FC2ブログ
   
09
2
4
8
9
16
17
19
21
23
25
28
30
   

スミレ8歳5ヶ月*コウメ6歳6ヶ月*ユリ4歳3ヶ月の成長記録

3姉妹の成長記録

今年の夏は、ツクツクボウシがよく鳴いています。
猛暑だった年は、クマゼミしか鳴いていなくて、
ここらへんの地域には、ツクツクボウシは存在していないと思ったいたけど
いたんやねー。ちなみに、お盆前あたりから鳴いていました。
クマゼミより鳴き声が穏やかだと思うのは、気のせいかなー。


クイズです。

これは、なんの木(?)でしょう。
CIMG1871.jpg

丸い緑色の物体は、何でしょう。
CIMG1874.jpg
後ピンでスミマセン。。。


果物です。

熟すと、赤くなります。

ただし、熟したら、すぐにカラスにもぎ取られてしまいます。。。

さて、なんの果物でしょう。






答えは、、、、、、、、


いちじく!!!!!


幼児教室の近くにある畑で見かけた、いちじくの木。
最初、なんの作物か、さっぱりわからなくて。

カラスが、くわえていっているのを見て、ようやく、判明☆

いちじくの木を見たのは、人生初。
へえー。こんなに大きくなるんやー。
第一印象は、木というより、
上に伸びていくかぼちゃ、って感じでした。

歩いていると、
いろんなモノが見えて、楽しいです。

***

さてさて、そんないちじくが美味しい季節。
3姉妹の成長記録をー。


*スミレ8歳5ヶ月

今年の夏休みを振り返っていたときのこと。

しげお「今年の夏も、スミレはよく泣いたなー。
    誰に泣かされたんや?」

スミレ「うーん。ピアノ、、、」


ということで、
ピアノに泣かされた夏休みだったようです。

私、ピアノに関しては、
とにかく楽しんで弾き続けてほしいと思っていて。
極力厳しい指導はしないようにしているのですが、
音を間違えたり、リズムを間違えたときには、指摘します。

すると

「ママが怒ったーーーーーーーーーー。うえーん」

と泣きます。

「オカシイよね?怒っていないよね?」と
コウメに確認したら
「うん!怒っていないよー。
 間違っているって言っただけだよー」
と、素直に賛同してくれて、助かっていますが。

ピアノは、弾けるようになったら、
ほんとにほんとに楽しいから!

時々、連弾できる課題曲も、出されるので、
一緒に弾いたりすると、やっぱり嬉しいみたい。
一瞬で笑顔になります。

ね。でしょ。




*コウメ6歳6ヶ月

恐ろしいくらい家に引きこもろうとします。
おうちで遊びたい、と。

外で遊びたがらなくなるのは、
不登校のサインの1つ、、、という話を
本で読んで以来、
コウメの発言、行動にビクビクしています。。。

先生曰く、学校では楽しんでいるらしいので、
それならいいっか、と思うようにしているのですが。


とはいえ、やっぱり心配なので、
最近は、無理矢理でも、かけっこの練習を理由に
外に連れ出しています。

ただ、しばらく練習したあとは、
「帰ってもいい?ウノがしたいねん」と言って
帰っていってしまいます。。。

そして、ひたすらユリと一緒にウノを。。。
(ユリも1人でウノができるようになりました)

いかん。いかん。
インドア女子になってしまうでないか!
もっと、外で遊べーーーーーーーーー!!!


*ユリ4歳3ヶ月

幼児教室で、朝のご挨拶、帰りのご挨拶が、
なんと「大きな声」で言えるようになりました!!!

すごいです!

3姉妹の中で、一番すごいかもしれません!

幼児教室では、縄跳びや、サーキットや、
いろんなことに挑戦しているらしいです。

てことで、今日は、
なわとびに挑戦したい!と言い出したユリさん。

大縄跳びで、大波小波をしたら、喜んで跳んでいました。

ただ、ちょっと引っかかったり、
うまくいかないことがあって。

それが続くと、
急に「ママ、だっこー」になって。
そして、号泣号泣号泣。。。

しばらく泣いたあと、泣いていたわけを聞くと
「上手に跳べなくて悔しかった」んだと。

悔しい思いが芽生えてくる時期だねー。4歳!

そうそう。
そういう悔しい思いを乗り越えて、挑戦してこそ
次につながるんだよー。悔しくても、がんばれ!

家では、お姉ちゃんの真似ばかりして、
なんでもかんでも頼り切っていてて、
でも、お姉ちゃんよりも上手くできたり
上手くやろうとしたら、すぐに
「ユリはいいの!」と姉さんたちに止められて。

そんなふうに、
末っ子としての役割を家では果たしているけど
いざ、家の外に出たら、意外としっかりしていて
誰かに頼ろうとか思ってもいないようで、
何でも1人でがんばっているみたいです。

私も末っ子なので、ユリの気持ちは、よーくわかる。
そして、
「家の中では甘えん坊なのに外では、強いね」
と言われたりするのも、同じ同じ。

悔しくても頑張る姿、姉さんたちに見せつけてやれ!!!


***

最近、Dr.スランプあられちゃんに
一家揃ってハマっています。

時々、
ユーチューブを見ては、ゲラゲラ笑っているうちの3姉妹。

とうとう、しげおが、
あられちゃんのコミック第一巻を買い与えてしまいました。


それはもう、3姉妹で取り合って読みふけっています。
ユリも、独りで読んで、ときどき、ハハハと笑っています。
(わかってんの?!)

てことで、ありがちなセリフ

「マンガばっかり、読んでんと!!!」と
叱りつける場面も増えてしまいました。

本は良くて、
マンガがあかん理由なんてあらへんやん!って
言われそうやけど、
やっぱり、マンガより本の方、読んでほしいからね。


それにしても、あられちゃんの世界って、相当ヤバいよね。

アカネちゃんなんて、中学生やのに、お酒飲んでいるし、
「二日酔いで、行かれへんわー」なんて言っているし。
ノリマキさんなんて、あんな風貌やのに28歳やってよー。
本田圭祐と同い年だよー。どうよー。

でも、ほのぼのしているよね、あられちゃんの世界って。

そして、誰も闘わない。

コウメが

「プリキュアって、嫌い。
 だって、闘ってばっかりで面白くないもん」

と言っていたけど

ほんと、そうだよね。
子ども向けのアニメって、ゲームと連動させることで、
全体の売り上げを伸ばそうとしているから、
アニメの内容自体も、戦い系になることが多くて。

でもね。戦いは、面白くない。
そして、子どもには、良くない話だよ。
売り上げが大事、とはいえ、やっぱり、そこは、
真面目に考えていかなあかんのとちゃうかな、アニメ業界さん。

と思うのです。


***

娘たちに不評だったもの。

子どもたちと一緒に、本屋さんのようなPOP作りをしよう!
CIMG1817.jpg


と思い、見本で、こんなん作りました。


スミレは「これなーに?」と
少し興味を示していたのですが
だからといって、
とりたてて読みたくなるわけでもなかったようで。
コウメにいたっては、全くの無視。。。

かあちゃんの拙いコピーワークのせいか、
課題が、小学生低学年には難しかったのか。。。。

とりあえず、季節ものの本や、
今まで読んでいなかった本は
この本棚においておくだけで、
自然と読んでくれるようになりました。

やっぱ、POPよりも、配置ね。うん。



***

秋は、やはり季節の変わり目だからなのか、
春に続いて、悶々と思い悩む季節です。

最近、ユリも姉さんたちと一緒に遊ぶようになり、
私だけがほったらかしになることもしばしば。

おかげで、疲れてフラフラなときも、
ちょっと休んでくるーと言って、ベッドで寝させてもらうことも。
子どもたちが食事をしている間に寝ることが多いのですが
なんか、それって、ちょっと、寂しいなあ。。。と思って。

今まで当たり前のように、食事をするときも、
お風呂に入るときも一緒だったのに。

最近は、お風呂も一緒に入らないことが多くて。

寂しいなあ。。。

昔は、こういう状況に憧れて憧れてすごーく憧れていたのに
いざ、こういう状況が手に入ってしまうと、
すごーーーーーーーーーーーーく寂しくて。

がむしゃらに子どもの世話をする時期じゃなくなったんだなーと。

来年からは、ユリも幼稚園だし、
関わりの多い園だから、
それなりに私も園生活を楽しめそうだけど、
でも手ぶらで(下の子を連れていない状態)参観とか、
行事をこなしたりするのって、
なんだか、とっても、新鮮。。。
立ち位置が変わってくるなあ、、、と。

子どもが産まれることって、すごく幸せなこと。
子どもに手がかかるって、すごく幸せなこと。
それは、親が感じることだけでなく、周りの人たちも
同じような気持ちにさせてくれること。

だから、子どもの誕生は、
誰もがすごく喜んでくれるんだよね。

「授乳中のお母さんは、キレイに見える」と
角さん(MBSの元アナウンサー)は言っていたけど

あれは、本当だったかも。

子どもに手がかからなくなってくると、
その分、子ども以外のことの悩みが増えてくる。
子どものことだけを考えていた時期が、
すごーく幸せだなと思える。





とはいえ、まだまだ子どもの悩みは尽きないけどね。
手を離しても目を離すな、の小学生2人と
手はまだまだ離しちゃあいけないよ、の幼児1人。

自分が、これから、
どんなふうに子どもと関わっていきたいのか。
そして、仕事のことも。
どんなことをテーマにして、やっていきたいのか。
頭の中を整理する時期なのかもしれません。

ステージが変わっていく、、、と年々感じていたけど
ほんと、子どもが成長していくと、
いろんなことが変わっていくし
その分、自分たちも、
そして、自分の親たちも歳をとっていって。。。

うーん。。。

あかん、いろいろ考えすぎてしまうな。。。



いやいや、まだまだ子どもも小さいし、
今日も、ガッツリ、遠足!!!
思いっきり身体を動かして、若返ろう!!!(そこ?!)


はなちゃん、天国へ

我が家のアイドル、

いや

我が家の長女、

いや、

しげおの先妻、

はなちゃん。



4年前から、↓このような事情により、
田舎暮らしをすることになり。

それ以来、ずっと、
しげおの実家で可愛がっていただいていました。

が。

先日、天国へ行ったそうです。


お盆に帰省していたとき、義父から
はなちゃんの様子がおかしいことを聞かされていたのですが
なんせ、がっちゃん付きで帰省した際には、
絶対に私たちの前に姿を表さないはなちゃん。
その様子を見ることもなく、
旅立って行ってしまいました。。。

原因は癌だったみたい。



3姉妹は、、、というと、
ユリが産まれて数ヶ月後には、
はなちゃんの田舎暮らしが始まったし、
帰省の際は、滅多に顔を合わせることがなかったので
はなちゃんの訃報にも、驚くことがなく。


一緒に住んでいたときは、脱走ばかりで
ほんと家に閉じ込めておくのが、大変だったはなちゃん。
やんちゃで暴れん坊で、
あとからきたガッちゃんには、戦意むき出して
威嚇しまくってて、全然仲良くなれなかったけど。


慣れれば、私にも、そして3姉妹にも優しかったはなちゃん。
スミレと同じ布団で寝たり、
近くに寄ってきては、スリスリしたり、
3人それぞれ赤ちゃんだった頃も、ちょっかいを出すことなく
そばで見守ってくれていた、優しい女の子。


昔は、猫嫌いだった私も、すっかり猫派になり、
次は、猫(か、うさぎ)がいいよねー、
と家族会議でも話していたところでした。

弱っていくはなちゃんの姿をみるのは、
本当に辛かったと思う。
その姿を見なかったのは、私たち家族にとっては、
ある意味幸せだったのかな。

でも、最後に会いたかったな、はなちゃん。

CIMG1870.jpg
9年前「HOLGA EXPO2005」で、
はなちゃん写真集を出しました。
この写真集は、ずーっと、ずーっと大事にしておくね。
そして、写真展&写真集を出すために
HOLGA片手に、はなちゃんと、必死で格闘した思い出も。




はなちゃん、享年11歳。

よくがんばったね。

しげおの実家のご家族や、私たち家族のこと、
これからも、天国で見守っていてね。


新作☆キッズ用キーケース

11月のワンデイショップに向けて、作品を作っています。

CIMG1866.jpg
キーケースです。

イマドキ、鍵っ子、なんて表現、
あんまりしないのかもしれないけど
鍵っ子用のキーケース。
ランドセルに付けることができます。
CIMG1869.jpg
リール式になっているので、びよーんと引っ張れば、
ランドセルを背負ったまま、鍵を開けられます。


CIMG1867.jpg
スナップボタンをつけたので、
使わないときは、しっかりしまえるし。

首にかけておくのが、一番安心だけど
(というか、私たちの時代は、みな首掛け方式だったような)
体育のときは、はずさなあかんし、
案外、紛失しやすかったり。

でもこのリール式のものなら、
ランドセルに付けたままなので、紛失する心配もありません!


でも、試作品は、さくさくーっと作れたけど、
いざ、販売用の作品を作るとなると、
丁寧に、丁寧に、作業をするので、時間がかかります。。。
一気に6個仕上げるつもりが、1個でギブアップ。
眠さに勝てなかったーーーーーーーーーーーーー。



でもまあ、とりあえず、
1つ、新作が出来上がったので、安心安心(え?)。

ワンデイショップに向けて、作りたいもの満載☆
製作ノートは、ラフ案だけで3ページ以上になりました。




ただし、





全部作れるかどうかは、











謎。














少しでも多くの作品を作れるよう、がんばりますだー。

月より団子*運動会盛り上げグッズ

一昨日は、中秋の名月。
昨日は、スーパームーン。

2日とも、立派なお月サマを愛でるため、
夜な夜な近くの公園に出かけました。

CIMG1856.jpg
CIMG1852.jpg
一昨日。

CIMG1864.jpg
昨日。

さて、2日間の違いはなんでしょう。




こたえは、、、


昨日は、月を見ながら、団子を食べている!



でした。



一昨日の晩は、ただ単にお月サマを見に行くために
公園を訪れたのですが、
「団子が食べたいーーーーーーー」
と終始不機嫌。。。

そういえば、昨年か、一昨年か、
中秋の名月の際に、公園で団子を食べたなあ、、、

というか、そんなこと、覚えていたんや、あの子たち、、、


てことで、翌日は、リベンジ。

みたらし団子を購入して、
お月見(スーパームーンやったけど)を堪能しました。


ていうか。

日曜日は、おうちで団子を作って、山ほど食べ、
一昨日は、学校や幼児教室でお月見団子を食べ、
昨日は、市販のみたらし団子、、、






団子、食い過ぎやねーん!!!












***

小学校の運動会に向けて、みんなで盛り上げていこー!


てことで、


こんなん


つくりました。



CIMG1865.jpg
応援グッズ。

スミレは赤組。コウメは白組。
どちらか片一方を応援する訳にもいかず。
それならば、赤白両方応援できるグッズを作らねば!と思い、


これを購入。

娘たちには、汗ふき用の首巻きと、リボンのヘアゴムを。
親用には、汗ふき用の首巻きを用意しました。

これで、運動会で頑張る2人も、
応援する3人も、みんなお揃いで、赤白両方に声援を送れます。

運動があまり得意でない、うちの3姉妹。
(というか、運動会って、どの学年も
 かけっこが得意でないと、辛いよね。。。)

でも、楽しむことはできる。

そして、応援する方も。


さてさて、最近、ウノに夢中でさぼっていた(え?!)
夜のかけっこ練習。そろそろ再開させよ。。。

NG服*親の自己肯定感

CIMG1846.jpg
自分用のカバンを作りました。

作りました、なんて、偉そうなこと言いましたが
基本の黒のカバンは、問屋のお店で買いました。。。あは。

で、

北欧生地で有名な
アルテックのH55の生地を、ちょいと使ってリメイク。


そんだけー。


どうでもいいけど、

黒色派か、茶色派かと言えば

断然、茶色派。

黒色派か、紺色派かと言えば、

これまた、断然、紺色派。

肌の色、目の色、髪の毛の色など
総合的にみるカラー診断をしても、
黒に落ち着くことはなく。

もちろん、就活のときのスーツも、
ベージュやグレーのストライプを選択していたので
黒は一切なくて。社会人になっても、同様で。

もちろん、黒のスカートやカーデガン、
Tシャツは持っているけど
色物と合わせるために、着用するものであって
白黒コーディネートなんて、ありえなーい、と思ってて。

だって、白黒したら、かっこいいでしょー。

私の柄じゃないねーーーーー。

でもね。

ファッション誌を見ていたら、
モデルさんたちの白黒コーデが、
なんか、すごく可愛くて。

ああ、これが、ヴァンテーヌ流に言う

「甘辛コーディネート」なんだーって。

先日、ヴァンテーヌを思い出して、ググったら

甘辛コーディネート、という単語が出てきて。

ああ、そうだった。ヴァンテーヌ読んで、
甘辛コーディネートに憧れていたなー、あの頃。。。


ま、そんなわけで、白黒コーデにも、挑戦します。
この秋冬。

てことで、作ってみた、カバン。

黒のカバンなんて、私、ぜーったいに持たない!

って思っていたけど、持ってみることにします。
がんばります。なんか、オシャレにコーデできないと思うけど。


でもって、毎年、ダンシャリついでに、
考えるようにしているんだけど、
今年以降の、NG服は、以下のものに決定しました。
(覚え書きですーーーーーーーーーー)

*ボーダーのトップスは着ない(ちょい見せはアリ)。

私が着ると、野暮ったいのです。。。
しかも、ボーダーというのは、とても無難な柄なので
誰か知らない誰かさんと、絶対に、かぶるのです!!!

数年前から買わないようにしているけど、
もったいなくて捨てられなかったものも、
今年、だいぶ処分しました。


*タートルネックのシャツは着ない。

冬モノで、日本人が必ず持っているトップス、タートル。
暖かいから、ついつい着てしまうのですが、
これも、無難で、かつ、実年齢以上に見えてしまう
オソロシー服だと、私は思っています。

でも、まだ1着は、残っていた、、かな。。。たしか。
今年、思い切って、捨てられるか!
がんばれ、私!!!


*二の腕は、絶対に隠す!!!

これは、今年、痛感しました。。。
自分の二の腕が、立派に成長している自覚が全くなくて
今まで、平気で、
二の腕の一番太い場所で途切れる袖のシャツを着ていたのですが
鏡に映った自分の姿を見て、ビックリしました。。。

立派すぎました。子どもの成長と同じくらいの成長率でした(号泣)。

ノースリーブの服は、カーデガンさえ着れば、なんとかなるけど
短い長さの半袖シャツは、もう、アウトです。やばいです。
思い切って、処分します。むふ!


*チェックのシャツは、慎重に

チェックのシャツも、毎年、流行流行と言われているけど
これも、着こなすのが、ほんとーに難しい、、、です。

オシャレに着こなせるコーデでないと、着ないぞ!

という覚悟で、着ていこうと思います。。。


***

ええ、何をイマサラ、、、な話かもしれないし、
そこまでこだわらなくても、、、と思う話だけど、
シジューになって、自分の老けっぷりに驚いているのです。

まだ30代半ばまでは、何を着ても、
それなりに恥ずかしくない格好ができていたのですが
今は、自分でも、堂々とダメ出しができるくらい
「これは、あかんわ!」と思うものが増えてきまして。

いろんな部位の筋肉の衰え、肌の衰え、髪の衰え、
もう、あそこもここも、あんなとこもーーーーーー!!!
衰え、衰え、衰えばかりーーーーーーーーー!!!

いや、言い訳するわけじゃないけど、やっぱり、
3人産んで、3人育てて、それなりに毎日バタバタして
そこそこストレス抱えていたら、
そりゃ、年齢以上に、老けるわーーーーーーー!!!
って思って。

今まで考えなくてもよかったことも、
ちゃんと考えていかななーって思って。

いろいろあります。シジュー。
そして、結婚10年目(あと数ヶ月で)。
子育て歴8年。

いろいろあります。ほんと。

30代もいろいろあったけど、
育児に没頭してて、それはそれで必死で。
子どもに関する悩みも多かったけど、
それはそれで幸せだったなーと。

今は、そのとき、がんばりすぎたことが
全部、身体にきているな、、、という感じです。

身体の衰え、気持ちの衰えと、
どう闘っていくのか、それが40代の課題なのかな。

とりあえず、いろんなことに前向きに、
そして、家の中に引きこもらないで、
どんどん外に出ていこう!と思いました。。。

いうても、今日は、1日中、引きこもりデー。

子どもたちも、最近、引きこもりがちです。
そして、ひたすら、帽子とりゲームと、ウノに没頭。

いかん。。。いかん。。。
来週からは、遠足、復活ですぞ。
アスレチック系の公園も、探していきますぞ。


***

と、服ネタをダラダラ話してしまいましたが、
本題(ほんと?)。

私の中で「親の自己肯定感」というのが、
最近ホットワードになっていまして。

以前から、保育士おとーちゃんの子育て日記
を、読むようになって。

そこに、親の自己肯定感について、ときどき書かれていて。

ああ、なるほどなー、と。


親自身が、自己肯定感がないと、育児が辛いものになる、
子どもと一緒に居ても、楽しくない、
子育ても、上手くできない、、、んですよね。

そうそう。私も、そうだったー。

ご近所さんが
「再来年入る予定の幼稚園について悩んでいるの、、
 2年保育まで、絶対に待てないから3年保育にするの」
と言っていて。

そういえば、私も同じこと思っていたなーと
自分の過去のブログを読み直していたら、
ものすごい黒い日々の連続でした、、、(笑)。

ああ、あの頃の私って、自己肯定感がなかったなーと。


いや、自分には自信があるのよ(笑)。
仕事も、ちゃんとできるし、
勉強も、そこそこできるし、
スポーツも、がんばれば、ほどほどにできたし。
今までの自分には、自信があったのね。

でもね、子育てに関しては、自信が全然なくて。
もう挫折の連続というか、何をやってもダメで
ほんと辛かった。全然楽しくなかった。

それが、いつの頃からか、ほんと少しずつ
子育ても楽しいかも、、、と思える日が増えてきて
ちょっと自信がついてきたかな、、、と思って。

親の自己肯定感って、
決して、一個人の自己肯定感のことじゃなくて。

子育てを通して、自己肯定感が持てるかどうか、なのよね。




子育ては楽しくないけど、
1人の時間が持てさえしたら、楽しい。
そんな時間があるから、子育ても頑張れる。



私も、昔はそう思っていたのね。

もちろん、今も、その考えは同感なんだけど、
夏休みなど、長期の休みで、
1人の時間が、ほとんどなくても
以前ほどストレスを感じなくなったのは事実。

それって、子育てを楽しめるようになったからかなーと。
子育てを通して、自己肯定感が高まったからなのかなーと。


なんで、私が子育てを楽しめるようになったか、、、

それについては、また今度(え?)。

いや、引っ張っているわけじゃないのよ。
ただ単に、今日は、書きすぎたな、と思ったから。

では、さいならー。

2014イタリアボローニャ国際絵本原画展

今年も行って参りました☆
イタリアボローニャ国際絵本原画展。

場所は、昨年と同じ(というか、毎年同じです)
西宮市大谷美術館


昨年は、昼食難民で、大変な鑑賞だったのですが
今年は、梅田で、ちゃんと食事をしてから向かったので
絵も、落ち着いて観ることができました。ああ、よかった。

「この絵、かわいいー!」
「うちは、これが、好きー」

とか言ったり、

三浦太郎さんの


作品を観て、
絵と同じポーズをとってみたり、

絵本コーナーで、ひたすら没頭して絵本を読んだり

思ったよりも、楽しめました。


やっぱりマズローの欲求段階は、無視したらあかんねー。
生理的欲求(食欲)が、満たされると、次の段階に進めるんだねー。
昨年の腹減り状態での鑑賞は最悪だったもんなー。
ああ、勉強になるねーーーーーーーー。



娘たちが気に入ったのは、
刀根里衣さんの作品。

可愛くて、ほんわかした作品で、
ああ、この絵本なら買ってもいいかなー
なーんて、しげおも私も思っていたのですが
ミラノで活動している作家さんなので、
絵本もイタリア語。しかも外国価格(というのか?!)で
絵本にしては、ありえへーん!金額で、購入を断念。

ただ、今年も、しげおが作品集を買ってくれたので
それを見て、満足しておりますーーーーーー。


あとは、はぎのちなつさんの作品とか
ドイツのナターシャローゼンベルクさんの作品とか。

可愛らしい系の作品を、好んでいました。



こういう美術展などに行くと
ポストカードを1人1枚お土産に買って帰るのですが
今年は、辞めました。。。

だって、買ってあげても、
いつも、引き出しの中で、
ぐちゃぐちゃにしてしまっているんだもん。。。

ポストカード入れを用意したら、
またお土産制度を再開してもいいかな、、とは思うけど。
悩むーーーーーーーーーーー。



で。絵を楽しんだあとは、庭園を散策☆
CIMG1831.jpg
大谷美術館の庭園って、
ちゃんと手入れされていて、キレイ。

所々に、元永定正さんの作品や、
岡本太郎の作品があって、
意外と子どもも楽しめる庭園で。
CIMG1839.jpg
元永さんの「あかからだんだん」
CIMG1829.jpg
太郎さんの、作品も、さりげなく。
もちろん、3姉妹で、この顔のポーズにも挑戦。

所々に、うさぎの銅像があって、
うさぎ探しをするのも、面白かったです。
CIMG1833.jpg




池や川がある庭園に、うちの3姉妹も

「こんなお庭が、おうちにあったらいいのにー」

だってさーーーーーーーーーーーーーー。

おうちの3階にプールがあって、
こんな立派な庭園まであるおうちってーーーーーー。
楽しすぎるーーーーーーーーーーーー。

妄想、妄想。妄想だから、楽しい。
本当に、プールも庭園もあったら、
掃除だの管理だの、大変すぎて、楽しめないだろうし。



そうそう。こんなところもありました。
CIMG1835.jpg

水の音に耳を傾ける機会って、
日常生活では、なかなかないもの。
でも、娘たちは、しっかり聴いて
「からん、からん」って音がしたよー、
きれいな音だねーと言っていました。



***

おまけ。

香櫨園から、大谷美術館に行く途中、
車避けのガードコーンを見つけて、遊んでいました。。。


サンドバッグのように、体当たりをしては、
その跳ね返りを楽しんでいました。。。




3姉妹&しげおも、最初は渋々だったボローニャ絵本展。

でも、行ってよかった!
楽しかった!
来年も行きたい!

子どもたちも、楽しめるようになってきた!!!

うん。毎年恒例にしたいね。

うん。そうしよう(勝手に決定!)。

多面体折り紙

ここ数日、黙々と作っていたものがあります。

それは。


CIMG1816.jpg
多面体折り紙でございます。



こちらの本を参考に作りました。

いやいや、ほんとは、昔からある
くす玉を作りたくて。
くす玉の本を探していたのですが
作るなら、こっちの方が、かっこ良さそう!

なーんて思って、多面体折り紙に挑戦☆
(ま、くす玉も、根本的には、同じなんだけど。たぶん。笑)


面白いです。なかなか、奥が深いです。
そして、なにより、美しいです。
完成したときの美しさには、
娘たちも、感嘆の声をあげていました。


ただ。


ただ。


ただ。


作るのが、大変。。。

大変というか、なんちゅうか、
ただひたすら時間がかかる。。。


各パーツは、とても簡単に作れるのですが
(といっても、折り筋をつける手間が、ちょっと、、ね)

各パーツを20個なり、
30個作っていかないといけなかったり

パーツを接合するのが、大変で
糊やセロハンテープを使って、四苦八苦、、、。

つくづく、
自分の手先の不器用さに辟易しましたよ。。。とほー。


てなわけで、娘たちと一緒に作りたいと思いつつ
そんな時間、あるんかいーーーーーー!!!てな感じで
なかなか、のんびり、みんなで製作することができません。。。


いつか、たくさん、作れますように!

その前に、自分で、いろいろ作っていかなねー。

もう少し、がんばります。

次は、どんなの作ろうかなー。


って、最近、ミシンから遠ざかっています。。。

あ、くたくたになったバスタオルが山ほどあったので
バスマットに変身させました。
そして、バスマットが山ほどできました。

バスマットなんて、基本、家族しか使わないんだから
くたくたのバスタオルでいいよねーーーーーーー。

でも、すぐ乾く、こんなのに、憧れるー。



1枚8100円!!!!

いやいや、やっぱり、くたくたのバスタオルで充分。。。

ファッション教育

ワタクシ、ほんとーに、雑誌が好きです。

本も好きだけど、心がしんどいときは、
雑誌を読んで、現実逃避します。

数年前、あまりにも雑誌にかける金額が多いため
雑誌断ちしてたこともあったのですが、
断てば断つほど欲してしまい、身体に善くないわ、と思い
ほどほどに断つことに。

ここ数ヶ月は、ファッション誌だけは、
隔月で買うようにしています。

以前は、
ファッション誌こそ要らんやろ!と思ったいたのですが
読み始めると、楽しくて楽しくて。
服にお金をかけられなくなって、もうどうでもいいや!なんて
思っていたけど、やっぱり可愛い服を見ると
キュンキュンするし、素敵!!!と、心が躍ります。
たとえ買えなくても、スクラップブッキングにして、
時々、見返すだけでも、ワクワクドキドキ感は味わえるし
今持っている服で、このコーデを真似できないだろうか?!と
考えるだけで、ムフムフムフ。

今まで、ストレスを発散させるために、
衝動買いすることもあった服たち。
でも、スクラップブッキングをすることで、
本当に必要な服を厳選できるので
無駄買いが減りました。いや、ほんと。

高校生のときは「mc Sister」
大学生〜社会人のときは「ヴァンテーヌ」を愛読していたのですが
今は、VERY、CLASSY、STORYあたりをチェックしています。
王道だね、、、相変わらず、冒険できへん、、、。



そんな私の真似をして、というか、真似をさせて
娘たちも、以前から雑誌の切り抜きをしています。

娘たちの雑誌は、ズバリ



ベルメゾンのカタログ!




久しぶりの作業だったので、探してみたら
今年の春号、夏号、秋号と3冊の在庫がありました。

やった!

てことで、気に入った服のページを見つけては、
切り取り、自由帳に貼付けていきます。

CIMG1812.jpg
切り方が雑。。。

もともと、このような雑誌の切り抜きを始めたのは
はさみの練習と、のり貼りの練習のため。
そのため、以前は、
付きっきりで、みんなの作業を見ていたのですが
もうそんな年齢でもないしーーーーーーと放ったらかしていたら
この有様。。。とほー。

CIMG1813.jpg

でも、今回の目的は、切ることがメインではなく

自分の好きな服を選びとること。

自分の好きなことの傾向が(そのうち)わかるようになること。

これが目的なので、切り方は、、、目をつむろう。。。





てことで、ベルメゾンのカタログを、片っ端から眺めて

「これかわいいー!」「うち、これが好きやねん」
「あ、この服、○○ちゃんが着てたー」

とかなんとか言いながら、
女子トーク満載で、切り抜きを楽しんでいました。

「切り取った服が、ノートに貼った瞬間、
 本当に飛び出してきたらいいのになー」

とスミレ姉さん。

そうだね。ベルメゾンの服、欲しいよね。。。

でも、高いからね。。。(泣)
Tシャツくらいしか買ってあげられないの。
ごめんね。。。

でも、ユニクロも、綿100%の服が少なくなってきたので
ベルメゾンの綿100%の服は、とっても貴重。

子どもたちの秋、冬の服の見直しもせなあかんなー。


***


9月末に小学校の運動会があります。

涼しくなってきたし、
今月限定(?!)かけっこの特訓を始めました。

いやあ、普段から、かけっこの練習してくれたらいいんだけど。
スミレ姉さんは、走るのが好きだから(言うても、毎年ビリだけど)
普段から、かけっこしよーと言って、走っているけど、
コウメは、ダントツに遅いことが自分でもわかっているから
敢えて競争はしたくないようで。

でも、運動会の練習だよ!と言うと、
張り切って外に飛び出していきました。

そんなコウメ姉さん。
練習の最中に目を輝かせて

「運動会のかけっこ、一番になったらどうしよう?!」

と。

ぜーったいに、どんなことがあっても、一番にはなれないのは
親として、一番よーーーーーーーくわかっているけど、

「一番になったら、それは、金メダルだね!」

と返答したら、さらに目を輝かせていました。

いやあ、コウメって、素直で、かわいいなーーーーーーーーーーー。

さらに

「スミレちゃんにも、勝てたらどうしよう!」

と。

いやいや、万が一、運動会で1番になれるんやったら、
スミレなんか1秒で抜かせるで。。。というツッコミは飲み込んで

「そうだね、勝てるといいね!」

と返答しておきました。


で。


いざ。


スミレ姉さんと、勝負!!!



よーい、ドン!


















思いっきり負けていました。。。


しかも、抜かされた瞬間、諦めて地面に突っ伏し。。。



運動会で1番は、永遠なる夢かーーーーーーーーーーーー。



ちなみに、先日、テレビで

「忍者走り」をすると、かけっこが速くなる、

というのをやっていたので、今年の練習には、
忍者走りを採用。

子どもたちには、いたって不評だけど、
ドタバタ走るコウメの、
ドタバタ音は軽減されるような気もするが。。。

果たして、速く走れるようになるんだろうかーーーーーーー。

残り約4週間。。。

スミレ姉さんの特技

昨年から、洗濯物を畳むお手伝いを
毎日続けているスミレ姉さん。

そんなスミレ姉さんの特技は、

「匂いで、服の所有者を見分ける」

というもの。


我が家の3姉妹、みんな同じ服を着たがって。
特に、パジャマは、3人全員オソロ。
ユリだけサイズが違うものの、見た目には
その差異は、よくわからなくて。

一応、タグのところに、
一人一人の名前を書いているのだけれど
そんなのいちいち確認していたら、
洗濯もの畳みの仕事は、なかなか終わらん!

てことで、スミレ姉さん、
五感を使って、見分ける方法を見つけました。

どうも、コウメのパジャマは、おしっこ臭い、らしく
それで見分けるのだとか。

そういや、パンツも、スパッツも、
同じ要領で見分けていた。。。

畳んでいる最中に、洗濯物の匂いを嗅ぐ姿は
なんだか、可笑しい。。。

そして、意外と(!)
その判別結果は、かなり正確。。。



すごい特技ができたね。。。

ちなみに、学校の給食衣も同じなので
その見分け方は、
カレーをこぼした痕(つまり黄色いの)が、ある方がコウメ。
マスクも、全体的に黄色い方が
(よだれがついてカピカピになっている)コウメ。

らしい。

でも、今朝、発見してわかったのですが、
スミレ姉さんも、どうも、最近、カレーをこぼしたらしく
黄色いシミが、ばっちりついていました。。。


大丈夫か、うちの姉さんたち。。。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす