FC2ブログ
   
01
2
3
5
9
11
13
15
18
21
22
23
24
   

キャンディーポット*ボールライト

「マツコの知らない世界」の漬け物特集を見て以来
むしょーに、漬け物が食べたくなって、
野沢菜を買ってしまいました。。。

そして、ただいま、野沢菜をお供に、ブログを書いています。

野沢菜、美味しいーーーー!!!

一番好きなのは、しば漬けだけど、
次は、野沢菜、高菜、たくあんの3つだねー。

お漬けもん、さいこー!!!

注)白ご飯はナシです。
ご飯を食べてしまったら、マツコ体型になってしまいそうなので。


***

さてさて、そんな色気のない話から一転して。

噂のキャンディーポットを作ってみました。

CIMG3322.jpg
植木鉢、受け皿、コルクのコースタ、瓶、取っ手

材料はたったのこれだけ。

で、作る、キャンディーポット(ガチャガチャ風)です。

PAS A PASのRumiさんが作られた
キャンディーポットが、ちまたで、大流行している、、、らしく
セリアに材料を買いに行ったらお店の人に
「なぜか、このキャンディーポットが、最近、
 すごーーく売れるんですけど、何かあるんですか!?」
と聞かれてしまったくらい。
どこのセリアでも上記の材料が品薄になっているようです。

CIMG3329.jpg
てことで、キャンディーポット。
学校から帰ってきた娘たちも、興味津々で
「一体、中に何を入れるのか?」
という話題で盛り上がっていました。

お菓子を入れるのが、一般的な使われ方ですが

(そもそも、キャンディーと名が付くので
 あめちゃんを入れておくのが、妥当なんだろうね。
 正直、私、イマドキのキャンディーポットに
 何が入っているか、知らないんだけど)

残念ながら、昨日、私が、どえらい雷を落とした結果
今日から1週間「おやつなし」になっていまして。

キャンディーポットが出来上がっても、
何も入れずに放置している、というのが
現状です。がはっ。

おやつ以外のもんで、何を入れたら、かわいくなるのか
せっかくなので、研究したいと思います。ぐひっ。

でもって、今は、ガチャガチャ風ですけど、ガチャに飽きたら、
普通のキャンディポットとして使うつもりです。
ノーマルなキャンディーポットだけでも、
十分可愛いもんね☆

でもって、植木鉢も然り。
実は、オシャレな雑貨屋さんで購入したものなので
そう簡単には捨てられません。
取っ手を付けるために、穴は開けちゃったけど、
そんなの土を入れてしまえば、関係ないし。ふふっ。

とりあえず、3つ並べて、鑑賞しています。
とりあえず、置き場所がないので、
禁断の「ピアノの上」に置いていますが。。。

***

カラフルボールライトって、ご存知ですか?

オシャレな雑貨屋さんで売っている
こんな感じのもの。

流行り出したころから、欲しいなー欲しいなーと思っていて。
でも、いい値段するでしょ。
おいおい、な、値段でしょ。

で、しかも。

こういう間接照明って、全然使えないのよね。

クリスマスの時期も、ツリーにライトを灯したのって
飾り付けをした初日だけ。

だって、暗いやん。

だって、暗い中で、遊んだり、本を読んだら
目が悪くなるやん。
(コウメは、暗闇で本を読んでいたのが原因で
 ドドドドドドドドドドド近視です)

だって、付けたり消したり、面倒やん。

てことで、我が家には、こういう、間接照明、要らん。


でもねー。

ライト付けんでもいいから、
インテリアの1つとして、飾りたいなーって思っていて。

てことで、作りました。はい。

じゃじゃん。
CIMG3275.jpg
製作工程、思いっきり、抜かしました。。。
写真撮っている場合じゃなかったし。

「風船ライト 作り方」で検索すれば
いろんな方が作り方を紹介されているので、
詳しくは、そちらを。。。

普通の風船で作ると、大きすぎるし、
なんとなく失敗しそうなので
水風船用の風船を使いました。

風船を膨らませて、クリップで糸に吊るしてから作業開始☆

ボンドと水(少量)を、洗面器に入れて混ぜ合わせ
毛糸をその中に入れて、ベトベトにし、
それを風船に巻いていきます。

たて、よこ、ななめ、いろいろ。自由自在に。
CIMG3276.jpg

巻き終わったら、乾燥させます。

CIMG3277.jpg
乾燥させるのに1日以上かかりそうだったので、

洗濯物干場、兼、荷物置き場、兼、
シーズンオフの服置き場、兼、2軍の本置き場



部屋で、作業&乾燥させました。

なので、余計なものが写真に写っているけど
見なかったことにしてください。


作業中〜乾燥中に、ボンドが垂れるので
新聞紙も敷いて。

CIMG3279.jpg
だいたい乾いたかなーと思ったのが2日後。
まだ乾いていない部分もあったけど、風船を割ります。

CIMG3282.jpg
うわあ、ほんと、カチンコチンだ!

爪楊枝で、穴を開けて、、、

プシュー、ブシュブシュ、
バリバリ、バリバリバリーーーーーーー!

うわあ!風船がしぼんだ!

CIMG3286.jpg
爪楊枝で、しぼんだ風船をほじくり出して。

CIMG3293.jpg
こんな感じで飾ってみました。

既に、家の中のいろんな場所で、
いろんなものが、天井からつり下げられているので
飾る場所がない、というのが本音。

だって、既に、ここには、ヒンメリがあるし。
CIMG3328.jpg
ごちゃごちゃー空間☆☆☆


トイレ前の廊下は、以前は
ポンポンフラワーをたっくさん飾っていたのですが
CIMG3288.jpg
一旦、撤去し、
CIMG3323.jpg
カラフルボールを飾ってみました。

ライトを入れると可愛い、ということは、
重々承知しているので、ライトに近いところに飾ったら、
CIMG3324.jpg
やっぱり、かわいい。

ちなみに、ボンボンフラワーは、黒板のところに移動。
CIMG3295.jpg

家の中、ますます、

ごちゃごちゃーの、

盛り盛りーの、

カラフル空間でございます。


今回は、スミレとユリが、毛糸を巻いていくのを
手伝ってくれたけど、何個も作るとなると
結構根気がいる作業でした。。。

でも、風船を割るのは、とーっても楽しかったみたい。

こんなふうに成功するとは、思わなくて、
私も、ほっとしましたー(笑)。


てことで、野沢菜も食べきって(爆)
お腹も満足じゃー。うしし。

ヒノノニトン*妖怪劇*1番目に出てきたわけ

テレビといえば、Eテレか
日曜日のサザエさん、ちびまるこちゃんしか知らない
うちの3姉妹。

お正月は、しげおの実家で、たっぷりテレビを楽しみました。

その中でも、気に入ったのが、、、、


トントントントンヒノノニトン。


マッサージ編のやつね。



日野のトラックを見つけては
「ヒノノニトンだ!トントントントンヒノノニトン!」
と、喜んで歌っていました。


かあちゃんは、トンカツ屋さんのCMの方が好きだけどね。

あまりにも好きすぎて、ヒノノニトンのフレーズを書いて
トイレに貼っていました。
CIMG3274.jpg
九九と、並列って、どうよ。

ていうか、ヒノノニトン、苦労せんでも覚えられるわいっ!
九九をしっかり覚えなさー一いっ!!!


***

先日、スミレから、こんなプレゼントを受け取りました。

ママ、どうぞ。
CIMG3203.jpg
え?なに?はこ?

読んでね。

え!?

CIMG3200.jpg
劇をするらしいです。
集合場所まで指定されています。
こんな狭い部屋の中で、
わざわざ集合場所を指定せんでも、、、ねえ。

始まったのは、妖怪ウォッチの劇。
CIMG3209.jpg
妖怪たちが、公園でかくれんぼをする、のだそう。
CIMG3214.jpg
観客(コウメとユリ)も、かなり盛り上がって
「滑り台の下に隠れているよ!」とか
「そこじゃなーいっ!」と、叫んだり。
観客と一体化して、すすんでいった劇でした。

CIMG3215.jpg
紙で作った、公園。滑り台もブランコも、工夫されています。
意外と頑丈にできています。スバラシイ。

劇が始まるまでは、カーテンで閉じられていたり
「みんな、誰がどこに隠れたか、教えてね」
と観客に向かって呼びかけたり。

まさに、それって、


クラルテ劇場!!!スミレバージョン!!!



いやあ、おおいに影響を受けているようで、すごく嬉しいです。

クラルテさん、本当にありがとうございました。
しっかり、しっかり、スミレの心に響いています。

真似してみようと思える、

そんな空間、演出、全てに、ありがとう、です。


***

妖怪ブームです。

アイカツが大好きだったうちの3姉妹も
今では、アイカツより妖怪だそうです。
ユリは、アイカツなんて嫌い!と言って
4歳の誕生日に買ってもらったシールを
ポイッと捨てていました。
(ま、使い切ったものなので、いいのですが)


コウメが言うには、学校の子たちが、
妖怪、妖怪っていうから、
面白いんかなーと思って、興味を持ったのだとか。

ええ、うちの子たち、テレビ見ないから
めちゃくちゃ流行ってからしか、ブームに乗れません。

アイカツ然り。
アナ雪然り。
妖怪然り。

てことで、今更だけど、
サンタさんがくれたCDとDVDのおかげで
妖怪体操がブームです。
これまた、よーく歌っています。


***

うちの3姉妹。

最近、産まれた順番や産まれた頃の話を
いかにも、な感じで、語るようになりました。


スミレ

「みんなが早く、ママのお腹から出てこないから
 仕方なく最初に出てきてあげたんだよ。
 本当は、一番最後に出てきたかったのに」


コウメ

「うちは、一番に出たかったけど、
 スミレが一番に出たいやろうなあと思ったし
 先に行っちゃったから、2番やってん」

ユリ

「あのさー、あのさー、ゆりは、どこから出てきたん?」

(一番素直で、核心をついたセリフだね)



***

ファッション誌のスクラップブッキングをしていたら
なぜか、本のダンシャリモードになりまして。

本棚から、どばっどばっと本を取り出して
「要る」「要らない」を選別しました。
今回、ごそっと売りに出したのが
「Come home!」。

読むのは好きで、毎回、ウホウホしているのですが
ちょっとがんばれば、なんとなくできそうなアイデアが
多く掲載されていて、それはそれでいいのですが
インスピレーションが沸くような、それくらいの
刺激的な内容では、決してなくて。

今の私は、誰かの真似をしたい、というより
簡単に真似できないけど、
なんか、とってもすてきー!な空間から、
いろんなアイデアを考えていきたいなーと思っていて。
それは、決して万人受けするものでなくてもよくて。

ということで、Come home!は売りに出し、
ブルータスCasaの建築、インテリア特集の雑誌から
思い切ってスクラップブッキングをすることに。
(もったいなくて、ハサミが入れられなかった、、、)

バンバンくるくる、インスピレーション。
Casa、やっぱ、ええわー。
ビンビン、くるねーーーーーー。

てことで、インテリア系のスクラップブッキングも始めました。

本のダンシャリをすると、
自分の今の興味関心ごとと合致するかどうかで、
切り捨てられるので、心の整理にもなります。

今回、やっぱりどうしてもの残しておいたのは、
教育関連のもの。このジャンルのものは、
増えていく一方で、なかなか手放すことができません。
テーマによって、今まで、手放したこともあるけど
まだまだ、かあちゃん、勉強勉強勉強でございます。

ハンドメイド本も然り。
クチートや、コットンタイムも売ったことがあるけど
査定結果を見ると、買い取りしてもらえていないんだよね。
型紙もちゃんと付けておいたのに。
(しかも、使っていないのに)
流行のあるものだから、仕方ないのかなー。

あ、どうでもいいけど、
「はんど&はあと」を久しぶりに購読したら
出版元が変わっていたーーーーーーーー!!!
もう、ベネッセじゃないんだってーーーーー。
芸文社っていう会社だったーーーーーーー。

時代の流れ、、、か、、、。

いろいろあります、、な。

てことで、文庫本は、相変わらず
山崎豊子と江國香織だけ残して、
あとは99%ブックオフへ。

カムホ以外に手放したのは、
手づくりおもちゃ関連のものかな。
かなり買っていたので(爆)
だいぶ厳選された、、、と思います。たぶん。

てことで、本棚もスッキリ。ぐふ。

***

今年の初縫いは、
がっちゃんのお散歩カバンでした。

その後、子供用のマスク×6枚と、
ユリ用のガーゼハンカチを2枚作って。

たった、それだけーーーーーー。

しかも、全然、ウキウキするもんちゃうしー。


てことで、ユリの入園用のアレコレや
子供たちの誕生日プレゼントのなんかを
(お出かけ用のカバンを作る予定)
作っていきたいなーと思っているところです。

さてさて。型紙から。

道のりは長いね。。。とほ。


***

どうでもいいんですが、最近、
すごーーーーーーーーーーく
ブログを書きたい衝動に駆られています。

元々、書くのは好きだし、ネタに困ったことは
ほとんどないのですが、
今は、書きたいネタがわんさかあって、
追いつきません。。。

でもって、今日は、
とーっても刺激的な1日を過ごせて
ハッピハッピハッピーでございます(ふるっ)。

また、その話は、後日〜〜〜。ぐふふふふ。

マグロの解体ショー*冬休みのアレコレ

マグロの解体ショーを観てきました。

以前から、しげおが「観てみたいなー」と言っていたので。

CIMG3224.jpg
まぐろの名前の由来は
背中が、真っ黒だったことから、
漁をしている人が、船の上から
「まっくろ、まっくろ、まっくろ!」と言っていたのが
なまって、「まぐろ」になったのだとか。
CIMG3229.jpg
さばく包丁は、関東では長い包丁を
2、3人がかりでギコギコ引いて切るけど
関西では、短い包丁1本で切っていくらしい。
CIMG3234.jpg
ショーというだけあって、
見せ方がうまい。
CIMG3236.jpg
40キロもあるまぐろだって。
でかいねー。食べたいねー。

ま、そんなわけで、解体ショー。
娘たちは、それほど興味を持っていたわけではなかったけど
けっこー、真剣に観ていました。

でね。解体の前に、2つほどクイズがあったんだけど、

近くにいた小学生男子がね、問題が出されると、すぐに
後ろいるお母さんに向かって

「ほら、インターネットで調べてよ」

って言ってて。

ああ、イマドキの子だねー、
こんなときまで、調べてでも正解したいのか、
ほんまに、アホやなー、あかんたれやなー。

と思って見ていたら


その子のお母さん、


素直に


調べているしっ!!!




あほかーーーーーーーーーーーーーー!!!




そこ、子供を叱るところやろっ!!!





叱らんかいーーーーーーーーーっ!!!








ったく。

なんでも、子供の言いなりなんかいっ!



そんなことで、ちょっと腹立たしかった
解体ショーでした。

ショーは面白かったよー。

いろいろ勉強になりました。


***


冬休み、いろいろ楽しみました。

とりあえず、メインは、大掃除と雪遊びだったのですが
クラルテの人形劇も見に行けたし、
毎日縄跳びもできたし、
しもやけにならんかったし(ココ大事やでー)。

その他にも、いろいろやっていたので、
備忘録がてら、ちょこっと紹介。

*本を読んで、
 その中で印象に残っている場面を絵にする遊び

(コウメ)

「母の友11月号」に載っていた
1日1話の中から、1話だけ読み聞かせをし
読み終わったあとに、絵を描きました。
CIMG3197.jpg
「ユキのまえがみ」というお話から。
カチューシャをつけて、鏡の前で自分を見ているところを描いたそうです。

CIMG3198.jpg
「うさぎさんのいちごがり」というお話から。
りすさんに出会った場面だそうです。

書かれている文章を、頭の中でイメージして
映像化して、それを書き落とすということをしたくて
こんな遊びを提案してみました。

特に、コウメは、スミレほど絵が好きではないし、
算数の文章題などを「絵を描いて、解いてごらん」と言うと
○や□で表現しようとして、「絵」を描くことを
「めんどくさい」を理由に嫌がってて。

でも、どんぐり教育研究会の糸山先生が言うには
文章をイメージする力が、あるかないかが
高学年以降の学習に影響する、、、らしいので、
絵を描くことって、大事だなあと思ってて。

本を読むのが大好きなコウメには、
算数の文章題を解かせて絵を描かせるより
本つながりで、絵を描かせるほうが、合っていました。

また、やろう。うん。

ちなみに、コウメの絵は、丁寧です。
漢字の書き取り練習も、ゆっくり丁寧に書いているし
絵も、細かいところまでこだわって、
何度も書き直して、仕上げていました。

スミレは、さささっと、思いついたまま描いていくから
どうしても、描いている枚数は多いけど、
コウメもなんだかんだいって、絵を描くのは好きなんだなーと
改めて思いました。

ユリは、そんな姉さんの絵を見ているから、
けっこーコンプレックス持っています。。
ま、コウメも、以前は、そうだったけどね。
いつか、自信を持って、絵を描けるようになりますように。



*名前絵本

手づくり絵本講座初日に、名前絵本を作りました。

自分の名前を一文字ずつ描いて、文章と絵を描いて。

私が作ったのを見た娘たちは、速攻、

「じぶんも、作るーーーーーーーーーーーー!!!」

てことで、作ったのがこれ。
CIMG3192.jpg
「こっくさんが、パンをもって
『パンはいりませんか』といってあるいている。」

CIMG3176.jpg
「れんしゅうしているよ 2じゅうとび でもできない」

CIMG3175.jpg
「めだまやきに めだまはあるかな?」

CIMG3178.jpg
「ないているオラフ」

CIMG3177.jpg
「りんごパフェ」

私が描いたものを、
ユリが色塗りして、作りました。
文章や単語を考えたのは、ユリです。


すごーく楽しかったみたいで
勢い余って各自2冊作っています。

ゼロの状態から、
「何でもいいから絵本を作ろう」と言われると
大人でさえも、どうしたらいいか迷うけど

テーマだけを決めたり、
自分の名前に使われている文字から文章を考える
という制約がある方が、
取り組みやすいんだなーと。

子供たちと一緒に、簡単な手づくり絵本を
たくさん作っていきたいと、
以前からずーっと思い続けていたので
いいきっかけになりそうです。

次は、他の人の名前を使ったり、
数字を使ったりしてみようかなー。


*鉛筆削り

スミレが幼稚園のときに始めた鉛筆削り
コウメも一緒にやって、そこそこ削れるようになっていました。
(でも、それ以来、全く、、、)

その頃は、カッターナイフを使っていたけど
「肥後守のナイフがいい」との話を聞いて
買ってしまいました。。。


切れ味抜群、手にしっかり、なじむ!

昔の子は、このナイフで、竹とんぼを作ったり
いろんな工作を作っていたんだって。
男子が好きそうなアイテムだねー。

我が家では、鉛筆削りにしか、使えていないけど。

てことで、
久しぶりに、ナイフを使って鉛筆を削らせてみたのですが

あかんねー。

なっかなかキレイに削られなくて
苦戦していました。

それでも、2日3日続けていくと
そこそこ書ける状態にまでなっていきました。

毎日やらなあかんよなーと思いつつ
この冬休みは、3日が最長。。。
ああ、どうやって、習慣化させていけばいいのか。。。

そして、ユリに、どうやって教えていったらいいのか。。。


***

そんなわけで、冬休み。
いろいろ子供たちと一緒に遊べて
楽しかったです。

最近、お友達とも一切遊んでいなくて
ちょっと不安ではあるけれど、
家族や姉妹たちと、十分遊んでいたら
そのうち、お友達ともしっかり遊べるようになるかな、と。

昨日も、たっぷり歩いて、
溝を見つけては、入って歩き、
後ろ向きに歩く練習をしては、
スミレが木にぶつかり。
(けっこー、いい音がしたんだよ。笑)

池に落ちたり、木にぶつかったり
面白いことばかりするなー、うちの長女。

発想の面白さは、コウメが一番だけど
行動(ありえない失敗)の面白さは、スミレが一番です。
ユリは、なんの一番になるかなー。
しっかりものだし、失敗しているのを見られるのが
すっごく嫌がっているユリ。
でも、系統としては、スミレ寄りよ。ぐふふ。



***

おまけ
CIMG3199.jpg
スミレが描いた「ウィスマー」という新しい妖怪。
ウィスパーのお母さんだってさ。

有意義なテレビ時間

昨日は、久しぶりに、たっぷりテレビを見ました。

というのも、お正月明けから
なんだか急にバタバタしてて。

やらないといけないことに追われ、
いろんなお付き合いがあったり、
宿題を見たり、子供たちの心のケアをして、
ついでに子供たちの病院通いも始まって
送り迎えをして、、、。

ここ数日、ぐったり、、、でした。

モヤモヤして、、、
なんか、怒りっぱなしで、、、
気分も滅入ってて、、、

笑えない、、、


そんな気持ちを打破させるのは、
これ!


ファッション誌!!!

CLASSY2月号は買っていないけど、、、。
最後に買ったのはVERY11月号だし、、、。

てことで、昨日は、その11月号やら、
最近届いたベルメゾンのカタログやらの中から
自分の「好き」にヒットしたものを切り取って
スクラップブックに貼っていきました。

CIMG3195.jpg

ファッション誌を見て、
ムフムフ妄想するのって、楽しいよねー。

可愛い色、デザイン、シチュエーション、、、

うっとりー。

ああ、こんなふうになりたいー。

こんな服、買いたいー。

そんな現実逃避な時間を過ごしていました。

ああ、幸せ。

ちょっとだけ、スッキリできました。

ああ、また、雑誌買いたいなー。
(年末、目を血眼にして、立ち読みしてきたんだけど、、、爆)


今は、服のスクラップブッキングしかしていませんが
今年は、インテリアとか、おもてなしとか、料理とか
そういうところも、スクラップしていきたいなーと。

ピンタレストの紙バージョンって感じかな(笑)。

イマドキ、紙で!?って思うけど、
やっぱり、紙で残しておける方が
時系列で自分の好みもわかるし、
何より、切ったり貼ったりする作業が
楽しいし、身体で感じ取れるのが
いいんだろうなー。

ただ、好みのインテリアとか、
おもてなしとか、料理とか、
そういうのが載っている雑誌って
ほとんどないんだよねー。

あっても、
「雑誌としてステキ」だから
なかなか切り抜けない、、、。

ああ、やっぱり、ピンタレストなのかなー(笑)。

いやいや、今年は、自分のなりたい暮らしを
目に見える形に残していくつもりなので、
なんとかします。模索模索、模索ぅー。

**

ま、そんなわけで、スクラップブッキングの傍ら
テレビをつけていたら、中森明菜がーっ!
「うわー、久しぶりー、明菜ちゃーん」と叫んでみたり。

そのままNHK見ていたら
大好きな72時間の番組で、
日本一お産の多い病院の待合室が舞台となっていて。

未だに「赤ちゃん、ほしい、、」と思っている私としては
産まれてくる新生児の映像を見ながら、
「かわいいー、かわいい、かわいいー」と叫んで、涙し(爆)。

72時間まで見てしまったのだから
(朝活しているから、フツーそんな時間まで起きていない)
ナイトスクープも見ちゃおうと思って見たら
コウメみたいな子が出てて!

いや、コウメに顔が似ているとか、そういうなんじゃなくてね。

「ジャンプできない子がいる」という依頼だったんだけど、
25歳の女の子、本当にジャンプできなくてね。
5センチくらいしか跳べなくて、その姿が、
コウメと同じでーーーーーーーーーーー。

コウメが跳べないのは
「お尻が重いからどうしようもないねん」と
しげおは諦めていたけど、
ナイトスクープを見ていたら、
希望の光が見えてきて、
思わず、涙、、、。
コウメもがんばれば、跳べる!!!
かあちゃんが特訓するっ!!!

そんなわけで、久しぶりにみっちりテレビを見たけど
どれも、ズキューンな内容で、いい時間を過ごせました。

ただ、どの番組も、独りで見たのが寂しかったけどね。

その後、帰宅したしげおに

「明菜ちゃんがね、新生児がね、コウメみたいな子がね、、、」

と話したのですが、

「あ、そ」

という反応で、終わり、、、。

さっき、ユーチューブで、
ナイトスクープだけ、一緒に見たけど
「これ、そんなに、感動する!?」と。

いやいや、今日は、私も必死でコウメに
ジャンプの仕方を教えて、
なんとなんと、縄跳びの跳び方も
すごくキレイになったんだけどなー。

コウメのジャンプ特訓記録は、
いつか公開しようと思っていますので
同じようなお悩みをお持ちの方は(そんな子、いない!?)
楽しみにしていてくださいねー(いない、、、よね!?)。



***

そんな我が家のテレビも
とうとう今年の3月2日に、
アナログ放送への変換が終わることが決定。

デジタル対応のテレビは、まだまだ買う予定はないので
とりあえず3月2日に、突然見れなくなる、
その瞬間を楽しみたいと思います。ぐひっ。

なんでだろう〜

年末、しっかり大掃除をしたのに、
帰省から戻った途端、家の中が大荒れ。

なんでだろうね。

ようやく小学生チームも学校開始!
のんびりできる?

んなわけないよね。

小学生チーム2人が不在なのをいいことに
朝は、いつも通りの掃除をして。

ついでに、ずっと気になっていた
毛糸の整理もして、収納方法も変えたりして。

姉さんたちが3学期に使うノートやら
足りない文房具を買いに走り
(3学期、始まっていますが。爆)
だのに、夜になって

「スミレの絵の具、白が、もうすぐなくなりそうなの」

なんて言うもんだから、

「もっと、はように、言えー!」

と怒り。


そういや、我が家には、
水性の絵の具を一式予備として買っていて
子供たちの絵の具が、いつ足りなくなっても
すぐに渡せるようにしていたっけ、、、と思って
絵の具を探したら、

どこにも見当たらなくて。


いやいや12月か、11月の終わりに、
トイペのツリーを作るために、使ったはずなのに、、、
と思って、何度もいろんなところを探したけど
見当たらず、、、
(片付けが苦手な人の、典型的なパターンです、、、
 とりあえず、一日の半分くらいは、
 何かを探している行動です、、、情けない、、、)

てことで、まあ、絵の具は、
家でもよく使うので、明日も探して見つからなかったら
ホームセンターに買いにいかないとなーと。
その前に、見つかってほしいけどね。

ていうか、ホームセンターに行く時間もないくらい
毎日、バタバタ過ごしていますが。

てなわけで、新学期に入ってからも
やらなあかんことが、満載です。

てことで、ヘトヘトです。

ユリの幼児教室は来週から、、、

その前に、3連休かーーーーーーーーー。

休んでばっかりやな、子供たち、、、。

手づくり絵本講座

手づくり絵本の夢工房を主催されている
村上祐喜子さんによる手づくり絵本講座に
行ってきました〜〜〜〜。

ああ、久しぶりよー、この感覚ー。

コウメが産まれた直後に
加藤啓子先生による、手づくり絵本講座に行って以来
絵本作りは、ほっとんどご無沙汰状態でした。

そのときに作った絵本。
CIMG3162.jpg
「あたしのいもうと」
「おと」

2冊も作っていたんだー。



そうだった。



この頃は

「こんな絵本が作りたい!」
「あんな絵本も作りたい!」

と、いろんな想いがいっぱいあって。

かつ、

自分の子供たちを2人も保育室に預けて
一人の時間を楽しめる!
子供たちの泣き声に邪魔されずに、
集中して、何かに取り組める!

そのことが、すごーく嬉しくて、
すごーく新鮮で、そのためなら、なんでもします!
みたいな意欲がすごく湧いてきてて、

とっても、エネルギッシュな時を過ごしていました。


今回の絵本講座にも、
第一子が、まだ赤ちゃん〜2歳という
お母さんが多く参加してて。

「子供を預けるだけで精一杯」
「子供の泣き声が聞こえるだけで、ソワソワ」
「でも、作りたい。作りたい。作りたいの!」

という思いがビンビンに感じられて。

ああ、懐かしいなー、その感覚ーーー。
私も、6年前は、そうだったーーーーーーーー。

あの頃の、熱い思いは、今はもうないんだー、わたし。

子供たちを預けることも、もう慣れっこだし
(というか、小学生2人も連れてきてすんません、、、状態)

子供たち、泣かないし
(泣き叫ぶ我が子とサヨナラするお母さんが眩しかった!)

作りたい、作りたい、作りたい!とまでは、
思っていないのに参加してしまって。
(いや、作りたい想いは×2くらいはあったよ)

で、いざ、どんな絵本を作りたいですか、という
テーマや絵コンテを描く段階になって、
「おおお、どないしよー」
と、頭を抱えてしまいました。。。

昔の熱い想いが、今は、なくなっていることに
ちょっとショックを受け、、、

自分が思いつくテーマを
だだだーっと書いてみたら、

なんか、

ぜんぶ、

お説教もの、、、

「コウメとユリの喧嘩をやめせるには」

「お手伝いをさせているのには、わけがある」

「メガネをかけろ!」

「怒りんぼうスミレめ!」

みたいな。。。

なんちゅうか、
怒りの矛先を絵本に託しているというか
説教する内容になりそうで。


怖っ、、、


小ちゃいお子さんをお持ちのお母さんは
どう思うだろうね、、、あの人、怖いね、、、
子供が大きくなったら、
あんな「怒り」にまみれた生活を送るのかしら、、、
なんて思っちゃわないかな、、、。

てことで、じっくり練ります。
ゆっくり考えます。

手づくり絵本は、
「○○さんに読んでもらいたくて作る」
という
読者が特定されている、ということが
一般の絵本との違いなのだそう。

そうだよねー。手づくり絵本って
絵を交えた、メッセージなんだよねー。
でも、お手紙、ではなくて、
絵本なんだよねー。

そこが、面白いんだよねー、絵本って。


ああー、また、絵本にハマりそうーーーー。

年末、絵本MOEを購入して読んでいたら

「なんでまた、絵本大賞のときにしか買わへんねん」
「いつになったら、定期購読するねん」

と、しげおに言われて。

そういや、以前も買ったときに
同じこと言われたような、、、。
すっかり忘れてたよ、、、。

てことで、定期購読決定です。

いいお値段するし、どうかなーと思っていたけど
子供たちも、パラパラっと読んでいたし
家の中に、こういう雑誌が当たり前のように
本棚に置かれているのって、
子供にもいい影響を及ぼすかもーなんて思って。

本音は、児童書を読んでくれー、読んでくれーと
思っているけど、子供たちの絵本を読む姿を見たり
「絵が好き!」という思いを受け止めると
「文の長い絵本を、ずっと読み続けること」も
それはそれで、大事なことなのかな、と。
少なくとも、スミレには合っているのかな、と。
(コウメは、児童書も、進んで読んでいきそうなので)


てことで。

えーっと。


しばらくは、絵本づくりに
心を奪われそうです。。。

4月まで続く講座。

講座では1冊作るのを目標にしているけど
我が家の場合、3冊くらい作らないと
子供たちへの熱いメッセージは
伝わらないのかもなーーーーー。

3冊、作ろうっか。ね。

ていうか、

今年は、だいぶ「やりたいこと」
「やらなあかんこと」が絞れてきたなあと
思っていて、集中して、そこに取り組むつもりだったのに。

あらたな課題が出てきて、
どうやって、その時間を捻出するのー?
という悩みも発生。

ま、時間の捻出に関しては、
永遠に続く悩みでもあるんだろうけどね。

新年早々、楽しみなことと出会えて嬉しい反面
いろいろやらなあかんことが山積みで、
ムホムホムホー、、、、としております。。。


あ、そうそう。

「うんこしりとり」の本は、
まだ読んだことがないのですが、
絵本MOEに、ちょっと紹介されていて。

「『コウメのうんこ』もできるでー」

と、しげおが言ったのをきっかけに

子供たちも応戦し、

「こまったうんこ!」

「こうちょうせんせいが、うんこ!」

「こおった、うんこ!」

「こ○○○○○○ちゃんのうんこ!」

「こちこち、うんこ!」

など、自分たちで作ったうんこしりとりで
盛り上がっていました。

電車の中でも楽しめる遊びが、
また1つ増えました。がはっ。

「あの親子、ずっと、うんこ、うんこ、
 言うて笑っているで、、、大丈夫か、、、」
 と、言われそうやけどね(爆)。

てことで、やってみてください。
「こ」から始まる、うんこしりとり。

作りもの記録*クラルテの人形劇

近所のスーパーが
店内改装工事をするとのことで、
昨日は、店じまいセールがありました。

8時開店のお店に、8時15分くらいに訪れたら
超激混み〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
駐輪場に、自転車置けないしーーーーーー。
カゴ、ほとんどないしーーーーーーー。
棚、ガラガラだしーーーーーーーー。

必死こいて、とりあえず、必要なものだけ
買ってきました。はあ。
工事中は、しばらく、別のスーパーに浮気します。

***

子供たちの作り物記録です。

しげおの実家への帰省の際は、いつも
毛糸とコップ編み機を持って行きます。

今回も、雪遊び以外は、毛糸と戯れていました。
CIMG3130.jpg
コウメのポシェット。

コップの編み機はリリアンと同じなので
細長い編み物しかできません。

今までは、その形状を活かしてマフラーとして使ったり
3本作って、三つ編みにして、分厚いマフラーにしていました。

でも、どう考えても、



マフラーしか出来上がらん!!!



マフラー、何本も要らん!!!




なんとかしたい!



悩み続けて早3年。


ようやく解決策を見つけました。


長い道のりだったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


図書館で借りたこの本。
ゆびあみで編んだもののアレンジ方法が記載されていました。

細長い棒状のものも、横につないでいけば
平たいものになるんです。

ポシェットや帽子、ざぶとんなどに、アレンジできる!!!

おお!

そんな簡単なことに、気づかなかったのか!わたし!


てことで、コウメやユリが編み編みしたものを
ひたすらつないで、つないで、ポシェットや帽子にしました。

CIMG3132.jpg
コウメの帽子。
毛糸の太さがマチマチなので、ちょっと、、、な感じもするけど(笑)。

CIMG3135.jpg
このままだと脱げやすいので、このあと
縁のところにゴムを入れました。

あ、ユリが編んだものは、ポシェットになりました。
(写真撮るの忘れてた!また後日、公開、、、するかも!?)

ユリも、姉さんたちの編み編み姿をずっと見ていたおかげで
するするするーっと根気よく編んでいました。

スミレ姉さんは、帰省中ずっとボンボン作りに励んでいました。
(あ、写真がない!)

年末、「となりのトトロ」を観たので、
まっくろくろすけブームが到来。

黒の毛糸を買ってきて、
大小さまざまな、まっくろくろすけを作っていました。

ちなみに、ワタクシ、ボンボンを作るのが、
編み物に続いて、超苦手なので、こんな道具を投入してみました。

何回巻いたらいいのかの目安も
説明書に書いてあるし、
何より、最後に紐で縛るところがミソ!

私は、非力なので(ホントーです)
最後に紐を縛るのが、すごく苦手で
いつもゆるゆるになって、毛糸が抜けて抜けて
どうしようもなくなるのですが、
このポンポンメーカーを使うと、
キツくぎゅっと縛ることができました。

これは、画期的ー!

(作りは、単純ですし、力がある人にとっては
 こんなん使わなくても、上手にできます)


てことで、スミレは、家に帰ってきてから
コップ編み機で、編み編み開始。

で、ようやく昨日仕上がりました。

コウメやユリが作っているものを見ながら
ようやく辿り着いたものがこれ。
CIMG3156.jpg
「帽子ポシェット」
2メートルくらい編んだおかげで、大きな帽子になりました。

ちなみに「帽子ポシェット」と名付けただけあって
帽子を取ると、ポシェットにもなるそうです。
(このあと、紐を取り付けて、ポシェットにしていました)

ポイントは、
CIMG3158.jpg
ボタンと、自分でつくったボンボンを付けたこと。
これで、一気に帽子らしくなったねー。

CIMG3159.jpg
とーーーーーーーーーっても気に入って、
帽子をかぶりながら、宿題に取り組んでいます。

編み編みブームは、まだまだ続きそう。

次は、なににアレンジしようかなー。

***

クラルテさんの人形劇を見に行きました。

ワタクシ、クラルテさんの大ファンです。

数年前「11ぴきのねことあほうどり」の劇を見て以来
あのアナログな感じ、昭和な感じが、すごーく好きになりました。

しかも、コウメの幼稚園では、
冬にクラルテさんの人形劇を見ることができて
ますますファンになりました。

てことで、毎年案内状が送られてくるクラルテの人形劇。

今回は、アトリエで開催される
「ポリチーニのけっこんしき」「かさじぞう」の
人形劇を見に行ってきました。
(幼稚園で見たのと同じ演目、、、笑)

2年生のこくごで、ちょうど「かさこじぞう」を習っていたし
こくごで学んだお話を、劇としてみると
また違った印象が残って、ずっと忘れないだろうなあと思って。

昔話は、言い伝えの過程で、いろいろアレンジされますが
人形劇の「かさじぞう」も、
教科書とは違ったアレンジがされていて
うちの子供たち、かなりウケていました。

2人で演じきっていること、
人形を動かしているところも、ちらっと見えたり
ないはずの物が見えたり(笑)
何より、舞台と客席とが近くて、一体感があって、いい!

うちの子たちも、
2人だけで動かしているのがスゴイなあと思ったらしく

「足も使っているんじゃない?」

「くすりゆびや、こゆびにも挟んで動かしていると思う」

など、いろんなことを、想像していました。

こういうのもいいよね。

隙間があるというか、
ちょっと考えられる空白があるというか
なんちゅうか、隙というか。

テレビのアニメや、イマドキの映画は「完璧」だけど
人形劇は、人が動かしているから「完璧」はないもんね。

(あ、余談だけど、うちの3姉妹、
 年始の「テレビ体操」の特番を見て、バカ受けしていました。
 テレビ体操には、隙があるのかなー(笑))

ま、そんなわけで、クラルテの人形劇。

また、来年もあったら、見に行きたいなーーーー。

幼稚園にも、来てくれるのかなー。

楽しみだなーーーーーーーーーーーー。



で、その日も、もちろん(!?)
人形劇の前と後には、住之江公園で遊びました。

人形劇を見に行ったのか、公園に遊びに行ったのか
よくわからないけど。
おやつに、りくろーおじさんのお店で
チョココルネを食べたのが
娘たちの一番の思い出だったようで。

(りくろーおじさんに行っておいて、
 なんでチーズケーキを食べへんかってん!
 というツッコミはなしね、、、笑)


てことで、年始からほっこり。

やっぱり、アナログな世界って、好きやわーーーーー。

snow snow snow !!!

しげおの実家で、雪を堪能してきました。

着いた日は、全然、雪が降っていなくて、
山の方に残っていた、すんごくわずかな雪をかき集めて
小さな小さな雪だるまを作りました。
CIMG2976.jpg
スミレ姉さん作。
CIMG2977.jpg
これも、スミレ姉さんが作りました。
キティちゃんだそうです。

翌朝、少し雪が降ったので、
初詣がてら、雪探しに。
CIMG2983.jpg

CIMG2996.jpg
たった少しの雪で、娘たち、感動の嵐。
雪だるま作りに励んでいました。
ここで、かき集めた雪だるまを持ち帰り、
CIMG3016.jpg
アレ、を作っています。

CIMG3023.jpg
こんな長い鼻の持ち主といえば

CIMG3020.jpg
オラフ!

ま、目ん玉、みかんですけどね(爆)。
鼻は雪でできていますけどね(いいの)。

そうこうしている間に、雪が降り出して
CIMG3030.jpg
吹雪ーーーーーーー!!!
わざわざ、よそから雪をかき集めてこなくても、
ここで雪だるまが作れるーーーーーーー!!!
CIMG3038.jpg
雪だるまを作るのって、けっこー力がいるんだよね。
ユリも必死で、雪の玉を転がしていました。
どうしても、始めは、
上の方を押して転がそうとするんだけど
下の方から押し上げるんだよ、と教えると
「うーーーーーーーんっ」と言いながら、
めいっぱい力を出して、押していました。

田舎の子が、たくましいっていうのは、
こういう自然な遊びを通して、
いろんな筋肉を使ったりするからだろうねー。

普段使わないような筋肉を、子供も大人も使いました。
でもって、遊びの中だと、それが、自然にできてしまう。
「雪だるまを作りたい」という思いがあるから、
こんなに重いものでも、諦めずに転がそうとする。

「自然の中での遊び」って、すごい力があるなあ、
と感心した一日でした。

CIMG3045.jpg
雪をかき集めて、そりで引いて、、、

「そんなの簡単簡単!」と言っていた娘たちも
雪の重さ、そりを引く大変さを実感し、
へとへとになりながら作業をしていました。

CIMG3077.jpg
がっちゃんは、走り回って、雪を堪能。

翌日は、さらに雪が降ったので、
かまくらを作りました。

しげおは、同窓会で不在。
都会育ち(!?)のかあちゃんと
3姉妹で、えんやらえんやら雪をかき集めて、、、
CIMG3080.jpg
できたっ!!!

ほとんど私が雪をかき集め、積んだけど
スミレもコウメもユリも、そこそこ手伝ってくれて
なんとか完成しました。。。

そして、3人入れるように掘って、、、
CIMG3084.jpg
ギリギリ?
このあと、もう少し、間口や部屋の中を掘って、
無事、余裕で3人入れる大きさに。

で、かまくらの中で、
おやつのプリンをいただきましたっ!!!
ぐひぐひぐひーーーーーーーーー!!!
かあちゃんも、もう少し小さかったら、入れたのになー(ムリ)。

その後、積雪30センチもあるしげおのうちの畑で
雪合戦!!!

ずぼずぼ雪に埋まりながら、3姉妹vsかあちゃんで、
思いっきり投げ合いました。

普段から、ボール投げが苦手な3姉妹。
ここぞとばかりに、ボールの投げ方を指導しました(鬼母!)。

「身体は、横にして!つま先を投げる方向に向けて!」
「下に投げるんじゃないっ!相手の方を見て!!!」
「かあちゃんに当てるんやろ!がんばれやー!」

普通のボール遊びのときだと、こんなに指導したら
「もういや、、、」って言われるけど、
雪合戦のときなら、大丈夫。

3人とも、私が倒れるのを見たくて、
必死こいて、アドバイス通りに身体を動かして
ブンブン投げていました。

少しは、、、うまく、、、なった、、、かな。。。

まだまだがんばらなーあかんけどなー。

てことで、私も、汗かきかき、
すでに、かまくら作りのときにジャンパー脱ぎ捨てたけど
逃げ回っては、投げ、鬼母になり、
何度も倒れては、びしょびしょになり、
雪もたくさん食べ(小学生以来やで)
くったくたになりながら遊びました。

で、雪合戦のあとは、またそり遊び。
CIMG3104.jpg
小規模ながら、ジャンプ台も作って、
バージョンアップ。

CIMG3106.jpg
そり遊びを一番楽しんでいたのは、
スミレ姉さん。。。
ジャンプ台を作ったり、コースを造るのも
一緒に手伝ってくれて。
しげおがいない中、かなりの戦力になってくれて
大助かり。

その間、ユリは、、、

がっちゃんを引き連れて、散歩に。。。

大雪で、積雪30センチ以上もある中、
がっちゃんが歩くと、身体が、ずぼずぼ雪の中に
埋まってしまって。。。

がっちゃんは、雪の中に入るのがイヤだけど、
ユリは、なんとか連れていきたくて、奮闘していました。
そのうち、ユリも、がっちゃんの扱いに慣れて
雪が降っていないところを散歩させたり、
かなり一緒に遊んでいました。

しげおがいないと、うちの子たちも、
がっちゃんと戯れるんだよーーーーーー。
ユリも、だいぶがっちゃんのことが好きになったみたいだしー。


てことで、いーーーーーーっぱい遊びました。
翌朝も、これまた、たーーーーーーんまり降ったので
そり遊びや、雪合戦をしたのですが、
積雪45センチくらいで
さすがに、雪の中に入ると、足が抜けなくなったりしたので
これで、雪遊び、終了。

かあちゃんは、連日、雪かきやかまくらづくりで
背中、肩、腰が、がっちがちでございます。

てことで、ああ、ブーツ持って行ってよかった!
分厚い靴下も買っておいてよかった!

な、お正月でした。

2015年の抱負

今年も、よろしくお願いします。

早速ですが、新年早々
2015年の抱負で、幕開け〜。

***

*ハンドメイド&DIYをがんばる

毎年掲げている抱負。もちろん今年も。
少しでも多く作れるように。
イベントでは、たくさんのお客様に楽しんでいただけるように。
もちろん、家族が喜ぶような物も作っていきます。
いろいろな物づくりにチャレンジする年にしたいです。


*かわいい40代になるために

シジューを越えたけど、
やっぱり可愛さだけは永遠に求めていくよ。
(だから、目指すは、森ガール)
服の整理とともに、
少ない複数での限りないコーディネートも模索中。
この冬は、黒コーデが好きになったので、
引き続き、今まで着なかった色にも挑戦していきます。



*心の勉強、目に見える方法の模索

自分の心を中心に、家族の心の動きにも
注意深く関われたらなあと思っています。

シンプルリストで、洗い出したり、
ヤバい!と思ったときに、書き出したり、
自分の心の中にあるものを、冷静にいろんな角度から
見れるようにしていこうと思います。

今年は、人間関係の心だけでなく、
ファッションや、インテリア、子どもとの関係についても
目に見える形にしたり、
言葉にして表す方法を考えていこうと思います。




*健康と向き合う

朝活続行。
新たに発症している病気と向き合うために、
軽い運動やストレッチも始めます。
(続けられるかが、課題、、、)

和食中心の食事をもっと増やします。
(子どもたちには、かなり嫌がられているけどね)

朝の七品目も続行します。



*子どもの観察

子どもと一緒に何かをする時間が、
めーっきり減って、子どもを観察することが
難しくなってきました。

手が離れる、というのは、嬉しいことだけれど
何に興味を持っているのか、を、ゆっくり観察できるような
環境を作っていかないとな。

そのためにも、子どもたちが学校や幼稚園から帰ってくる
午後3時以降は、出来る限り、子どもたちと向き合ったり
一緒に活動ができるように、
家事や仕事の時間を工夫していこうと思います。

工作遊びを、もーーーーーーーーーっと自由にできる
環境や声かけについても、いろいろ考えていきます。




*おもてなし上手に

大人のお客様にも喜んでいただけるような
料理とおもてなしをがんばります!
料理は苦手だけど、我が家に来たら、必然的に
プチワークショップができます!みたいな
そんな感じにできたらなー。
(誰も来てくれなくなったりして、、、笑)



*家族の心と身体が休まる家に

家づくり、というか、家族づくり、というか。

最近、母親としての役割について、考えることが増えました。

今までは、育児に没頭して、
子どもたちのお世話や遊びに付き合うことがメインだったけど
これからは、手が離れてきた分、子どもたちの心に寄り添ったり
子どもたちが、自ら動けるように仕組みを整えていくなど、
陰で支える役割になってくると思います。
裏仕事というか、大道具さんというか(そこ?!)。

インテリアも含めて、家の中が心地よくなるような、
「家に帰りたい!」と思えるような
(でも、インドアぐうたら生活にだけは、させない!)
そんな家にしてきたいと思います。

しげおや子どもの健康と、健やかな成長、
仕事しやすい環境、癒される環境、
会話や行動もぜーんぶ含めて。



*仲の良い夫婦目指して

「ママさえ怒らなきゃいいんだよ」って言われそうだけど(爆)。

11年目に入った夫婦生活。

のんびりまったり、お互いを思いやれるような夫婦になりたいです。




*家のことと、仕事とのバランス

ハンドメイドの作家活動、
おもちゃコンサルタントの活動を増やしていけるよう
積極的に営業をしていこうと思っています。

ライターの仕事も、密かに復活しているのですが、残念ながら
「いつでもどこでも取材に行けます!」という環境ではありません。
「ご縁があれば、できる範囲でさせてください」
というスタンスなのですが、ご依頼お待ちしております。

それに加えて、しげおから
「働いてカネを稼いでくれ」とも言われているので
パートの仕事も探していかないとな、と。
(そのためにも、朝活をしています)


仕事の話ではないけれど、昨秋、実家の母が骨折で入院し
寝たきり生活が始まりました。
(現在は、寝たきり解除になったらしい)
「介護」が、突然(いや、ある程度、心の準備はできていたけど)
一気に、自分の生活に入り込んでくるようになりました。

今は、私の出番はほとんどなく、
(1日行っただけで、ヘトヘトでした、、、)
自分の家族のことに注力していいと言われていますが
何かあったときのために、
いつでも駆けつけられる準備を始めています。
(私が朝活をする背景には、いろいろな問題があるのです)

子どもたちが親の手を借りずに、起床~登校までできるように
普段から、時間管理を任せたり、
今まで以上に料理の手伝いを増やしています。
これからも、独りでできることを増やし、
家族の料理も作れるようになって、
私がいなくても生活できる基盤を
子どもやしげおと一緒に作っていけるようにするつもりです。

***


そんなわけで、今年は、忙しいなー。
忙しい1年になりそうだ!


時間管理と、自分のやるべき仕事の整理、
家族みんなの自活力(自立力)の向上。

課題もたっくさん!
やりたいこともたっくさん!


でも、私から「やりたいこと」がなくなったら
たぶん、世の中から消えてしまうような気がします。
永遠に「やりたいこと」を追求できるといいいなー。



がんばるぞーーーーーーーー!!!


そんなわけで、年明け早々、写真のない
まじめなまじめなブログを読んでくださり、
ありがとうございました。

では、ごきげんよう(花男の世界に憧れるー)。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす