに遊びました。

遊具で遊ぶには、物足りず、
ちょっとした森のようなところで
(いや、ただ単に木がたくさんあるだけの場所)
秘密基地を作って遊んでいました。

一生懸命、いろんな枝を拾ってきたり、
折れた木を担いできたりして、
秘密基地が出来上がったのですが、
出来上がった途端、興味を失ったようで

「帰るわ」

と。

そんなもんですかね。子供って。
秘密基地は、作ることが楽しいのかな。
私も、同じこと思っていたけど、そんなもんなんだね。

***

コウメとユリが欲しがっていた「魔法の杖」。

存在しないもんだ、とわかっていながらも、
しつこく話題に上ります。

どうしても魔法の杖が欲しいというコウメ。
大きい数字を学習中の2年生スミレが、それに応え

「○億○千万円あったら、魔法の杖43万個買ってあげるわー」

と。

魔法の杖は、1個で十分だと思うんですけど。。。


***

今週末、いちご狩りを予定している我が家。

元々、コウメがいちご狩りに行きたいと言い出したので
予約を取り付けたのに、今になって

「うち、いちご狩りより、バナナ狩りの方がええねんけどなー」

と。

すると、その発言に便乗して、ユリが

「ユリはあ、バナナとチョコ狩りがいい」

と言い出し、挙げ句の果てには

「近所の公園が、バナナ狩りができるところだったらいいのにー。
 タダで好きなだけ食べられたらいいなー。
 バナナがなくなったら、次は、みかんになるねんー。
 そんで、次は、桃。そんで、次は、イチゴでー。
 そんで、次は、パフェになるねんー」

果てしなく続く妄想劇。


***

そんなわけで、最近の3姉妹話でした。

どうでもいい話で盛り上がれて、
それを聴ける私は、幸せです。

でも、現実は、この話の合間合間に、
ドカンドカン雷を落としまくっています。

ついでに、今日は、プチめまいで、ふーらふら。
ユリの耳鼻科と買い物を済ませたあとは、
ひたすら横になったり、ユリと一緒に昼寝をしたりして過ごし
ようやく復活です。。。

はよ寝よ。。。

バレている

ママ大好き、の、私の信者、スミレ。

0歳の頃から、私の心の内を読むくらい
人の本心をすぐに読み取ることができる繊細な性格の持ち主です。

なので、私がイライラしていると、いち早く感じ取り、
そして、スミレもイライラしてきます。
(残念ながら、人のイライラは気づくのに、
 自分のイライラには気づかないようです、、、誰だってそうだね)

最近は、イライラするだけでなく、

「なんで、ちょっとしたことで、怒るの?」

と言うように。

ああ、バレているなー。

私がイライラするのは、
時間に対することが一番多いかな。

特に子供たちは、
「お腹がすく」行動に、我慢ができないからね。

昼、晩ご飯の時間を逆算して
行動しているんだけど、最近は、もうぐちゃぐちゃ。

で、そのぐちゃぐちゃにした原因を作った本人が
「お腹が空く」という事に対して、
一番ぐずったり、
なんとかしようという行動を取らなかったりすると
私のイライラMAX!

あとは、子供たちのショーモナイ喧嘩にも、
イライラしているようで、
ショーモナイ喧嘩をわざわざふっかけた
コウメとユリの行動にも、腹を立てたかなー。

ま、いうても、私、
ガンガンに怒っているわけじゃないねんよ。
黙るだけなんよ、そういうとき。
黙って、他の世界に飛ぶんよ(寝るんちゃうよ)。
だから、コウメもユリも、私の怒りに気づかない。
気づくのはスミレだけ(笑)。

でも、最近、スミレに言われるようになって
ちょっと気をつけなななーと思いました。

別に怒りを抑える必要はないし、
時間に対する概念を変えることもないし
でも、ぐちゃぐちゃにされた時間を
元通りにするより、違うように捉えて
楽しんでいかないとなーと。

なかなか難しいんだけど(笑)。

ショーモナイ喧嘩には、たいてい笑って対処。
真っ正面に向き合わずに、方向転換できるんだけど
昨日は、それができないくらい
ショーモナさすぎて、吐き気がするくらい。
こればっかりは、仕方ない、、、のかな(笑)



ま、そんなことで、いろいろあった週末。

自分だけなら、ルーズに過ごせる時間も
子供と一緒(ついでに、しげおも)というだけで、
イライラしてしまう毎週末(爆)。

平日は、ほんの少しだけ、1人になれる時間があるので
思いっきりルーズに過ごそうと思います。
ルーズな過ごし方をたくさん経験して、
時間を楽しめる方法を考えていけばいいかなー。
子供の、ショーモナイ喧嘩にも、
対応できるようになると、いいなー。

絵本作り、楽しいです

絵本作りが楽しくなってきました。ぐひっ。

どんな絵本にしようかな、
作る際に、何に気をつけたらいいんだろう、
子供たちと一緒に作れる絵本はないかな、

そんなことを考えているうちに、
いつの間にか、「絵本を作る」本が、集まってきました(笑)。
(借りたものやら、中古で買ったものやら、、、)









ま、そんな感じで、いろいろ読んで、いろいろ勉強して
でも、最終的には、自分の作りたい想いを大事にして。

にしても。

絵が描けないって、辛いねー。
今回受講している「手づくり絵本講座」。
周りを見渡すと、なんとまあ、絵のうまい人が多い多い。
私は、ストーリーを考えるのが好きで、
絵本を作りたいって思っているけど
絵を描きたいから、絵本を作りたいと思っている人もいて
ちょいとビックリ。絵が描ける人って、そういう発想なんやー。


てことで。ただいま、絵、のところで、難航しています。

作りたいと思っているのは、

*3姉妹の髪の毛ネタの本
*3姉妹が好きなわらべうたの本
*3姉妹それぞれの名前絵本

一番難しいのは、わらべうたの本。
手遊び、身体遊びの部分を、どう、絵、で表現するか。

「写真より、絵の方がいいわ〜」と、先生に言われ
「ピクトグラムみたいなものでもいい」とのアドバイスを頼りに
絵を描き始めているところです。むほー。それでも、難しいー。


***

今回、絵本を作るときに、参考になる絵本、
好きな絵本を、自分の中で洗い出してみました。

絵が好き、という観点で見ると、たーっくさんの絵本が出てくるし
子供たちにヒットした、という観点で見ると、数えきれないくらい。
読みやすい、という観点で見ると、これまた、たくさん。

でも、こんな絵本を作りたいな、という観点で見ると
ぐっと絞られてきて。



うーん、やっぱり、きたやまようこさんの
「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズは、最高やなー!と。

言葉に無駄がない!
そして、まっすぐに、登場人物の心を捉えている!

そんな文と絵の構成が好きで
6年前に作った「あたしのいもうと」という本は、
まさに、いばりいぬシリーズのパターンで作りました。

その後、いばりいぬシリーズとは、縁がなくなり。

(引っ越して、利用する図書館が変わると、
 借りてくる絵本も変わってしまうからね、、、)

でも、最近、コウメが学校で

を借りてきたのをきっかけに、
ふたたび、きたやまようこさんに、どっぷりハマっております。

くまざわくんと、いぬうえくんのやり取りが面白くて
毎回、図書館で2冊借りては、1人でぐひぐひ言うています。
くまざわくん、がんばれー!って応援したくなります。



もひとつ、私の好きな絵本は、

幼い頃から、私の大好きだった絵本の1つです。

こちらも、文、絵、ともにシンプル!
無駄が全くありません!

そして、主人公の女の子の
「もしも、○○だったらどうする?」
の、発想が、たまらなくいい!

それにツッコムお母さんは
指先だけしか登場しない!

こんなシンプルなのに、読んでいる人が
その状況を頭の中に簡単に描ける作品って
なかなかないです。

説明しすぎない絵って、こういうこと!

もちろん、さとうわきこさんの作品も好きで
ばばばあちゃん、せんたくかあちゃんシリーズは、
みんなのお気に入りの絵本でもあります。


ま、そんなわけで、絵本づくり。
読むのも好きだけど、作るのも、たまんなく好きです。

でも、やっぱり、絵を描くのがね、、、。とほ。


***

春のイベントに向けて、ミシンも本格稼働させなきゃー!

ということで、とりあえず、
子供たちの誕生日プレゼント用の
フラップバッグの試作品を作りました。

まだまだ試作品。。。でも、とりあえず形は決まったので
3人分の生地を買いに行きます〜〜〜。

ついでに、ユリの幼稚園の用の袋類の生地も〜。

まだまだイベント用の製作には、取りかかれないけど
とりあえず、子供たちのものを作りながら
同じパターンでいけるものは、同時進行で作品づくり、、、かな。

むほむほー。

スミレ8歳9ヶ月*コウメ6歳10ヶ月*ユリ4歳7ヶ月の振り返り

CIMG3347.jpg
キャンディポット、結局、お菓子も入れず
おもちゃを入れました。

チェーンリングと花はじき、めっちゃ多いねー。
そろそろ、チェーンリングの遊び、教えてあげないとなー。
ていうか、忘れた、、、30年前に遊んでいたもんなー。
検索、、、検索、、、(爆)



**

そういえば、すっかり忘れていました。
3姉妹の成長記録。

***

スミレ8歳9ヶ月



九九

先月、個人懇談のときに、話題になった九九。
ようやく、すらすら言えるようになりました。

くもんや、そろばん、先取り学習などで、
九九の学習が始まった途端から、
すぐにすらすら言える子たちが多い中
新しい概念、数字の行列に、戸惑いながらも
辛抱強くがんばったな、と思います。

私たちが小学生の頃は、
九九も3年生の始めまでかかって
学習していたようです。
3年の上の教科書にも、かけ算があったみたい。
覚えてへんけどね。だから、わざわざ調べたけどね。

そう考えると、2学期の約1ヶ月程度で、
かけ算の概念を学ぶとともに、
1の段から9の段までの九九を覚えないといけない
今の時代の子供たちは、大変だと思います。

でも、だからといって、やらなくていいわけじゃないしね。
先取りした方が、たぶん、親の気持ち的にはラク。
でも、できるならば、学校の授業だけで、
理解を深めていってほしいなあと思います。

でもって、先生方も、先取り学習をしていて当たり前、
と思わずに、初めて聞く子が理解できるような教え方を
研究して、実践していってほしいなあ、と。


とりあえず、九九、がんばっています。

やればできる、と、
スミレ自身もちょっと自信がついてきたようです。

九九って、覚えると楽しいね、と思っていたら、
もう4桁の数字の勉強に入っていました。

ときどき、ぎょっとする間違いをしてきて、
そのたびに、ぎょっ!ぎょっ!ぎょっ!と言いながら
以前作った棒を使って、目で理解しながら、
ぎょっ!を減らしているところ。




市内の小学校の生徒の作品が見られる作品展に行ってきました。

普通、作品が選ばれた子供とその親が見に行くものなんでしょうが、
我が家、誰も選ばれていませんが、毎年、行っています(笑)。
(去年は、幼稚園でコウメの作品が選ばれていたから、ついでがあったけど)

面白いんです。楽しいんです。
いろんな作品があります。
もちろん、各学校、各学年数名ずつしか選ばれていないので
とっても丁寧だったり、個性がある作品が並んでいます。

先生は、どんな声かけをしたのかな。
材料まで指定されたのかな、見本があったのかな、
こうしなさいと指導しちゃったのかな、そんな憶測もしながら。。。

廃材に黒とシルバーのスプレーをかけて
マテリアル風の作品もありました。

で、家で真似してみたのですが。。。
CIMG3361.jpg
マテリアル!
CIMG3365.jpg
玉子パックも、マテリアル!

今までは、黒やシルバー、
単色でしか色づけしたことがなかったのですが
黒にシルバーをちょこっと、、、っていうの、
いいかもーーーーーーー。
廃材に見えないくらい、かっこよくなるー。

これ、ありだねー。

勉強になるよーーーーーーー!!!




今回は、しげおが「仕事だからー」と言って、逃げたけど(爆)
娘たち全員連れて、行ってきました。
美術展には、なかなか行けないからねー。
美術展の代わりといってはなんなんだけど、
そういう意味合いもあるんだよー。
「誰も選ばれていないのにー」という文句は、
全員が卒業してから、言ってくれー(笑)。


去年も、かなり楽しんで、影響を受けていたスミレ。

今年も、ビンビンに刺激を受けたようで
アレも作りたい、これも作りたい、、、と
いろいろ頭を悩ませていました。

といっても、時間も限られているので、
昨日は、削り絵を完成させていました。

「これって、裏から光を当てると、キレイに見えるんじゃない?」

書き終わったあと、そんなアイデアを思いついていました。

絵の完成後、ライトに照らしてみたら、、、
CIMG3344.jpg
きれい!

すごくきれいでした!

うわあ!!!!!

コウメもユリも大絶賛。すごーい!


作品展で見た削り絵は、
雪の結晶を描いたものでしたが、
スミレは、町を描きたかったようで、
いろんな町の様子を丁寧に描いていました。
CIMG3346.jpg

それぞれのシーン、場面、場所、いろいろな物語があって
全体を通して、とーーーーーーっても楽しそう。
なんだか荒井良二の世界観に似ているなー。

いいなー、楽しそうだなー。

荒井良二のおじさんも、絵を描くの、ほんと楽しんでいるもんなー。



***

コウメ6歳10ヶ月

***

コウメの言動が面白いです。
あ、これは、今に始まったことじゃないけどね。

いつも晩ご飯のおかずを配るお手伝いをしているコウメ。
今まで、どんな気持ちでお手伝いしていたか知らなかったのですが

昨日、急に

「うち、おかずを配るお手伝い、めーっちゃ楽しくなってきた!」と言い出して。

何の変哲もないおかずだったのに。

なんで、なんやろうね。コウメは、どこでスイッチが入るか、未だにわかりません。

スイッチが入るタイミングがわからないと言えば、今日も。

急に、夕方に、引き出しの片付けを始めて。

え?晩ご飯ですけど、、、。

てことで、結局、お風呂からあがったあとに、
片付けを再開したのですが、
散らかし魔の、片づけられないコウメの引き出しが
こんなにスッキリ。
CIMG3338.jpg

ちなみに、スミレ姉さんは、現在ダントツ1番にパンパンです。
CIMG3336.jpg

コウメの影響を受けて、一緒に片付けをしたユリも
なんだかんだで捨てられない物が多くて、まだまだパンパン。
(実は、ユリ、年末の工作類の大掃除をしたときは、
 全部捨てる!要らん!と言って、何の未練もなく
 今までの工作類を一気に捨てていていたのに!
CIMG3337.jpg



コウメの話に戻り。

なわとびが、上手になりました。

跳べるようになりました!
美しいフォームで!

そしたら、長い間跳べるようになりましたー!
学校で「今年の目当て」を決めたらしいのですが
コウメの目当ては「縄跳びで61回跳べるようになりたい」
としていました。

が。早々に達成しました。

コウメのジャンプの変化、ものすごいです。
美しい姿を見せたいです。
ああ、この変化、写真に収めたら
きちんと記事にしますので、もうしばしお待ちをー。




コウメは、すみれほど工作意欲が高くないのですが
作品展は、とても楽しく見ていました。

ワタクシ、個人的には、
コウメと一緒にあーだこーだ作品を見るのが一番楽しいです。
とても素直だし、その作品の良いところに目が向いて、
誉めのコメントを言うし。

今回も、いろいろ意見を言っては、楽しませてくれました。

が、ここから、制作意欲までは、起こらないみたい。 

一緒にやってみよう、、、と促せば、
たぶん、一緒に作っていくと思うのですが
昨日は、ユリの相手に奮闘していてて、
コウメまで手が回らなかったのが正直なところ。

今度の週末は、ゆっくり工作できるかなー。



***

ユリ4歳7ヶ月

***

ちょっと荒れ荒れ気味のユリんぼう。

姉さんたちとは、常に喧嘩。

でも、自分で遊びをコントロールしたい気持ちが芽生えてきてて
自分が考えた遊びを、人に押し付けます(笑)。
いやいや、一緒に遊ぼうと提案してきます。

でもまだ、遊びをコントロールするには、未熟すぎて
スミレへの指示出しが、適切でなくて、
スミレ姉さん、ブチ切れ。
そして、そんな状態に、ユリも困惑して、
泣きじゃくっては、私のところに来て、
「だっこぉーーーー」

なかなか難しい盛りです。

自分でこうしたい、想いが強くなってきているので
余計に、できなかったときの悔しさというか、
想いのぶちまけ先がなくて悩んでいるようです。

この週末も、全員と喧嘩しては、ぎゃんぎゃん泣いていました。
こんなにプリプリしていて
イライラしていたのかな?と思っていたら

今日受診した耳鼻科で
「こりゃあ、週末、急性中耳炎になっていましたね」と言われ。

あ、もしかして、これが原因だったのかな、と思ったり。

ユリの場合、中耳炎になっても、全く耳を痛がらないので
さっぱりわかりません。。。
そして、その結果、受診が遅れます。。。はあ。

ユリりん、3姉妹の中で、一番、元気です。
よく動きます。
遠足に行っても、帰路に走っているのは、ユリだけです。
坂道、走ります。どんどん走ります。
自転車に乗って暴走します。
(コマ付きなので、暴走といっても、可愛いもんだけど)。

ま、そんなわけで、ユリの相手をするのも、大変です。。。

はあ。体力ねえー。

ま、そんなわけで、ユリさん。

よく料理の手伝いをしてくれるようになり
煮干しの下処理や、落花生を剥いたり
今日は、春巻きを作ってくれたり。
いろいろガンバッテくれています。
CIMG3299.jpg


***

しげおは、うちの3姉妹が、
モテナイ路線をまっしぐらに走っているのを見て
将来がすごーーーーーーーーーーーく心配なのだとか。

だから、なんとかせなあかんで!と訴えてきたんだけど、
えーっと、内気で、大人しくて、人見知りで
えーっと、3姉妹で、旦那も女子系の家族構成の中で育ってきて
なんとかするって、、、、どうやって!?


出会い*リリアンニッター*絵コンテ制作

先ほど、幼児教室のお友達のお母さんに
「今から、おうちに行ってもいい?」と聞かれ
速攻で「ごめんなさい!」と断ってしまいました。。。

用事があったので、気を遣って
「彩猫さん大変だから、私が家まで行きます!」と
言ってくださって、の発言なので、
その方には、なにも非はないのですよ。。。

いや、仲の良い人なら、いいんですよ。
うちの家の荒れっぷりをご存知なので。

でもね、まだそこまで仲良くなっていない方には
荒れ果てた月曜日の朝の玄関なんて、
お見せするには、私でも勇気が要ります。。。

そうそう。

初めまして、の人であっても、
お互い、子供を連れている状態なら
「どうぞどうぞー」と言えていたのに。

大人同士のお付き合いになると、
やっぱり、気軽には誘えない、、、

大人であっても、
気軽に家を訪れていただけるような、
玄関だけでも、キレイを保っていられるような
そういう習慣を身につけなければ、、、と
思いました。

はい。


***

先週、コンタクトレンズを新しいのに替えるために
都会に行ってきましたーーーーーーーーーーー。

都会ーーーーーーーーー。

それは、梅田ーーーーーーーーーー。

都会だったーーーーーーーーー。


でもって、コンタクトの交換は、数十分で終わり、
目指すは、阪急うめだ本店のSOUQ(スーク)へ。

お初SOUQですのよー。都会は久しぶりだからねー。
しかも用事以外で訪れるなんてーーーーーー。

てことで、鼻息荒くして、足を踏み入れ、
ムホムホしながら、各お店を見て回り、
キュンキュンしっぱなしでした。


で、気分が上々していたところに、

この子、発見!

CIMG3292.jpg
じーっと見つめられました。

でもって、その結果、
CIMG3291.jpg
二匹とも連れて帰ることに。


この2匹、何者か。

しげおは、ゴリラ、と主張。
子供たちは、サル、ゴリラ、宇宙人、との見解。

一応、チンパンジーなんだけどね。。。

でも、1体がゴリラで、
もう1体がチンパンジーという結論で落ち着きました。

でもって、この子、優秀なんです。

こんなふうに飾ってもいいし。
CIMG3289.jpg
なんと、枕にもなるんですのよー。

足のところに首を入れたら、
ソファーで寝転がるときに役に立つような枕に変身!

きゅぃーん!!!

てことで、しげおと私の、ごろごろ枕として
活躍する、、、、予定です。

しげおは、全然使ってくれてへんけどね。。。


でもって、この子の販売元は、こちら。
LOVE&sense
フェアトレードのお店でした。

他にも、プルタブで作られた作品なんかもあって、
見ているだけで、ウキウキ、ウホウホ、ムフー。

日本にはない独特の色使い、感性なんかを
ビンビンに感じ、めちゃくちゃ刺激されました。

しかも、ここの店員さん、トークが上手くて(笑)。
ちょっとでも立ち止まって見ていると
「これはねー」としゃべりかけてきて、
「こんなふうにマフラーに合わせると、ほら、かわいい!」
と、ガンガンに押しまくり。

最近の店員さんって、あまり押しが強くないし
私も、押されるのは、ちょい苦手なんですが
この店員さんには、負けました(笑)。

面白かったし、憎めないキャラで、
もうそれだけで、楽しめたから!

ま、そんなこともあり、他のものもちょこっと購入して
久しぶりに、ママという人種以外の大人の人と会話して
気分も一新されました。あは。

夏になると、かごバッグも入荷されるようなので
また訪れたいなー。また、ガンガントークに負けるのかなー(笑)。


でもって、その勢いで(爆)
マスキングテープの mt MARCHEも訪れ
マステ3つ購入。
CIMG3331.jpg
大阪弁のマステ
定規マステ
横尾忠則のデザイン画マステ


ただ、レジだけで20分待ちましたけど。。。


みなさん、カゴに山ほどマステを入れていて、
「業者さん?横流しするの?」と、思わず顔を凝視してしまった人も。

私のように2、3個、という人は、ほっとんどいなくて
気合い入っていなくて、スミマセン、、、と思ってしまったほど。
(だって、100均のマステ、たくさん家にあるしー)

すごいね。

百貨店に行くと、金銭感覚がオカシイのは、私なのかな?
と思うくらい、みなさん、いろいろご購入されていますよね。
百貨店に行くような人は、やっぱりお金持ちだねー。

カルチャーショックっ!

***

はんど&はあと2月号が届き、
早速、リリアンニッターで、ネックウォーマーを編みました。
CIMG3333.jpg
1時間ちょいで完成☆

簡単ー。やっほほーい。

調子に乗って、がっちゃんのティペットも作ってあげました。
(家族は誰も、私の作ったマフラーを喜んでくれないので、、号泣)

もっと調子に乗って、これから
いろいろ作っていく予定です。

ただ、超極太の毛糸でないと、うまく仕上がらないので
毛糸の調達が、ちょいと、面倒ですが、、、。


***

さてさて、明後日は、手づくり絵本講座2日目。

作りたい絵本の絵コンテを作っていかないといけないのですが
よーやく、よーやく、よーーーーーやく
作りたいものが、見えてきました。

あんなもの、こんなもの、どんなもの?

自分の今までの思い、大切にしてきたこと、
そして、今年の3月でちょっと区切りになること、
だからこその、出会いのこと、など、
いろいろ頭の中が整理されてきたような気がします。

この1〜3月は、旧友や新しいお友達とも
積極的に会って、話をする機会を持とうと思います。
4月からの自分のためにも。

てことで、絵コンテ、作成中〜。

むほむほー。私、絵コンテ、ラフ案作り、大好きー。

ハンドメイドの作品も、DIYも、ラフ描いているときが

一番幸せーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

むふーーーーーーーーーーーーーー。

でも、その先が、苦手ーーーーーーーーーーー(爆)。

20年と20年

阪神大震災から20年。

当時20歳だった私は、今、40歳。

親と一緒に暮らしていた20歳の頃。
怖くても、助けてくれる人がそばにいて。
「大学までどうやって行ったらいいんだろう」
そんなことを、ぼんやり考えていた、あのとき。

あれから20年。

今は、助けなければいけない家族がいて。
両親が住んでいるところに、万が一何かがあったら
助けにいかないといけない立場になりました。


20年前。

震災から数日後、後期試験を受けるために
半日かけて大学に向かいました。

瓦礫の山とブルーシートで覆われた場所を通り抜け
大学付近にくると、そこはもう、地震があったことを
忘れたかのようなのどかな風景が漂っていて。

ぐちゃぐちゃ、ぼろぼろになっている世界が嘘で
のどかな世界が本当なのか、
はたまた、逆なのか、よくわからなくて。

でも、確実に言えるのは、
こののどかな風景を見ることができたのは
私が、生きていたから。

もし。

あの日がもし、月曜日だったら。
もし、1時間後だったら。

私は、確実に、一番被害の大きかった場所にいました。
電車の中だったかもしれないし、
ホームにいたときかもしれません。



そして、乗客がほとんどいない電車の中で
いろんな思いを押さえられず、
嗚咽しながら、一人で誓いました。


「明日、この風景を見られるかどうかは、わからない。
 だったら、やりたいことは、後回しにしないでおこう」



あれから、やりたいことは、なんでも挑戦してきました。



今、生き急いでいるくらい、やりたいことがあって
それに向かって、何がなんでも、やり遂げようとしているのは、
たぶん、あのときに誓ったことが、
20年かけて、習慣になり、
自分の行動の元になっているからなのかもしれません。



***

さて。話は変わり。

昨年、防災講座を受講したあと、
1年かけて「我が家の避難グッズ」を揃えてみました。

「基本は、アウトドア用品」と思って、
思いつくままに、トランクケースに入れいっていたのですが

写真を撮るために、久しぶりに全部出したら、、、
CIMG3330.jpg
紙皿、多すぎ!!!


見直さなね、、、。とほ。。。

でもって、ガスコンロとボンベは、トランクに入りきらず
ゴミ袋の中、、、

これって、いざというとき、どうやって、持っていくの!?

てなわけで、ここも見直し、、、。

そして、子供たちのパーソナルノートも作ろう!と思っていたのに
これまた、ノートだけ買って、何も書いていません。。。


ああ、私に必要なのは、
やりたいことを成し遂げる力ではなくて
「やらなあかんことを、すぐにやる、行動力」なんだな、と。


てことで、また、いろいろ防災のことを、考えていこうと思います。

毎日毎日、考えるのは、気が滅入るけど
こんなふうに震災の日をきっかけにして、
もう一度、自分たちの生活について、
考える機会ができたことに、感謝しつつ。。。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす